トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

日本代表 ドイツ戦

 生中継じゃないんですよねえ、これって。どうなのテレビ朝日。まあ中継してくれるだけありがたいんだけど。

 強豪ドイツ相手にどこまでできるかが課題だったわけですが、審判~。敵地にしても、あんたジャッジ下手すぎ。後ろからのタックルにはカード無しで、ユニフォーム破られた柳沢にカードって・・・。文句言われるのが嫌なだけの自己中審判?

 敵地だろうがどこだろうが、後ろからのタックルは選手生命にかかわる場合もあるんだから必ずカードを出して欲しい。しかも本番直前だし。小さな怪我もそのまま日本代表の戦力ダウンに直結するんだぞお!本番前の調整試合であることを理解していない審判に辟易しました。

 ドイツは東洋の島国日本になかなか得点できず、日本は日本でちょっと目の色変えちゃってるところもあって、少々荒れ気味でした。本番前のテンションじゃないですよ、どっちも。

 しかし後半に2点入れて逃げ切れないかねえ、日本。ジーコって2点入れた後に勝ち点3をキープするための選手交代はしないのね・・・。あのドイツ相手に2点リードできるなんて歴史的状態を、普通に浪費していった気がするなあ。ジーコもテンパっていたのかなあ。w

 3バックにして両サイドもそれに吸収された感じの5バックでよかったと思うんだけどなあ。ドイツは前がかりになるから生きのいいFW1人いれば十分じゃないかと、カウンター狙い一辺倒で。1点差ならともかく、2点差だもの。なんかもったいなかった。宮本がピッチ内で勝手に判断してそうしちゃっていいよ。w

 あと個人攻撃はしたくないが、中田・・・。最後の場面は大黒に折り返す必要ないでしょう。そのままヘッドで叩き込んでよ。体勢が不十分だったかなあ?

 しかし全体的には満足できる試合ではあったと思う。ほぼベストメンバーのドイツにあれだけ戦えれば、3戦全敗にはならずにすむのではなかろうか?

 次の試合ではサブにも出番を与えて欲しいな。試合勘ってとっても大事だと思うから。

(/・ω・)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

対人戦欠乏解消作戦 その2

 風邪が治りません。4クレ限定出撃もする元気が無いです。家にとぼとぼ帰っています。そんな状態でも一応GCBのことは頭にあるのですが、考えるのは前回好評(?)だった対人戦欠乏解消作戦です。とは言えやっぱり風邪なので今日は簡潔に。

「コンスコン強襲で逆襲」
艦長 コンスコン
隊長機 ギリアム グフシー ゼナミネバ リックドム OPスラスター?
2番機以降(乗るだけ) リックドム ジャイバズ オーパイ 

 サイド6宙域限定デッキです。このステージが出なかったら封印しておく覚悟です。w ギリアムでドムなのは、全部オーパイだとさすがに勝てそうに無いからです。そこまでやってはリアルコストの無駄遣いになってしまいます。できればCPUにはガンダムに乗ったアムロに出てきて欲しいところです。史実をたどるのが目的ではなく、コンスコン部隊で勝つ!のが目的なので、コンスコンがチベに乗れないことなどは目をつぶります。初弾を当てることができないと勝利の喜びも半減しそうなので、意地でも初弾を当てたいところです。しかしギリアムは格闘・・・。格闘でも、ま、いっか。飛び込んで当てましょうとも!

「人生はギャンブルデッキ」
艦長 誰か
隊長機 誰か 何か 暴走
2番機 誰か 何か テムのパーツ
3番機 誰か 何か オプションアーマー

 コストに余裕のあるジオンで出撃予定ですが、別に連邦でもいい。ただしオプションアーマーは対連邦の時に流行の強化炸裂180mmがいるというギャンブルです。連邦ならば敵にビーバズかサイコミュかアプがいると仮定してビームバリアギャンブルでもいいかもしれません。テムパはともかく暴走はオーバーヒートになるとCPUから鬼のリンクロックをくらいそうです。ドキドキします。

「ミートボール」
艦長 アリス
隊長機 シン ジムの何か
2番機以降 ボール オーパイ

 以前オートボールとミートボールの語感が似ていると話していたのをそのままやってみただけです。シン、使ったことないんですが、勝負になるんですかね?相手にアプとかどばどば出てきそうなのですが。な、なんかこのデッキってとっても弱そうで怖いんですが・・・。隊長、シンじゃなくてもいい?
 ん?待てよ、そういえばほ~はシンをまだ持っていなかった!ほっ。コモンでスターターパイなのに未だに引かずに来ているのです。シンが先か、セイラが先か!(←間違った考え) っつーことで、無事に隊長機はロジャース辺りの適当なパイにしておくことにします。このデッキを試すまでにシンを引いたら、意地でもシンで死んできます。(←偶然です)

 次のはちょっと保留。

「SAGESAGEエブリィ騎士」保留
艦長 ギニアス
ララァ アプ3
イセリナ ザクタンク
フラナガン博士 ザクタンク

 前回ギニアスの特殊能力に困ったちゃん認定をしたのですが、いっそテンションを下げまくるデッキはどうだろう(←意味不明)と考えました。ジオンのテンション下げにはアイナがいるのですが、わが部隊には所属していないので、ジオンは回避しようかと思いましたが、連邦代表のセイラも持っていないことに気がついて、結局ジオンにしました。
 しかしこのデッキどうなの・・・?カスタムのプレッシャーが欲しいです。もともとアイナはいないし、なんだかとんがりません。このデッキはアイデアは思いついたものの、保留とします。じゃあ書かなきゃいいのですが、まあ、メモ代わり?まあデッキ名を見ても適当に考えていることがよく伝わると思うので、言い訳はこの辺で。w

 とまあこんな感じで書いているのですが、気がついてしまいました。こうしてレベル1みたいなのばっかり使っていると、本家のパイがレベルアップしない!・・・これってどうなの?

( ̄▽ ̄)ゞ 

| | トラックバック (84)

2006年5月30日 (火)

平日昼間の出撃は背徳の味 その2

 はい後半戦。枕無しで本編開始。何しろ風邪ひいてフラフラです。最後まで行けるか?

6戦目「いつものCPU戦」

 ここでいったんいつもの編成で宇宙へ出撃します。まったりさっくりCPU戦が恋しくなりました。w 対人並みの緊張感でCPU戦を楽しめたのですが、これ、疲れますね。レベルも高いギリアムとイアンです。危なげなく完勝です。ああ、楽だ。普段のありがたみが身に染みます。 6勝(対人1勝)

 ここでサテに1人座ります。連邦で少佐です。メインスクリーンではアムロとセイラが何か叫んでいます。しかもどっちも乗っているのはガンダム。うーん手強そう。

7戦目「VS少佐 ガチデッキ(宇宙編)」

 手強そうだろうが、対人欠乏症のほ~にはありがたい存在です。ガンダム2機何するものぞ!(←空元気)「敵部隊接近!」と後入りさせていただきます。いつものデッキにスレンダーのザク1がいざという時の護衛に入っています。
 最初はお互いに牽制です。そのうちにアムロが前にいるだけでテンションMAXになったので前進してきます。こ、これだもんなあ、アムロ。サイコミュを×3してそこにギリアムが格闘を合わせて×5!とボタンがタッチの差で間に合いません。ギリアムの格闘が外されて、サイコミュ×3だけになります。少佐はきっちり盾でガード。これってこの後飛び込まれるパターンです。右か左か、前か後ろか!前に思い切ってすり抜ける勇気がありませんでした。とりあえず左で回避を選択して、ギリアムをその予定位置へ動かしてフォローします。戦闘明け、ガンダムは・・・うわー同じ方に来てた~!しか~し、そこにはギリアムもばっちり急行しています。なんとか間に合って格闘攻撃をずばーん!

 先読み発動

 こら~、アムロ~!ギリアムごっそりHPを持っていかれます。そしてギリアムの格闘はグフシーの分しか当たりません。いったんアムロから離れます。これが裏目。アムロから離れた先にはセイラさんがいました。ギリアム再び格闘をくらってHPミリ残しの瀕死です。このまま母艦へ直行。急遽出番がやってきたスレンダーザク1とブロでなんとか戦線を支えようと試みます。そこそこ相手にダメージを与えることに成功しますが、2機に追い回されては勝ち目なし。っつーかスレンダーはザク1です。盾すら持っていません。なんでこんな機体を入れているんでしょう、私?ブロは哀れセンターモジュールに。回復途中ですがギリアム再び出撃ですが、はい、ここでも。

 先読み発動

 反撃ボタンが出ないってことはこっちが先に押せてるんですよね?タイミングでは勝ってるんですよね?ね、ね?(←誰に向かって?)
 スレンダーもザク1でよくがんばっていました。マシンガンを相手にぺちぺち当てていたし・・・、もちろんアムロには決死の格闘すらあっさりかわされてしまいましたが。素のFSの方がよかったかなあ。盾あるし。後悔先に立たず、結局は敗北です。いいとこありませんでした。最初の×5を決められなかったところが分水嶺だった気がします。(←あえてザク1については触れない)しかしそれもリアルスキル。悔しいですが精進するしかありません。 6勝1敗(対人1勝1敗)

 ここで少佐は地上シアトルへ降ります。ほ~はどうしよっかなあと思いましたが、上官だし、戦場が地上になったし、何より負けっぱなしは悔しいし、再度後入りさせていただきます。申し訳ない少佐殿。おつきあいください。

8戦目「VS少佐 ガチデッキ(地上編)」
隊長機 ラル グフ(のーまる) グフシー 下駄 高度格闘
2番機 イアン アプ3 高出力ジェネレーター
3番機 オートパイロット マゼラアタック
艦長 ハモン

 手強い少佐相手なのでオートパイロットを入れてコストほぼMAXまで使います。コスト余らせて勝てる相手ではなさそうです。中途半端に育成中のスレンダーを出すのはやめました。ここで出してもドップになっちゃうし。
 さてドームをはさんで一瞬のにらみ合いの後、アムロが突撃してきます。盾防御からの格闘を狙っているのでしょう。とにかく初弾をこちらが取らねばとアプ3の収束ビームの攻撃範囲をアムロの進入経路に合わせます。せまいのでアムロかわせません。オートマゼラとリンクロックです。盾は当然はがれますが、HPはたっぷり残ったアムロ。アプ3目掛けてぶっとんできます。そこへ横からラルグフが迎撃!やった!こっちの目論見的中だ!と思ったらするりと逃げて行きますアムロ。アムロ、アプ3を深追いしません。く、くそ~、逃げられたあ。
 と、アプ3にセイラが急接近です。防御の拡散ビームがすんでのところで間に合わず、クリティカル格闘をくらいます。の、のわー、ここでアプ3を失うわけにはいかん!アプ3は母艦に戻らせてラルグフでセイラと勝負です。幸いアムロはそのまま母艦へ帰った模様です。敵は母艦で修理中のアプ3を落とそうと考えたらしく母艦周辺で動き回りますが、これによってハモンが母艦からマゼラとリンクロック攻撃なんぞを繰り出すことができました。ラルの格闘×2でヒートロッドも当ててセイラはコアファイターに。そのまま落としちゃおうとしたら当然のことながら、母艦にすごい勢いで逃げていきます。
 ラルグフで猛追すると待ち受けるのは当然アムロ。しかしこの時ラルのテンションMAX。アムロの前にはセイラがいたのでアムロのテンションは高くありません。ラルの格闘でアムロもコアファイターに。しかし敵母艦からの攻撃も受けてドダイがミリ残りです。いったん下がります。マゼラトップになっていたオートパイロットはこうした駆け引きに無縁で、のこのこ出て行ってコアファイターに撃墜されていました。しかし十分役に立ったぞ、オート。お疲れ。
 ある程度回復したアプ3がここでラルグフに代わって前進します。コアファイターなら完全レンジ勝ち。収束ビームで1機落として、残り1機が飛び込んできたところを拡散ビームで撃墜。リベンジ成功です。 7勝1敗(対人2勝1敗)

 少佐殿はここでご帰還でした。そろそろ嫁さんと息子が呼びに来るはずなのですが・・・、来ません。待ち合わせがここなので仕方ありません。もう2クレ追加です。ここでほ~は最強の敵を迎えることになります。

9戦目「最強の敵現る」
 
 3番機の運用を練習しないといけないので、ここではスレンダーに戦闘データをつけて出撃させます。一応放置しておいて、ブロがピンチの時には練習がてら出撃させる心積もりです。普通のCPU戦なので危なげなく敵機を落としていたのですが、ここで!

「パパー♪」

 来ました、息子です。最強の敵が現れました。彼はむりむりっと私と足の上に座ります。ニコニコしながら例によって攻撃やら機動やら防御やらをばしばし叩き始めます。ああ~やめれ~。こちとら3機出撃しとんねん!片手でボタンをカバーしたら1機しか動かせないやんけ!それでもギリアムが敵の横から飛び込んで格闘を・・・。

ちゅど~ん

 ボタンを押されるとせっかく伸びたロックオンサーチが最初からになってしまう。息子のボタン連打で攻撃が決まらず、おたおたしたところにリンクロック×3だか4だか。ギリアム、すまん。これでブロのカバーは戦闘データで放置予定だったスレンダーだけです。スレンダー前進せよ!

ちゅど~ん

 ボタンを押されるとせっかく伸びたロックオンサーチが最初からになってしまうんだってばよ!スレンダー何もしないまま憤死です。しかしここで残りはブロ1機。左で操作、右で息子からのボタン防御に専念できます。っつーか敵まだどっさりいるんだが・・・。センターモジュールにまでされてしまいますが、なんとか息子との戦いに勝利することができました。8勝1敗(対人2勝1敗 対息子1勝)

10戦目「最強の敵 再戦」
 3機にしていると息子との戦いに不利です。スレンダーにはいったん引っ込んでもらいます。使い慣れたギリアム格闘とイアンブロで短期決戦を狙います。ここでほ~は新必殺技を開発です。

頭で防御

 左手で1機、右手で1機、どうしても動かしたい時に、ボタンと息子との間に頭をねじ込みます。知らない人が見たら、「キモッ!」と思われること請け合いです。でも最強の敵相手にそんなこと気にしていられません。頭をねじ込みながら「さわんな~」と息子を牽制します。ほ~の防御にボタンが押せない息子がさらに新必殺技を出してきます。

ぼん

 なんと100均で買ってきたおもちゃの入っているビニル袋を台の上に投げ出します。う、うわ~、すげ~!息子ながら天晴れです。ギリアムはビニル袋の下です。しかしボタン連打さえ防げばなんとかなるものです。危ない場面はあったものの、息子に完勝です。 9勝1敗(対人2勝1敗 対息子2勝)

 
 排出カードは全部コモンという悪夢級でした。普段ならテンションがどっと下がるところですが、対戦が対人もCPUも楽しめたのでけっこう満足でした。対息子は冷や汗ばかり出るので連戦は勘弁してもらいたいところです。
 
 
( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年5月29日 (月)

平日昼間の出撃は背徳の味 その1

 行って来ました、所沢。平日出撃はなんだか背徳の味です。(←意味不明) さて前回書いたように今回は対人戦が見込めない過疎進行中の所沢でいかにCPU戦を楽しむかをメインに考えて参戦しました。さあもったいぶっても仕方ないので、とっとと報告~。けっこう長くなりそうなので前後半に分けます。まずは前半戦です。

 はい、予想通りサテは無人です。三国志はどっさり順番待ち。平日なのにこれって・・・。なんか最近三国志に対するやっかみばかりです。精神衛生上大変よろしくない。しかし無人となればさっそく試せます。連邦ICをぐさっと!

1戦目「アムロ入隊記念 バックアップデッキ」
隊長機 アムロ MCガンダム ガンシー ビームライフル OPブースター
2番機 ガンキャノン オートパイロット
3番機 ガンタンク オートパイロット
艦長 アリス

 計画していた4番機のコアブはコストオーバーでした。w 戦場は・・・ソドンに出撃です。ガンタンクの適正もあるし、まあいいでしょう。アムロは当然入隊したてなのでレベル1です。しかしまあ、強いのなんの。この人前にいるだけでテンションガンガン上がるんだから・・・、こりゃ楽だ。普段使っているギリアムもギャリーも敵の攻撃エリアをうろちょろしなければならないので、わざわざ敵の前を横切る逃げ方なんかしちゃうわけですが、このとき敵の位置の判断を誤ってリンクロックとかくらってしまうのですが、アムロはその必要が無い。さすがは主人公です。
 まずは先陣切ってアムロが砂漠を駆けます。ああ、アプは1機だけです。とりあえず放置して先にのこのこ出てきたズゴックを仕留めましょう。それーとすでに強気のアムロがずばーと切ります。これで敵瀕死。と、ここでオートパイロットに手柄を横取りされます。アムロがアプの迎撃に向かった隙に、ガンキャノンとガンタンクでズゴックをリンクロックかまして撃破してしまいました。ああ、もったいない。
 その後も基本的にアムロでバサバサ切ってました。ガンキャノンは途中敵に肉薄されて攻撃をくらっていましたが、ガンキャノン硬いです。2度ほど敵の攻撃をくらっていましたが、HP半分ほど残しています。ガンキャノンが落ちなかったので、完勝です。しかも最初から1機だけしか使わないからとっても楽チン。オーパイ使うとCPUはとっても楽になる気がするなあ、リアルスキルは間違いなく落ちそうですが。w 1勝

 と、アムロの強さとオーパイの楽さに微妙なため息をもらしているとサテに一人座っています。ジオンの少尉さんです。模擬戦でなく近コストにいます。近コストにいるということは対人もノーサンキューの姿勢ではないのではないかと考えて、後入りさせてもらうことにしました。

2戦目「VS少尉 手加減対戦」
隊長機 テキサン ジム(AS) 180mm 下駄 強化炸裂
2番機 ギャリー ジム(JB) ガンシー 小型シー 高度格闘CP
艦長 アリス

 舞台は宇宙。少尉さんはライデンともう1機は失念。ライデンは専用機に乗っています。戦績を見るとあまりやりこんでいなかったので、初心者かもしれないと思っていましたが、ライデンで専用機ならばなんちゃって少尉かもしれません。しかしレベル差もあったので、いきなりガチで突撃せずにギャリーが偵察へ。

 う、うむう・・・。

 本当の初心者のようです。こちらが機動で切りに行くときの回避の仕方や防御の仕方がとっても甘いです。一応システムは理解しているみたいで攻撃と防御は切り替えているようですが・・・。す、すまん、少尉殿、相手にならん・・・。これはガチで行ったら狩り確定です。手加減モードを発動させることにします。戦闘へ向かわせるのは1機だけ。相手の練習にもなるように、攻撃範囲をうろちょろしてレンジ合戦をしてみたり、防御で受けて機動で切りに行く動き(←動きだけ)を見せたりしていました。
 まあこれだって受け取り方によっては「馬鹿にしてんのか!」となってしまいますが、瞬殺されるよりよっぽどいいだろうと自分の中で判断が固まっていました。で、途中で1機は一応落とさせてもらってあとは時間いっぱいまで、相手の攻撃を受けたり、バルカン砲を当てたりしていました。残り1機で母艦ごと突っ込んできた時には、「落としちゃうぞ、こら」とオネエ言葉をつぶやきましたが、結局は局地的勝利で終わりました。 2勝(対人1勝)

 その後少尉は地上へ。いくら手加減したとは言え粘着はしたくありません。こちらもジオンICに切り替えて宇宙へ出撃です。

3戦目「マツナガ入隊記念 サイコミュデッキ」
隊長機 イアン ブラウブロ 高出力ジェネレーター 
2番機 マツナガ 白サイコミュザク ゼナミネバ 木星帰り
艦長 キシリア

 露払いがいないので、もしサテに誰か座って乱入されたら大変です。短期決戦の気合で臨みます。狙うのは2機によるリンクロックでテンション低下を相殺することです。思えばこれにこだわったのがよくなかった。ぞろぞろと進んでくる敵機に最初こそリンクロックをかますことができましたが、その後はぐだぐだ。恐れを知らぬCPUどもは味方が落とされてもぞろぞろ進んできます。その数の圧力に押されて気がつけば大混戦です。
 混戦になるとサイコミュはつらいです。何しろ懐はがら空きです。決死の機動で距離をとり、防御でビームを放ったり、逆に機動ですり抜けてからのいきなり攻撃(クレナイさん戦術)を狙ったりしますが、マツナガ落ちてしまいました。入隊記念なのにいきなりこの仕打ち。す、すまん、マツナガ。
 結局はセンターモジュールにまでされてしまったイアンブロがなんとか敵にとどめをさして辛くも勝利をもぎとりました。まったりCPU戦が熱い戦いに変貌しています。「ふはー」と敵機を落としたときには息を吐きました。 3勝(対人1勝)

4戦目「MAは浪漫!デッキ」
隊長機 トクワン ビグロ 対抗心
2番機 デミトリー ザクレロ
3番機 ギニアス アプ2
艦長 ゼナミネバ

 艦長乗せちゃいました。w 結局カスタムは対抗心1枚だけしかつけられませんでした。開始早々ビグロとザクレロを機動にして突撃します。アプ2はギニアスの特殊能力が微妙なので、攻撃体勢のまま。片方が囮になり、その隙にもう片方が格闘で切るという非常にオーソドックスな戦法で敵を刻みます。この2機のMAは直線的な動きは速いので一撃離脱しているとなかなか敵からの攻撃はくらいません。一度飛びぬけた先に敵機がいるのに気がつかずバルカンか何かくらいましたが、そのくらい。
 抜けてきた敵機がアプ2に迫ってきたので機動でかわして防御から拡散ビームをお見舞いします。はずれ。こ、このー!はずれ。くっ、さすがギニアスレベル1だけあって外しまくりです。はずれ。と気がつけば機動で動いて攻撃をくりかえしていたので、ギニアスのテンションがMAXです。ここで収束ビームを当てて迫ってきた敵機は昇天。
 ささ、残りの敵を・・・ってトクワンとデミトリーのテンションが下がっています。ギニアスの能力がバリバリ発動していたようです。とんだ困ったちゃんです。それでもぐるぐる動いているとだんだんテンションが上がってきて、最後はなぜかザクレロのビームで敵を殲滅。デミトリーがなんかいい気になって叫んでました。原作での彼の結末を知っているだけに、不憫です。
 楽しくCPU戦が出来ました。全員がレベル1なので攻撃をかわされてしまいますが、その分長く楽しめたと前向きにとらえられる余裕すらあります。ああ、おもしろかった。 4勝(対人1勝)

5戦目「マツナガ入隊記念 白い機体は素敵デッキ」
隊長機 イアン 白サイコミュザク 高出力ジェネレーター
2番機 マツナガ ジッコ (←白い)
3番機 ギリアム 専用ザクR2 グフシー OPブースター
艦長 ハモン

 やってしまいましたよ、TACさん。責任とってください。w イアンはコストが足りなくてブロに乗れません。さっきマツナガが乗っていた白サイコミュザクをぶんどります。このサイコミュ攻撃とマツナガのジッコでリンクロックを・・・そんなんできるかあ!ジッコじゃ無理です。いやほ~のリアルスキルでは無理です。ここでも強引にリンクロックを狙いに行ったところを逆襲されててんやわんや。一瞬お留守になったギリアムが撃墜されてしまいます。や、やばい、白サイコミュザクは動かし方に慣れていなくて、以前いったん封印レベルになった機体です。今回のマツナガ入隊で出番がやってきただけで、個人的には使い勝手が悪い機体です。しかも相手のスナイパーがカウントダウンのカスタム付!ジッコはそれをくらって点滅中です。
 しかし!ここからマツナガジッコ大活躍です。カウントダウンでHPがミリになりつつも、攻撃を当てます!イアンがサイコミュを撃ち尽くして補給している間を立派に支えます。当初の目的であるリンクロックはかないませんが、一応ここで面目躍如。補給が終わったイアンがなんとか敵をハモンの援護射撃もあって殲滅しました。ほっ。 5勝(対人1勝)

 ここまでで前半戦終了。さらに濃い後半戦は次回です~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

対人戦欠乏解消作戦

 よく行く所沢は三国志大盛況の横で過疎が進んでいます。撤去と言う悪夢がなんだかひたひたと現実となりつつある気がしてとっても怖いです。三国志のように横に並べて設置できる方が店舗にもやさしい筐体ですよねえ。GCBは場所とるものなあ・・・。

 さて所沢に行くと対人が無いためにCPU戦をさっくりこなして後は部隊の微調整を試すくらいです。吉祥寺での敗北以来(←まだ言う)OPブースターと高出力ジェネレーターにカスタムを代えたのでその練習と言う課題はあるものの、やっぱりネタとしてはパンチ不足です。(だからネタとかおかしいし、自分)

 そこで考えました。もし後からサテに人が座ってもなんとかなりそうで、それでいてネタデッキの匂いがするデッキをじゃんすか試すのはどうだろう、と。説明するより見てもらった方が早そうなので例を。

「マツナガ入隊記念サイコミュデッキ」

隊長 イアンブロ
2番機 マツナガ 白サイコミュザク(←白いので発動) 木星帰り
艦長 キシリア(←コストが許せば)

 露払いがいませんので、対人は厳しそうです。(←ダメじゃん) しかしマツナガの特殊能力がイアンブロとのリンクロックで発動すれば、サイコミュの弱点であるテンションダウンが相殺できるのではなないでしょうか。うずうず。試したくなってきました。

「MAは浪漫!デッキ」

隊長 トクワン ビグロ
2番機 デミトリー ザクレロ
3番機 ギニアス アプ2
艦長 上記にカスタムをつけるので、たぶん乗らないw

 機動で動いているだけでテンションアゲアゲです。これは実はメガネさんとのネタデッキ対決に控えていたデッキですが、公開しちゃいました。カスタムに何がいいのか実践していないのでこれも試してみることにします。

「アムロ入隊記念バックアップデッキ」

隊長 アムロ MCガンダム ガンシー ビームライフル
2番機 ガンキャノン オートパイロット
3番機 ガンタンク オートパイロット
4番機 コアブースター オートパイロット
艦長 アリス(←弱気)

 アムロの動きだけ満喫しようというよこしまな目的のためのデッキです。オートパイロットがもう1枚あればボールにつけて5番機にしたいと思っています。

 とりあえず明日、これらのデッキをともなって午後に所沢に出撃してきます。平日ですが土曜出勤の代休なのです!!うは!でも息子の通院の間限定の許可なので、あまり時間の余裕はないのです。もちろん対人ができるようならばガチで出てくるつもりですので、使用報告はありません。あしからず。くれぐれもほ~より先に試したり、実はやったことがあるという方がいたりしてもコメントしないでください。それが愛です。w

( ̄▽ ̄)ゞ 

| | コメント (4) | トラックバック (65)

2006年5月27日 (土)

ベストワンクラブ共同出撃 詳報

 お待たせ(?)しました、本編です。金曜深夜のベストワンクラブ戦線の報告です~。

 まずはちょっと早めに到着。サテを見ると4人座っています。さすがベストワンクラブ。対人には事欠かない仕様です。メールでメガネさんに到着と空き具合を報告して、さっそく始めます。

 ジオンメインなので、まずは連邦で終戦Pをもらいます。宇宙へ突撃すると「敵部隊接近!」。いいね~、ベストワンクラブ。敵は同じ中尉でパイはシャアとトップでした。シャアはまだ育成途中らしくザク1に乗っています。トップはレベルも高くゲルググに搭乗しています。まあ遠慮しても仕方ないので、ガチで攻めさせてもらいました。トップのゲルググはなかなかつかまえにくかったですが完勝です。1勝(対人1勝)
 ここで来ましたキラキラカード。何の気無しにいきなり「ビームバリア」。ふーん、ビームバリアかあ、ダブリだよ・・・ってええっ!レアじゃん!という感じでした。「レアを引いた」と言うより「呪いが解けた」と思いました。たとえビームバリアでもレアです。腐ってもレアです!なんと言おうとレアです!

 さて次はジオンに切り替えて出撃。ベストワンクラブの戦況はジオンで振り切っています。ここがちょっと不安。どうもサテにはジオンがその時点では多いようで、楽しみにしていた対人戦が起こらなくなってしまうかもしれません。しかし終戦Pももらうので、ここは迷わずジオンです。CPU戦なのもここは仕方がありません。さっくり完勝です。2勝(対人1勝)

 さあ、どうしよう。メガネさんはまだ来ません。このまま進めてもかまわないと言えばかまわないのですが、リアルコストが圧迫されます。メガネさんやまだ見ぬフェンリルさんとの対戦もしたいし、あまり先行するのもよくない気がします。取り合えずタバコなどを吸いながらメインスクリーンやら隣のサテをチラ見していました。隣のサテの人、チラ見したところ上手です。下駄に乗ったザク1が敵の機体を翻弄しています。これだけ上手ならザク1でパラ上げもできるんだなあと考えていました。結局隣の人完勝でした。
 と・・・ここで隣の人が、「あの~、ほ~さんですか?」と声をかけて来ました。はっ!?も、もしや!「あ、はい。」と答えると「フェンリルです。」と返事。

キタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!!!

 よろしくお願いします、フェンリルさん!握手をかわして出会いを喜びました。隣の達人はフェンリルさんだったのです。さっそく「上手ですね~。ザク1見てました。」と言って部隊のカードに「見せて光線」発射です。すると「こんな感じです。」と見せてもらった部隊には「鹵獲ジムトレ」の姿が。思わず「すげ~!」と爆笑してしまいました。これで「戦闘データ」があったら成長するでしょうねと言うとちょっと寂しそうに「戦闘データ無いんですよぉ。」とのこと。最近ほ~は戦闘データを2枚引いています。1枚は出番があるものの、1枚は眠っています。確かケースに入れておいたはずとごそごそ・・・ありました。「どうぞ~。」とフェンリルさんに渡すと「いいんですか?」と言うので「どうぞどうぞ~。」と言ったら、フェンリルさんは「じゃあ余ってるカードから何か持って行って下さい。」とカードの束をほ~に渡します。一番上にいるのは、

UCアムロ。

デタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 って言うか戦闘データと引き換えにUCアムロなんてもらっていいのでしょうか。UCアムロですよ、いいんですかと何度もしつこいくらい確かめてしまいました。「鮫トレだあ!」と自己申告もしましたが、フェンリルさんは笑顔でどうぞとおっしゃってくださいました。海より深く感謝です!「海老で鯛を釣る」とはこのことでした。どうもありがとうございました!

 メガネさんももう出発していますと伝えてあれこれ談義をしていました。アス、デル、トップでザクわらタイプのデッキを育成中で相性悪いの承知で使ってます等、濃い話も交えつつ、そのうち「対人しましょうか?」と振ってみると「では」とフェンリルさんが取り出したのが「ジャックザハロウィン」です!カード更新で今成長途中とのことでしたが(よね?)、天下にその名も鳴り響くカボチャ部隊です。これはぜひお手合わせを願わなくてば!

 トーマスの長距離砲でリンクロックをお見舞いされた時には仰天しました。リンクロックがCPU並みにえぐいです、フェンリルさん。しかしこちらはだいぶ成長した部隊でもあったこともあってか、勝利を収めることができました。どうもありがとうございました。3勝(対人2勝)

 ここでメガネさん登場。UCアムロを鮫トレしてしまったことなどを告白です。そしてフラナガンさんと新人さんともご挨拶。サテを放置にするわけにもいかず再び台へ。フェンリルさんはここで台を離れて情報交換へと旅立ちました。

 サテは相変わらずジオン色が濃いです。不本意ですが連邦に差し替えて出撃してみることにします。戦場は地上でシアトルでした。終戦Pのおかげでコストに余裕が出てきました。テキサンのテンションを上げる効果も狙ってサリーをコアブースターではなくコアファイターに乗せて出撃です。基本的にテキサンの後ろをちょろちょろしているだけにさせるつもりでしたが、ギャリーのMCガンダムがアプの砲撃をくらってコアファイターになってしまったこともあって、テキサンが弾補給の間の牽制役をしっかりと担うこととなりました。そんでもって勝ち。せっかく連邦に代えたのに誰も対人に入ってきてくれませんでした。4勝(対人2勝)

 ここでほ~もいったんサテを離れてお話の輪に入ります。ここでもフェンリルさんはフラナガンさんに連邦のキラキラカードを「どうぞ」と笑顔で放出。す、すごすぎますフェンリルさん。フェンリルさんみたいな人が多ければきっと人口もじわじわ増えていくのでしょうね。でも台バンして周囲を不快にする人もいるから、プラマイゼロになってしまうのかなあ。

 戦場に戻ります。対人が発生しないならジオンに戻すかと再びジオン。連邦は見当たらないのでスレンダーをガトルに乗せて戦闘データをつけて放り込んでおきます。CPU戦は危なげなく完勝でした。5勝(対人2勝)

 それもういっちょうと同じ編成で宇宙へ。ところがスレンダーのガトルは戦闘の余波にまきこまれて昇天。戦闘そのものは完勝ペースだったのに、放置プレイしていたことを忘れて敵がそちらへも攻撃しようとしていることに全然気がつきませんでした。本気の放置プレイをしてしまいました。完勝を逃してしまいました。6勝(対人2勝)

 ここで戦場を見るとメガネさんの部隊が宇宙にいるではありませんか。「それ~。」と後入りして後ろの台のメガネさんを見て「ニヤリ。」と不気味に微笑むほ~です。メガネさんは下駄ロングレンジ(育成中仕様)2機と格闘機(?)の3機編成でした。OPブースターをつけたギリアムザクがまずは下駄を引っぺがすべく突撃しますがなんと格闘で返されます。下駄乗りが格闘で来るとは予期していなくていきなりギリアムのHPが半減します。しかしこちらはOPブースター(追い越し禁止仕様)です。機動で優位に立ってメガネさんの機体を切り刻み・・・刻めません!ジャックが鬼の回避です。ギリアムの格闘をNTかと思うようなあざやかさで回避します。「のわ~。」と精神的ダメージを受けているとうかつにもイアンブロが餌食に。結局ジャックの鬼回避が大きなアドバンテージとなり、メガネさんに負けました。すぐにメガネさんの台へ駆け寄り、「ジャック避けすぎですよ~。」と声をかけます。メガネさん自身もあそこまでジャックが避けるとは思いいなかったようですが、それもメガネさんの腕が呼び込んだのでしょう。6勝1敗(対人2勝1敗)
 メガネさんのブログを見ても分かるように、メガネさんは大変研究熱心です。動き方もとっても上手になっていました。今までガチデッキでは負けたことがなかったと記憶しているので、「やるなあ」とひとしきり感心しつつ自分もがんばらねばと決意しました。

 さて横を見れば、フェンリルさんが大佐に乱入されたソドンでガチンコ対決しています。これは見ておかねば!
 う、うまいです、フェンリルさん。敵の動きを予測して長距離砲の攻撃範囲を動かしているのがわかります。敵の大佐はそこに吸い込まれるように動くことがありました。これぞリアル先読みです。フェンリルさんはNTの素養があるのかもしれません。敵の最後のガンキャノン(青)にグフの格闘×2が残り2秒で炸裂です。すごいぞフェンリルさん!

 びしー!(ヒート剣でぶった切り)すかっ(ヒートロッド空振り)

 大佐相手に局地的勝利です、フェンリルさん。「当たらないんですよねえ、ヒートロッド。」と苦笑してカードを片付けるフェンリルさん。ま、まぶしい!かっこよすぎます!

 ほ~が宇宙へ行くと来ました、「敵部隊接近!」。なんと相手は先ほどフェンリルさんに局地的敗北をくらった大佐です。ほ~を相手に敗北の憂さを晴らそうと言う目論見でしょうか。(←自意識過剰)返り討ちにする気合でスタート!さ、さすが大佐です。フェンリルさんだからこそいい勝負ができたのでしょう。中尉のほ~にはそこまでの善戦はできず、敵機を落とせず完敗に近い内容となってしまいました。ガックリ。6勝2敗(対人2勝2敗)

 ここで再びフェンリルさんの戦闘を見学です。ドアン島ですが・・・、うまい!ハロウィン隊ですが、トーマスのコアブの防御で敵をロックするところへ格闘のジャック(?)が飛び込んでリンクロック。同じくコアブと母艦でリンクロック。リンクロック、リンクロック、リンクロック。嵐です。敵のルナチタゲルシーが固いものの、この嵐の前には成すすべなく沈んでいきました。参考になるなあ。
 ここでフェンリルさんキラキラカードゲットです。なんだかゲラゲラ爆笑しています。見せてもらったら「壷」でした。私も笑ってしまいました。でも友達にあげてしまった後らしいので、まあよかったじゃないですか、ネタデッキで使えますよと慰め(?)の言葉をかけさせていただきました。
 
 さてそろそろ時間も無いのですが、最後の2クレと500円玉と投入。宇宙へ出撃すると「敵部隊接近!」です。今度は別の大佐が乱入してきました。なんとオートボール3機を交えたデッキです。HPミリ残りのギリアムザクが奮闘してボールは全部落としたものの、敗北です。6勝3敗(対人2勝3敗)

 さあ最後です。見れば地上にメガネさんの姿が。最後にはメガネさんでという思いと、そういえばアプ出して練習相手になりますよと言っていたことも思い出したので、ラル普通のグフ下駄とイアンアプ3で出撃です。
 まずはグフは放置しておいて練習相手となるべくアプ3で突撃します。メガ粒子砲が外されまくります。それでもダメージを与え与えられとなり、いったんアプは母艦へ補給と修理にもどります。ここでラル出陣。こっちが大活躍で下駄を落として戻ってきます。入れ替わってアプ、またグフとこの2機でつるべしていました。懐に飛び込まれてロックを外される場面もあったので、メガネさんにも練習になったかなあ?結局ここはメガネさん最後の1機となったので残り時間もそう無いので、そのまま時間切れとしました。7勝3敗(対人3勝3敗)

 ブログのコメントで「ください」というぶしつけな発言を覚えていてくださってメガネさんの部隊から「マツナガ」がわが部隊にやってきました。メガネさんありがとうございました。
 フラナガンさんは新人さんに助言をしつつ模擬戦をしていらっしゃいました。どうもCPU戦がお気に入りのようで、昇進したくないなあなんてことをおっしゃっていました。そんなこと言わずにほ~とも対戦しましょう、ぜひ!ネタデッキで出撃しますから・・・ってネタデッキ使ってない~!人が多いのも困りものです。うかつにネタデッキを出せません。思えば8台のうち、5台を私たちで占領していた時こそネタデッキの出番だったのに、フェンリルさんの戦闘に見とれたり、大佐相手に必死こいているうちにその機会を逃してしまいました。残念!!

 仕事があるので失礼します~とばたばた退散となってしまいました。またぜひお願いします、みなさん!

 排出カードはビームバリア以外では初の黒三パイマッシュ、そろそろさすがにいらなくなってきた180mm、高機動ザクR2、暴走くらいでした。しかし呪いが解けたこと、鮫トレでUCアムロ、頂き物でマツナガをゲットしたことの方が大きいです。今日の仕事はこれまたハードで大変でした・・・。
 
( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ベストワンクラブ共同出撃第一報

 ベストワンクラブへ出撃です。今回はメガネさんとフラナガンさんと新人さん、そしてフェンリルさんとの共同出撃です。ほ~は土曜日に仕事が入っている(今回は特別)ために、ちょっと早めに出撃しました。22時の後半に戦場に到着。サテは4つほど空いています。って言うよりもこの時間で4つ埋まっています。いいなベストワンクラブ。

 さてただ座っていても仕方ないのでとりあえず1クレ。とここでいきなり呪いが解けました!1枚目でいきなりキラキラカードをゲットです!

 ビームバリア

 って微妙~。まあ呪いが解けたことだけでも喜ぶべきなのでしょう。ええ。

 詳しい戦績や会話なんかは次回に書きます。もう寝ないと仕事に差し支えます。とりあえずメガネさん、フラナガンさん、名前が覚えられなかった新人さん、そしてフェンリルさん。ネタデッキを試せなかったですが、楽しい時間をありがとうございます。対戦してくださったメガネさん、フェンリルさん、さらに深く感謝です~。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | トラックバック (57)

2006年5月25日 (木)

放置プレイ

 今日も出撃してしまいました。だって土曜日仕事でオフ会行けないんだもの。金曜日の夜も・・・どうかなあとこの時は思っていたので。(行くことにしてしまいましたw)

 2店行くのが面倒なので喫煙可の近い方へ出撃しました。サテには1人座っていましたが、この人何やらカードフォルダーをずらっと並べてそれを眺めて「うふふ」と笑っているような様子で、ゲームをする気配がありません。パッケージのゴミがいつになく全部のサテにあったので、この人が全ての席でレア堀りをしていた可能性があります。嫌な予感がしましたが、今更店をうつるのも億劫なので、そのまま始めてしまいました。

 現在の課題はずばり、

 OPブースター追い越し禁止

です。w

隊長機 ブラウブロ ゼナミネバ 高出力ジェネ イアン
2番機 ギリアム専用機R2 グフシー イセリナ ギリアム
艦長 ハモン

 追い越し禁止を意識して、ブロのレンジ合戦にも気を遣って、結局は完勝。ここで余っているコストを何とかしたくなりました。吉祥寺での完敗の際に今後の方針として3機編成を考えていたのをここで実践してみることに。どうせ人は三国志です。対人なんて起こりそうもありませんから。

 3番機にとりあえず入れてみたのはキャリオカ。ジオン訛りの素敵なおっさんです。相手の部隊編成を見ることにはもうそれほど意味を感じませんが、何しろコストが安いのでとりあえずはキャリオカ。ブロに接近してくる敵機を追い払いたいのでバルカンと盾持ちということでザクFSをチョイス。武装はザクマシンガンにしておきました。機動で飛び込んできた敵機に当てて機動低下を狙う魂胆です。
 さてキャリオカはブロに敵機が迫ってこないと出番が無いので開始早々とりあえず防御にして隅っこに放置。そのまま普通に戦闘していたら、結局キャリオカは何もしないまま終わってしまいました。う~ん、これってある意味コストの無駄!?使用コストが敵の強さに比例すると聞いたので、キャリオカは敵を強くしただけの存在でした。

 これではなんだか練習にもなりゃしないと、再考。ICカードを更新したらシャアと愉快な仲間たちを育てようと考えていたので、じゃあとりあえずコストが軽いスレンダーでも入れて戦闘データつけて放置しておこうと思いつきました。先日、ジムトレもいいけど戦闘データはどうだろうかと書いた手前、自分でも試しておいた方がいいし。w
 
 スレンダーの機体はコストの都合でガトル。まあ放置しておくし何でもいいです。さて戦闘は基本的に2機でずんずん進めます。ふと見ると敵のLAがそのスレンダーの前をのこのこ横切って行こうとしているではありませんか。しかもきっちりロックしてますスレンダー。じゃあ攻撃しちゃおう。ミサイルがどか~んと当たって、LA瀕死です。とどめはギリアムR2がOPブースターですっ飛んできて刺しました。あ、でもこれでガトルはもう弾切れ。母艦に帰るとしよう。しかしガトルが母艦に戻って補給している間に戦闘は決着してしまいました。え~、レベル1からスタートのスレンダーに100ほど入りました。

 対人がなさそうな時はこんな感じの放置プレイがいいと感じました。対人があるときはそんな鴨を放置しておいてくれるとは思えないので、出撃させないか、もう少し勝負のできる機体にしないとつらそうです。でも戦闘データのコストがけっこう大きいんですよねえ・・・、どうしたものか。

 ブログの呪いはいよいよその真価を発揮し始めたようで、今日は6クレやって全部コモン!全部持ってる!!しかもよりによって水ザクやらザクマシンガンやらガデム3枚目やらスレンダー4枚目(今も使ってたっつーの)という顔ぶれが並び、さっきのレア堀り疑惑もどうやらあながち見当違いでは無さそうな気がしてきました。
(;´д`)トホホ

 さて、明日はベストワンクラブ出撃します。メガネさんとその仲間たちとフェンリルさん、その他の方々との出会いはあるのでしょうか。時間が・・・仕事が土曜日にあるので微妙ですが、何とかがんばります。ではでは。

 ( `ー´)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (43)

所沢戦線異常なさ過ぎ

 雷鳴が響く中、仕事帰りに所沢に寄って終戦Pを回収してきました。  

 うわ!すごい人手!!三国志の新バージョンが絶賛稼動中です。すごい待ち人数です。トレもすでに盛んに行われています。一方我らがGCBです・・・誰もいません。三国志を待つ人の待合所となりかけています。ゲームの脇の空パック捨て場の中にはGCBではなく三国志の空パックが山のように入っています。だ、大丈夫か、GCB。

 初戦ジオン。例によってギリアム格闘とイアンブロですが、今回はカスタムをいじってあります。先日の吉祥寺での完敗を受けての変更です。ギリアム専用ザクR2にはOPブースターが、ブロには高出力ジェネレーターをつけてあります。変更後の初陣です。気合が入ります。

 おお~、早いです。ギリアムのR2がえらい勢いですっとんでいきます。ロングレンジを外したブロはレンジ合戦が少々厳しくなりました。下駄ロングには相当リアルスキルが要求されそうです。やや不安。そんなこんながありつつもここは危なげなく勝利。慣れるまでもう少し時間が必要ですが、まあ何とか。しばらくこれでやってみます。

 次は連邦。ザクレロ2機にゲルやらザクやらわらわらと・・・。「おらおら~」と普通にやっつけにいったら・・・、なんとCPUがGGガス弾攻撃です!!!しかも2機!!!MCガンダムがこれをくらってしまいます。早期決着へ向けてびしびし敵を切りまくります。しかしじわじわとHPが減り、気がつけば瀕死目前。MCガンダムの出番終了。防御で母艦に貼り付けます。

 代わりに主役に躍り出たのがテキサンジムバズ下駄ロングレンジ(長いw)です。もう四の五の言ってられないので、格闘とかしかけちゃいます。テキサンのテンションは母艦(アリス)の傍にいたのでMAXです。それでも空振るテキサンが別の意味で男らしいです。またGGガス弾をくらってしまいますが、残りわずかの敵を殲滅するには十分な余力を残していました。無事終了。

 しかしネタデッキで自分がやろうと思っていることをまさかCPUにやられてしまうとは、微妙にショックです。

 さてここで店舗移動。ここでも三国志は順番待ちです。横目で羨望の視線を送りながら誰もいないGCBへ・・・と思ったら1人いました。ジオンです。しかし今日は終戦P狙い。対戦しなくても、ま、いいか、とジオンで開始。ラルもやらなくちゃと地上へ出陣。ラルグフ下駄とイアンアプ3という布陣です。

 特にCPUは笑える編成でもなく、普通に倒してきました。ぼーっと終戦画面を見ながら、さあ次は連邦だ、対戦乱入しちゃおうかなとICカードを早く出そうとボタンをぽちぽち・・・。ありゃ、ジオンでまた始めてしまいました。ボタン間違えた~!

 連邦のICどうしよう、もう1戦・・・いやそれじゃ300円になってしまうからやっぱり2クレ追加かなあと、ぼんやり宇宙戦を始めてしまいました。ここね、集中切れてるんですよ、私。

 ブロに接近しつつある敵部隊の脇から回りこんでギリアムが「はいよ~」と機動で突撃して、背後から格闘をびし~っと、と、ちょ、ま、わあ。

 敵を追い越してしまいました、ギリアム。

 何をしているんでしょう。敵を追い越したということはそこは敵の攻撃範囲の真っ只中です。いきなり×5だか×6のリンクロックをくらいます。ギリアムのザクは敵を追い越しただけで、戦場を去りました。OPブースターってすごいなあ。(涙)

 まだ敵はピンシャンしています。この連中を相手にブロ単機で奮戦します。母艦のハモンもなんか叫びながらがんばってくれましたが、結局は宇宙の藻屑と消えました。以前CPUに負けたのが久しぶりでショックだなんて書いたのがいけなかったのでしょうか?新手のブログの呪いでしょうか。えらい目にあってしまいました。

 結局もう500円をお財布の小銭入れから100円かき集めて工面して、もう2クレを連邦でやることにしました。先客の方はちょうどコイン切れのようで両替機へ旅立ってしまいました。待つほど時間の余裕もないので、すぐに地上で始めてしまいました。海です。アプはともかく、ドムTTとかザク1とか・・・ここのCPUはアホな上官のようです。こういうことを書くからCPUの怒りをかってしまうのかもしれません。とは言えここでは完勝。水中でもがく敵機に容赦なく強化炸裂弾をお見舞いしました。

 さて本日最終戦。終戦Pのおかげでレベルが上がっています。おまけにギャリーは投票で選ばれていてコストに少々余裕があります。そこでサリーをボールに乗せて出撃させてみました。テキサンとのリンクロックをもくろんだのですが、ボールの機動が遅すぎてレンジ合戦に対応出ません。基本は待ちにするしかないようです。まあサリーの待ちはテンションを上げるためであると、言い訳ができます。決して「扱いきれていないのでは?」という疑問を持ってはいけません。

 結局盤面上を動いているのはいつもの2機という状況が続きましたが、敵の数も減ってそろそろサリーにも仕事をさせようともたもたボールを動かします。一応リンクロックも決まって、サリーが2機撃墜することができました。やるなあサリー。でも対人だといいカモになりそうです。やはりコアブくらいの機体でないと不安ですね。

 排出カードでは陸戦ガンダムWR、ルナチタがめぼしいところです。WR仕様がこれでEZ8と合わせて2機です。集中砲火デッキでも作れという啓示でしょうか?

 それにしても三国志の盛況振りがうらやましいです。バンダイさん、早くバージョンアップと新カード追加、通信対戦を実現しないとつらいですよ・・・。所沢では過疎に拍車がかかりそうです。撤去だけは勘弁して欲しいなあ。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

嗚呼、ネタデッキ その4

 未だにブログの呪いが解けません。といっても連日休ガン日なのです。仕事が忙しい上にお疲れ気味。でも終戦Pもらいに行かなきゃ。

 さて、やったことないけどやってみたいデッキというのがあると思います。やれない理由は主にコストが足りないかカードが足りないか、もしかすると勇気が足りないかです。
 私のやってみたいデッキの1つはこれです。さっそく一例紹介。

ドアン 鹵獲 ガンダムとか 格闘仕様
ジュダック 鹵獲 ガンダムとか 射撃仕様
エルラン 鹵獲 ガンダムとか 射撃仕様

 ええ、別に機体は何でもいいんです。連邦じゃなくてジオンでもいいんです。大事なのはコンセプトです。このデッキの一番のすばらしさは

「ICカードを選ばない」

ことです!両軍使いの人はこのデッキだけ持ち歩けばいいんです!(←よくない)鹵獲があと1枚あったら試すのですが、レアだけになかなか引きませんね。って言うか鹵獲より欲しいレアが他にたくさんあるので、鹵獲じゃなくていいです、カードの神様。変なこと書いたからって「じゃあ鹵獲ね。」なんてしないでください。

(/・ω・)/

| | トラックバック (45)

2006年5月22日 (月)

嗚呼、ネタデッキ その3

 自分のデッキではありませんが、紹介しないといけないネタデッキがあります。それは「連邦キャタピラデッキ」です。戦車は男の浪漫だという人もいますので、使わないガンタンクなんぞ眺めながら夢を膨らませた人は多いことでしょう。

もちろん私も例外ではなく、以前「ジオンキャタピラデッキ」を組んだことは以前の記事で書きました。ザクタンク2機に前衛を張らせて、囮になっている間に後ろからマゼラアタック3機が狙うというコンセプトでしたが、近コストに普通に入ったらボコボコにやられて悲しかった思い出があります。

 さて本題に戻って一例紹介です。これは私のライバルであり戦友であるメガネさんが、披露してくれた部隊です。

アムロ 鹵獲 マゼラアタック 220
カイ ガンタンク 210
ハヤト ガンタンク 160
リュウ Gブル 140 ここまでで合計730
艦長 なしだったみたい

 すばらしいです。アムロが鹵獲で白いマゼラアタックに乗っていたインパクトは言葉では言い表せないほどのおもしろさでした。カスタムは鹵獲以外は不明ですが、パイがWB部隊なのもこだわりがあってナイスです。全部脱出機構があるので、カイの哀戦士も結構発動します。格闘メインのガチ相手ではつらいでしょうが、ネタデッキ対戦やネタデッキのおもしろさを理解してくれる人相手ならばものすごく楽しめます。

ちなみに対戦相手のほ~はララァを乗せたパージオでその対戦は出撃していて、キャタピラ軍団と壮絶なレンジ合戦を繰り広げたと記憶しています。w

 コストが増えたら61戦車にジョブジョンなどのWB部隊を乗せていけばいいので、これも息の長いデッキとなりそうです。ただキャタピラ部隊は武器を持てないところがはがゆいかな?

 次はぜひ白いザクタンクに乗っているアムロが見たいです、メガネさん。w

| | コメント (4) | トラックバック (14)

2006年5月21日 (日)

バージョンアップ?

 5月22日 バージョンアップってほんとですかね?あまり信憑性のあるソースじゃないようですが・・・。急すぎるような気がします。ロケテ終わったばかりで何のアナウンスも無い中ですからねえ。

 早く通信対戦を実現してよ・・・。

| | トラックバック (42)

吉祥寺戦線異常無し?

 来ました!イレギュラーの吉祥寺戦線へ出撃です。吉祥寺でお買い物を楽しむ奥さんと息子に笑顔で手を振り、私はロフトの下のゲーセンへ直行です。サテには1人だけ座っています。どうやら連邦のご様子。と、言うことは連邦で始めてジオンに切り替えて対人ができるかも。(吉祥寺で終戦P狙ってももらえない可能性が高いのですが・・・)

 まずは連邦で出撃。見れば例のヒマラヤがあるじゃないですか。以前の記事で書きましたが、ヒマラヤのCPUが水陸両用のMSをどっさり出してきていいカモだったことがあるのです。さっさとジオンに切り替えたいし、ここはヒマラヤに。水陸両用のMSは・・・いませんでした。吉祥寺のCPUは少しはまともな指揮官のようです。w
 代わりにいたのがアプ3機。偵察に出したギャリーのガンダムが危うくロックされそうになります。急いで回避してテキサンの遠距離強化炸裂攻撃をぶちかましますが、敵のロックオンサーチが伸びてきたので、ハイバズは撃てず。それでもけっこうなHPを削りますが、3機のアプは猛進してきます。とそちらに気をとられた隙に脇からザクが進出していました。テキサン、機動で回避しそこねて下駄にダメージを受けるももちこたえます。あ、あぶね~。
 アプを放置してまずはそのザクをギャリーのガンダムが格闘で仕留めます。と、その次には母艦のアリスがアプに収束ビームをくらい、HPをごっそり持っていかれます。あ~ダメ~、ポイントが減っちゃう~。アリスは反対の端に逃亡。テキサンもそれに追随させてテンションUPをさせることにして、ギャリーの格闘でアプと勝負することに決めます。3機ほとんどまとまっていたので、いったんかいくぐれば裏取りはたやすく、1機、2機と落とします。調子に乗ってたら最後に1機に拡散ビームを敵母艦とリンクロックでくらってしまいました。あ、やば。テンションMAXですが機動重視です。盾が無意味です。し、死んだかなと思ったら母艦の攻撃は回避。ナイスアシスト、アリス(気持ち的に)。
 瀕死になったガンダムをとりあえず母艦に返し、テキサンがここで再び前へ。長距離射撃を当てたらまだ落ちなかったので、結局回りこんで格闘で仕留めました。なんだかもう1機途中で倒した気もするけれど、忘れてしまいました。w 
 とりあえず完勝です。1勝0敗(対人なし)。

 さて今度はジオン。いつものギリアム専用ザクR2とイアンブロです。宇宙でCPUを相手に完勝です。問題なし。対人は発生しません。う~む。そのままもう1戦してまた完勝。
 3勝0敗(対人なし)。

 巡り合わせが悪いのか?サテは少しずつ埋まって私を含めて4人ほど座っていますが・・・。さてまたもや宇宙でCPUを狩って残り1機になったところで、来ました「敵部隊接近!」。くぅ~、久しぶりの緊張感と高揚感。やっぱり対人は燃えます。敵は少佐で、編成はG3アムロに下駄ロングレンジのセイラ、伏兵対策かトリアーエズにサリーが乗っていました。母艦はスルガでヘンケン。
 G3アムロがブロに接近してきますが動きが鈍いです。どうも防御重視で近づいてくるようです。ならばとギリアムを急行させてブロとリンクロックをぶちかまします。これが大成功。ブロがガン盾を破壊したところに2回格闘を成功させてG3をコアファイターにします。これで大きなアドバンテージ。下駄セイラは下駄から引きずりおろせば怖くなく、やはり撃破。相手はスルガをここで押し出してきます。あまり対人で母艦を落としたくないのですが、前に出してくるならば別です。スルガも撃沈して、敵はコアファイターとトリアーエズだけに。母艦を出してきたくらいなので、最後まできっちり行かせていただきました。ポイントもごっそりいただく完勝です。しかしこの完勝っぷりが相手に火をつけてしまったのかもしれません。
 4勝0敗(対人1勝)。

 再び宇宙へ行くと来ました「敵部隊接近!」。同じ少佐です。リベンジに来たようです。ビームバリアとか無しでお願いね~と思っていましたが、全くそんなことは無く、思い切りやられました。
 G3が再び接近してくるので、さっきと同じ展開に持ち込もうとしたら、なんとギリアムザクの方へ来るではないですか。これにはちょっと慌てました。大抵の人はブロか母艦に殺到するからです。しかし慌てながらも格闘を合わせて攻撃・・・と思ったら先読みくらいました。裏を取りきれていなかったようです。これでギリアムザクは瀕死のダメージを追います。G3アムロは盾を破壊した程度のダメージです。これはまずい・・・。
 ブロを回避気味に動かしつつガンダムに照準を合わせますが、敵も分かっています。こちらの母艦へ直行です。このままでは母艦に寄り添っているギリアムザクはでくの坊です。いったん母艦から離れG3と勝負です。G3が母艦にダメージを与えた後をギリアムの格闘で狙います。2回空振りです・・・。あ、アムロ~!
 今度は向こうの番です・・・。瀕死のギリアム必死の防御ですがすでにHPは残りわずかの状態。ビームライフルで盾の上からHPを削られて宇宙の藻屑にされてしまいました。
 ブロ単体でどうにかなるほど佐官との戦闘はあまくありません。セイラの下駄くらい落としたと思いますが、内容としては完敗みたいなものです。見事にリベンジされました。
 4勝1敗(対人1勝1敗)。

 しかし対人はいいですね。負けはもちろんくやしいのですが、勉強になります。ロングレンジ下駄だけの編成には少しだけ対策を考えていたのですが、バランス型のガンダムとロングレンジ下駄の編成で来られて、ちょっとでも遅れを取ると後はもう雪崩現象みたいなものです。どうにも挽回できません。これが「サイコミュ恐れるべからず」と言われる所以でもあるのでしょう。

 ここで宇宙が大気圏となってしまいました。G3相手では分が悪すぎます。←これを言い訳にしつつ、悲しいけれど地上へいったん降ります。地上なのでラルの出番です。ギリアムとW格闘で下駄にそれぞれ乗せて出撃しました。しかしギリアムは途中で落とされてしまいました。敗北がどうもプレイに影響が出ている感じです。ラルも下駄を落とされますが、そこからノーマルグフで生き生きと動き回り敵を全滅させました。ありがとうラル。
 5勝1敗(対人1勝1敗)

 ここでいったんコインも切れたので喫煙休憩をとりました。負けてへこんでいたこともあり、気分転換です。しかしこのままで終わっては吉祥寺まで来た甲斐がありません。少佐殿には申し訳ないですが、もう1戦つきあってもらいましょう。後入りです!それ~!

 完敗。

 いやもう何。己のふがいなさを思い知らされた感じ?ギリアムザクとアムロG3との格闘合戦なんかあったのですが、リアルスキルで完全に上を行かれました。読み合いで完敗です。戦闘後の相手の動きを読んでカードを動かしておくのは定番ですが、その位置取りで相手にアドバンテージを取られました。お見事です。しかもG3.どうもOPブースターあたりをつけていた模様。ギリアム専用R2機動18宇宙◎、G3機動19宇宙○ですが速度で追いつけませんでした。カスタムの選択でも負けていたわけです。
 5勝2敗(対人1勝2敗)。

 その後相手はこちらに気を遣ったのか、嫌気が差したのか、最初からそのつもりだったのかジオンICに切り替えてしまった模様です。これでサテはジオンだらけ。あ、連邦もいますが、模擬戦です。
 
 その後はいつもの宇宙編成でなんだかぼんやり戦っていました。おかげでギリアムが落とされて完勝を逃す回もありました。いけませんね。佐官相手でも多少はなんとかできるつもりだったのに後入りで完敗をくらったことが、こんなに精神的にダメージを自分に与えるとは思いませんでした。「完敗」って久しぶりに見たからかもしれません。
 そんなこんなで8勝2敗(対人1勝2敗)。

 サイコミュが利点を上回る弱点だらけなのは分かった上で何とかしたいとがんばってきましたが、今までの戦い方ではきっと今回の少佐にはなかなか勝てない気がします。初弾でG3を何とかできれば別ですが、そううまくいくとは思えません。帰宅して落ち着いてこうして記事を書いていて思いつくのは・・・。

 ギリアムザクにOPブースター。教育CP→高度格闘として馴染んだカスタムですが、宇宙で速度負けすることはつらすぎます。相手が下駄連中ならばいいのですが、ガンダムでOPブースターとなると厳しいです。目には目を、歯には歯をで、OPブースターにはOPブースターです。この速度に慣れていないと操作ミスの元ですから、普段からOPブースターにしておくほうがいいでしょう。ハイ、決定!

 自分の中の禁じ手、破滅CDブロ。あ~やりたくない。別に使えるカードなんだから使ってもいいはずなんですけど・・・。 

 3機編成。う~ん。これ、課題だったんですよね。ちょっとまじめに考えることにします。でもあくまでサイコミュにはこだわって。

 さて気になる排出カードですが、キラキラしたのは出ませんでした。黒いのは高機動R1が2枚(なぜ)とゲルググ(ライデン専用)にガンダムハンマーでした。あと目ぼしいのではオートパイロットが出ました。ネタデッキ好きの血が騒ぎます。 
 
( ̄▽ ̄)ゞ

| | トラックバック (60)

2006年5月20日 (土)

嗚呼、ネタデッキ その2

 2回目です。家族サービスの休ガン日なのでネタが無いのです。

 前回のなんちゃってラル隊を息の長いデッキと書いたのには理由があります。ネタデッキはそのインパクトが大事です。CPU相手にやってもあまりおもしろくないので対人がメインの出番となりますが、世にはネタデッキを使う人はまれで、たいていはガチデッキです。ネタデッキで入っても瞬殺されて、相手はこちらの意図を分かったんだか分かってないんだか・・・という状況は悲しいものです。自然と知り合いとの対戦でネタデッキを繰り出すことになります。
 そうなると今度は「それ、この前のネタデッキだね。」となるのはちょっと悲しいことです。その点、なんちゃってラル隊は「そんな無理に組まなくても。」という笑いと同時に、おもしろそうなコンセプトを試す場にもできるわけです。いろいろなコンセプトを試せるのはネタデッキで重要です。

 逆にコンセプトで勝負する場合、応用が利かない場合があります。しかもそのコンセプトがダメダメだったら、そのネタデッキは早々に封印されることになるのですが、今回はそんな封印されたネタデッキ。

 連邦はMSではない兵器も充実しています。いや充実と言うには語弊があります。数だけはそろっています。もちろん単機でも優秀なコアブや、下駄でお世話になる2種類などは評価も高いでしょう。
 その他兵器で「ジェットコアブースター」という機体があります。この機体の武装である大型スマート爆弾は意外に破壊力があります。また機動25で空中◎はあなどれない移動速度を誇ります。もちろん航空機なので旋回性能は低いですし、装甲は紙です。日の目を見ないこの機体ですが、「編隊が通った後は山の形が変わった」と表現されるネタ心をくすぐる機体でもあるのです。山の形、変えちゃいましょう!

 ジェットコアブースターにカスタムで予備弾倉をつけます。これで期待の大型スマート爆弾は2発です。しかしそれでもたったの2発。当然補給に戻ることを考えますが、のこのこ戻るのは不安です。そこでその間を支える機体としてもともと盾を持っている機体にガンシーをさらに2枚つけてサンタ(三枚盾の略)とします。これを防御で前線に放り込んで耐え忍びます。もしジオンならばザクタンクにしたいところですが、連邦なので陸戦型ジムか陸専用ジムがコスト的にもいいと思います。間違っても背シルなんぞ入れてはいけません。その格闘で普通に勝ててしまいますから。艦長には射撃UPかクリティカルUPのある人を乗せたいところです。

 では一例紹介。これは戦友のメガネさんとのネタデッキ披露で使った例です。

陸戦用ジム ガンシー2枚 ジャック(回避の高さで採用) 230
ジェットコアブスーター(予備弾倉)ジュダック 90(安!)
ジェットコアブスーター(予備弾倉)ミケル 115
ジェットコアブスーター(予備弾倉)ハヤト 135
コアブースター(高出力ジェネレーター)サリー 125
艦長ティアンム 90

合計 785

 サリーがコアブなのは肝心のジェットコアブースターが当時3枚しか無かったためです。今ならサリーもジェットコアブースターにします。無事に(?)今は4枚ありますから。
 さて運用してみての弱点はとにかく大型スマート爆弾が当たらなかったこと。初陣のパイがごろごろいたこともあって全く機能しませんでした。射撃でそこそこ育てたパイでないと、コンセプトが全く結実しないのです。

 もう少し練りこめばおもしろいことになるかもしれませんが、とりあえずしばらく封印決定となりました。ぜひ、うちには射撃で育てたパイがわんさかおるで~という方はお試しください。ただし、くれぐれも当方では敗北の責任は取れませんので、ご了承ください。

( `ー´)ノ

| | トラックバック (20)

嗚呼、ネタデッキ その1

 このシリーズでは私が試した、あるいは見聞きしたネタデッキンについて勝手に考察をしていきたいと思います。異論反論もあろうかと思いますが、笑って見逃してください。

 まず記念すべき第1弾は「なんちゃってラル隊」です。
 ラル隊のメンバーは、ラル、ハモン、クランプ、コズン、アコース、ゼイガンが現在存在します。全員出撃なんていうのはコスト1000オーバーの人がやることですが、そこを無理やりでも出撃しちゃうのがこのデッキのコンセプトです。相手に「そ、そんな貧相なラル隊って・・・無茶すんなあ。」と思わせるのが一番の目的です。ええ、それが一番なのです。

 いくら低コストで組んでも結局はそれなりのコストが必要になるので、場合によってはハモンを外したり、ゼイガンを外したりと工夫します。
 編成の一例を紹介しましょう。

隊長 ラル グフ グフシー 295
2番 クランプ ザク1RR Sシールド 155
3番 コズン 陸ザク 125
4番 アコース ザクタンク 100
艦長 ハモン 90

合計 765
 
 765ならば組める人も多いはずです。カスタム?何でしょう、それ。何ちゃってラル隊にカスタムなんて使いません。いえ、使えません。このネタデッキの弱点はコストが増えていくにしたがってガチデッキになってきてしまうことです。しかしメンバーフル出撃にすれば、なかなかまともなデッキは組めないはずで、機体もいいもので、カスタムも入れて勝てそうなデッキを作るには将官にでもならないと無理そうです。

 ハモンをカーゴ爆弾に乗せたり、クランプにGGガス弾を持たせてみたりと、工夫のしどころはまだまだあるので、それぞれのアイデアでなんちゃってラル隊を楽しめば息の長いネタデッキになることでしょう。ちょうど6人なので、1人を母艦に乗せればフルメンバーが組めます。そこがWB部隊との大きな違いです。WB部隊は全員そろえると結構な人数になってしまい、フル出場は不可能ですから。

 一応強そうなラルデッキを私見で組んでみると・・・。

隊長 ラル グフRR グフシー ゲルシー OPブースター 365

2番 クランプ ザクキャ マゼラ砲 ドダイ2 強化炸裂弾 320

3番 コズン グフ グフシー ガトリングシールド OPブースター 265

4番 アコース ザクキャ マゼラ砲 ドダイ2 強化炸裂弾 300

5番 ゼイガン ザクタンク ゼナミネバ 130

艦長 ハモン 90

1470 

ってアホかあ!使えないっつーの。

| | トラックバック (11)

2006年5月18日 (木)

マタアイマショウ

マタアイマショウ SEAMO

今まで見たことない泣き顔を見て 

僕は君の手を握ってた

この手を離せばもう逢えないよ 君に

笑顔で別れたいから言う 

マタイマショウ マタアイマショウ

 この曲が現在の自分のヘビーローテーションです。別れ話を歌にした曲は多々あれど、こう前向きな思いをこめた曲はなかなか無いのではないでしょうか。もちろん穿った見方をすれば「未練がましい」ともとれるのですが、素直に受け止めて曲を味わいたいところです。

君はそんなに強くない 

悲しみ我慢してるのかい?

泣いてもいいよ 

僕も泣くから

今日だけは許してよ 神様

 すでに妻子持ちの私ですから、こうした恋愛とは無縁ですが、それでもこの曲の持つ力には感動です。リアルで恋愛を、特に悲しい恋愛をしている人の心には私以上に響くのではないでしょうか。

 「君に出会えてよかった」という恋愛をできたら、それが悲しい結末を迎えたものだとしてもそれはきっとその人にとっても、相手にとっても糧になる恋愛だったのではないでしょうか。

 このブログに似つかわしくないお話でした。w

(。・_・。)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

対人戦欠乏症

 昨日は休ガン日でしたが、明日も休ガン日です。社会人にとっての飲み会は、仕事を円滑にするためのマグネットコーティングのようなものです。ん?テンションダウンしちゃうからダメか。w

 そういうわけで4クレ制限で出撃してきました。メガネさんはお仕事が今週お忙しいとのことなので、連絡は遠慮しました。まずは終戦P狙いのセガのお店へ出撃です。
 
 サテには一人いました。連邦少尉が地上で戦っています。乱入しようか迷いましたが、なんだかあまり強そうな方ではないか、あるいはデッキ実験中のようなので、遠慮することにしました。対人希望なら入ってくるだろうと期待していたのですが、ほ~が宇宙でサイコミュ撃っていたらその方はジオンにICを変えてしまいました。う、うむ?両軍使いならば遠慮せずに入ればよかったか?あ、でもそのジオンも少尉です。び、微妙~。ここでほ~が連邦にICを変えて乱入したらなんだかわざわざ追いかけたみたいに思われるのではあるまいか?ほ~宇宙。その人地上。なんだか住み分けしちゃいました。

 1枚目ハイバズ。2枚目コアファイターです。むむ?なんだか次にMSかパイが来そうな気がしませんか?武器と中身が来たんだから白い機体の。終戦P狙いなので2クレで移動するつもりだったのですが、この当てにならない予感に従って追加の2クレです。

 砂ザク(Wアンテナ)

 び、微妙~。まあ、ラル隊がソドンに出撃する時に出番があるに違いないと自分を納得させました。それにCPU戦ならばどこでやっても同じです。結局次は「バックラーシールド」でした。失意のまま一応もうひとつの店ものぞきます。

 !!!

 ほぼサテが埋まっているではありませんか!!な、なんてことでしょう。こんなことなら最初からこっちに来ていればよかった。空いている席に気がついたら座っていました。あ、あれ?4クレ制限は?対人欠乏症の私にはこんなおいしい場面を見逃すことができませんでした。勇んでジオン宇宙へ出撃です。対戦中の方がいて残りはジオンで同軍です。しかしサテには連邦カラーの人もいます。先に入っていれば後入りしてもらえるかもしれません。

 CPU戦を始めつつ対戦中の方が終わるのが見えました。入ってくるかなあ・・・、談笑を始めました。え、と、それは?どうも3名ほどお友達軍団のようです。サテをそっちのけで談笑です。そ、そんなあ。お、メインに連邦の人の名前が出ました。うん、そうだよ、まだ連邦はいるんです。・・・って模擬戦~!

 この人たちずっと談笑するつもりじゃあるまいな・・・。CPUを落としつつ時間稼ぎに母艦にも手を出します。すると隣に新しく人が座り連邦カードを並べ始めました。よ~し!来い宇宙!・・・来ました!!ところがこのお方、なんだかデッキ編成にえらい時間をかけます。あれこれ入れ替えては何かを考えています。だ、ダメだあ、母艦も落として残りはコアファイターだけになってしまい、時間もあまり残っていません。そうだ!ほ~がさっさと終わらせて入ればいいんだと気がついて、さくっと戦闘を終わらせます。それ~とボタンを連打して終了後の画面を送り再び出撃です!・・・間に合いませんでした。すでに誰かと戦闘中でした。他に連邦は・・・談笑中と模擬戦です。ほ~の孤独な宇宙戦は終わりを告げました。

 リアルコスト的に明日に飲み会を控えるので無理は出来ません。談笑も終わらないようですので、退散することにしました。ここではリンクシステムとサブロックガンが出ました。リンクシステムデッキは神様が「やってみ?」と言っているようです。サブロックガンは・・・どうせよと?

( ̄▽ ̄)ゞ

| | トラックバック (59)

2006年5月17日 (水)

初体験

 さて昨日ブログの呪文の検証で、4クレの禁を破ってしてしまったこと。今週末には飲み会があることなどを鑑みて今日は休ガン日です。ブログの呪文はロケットランチャーの呪文であったと書きましたが、どうもみなさん唱えてはみるものの、本当に引けた例というのは無いようです。私の見る限り。
 結論。

 ブログの呪文は「パルプンテ」である。

 しかしまあネタ的には「パルプンテ」もおもしろいので(←おかしい考え)、今後も忘れたころに唱えてみたいと思います。

 さて、初めてこのゲームをやったときを覚えていますか?私はジオンで始めました。店には戦術指南書があったので、それを事前に持ち帰り、家でよく読んで翌日にスターターを買いました。社会人らしい石橋の叩き方です。
 元々PSなどでもRPGかシミュレーションが中心です。対戦格闘はスト2が現役の頃からやりました(ガイルでした)が、バンパイアハンターのガロンをもって卒業しました。あ、鉄拳は友達とPSでは遊びでやりますが。マリオのようなアクションは元々あまり得意でなく、コントローラーと一緒に体を傾けてしまうタイプでした。
 というわけであまりアクション色の強いゲームならば残念ながらパスしようと思っていたのですが、どうもWCCF程度の操作でなんとかなりそうです。WCCFはアホウに台バン椅子蹴りされて、一気に熱が冷めてしまうまではけっこうやりこみました。
 
 ジオンの系譜も猿のごとくやりこんで、シャア専用ガンダムを出して悦に浸っていた私です。ジオンで始めるのは当然と言えば当然でしょう。パッケージを開けて出てきたのは当然ザク1。パイはアスとスレンダーでした。さっそくチュートリアルです。なるほど、ふむふむと真剣にやりましたが、途中言われるがままにやってもおもしろくないから、あえて違う行動をとってみようかと頭をよぎりました。危ない危ない。悪い虫がさっそく騒いでいました。もしICをまた作ったら今度はチュートリアルでわがまましてみようと心に決めています。

 さて実戦です。機体は格闘機と射撃機に分けたほうがよさそうだと分かっていたので、スパイクシールドを2枚格闘機につけて、射撃機にはマシンガンとバズーカを持たせて出撃しました。しかしまあひどい有様で、2機のうち1機しか操作できない上に、攻撃防御機動のボタンもあたふたで、射撃機が機動だったり、格闘機が攻撃で何も攻撃範囲が出ていなかったりしました。しかしそんなこんなでも何とか勝ちました。変な汗が出ていました。

 記念すべき排出カード第1弾は「ガデム」でした!おお!ガデム艦長!ザク1で果敢にガンダムに挑んで散っていったおっさんです。た、たまらん!すぐに格闘ザク1のパイはガデムに変更です。アスは艦長になりました。え?艦長での能力上昇ですか?もちろんアスは「なし」ですよ。w

 その後「リンクシステム」も引いたりして、まだ2機しかないのにつけていました。だって2機じゃほとんど変化無しだなんて知らなかったですから。対人はある程度自信がついてから・・・なんて思っていたら1枚目は全部模擬戦してしまいました。ええ、留年です。そんなこんなでまだ中尉。まだ自信なんてついていないけれど、対人戦はわくわくするくらいにはなりました。

 これを書いていてリンクシステムデッキをネタデッキで作る気になってしまいました。もちろんザク1で!メガネさんよろしくです!(←身勝手)

( ̄▽ ̄)ゞ 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年5月16日 (火)

検証!ブログの呪文

 「ブログの呪文」の効果を検証すべく、一日4クレの禁を破り8クレやってきました。たかだか8クレですが、されど8クレ。私にとっては気合の8クレです。そこらへんの心境も考慮したうえで、筆者に寄り添った心情でお読みください。

 まずは連邦でスタート。いつもはジオンで1クレするのですが、よく考えたらその後たいてい連邦にしてまたジオンにしています。だったら最初に連邦にして後はジオンやればいいのではなかろうか。そう考えての連邦スタートです。サテには1人いますが連邦のようです。とりあえず宇宙に行ってさっくり勝ちました。戦闘内容よりも今回は排出カード重視です。
 出てきたパックを拝みながら、いざ開封!こういうケースなので反らせるサーチはしません。

 ロケットランチャー(ジ)

 o( _ _ )o~† バタッ

 いきなりの強ダメージです。しかしめげている場合ではありません。今日は8クレです。まだ7クレも残っています。さ、さ、次です、次。

 続いてジオン。宇宙に出撃しようとしたらさっきの連邦さんがいます。どうしたものかと考えていたら向こうは終わったようです。ではと気にせずいつもの部隊で出撃。ここはあっさり勝ちました。連邦さんはその後地上へ降りてしまいました。さあとっとと開封と行きましょう!

 ジムバズ

 おお!黒です。しかも初です!これは嬉しいです。目的のキラキラ輝くカードではありませんが、UCだし、持っていないし、そこそこ使える機体です。この調子で行きたいものです。

 ここからずっとジオンです。続いて宇宙へ出撃です。ここもきっちり勝って、ハイおしまい!それ!

 ガンタンク2

 う、うむ。せっかく攻勢に出ようとした矢先に顔面パンチをくらった感じです。ま、まあファンデッキで出番があるかもしれません。気を取り直して次です。
 

 地上で無差別が発生しています。まあ、人も私だけになってしまったし(涙)、ひやかしに出撃することにしました。前回思いのほか使い勝手のよかったW格闘で再び参戦です。
 ところが早々にラルが川に落ちたところをリンクロックくらって瀕死にされてしまいます。母艦で回復している間、ギリアムで孤軍奮闘しますが、無理がたたって、やっぱり川に落ちたところをアムロとシローに袋叩きにされました。再びラル出撃ですが、テンションがMAXになっていたこともあって、敵機を次々と屠り、逆転勝利となりました。しかし1機落とされてしまったのがショックでした。まじめにやったCPU相手では久しぶりな気がします。

 駆動系チューニングα

 ま、まあ、なんつうのかな・・・。右フックくらった返しにさらに左フックもらったような感じ?使い道もそうそうない上にすでに2枚以上持っているカードです。ネタデッキにもしにくいカードですし・・・。いつもならこれでおしまいの4クレですが、今日はさらに4クレです。まだまだ気持ちを下向きにするわけにはいきません。

 再度地上でW格闘です。今度は危ないところもあったものの、大きなプレイミスも無く、無事に勝つことができました。ほっ。それにしてもハモンの援護射撃が当たりません。

 ジェットコアブースター

 もうそのネタデッキは封印したんだけどなあ・・・。嫌いな機体じゃないけれど、とっくにいらない機体です。なんというか、渾身の右ストレート放ったものの、軽くいなされてジャブをズバズバ連打されてたたらを踏んだ感じ?
 
 再び宇宙へ上がります。乱入される心配もないし、宇宙でもラルを出してみることにします。ラルはとりあえずギャンに乗せます。イアンはブロがコストオーバーなので、サイコミュ高機動にします。ところがこれが大誤算。使い慣れない高機動に、今ひとつ動きがぎこちないです。相手のロックオンサイトを切る動きも大きく動きすぎてロスが発生します。ラルギャンは迂回して敵機を切りますが、戦闘明けに障害物に「ごいーん」とぶつかった所に瞬間的なリンクロックをお見舞いされて早々に撃沈してしまいます。瀕死の敵はいるけれど、実質まだ1機も落としていないうちにこの状況は大ピンチです。
 いつもならばブロで孤軍奮闘して大逆転があるのですが、動きになれない高機動。2機ほど根性で落としたところでコアファからのリンクロックをくらって昇天してしまいました。

ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン !

 久しぶりにCPUに負けました。ショックです。

 ロケットランチャー(ジ)

 なんつーの。強烈なボディブローくらってよろめいた所にガゼルパンチをお見舞いされてKO寸前な感じ?ダブリ排出です。とてつもなく嫌な予感がします。い、いや、ブログの呪文を唱えたんだ。きっとこの後奇跡が起きるに違いない・・・。

 これ以上負けるのは嫌です。宇宙でいつもの編成で最後の2クレを終わらせることにします。「このこのこの~!!」と母艦まで落とします。荒れてます。

 ロケットランチャー(連)

 。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。

 なんとか9カウントで立ち上がったものの、敗色濃厚です。奇跡のラッキーパンチに運命を託すしかありません。

 フライマンタ

 壮絶なダウンです。レフリーがカウントせずにすぐに試合を止めました。ドクターがリングに入って意識の確認をしています。亀田兄弟相手の当て馬ボクサーのようなやられっぷりです。サテで8枚を何度も確認しながらしばらく固まってしまいました。

 「ブログの呪文」は「ロケットランチャーの呪文」だったようです。

。。。。(( T_T)トボトボ

| | トラックバック (65)

ブログの呪文

 なんでもブログの呪文というのがあるのだそうな。w

 欲しいカードのことを書いておくと引く!とまあそれだけなんですけど、知ってしまったからには書かねば!

 さて何が一番欲しいだろうか?UCシャアが眠っているのでシャア専用ザクか、ラル隊長のためにラル専用グフか・・・。どっちかください、カードの神様!

オネガイッ…(*゚。゚)m。★.::・'゚☆

はてさてw

| | トラックバック (46)

巻 がんばれ

 ジーコジャパンのW杯メンバーが発表されました。久保のファンには申し訳ありませんが、私は巻でよかったと思っています。

 久保は今最高級のポテンシャルを出せるコンディションにありません。それは柳沢も同じです。戦力外となるかもしれないFWを2人連れて行くのはアホウです。どちらもすばらしい選手だと思いますが、2人とも連れて行くのはリスクが高すぎます。

 ジーコが鹿島と深く関わり、柳沢びいきなのは間違いないでしょう。ですが日本がジーコを監督に選んだということは、そういうこともあると分かっていてことでしょう。監督がジーコじゃない方がいい、というのは今言うことではありません。今は日本代表が少しでもいい成績とすばらしい経験をしてくれることを祈るのみです。

 巻を使って欲しいです。選んだからにはチャンスを与えて欲しいです。ほんの15分でもW杯のピッチに立てたという経験が巻の今後に大きな糧になるはずです。次のW杯で巻が不動のFWとなっていることに期待したいです。小野が短い時間でもその輝きを見せたように、巻も何か見せてくれるのではないでしょうか。

 中村には4年分の思いを込めて躍動して欲しいです。川口には大きな試合で見せる神懸りセーブをブラジル戦で見せて欲しいです。ヒデには少しくらいわがままでもチームを牽引する原動力になってほしいです。特に先制された時に。中沢は世界に通用するDFを見せて欲しいです。他の選手も期待しています!がんばれ日本!

 追記:

 鈴木を選らばなくてほっとしています。鹿島びいきもそこまでじゃなかったんですね。鈴木ファンの人ごめんなさい。

(⌒0⌒ゞ

| | トラックバック (60)

4クレ制限帰宅出撃

 メガネさんが所沢のもう1店にも出入りしていると言っていました。そちらは台で喫煙ができないので行っていなかったので、終戦ポイントのことを考えると寄っておいてもいいのではないかと思いつきました。そこで、戦場視察も兼ねて4クレ制限をかけて所沢に帰り道出撃してきました。

 階段を下りてサテを見ると前に2人座っています。こちらは後ろのはじに座ってとりあえずジオンで開始。帰り道出撃なのでギリアム格闘&イアンブロのいつものパターン。さっくり完勝して80P。特筆することなし。
 見れば前の2人もジオンです。終戦P狙いですので、こちらは連邦に切り替えます。ここで考えてしまいました。こちらは残り1クレです。それが終わったらいつもの店に移動です。対人に入って勝ってしまったら「勝ち逃げかよ」と思われるかもしれないし、負けてしまったら「負け犬が尻尾巻いて逃げたよ」と思われるかもしれません。なんだかどっちも嫌です。普通に4クレならば残り2クレなので、まあどうとでもなるのですが・・・。
 仕方なく「後入り」される立場になれば気分も安らぐ、というなんだか思い返してみるとあまり意味の無いような理由で決断をしました。前の2人が戦闘を終えるタイミングで近コストに入ってこちらが始める。後入りしてくるならそれもよし。スルーなら普通に終えて店を出る。・・・スルーされました。w
 しかしここで入ったのは宇宙。出てきた機体がエルメスにアプと諸々。アプ2機ならばそう怖くないのですが、エルメスとなるとちょっと怖い。エルメスの裏取りに夢中になったらギャリーのMCガンダムがアプの収束ビームでさらに×3のリンクロックなんぞをくらってしまいました。これはいかんと台から取り除きかけたら、避けた!また避けた!わーい全部避けた!
 敵の射程内をきびきび機動で動いていたのでテンションが上がっていたのと、ポイント稼ぎのための艦長アリスで回避がUP。救われました。アプとエルメスを粘着格闘で落とす間にテキサンの下駄が落ちましたが、想定の範囲内。無事に勝つことが出来ました。

 さてこれにてこの店はおしまい。いつもの店へ移動して2クレです。サテには1人。連邦ですが模擬戦のようです。こちらはジオンでまずは出撃です。
 土曜日の緊急出撃では本当に基本的なカードしか持っていなかったので、今回はサイドボードくらいのカードは持っています。以前突然の思いつきでやったW格闘ですが、ちょっと本気で動かしてみようと思いました。そこで部隊はこんな感じに。
 ラル ギャン 高度格闘 ゲルシー グフシー
 ギリアム ザクFS(ガルマ) OPブースター ゲルシー グフシー
 母艦 ハモン
 コストはけっこう余っていましたが、気にせずスタート。クローンみたいなもんなので、前線に張り出すのは1機ずつ。まずはラルが強行偵察に出ます。前方からロックオンサイトが伸びてきますがよく見えません。なんだか視界が悪いです。とりあえず横機動で外して回り込むことにします。いましたフルアーマーが2機とあとなんだかんだです。左端のフルアーマーの射程をかいくぐってまずは先手の格闘をかまします。ああ、硬いですね。HPゲージがあまり減りません。CPUはここぞとばかりにリンクロックを狙っていっせいにこちらを向いた模様。もたもたしていると憤死です。機動でまたまた敵の懐をかいくぐって行きます。1機だけ操作している感覚なので、とっても楽です。CPUの動きならば普通にかわしていけそうな雰囲気です。すり抜けざまになんかよく覚えていない機体を刻んだところで、あら!?母艦に置いていたギリアムにコアブが大接近中です。全然見てませんでした。
 急いで機動ダッシュしようとしますが、すでにロックオンサイトはギリアムにぴったんこ。ご丁寧に母艦といっしょのリンクロックでコアブビームをいただいてしまいます。「この~!」とすかさず格闘でお返し・・・2回ともかわされました。トホホ。
 急行したラルギャンがさっくり格闘を当ててコアファにして、さらに裏取りして撃墜してあげました。今度はギリアムが出撃です。敵の射程をうろちょろしてテンションを少し上げておいた方がよさげです。ギリアムは結局、フルアーマーの盾を2機とも破壊していったん帰還。再びラル出撃です。しかしW格闘は楽だなあ。w
 コアブに迫られた時以外は慌てる場面もなく、その後は完勝でした。はい80Pご馳走・・・・あらあ!?50Pです。し、しまったゼナミネバ入れるの忘れてた!って言うか、FSは固定S持っているから私の場合盾1枚でいいんだった。そこにゼナミネバ乗せようって家で考えていたじゃないの、自分!ああ、30P損しました。
 
 最後は連邦で。大西洋なんかに出撃してみます。あ~あ、ジオンCPU、ズゴック、アプはよしとしても黒三ザク1ってどうよ。ギャリーガンダムが岸に上がり損ねて「ずりっ」ってなったところをアプの収束ビームとズゴックのビームをリンクでもらいましたが、水中だったこともあるのか、生き残りました。

 母艦に逃げ帰るところを追ってきますが、それらはテキサンの180mm&ハイバズでご丁寧にお出迎えします。アプも強化炸裂セットを2回で落ちます。ズゴックに乗ったノリスが機動ダッシュでかわしてきた時にはうろたえましたが、少々回復したギャリーが格闘で仕留めました。残りは機動がへろへろでまだ水中でもがいてる黒三ザクだけです。なんだか上官の無理な命令のせいで玉砕した日本軍みたいで忍びないですが、きっちりギャリーとテキサンのリンクロックで海の藻屑としました。完勝です。

 これで所沢2店とベストワンで終戦Pがもらえそうです。たまに行く吉祥寺は間隔が空くので終戦Pもらえるか微妙ですね。たぶんダメでしょう。1月に1回くらいですから。 

 排出カードでは最初に出たのがエルラン。初のカードなのでへなちょこでも許します。2枚目は180mm。まあ足りていますが、あっても悲しくないカードです。戦場ごとにデッキをあらかじめ組んでしまう場合やネタデッキ用に仕込む場合は、枚数が余分にあった方が楽です。3枚目はなんかへなちょこ武器。4枚目はジャックでした。ジャック3枚目・・・。ほんとの初心者を見かけたらミデアしてあげたい。なんちゃってハロウィンデッキ組んでみるかなあ。面子はそろっているし。w

( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (58)

2006年5月15日 (月)

思わぬ敵

 ベストワンクラブでの激闘の余韻覚めやらぬ土曜日。嫁さんが息子をつれて床屋と病院に行くというので所沢に車を出します。その予定ではひょっとして、と聞くと「やってもいいよ。」と嫁さんからの許可が出ました。おお!リアルコストが不安ですが、出撃準備を整えてメガネさんに報告(なぜ?)して出かけました。
 さて所沢はいつもの店。サテには人が・・・1人だけいました。しかしメインスクリーンの様子を見るとどうも模擬戦のようです。とりあえずジオン宇宙へ出撃です。

1戦目ジオン宇宙:特筆することがありません。さっくり勝ちました。完勝です。

 排出カードはギャンでした。おお、これはプチ嬉しい。そういえばメガネさんはギャンが無い様子でした。どうなんでしょう?お持ちですかね?もしお持ちじゃなかったら何かと交換しませんか?ほ~の持ってないコモンでもいいですから。って言うかあげちゃってもいいや。w
 さて、いつものように連邦に切り替え。宇宙へ出撃です。

2戦目連邦宇宙:特筆することがありません。さっくり勝ちました。完勝です。
 
 困った。対人戦は出来る見込みがないし、ネタデッキやお試し編成は急な出撃のために家に置いてきました。ガチデッキしか無いのです。勝ちを重ねることに意味はあるとは言え、ブログ的にはおいしくありません。(←おかしい考え)
 そういえば昨日ベストワンで連邦を1回出撃させたときに終戦ポイントをもらったのにレベルが上がりませんでした。ではと言う事で、最近扱いがひどかった連邦デッキを少しやることにしましょう。
 さてICカードを入れて、コインを・・・・あれ?1クレ残っています。あれれ~と排出カードを数えますが、間違いなく2枚あります。はて?私が始める前に1クレ残っていたのでしょうか?誰かのやりかけのサテ・・・じゃないですよね?なんだか得をしたのですが、排出がギャンだったこともあって、悪いことしたかなあという気分にもなりました。でもほ~が悪いんじゃないですよね?ね?ね?

3戦目連邦地上:ヒマラヤで楽勝。
 あれ~、こんなに楽に勝てるんだ、ヒマラヤ。相手がわらわら出てきますが、この時はジオンは全部水陸両用MS。何を考えてるんだジオンCPU?移動がヘロヘロになっていてテキサンの180mmの射撃実験場となってしまいました。補給に戻っている間はギャリーのガンダムがお相手しますが、全然怖くありません。なんでしょうか、この楽さ。

4戦目連邦地上:ヒマラヤで楽勝。
 う~ん、やっぱり楽勝です。ジオンはアプこそ1機いるものの、またもや残りは水陸両用MS。またもやテキサンが強化炸裂弾をボコスカお見舞いして、すご~く楽に勝ってしまいました。下駄180mmが2機いたらもっと楽に勝てそうです。どうなの、ヒマラヤ?

5戦目連邦地上:ドアンの島でわーきゃー
 ここで息子と嫁さんが呼びに来ました。「残り1回だよ。」と伝えてメインスクリーンを見ると、ヒマラヤが消えています。ドアンの島です。まあ、いいかとそこへ出陣。相手はアプに水陸両用MS数機と残り1機は重グフでした。海なので水陸両用MSが生き生きしているように見えるのは気のせいでしょうか?
 さてまずはテキサンで初弾を当てに行きます。ロック寸前、切れます!「うお!?」と思ったら息子が笑顔で機動ボタンを連打しています。「こらこらこら~!」と思って、いったん下がり、「押しちゃダメ。」と言って再び攻撃ボタン。まずはズゴックに当てますが、水中なので落ちません。
 仕方なくのこのこ動いているアプ目掛けてギャリーMCガンダムが格闘をしかけます。裏取りしてそれ!と思ったら攻撃が決定しません!切られてる!?なぜ!?・・・息子が機動ボタンを笑顔で乱打しています。「こらこらこら~!」とその手を止めてアプを瀕死にします。ああテキサンも母艦も機動になっています。本当ならテキサンの射程に入っていたはずの重グフが接近してしまいました。改めて「さわるなっつ~の。」と念押しして、とりあえず格闘でダメージを与えて離脱します。
 なんだかとってもバタバタしています。アプの近くにいたズゴックにギャリーが格闘をしかけます。今回は機動ボタンを私の手がしっかりカバーしています。

 もはや敵はCPUではなく息子です。

 ダメージを与えて再びアプを襲撃。これを落として、テキサンを攻撃へ切り替えて重グフをしとめることにしますが、この切り替えのときにまた息子が機動ボタンを叩きます。私は攻撃ボタンを叩きます。目まぐるしく変わるテキサンの攻撃範囲。テキサンもいい迷惑です。再びボタンを手で隠して重グフへ射撃をぶちかまして沈めます。
 その後はお父さんが本気なのが分かったのか、おとなしく見ていた息子のおかげで危なげなく完勝まで行きました。ふう~。しかし振り返ってみるとこの戦いが一番おもしろかった。

 収穫は誰かの1クレでゲットしたギャン(メガネさんへ?)くらいです。ハヤトは3枚目かなあ・・・。リュウもカイも、もちろんアムロも無いのに。すぐ次にガンタンクとロングレンジが出たのは、それを使えということなのでしょう。・・・嫌です。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2006年5月14日 (日)

ベストワンクラブ奮戦記ぱーと2

 では後半戦です。
 
奮戦記(その6)ジオン地上 乱入中佐戦
 もらったゲルシーをさっそくデッキに導入です。ラルをゲルググに乗せてゲルシーです。さようなら、バックラーシールド。元気でね。しかしただゲルシー入れただけでは、パンチに欠ける(←だからそれは違うぞ)。ダブル格闘でもひとつやってみようとラルゲルと、ギリアムをギャンに乗せて出撃です。
 CPUの敵機目掛けて両サイドからどわーっと進撃すると、「敵部隊接近!」いやほんと事欠かないです、対人戦。しかし階級は中佐です。これは危険な香りがします。敵はMCアムロとお供にガンキャノンでした。こっちの母艦にMCアムロが突撃してきますが、OPブースター付のラルゲルが敵母艦まで突撃して、ばさっと切ります。あわててもどるMCアムロ。それを機動で振り切って、MCアムロを追撃してきたギリアムギャンの格闘が決まる直前、ビルとビルの間に落ち込んだラルに攻撃がずどんと命中。ラルゲルせっかくのシールドを使い損ねて瀕死です。初めてのダブル格闘ですが、MCガンダムを捕らえ切れません。アムロ避けすぎです。ラルゲルは結局沈んでしまいました。ギリアムギャンが孤軍奮闘しますが、ギリギリで敗北。惜しかった。
 ダブル格闘とか思いつきでやってしまう性格が憎いです。嗚呼オレのアホウ。3勝3敗(対人1勝3敗)です。

奮戦記(その7)ジオン宇宙 後入り中尉戦
 いつものデッキにまずはゲルシーを入れることにしようと、ギリアムザクにグフシー、ゲルシーをつけて出撃です。と、思ったら「敵部隊接近!」。こちらから後入りすることになってしまいました。敵は中尉です。ロンがガンダム、リドがジムキャノン、サリーが下駄ジムトレでした。手負いのガンダムをギリアムが追撃していたら敵母艦の近くを通りました。ロックが決まりそうになったところで、防御!敵機2機と母艦からダメージを受けました。しかしさすがゲルシー!ビバ、ゲルシー!この攻撃で吹き飛ぶものの次はこちらのチャンスです。使えます、ゲルシー!ありがとう、みなさん!
 敵機をバサバサ切りつけて、最後にはハモンの母艦からの攻撃でしとめてしまいました。4勝3敗(対人2勝3敗)です。 

 ネタデッキをしたいのですが、この戦いの中に身を投じたが最後、ぼっこぼこにやられると思うので、メガネさんとメインスクリーンを見て、空いている戦場がないか調べます。ありました!よし、タイミングを見てはじめよう・・・と思ったら別の人が入ってしまいます。んも~!

奮戦記(その8)ジオン宇宙 乱入中尉戦
 仕方ないので再び宇宙へ。今度はギリアムを専用ザクR2ではなく、ゲルググに乗せてみます。もちろん片腕にはゲルシー!また対人かなと思っていたら、案の定来ました。「敵部隊接近!」してきたのは中尉でした。機体はアムロガンダムにハイハンと、リドジムキャ。
 こちらの攻撃が相手を圧倒して完勝です。完勝過ぎて書くことがありません。こんなに圧倒してしまうとは予想外でした。5勝3敗(対人3勝3敗)です。

奮戦記(その9)ジオン地上 メガネさんネタデッキ対決!!!
 来ました!やっとそのチャンスです!地上に人がいません!「今ですね!」と2人してあたふたとネタデッキの準備です。ハラハラしましたが、無事に「敵(メガネ)部隊接近!」と相成りました。
 すいません隣なんで出撃画面が見えてしまいました。「そ、それって・・・、ギャハハ!」思わず爆笑です。なぜって出撃画面ではアムロが元気になんか叫んでいるのですが、そのアムロが乗っている機体は「白いマゼラアタック」だったのです。これには参りました。山田君、急いで座布団5枚持ってきて!
 さてまず私のネタデッキ。その名も「レアだぞデッキ」。え、それじゃネタデッキじゃないって?まあ聞け。隊長機はラル。機体は黒三専用ドムで武器はフルガト。え、それじゃガチデッキじゃないかって?まあ聞け。2番機はララァ。機体は・・・パーフェクトジオング!出ました。レアなのに、激高コストなのに、サイコミュなのに、サイコミュでも格闘ができるのに、脱出機構もあるのに、むごい扱いを受けるパージオです。そしてカスタムは、そう!テムのパーツ!ほんとはさらにラルドムに無意味に鹵獲つけようかと思ったけどコストオーバーでした。
 開戦してまずはラルドムが前進して偵察です。けっこう遠くからロックが伸びてきます。これは!?見えました、ガンタンクです。メガネさん、キャタピラデッキ(だけどアムロは鹵獲マゼラ)という素敵デッキです。たまりません。「うぷぷ。」と笑いが止まりません。しかも、メンバーはWB部隊です!すげー!おもしろすぎます、メガネさん。細部までのこだわりに脱帽です。
 ならばとこちらもララァパージオのサイコミュ攻撃です。とと、やっぱりレンジ合戦で不利です。機動ダッシュで敵の攻撃範囲から脱出・・・ぎりぎりやん!パージオの機動が無いのは経験済みでしたが、それでもやっぱり驚いてしまう機動力の無さ。あきれるほどです。後でメガネさんから「ダッシュしてたんですか?」と聞かれたほどです。ええ、してました、たぶん。
 ラルドムで引っ掻き回してその隙にサイコミュを当てたりしましたが、ガンタンクの射程があなどれません。何しろパージオの機動が無いので、うまく立ち回れません。白熱の攻防が続きます。2人で笑っています。楽しいです。テムのパーツは2回ほど百発百中を出し、メガネさんを追い詰めますが、所詮砲台。ヘッドにされてしまいました。するとどうでしょう。ヘッドに乗ったララァが生き生きと戦場を躍動します。敵のコアファを落としました。嗚呼、機動力って大事なのね。しかし調子に乗って戦場を対角線に横切ったら見えないところからロックが伸びで撃墜されてしまいました。「な、なんだ!今の!?」まさかミノフスキー!しかし、戦場画面に見えないというのは・・・はっ!森だから!?小さいから!?
 相手はGブルに乗ったリュウでした。アハハ!すげえ!メ、メガネさん、もう勘弁してください。全部脱出機構付なので、哀戦士×5とかにカイがなっています。コアファになっていて助かりました。結局最後は時間切れでこちらが局地的勝利。しかし勝敗なんてどうでもいいネタデッキ対決でした。
 ただ、勝負に勝ってもネタ的には完敗です。パージオは初めて見たとのことで喜んでもらいましたが、インパクトではまったく勝負になりませんでした。ち、ちくしょ~w 一応6勝3敗(対人4勝3敗)です。

奮戦記(その10)ジオン宇宙 CPU
 気がつけばもうすぐ午前2時です。楽しい時間は過ぎるのが早いですね。しかしベストワンクラブすごいです。空席待ちをしている人がこの時間帯に複数人います。対人するならベストワンです。
 さて最後ということで、こちらはいつもの編成にしてすかっと勝ちを狙います。ギリアム格闘ザクR2(ゲルシーもあるよ)とイアンブロ。はい、CPU戦は完勝でした。問題なし。この日はこうして7勝3敗(対人4勝3敗)でした。

 これにて撤退です。最後に「どんなの出ました?」と聞くと黒三の1人が出たとのこと。いいなあ。ほ~はなんと10枚中9枚がコモン!唯一のUCは「人の革新」でした。トホホ。まあデニムとバザークが初登場だったし、何より補給もいただいたので、よしとしましょう。贅沢言ったらばちがあたります。そしてメガネさんの排出カードに見慣れないカスタムがあるので、「何ですかこれ」と見せてもらうと、「補給部隊」でした。「持ってないんですか?」と聞くので、「はい。」と言うと「どうぞ。」と渡してくれました。いや、そんなつもりじゃ・・・、ありがとうございます。まあダブリでもらう分には心痛まないカードですが、それでも持っていないカードを頂けるのは嬉しいものです。

 これにてメガネさんとの2回目の出撃はおしまいです。フラナガンさんは明け方に出撃していることがあるようですが、未だにお会いできません。いつかご一緒したいですね。駐車場まで一緒にあるいて再戦を誓い合いました。ありがとうございます、メガネさん。補給を頂いた方々に改めてお礼を、ありがとうございます。そしてその補給を経由してくださったメガネさんにはさらに深く感謝です。白い悪魔(マゼラ)も忘れません。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年5月13日 (土)

ベストワンクラブ奮戦記ぱーと1

 メガネさんと参戦です。メガネさんは少し遅れるとのことでしたので、先に慣らし運転でもするかとこちらは予定通り23時少し過ぎには到着。ぬお!駐車場が1台分しか空いていません。ベストワンクラブ盛況です。メガネさん大丈夫かなあと心配しながら入店してみると、うわ!埋まってる!サテがほとんど埋まっています。これはすごい。とりあえず空いている席にすべりこみました。メモの準備もOKです。いざ出陣。

奮戦記(その1)ジオン宇宙 乱入大尉戦
 いつものようにまずはジオンで宇宙へ。ジオンが戦況では圧倒しています。ここで連邦と当たって負けるとポイントがちょびっとですが、まあ、最初ですからいいでしょう。いつものギリアム格闘ザクR2とイアンブロで艦長ハモンです。
 CPUをサクサク倒していると「敵部隊接近!」。憂慮していたことが現実になってしまいました。しかし、対人戦のヒリヒリ感はたまりません。帰り道の所沢ではCPUばかりなので、ネタに困ります。(←だから違う)
 敵は大尉さんで、ロングレンジ下駄GM×3です。はあ、なんだかせっかくの対人戦なのにテンションダウンです。強い上に戦い方が一辺倒であまりおもしろくないんですよね。ともかく突撃。もたもたしてる1機をサイコミュで瀕死にして、そこへギリアム格闘が飛び込みますが、防御バルカンからのリンクロック×3をくらうプレイミス!ああ、オレの馬鹿!ギリアムは何もしないまま沈んでしまいます。
 残るのはブロのみ。とりあえず、瀕死になったその敵機を再びサイコミュを打ち込んで落とします。まだ2機もいます。補給はハモンなので早いですから、ちょっと寄り道しただけでけっこう弾数は回復です。敵のレンジを機動で振り切ったらすぐに攻撃ボタンで、こちらのサイコミュを叩き込み、下駄から引き摺り下ろします。おお、やるじゃない、自分。
 と思ったのがよくなかったのか、機動で懐に飛び込まれこちらもセンターモジュールに。しかし、先日もセンターモジュールから粘った経験があります。逃げる、撃つ!逃げる、撃つ!でなんと1機撃破!こ、これは大逆転があるか!・・・残り11秒で落とされてしまいました。無念。
 いきなりの敗戦スタートです。0勝1敗(対人1敗)これはなんだか不安がよぎります。メガネさん、まだかなあ。

奮戦記(その2)連邦宇宙 CPU戦
 例によって例のごとく連邦に切り替えます。CPUはアプにビグロにザクレロと、あと何かです。こちらはいつものようにギャリーMCガンダムとテキサンバズジム下駄180mm強化炸裂にアリス艦長です。
 180mmでザクレロとアプにマルチロックで先手を取ります。ギャリーがとどめとばかりに接近したらアプからロックされそうになり、「うわあ」と回避行動をとるはめに。一瞬のバタバタをCPUに付け入られます。CPUは慌てるという概念がないのですね。改めて。アプに180mmを打ち込むことができたものの、脇から来たビグロを避けたらアプの拡散ビームに捉えられてしました。テキサンの下駄を落とされるものの、アプはその横をうろちょろしていたザクレロを撃墜です。ひどいぞ、CPU。
 その後は裏取りしたギャリーがアプを落とします。テキサンに引き付けられてトンマな動きをしているビグロも裏取りして撃墜。はい、80Pご馳走様でした。
 とりあえずこれで1勝1敗(対人1敗)の五分です。・・・メガネさん、まだかなあ。

奮戦記(その3)ジオン宇宙 オートガトル
 先日はオートで導入した機体が何もせずに撃墜されるというコストの無駄遣いをしてしまいました。それなのに再びオートです。対人戦でサイコミュだと分かるとたいてい格闘を挑んできます。その露払いをギリアムがするのですが、多数に殺到されると捌ききれません。そこでオートの機体を入れておいて、それに牽制役を担わせようと考えました。
 幸い終戦Pをいただいてレベルが上がり、オートガトル分はバッチリ用意できます。いつものデッキにオートガトルを加えて、いざ出陣です。
 いつものように戦うのですが、オートの動きに注意を払って戦うことにしました。あ、あら。ガトル、どこいくの、こら。オートのガトル、強気です。ずんずん前進していきます。強気と言うより無謀です。CPUには無謀という概念がないのでしょうね。ガトルとのリンクロックも一応もくろんでいたので、ガトルの動きにあわせて2機を動かします。・・・これがよくなかった。なんだかいつもと違う動きをするのが、操作ミスを誘います。なんだかんだで敵も落とすのですが、ガトルがいったん気になりだすとどうしても2機の動きがいびつになります。しかもガトルの攻撃は1回で弾切れです。防御を長押しして切り替えたら、当然のごとく他の2機も防御体制。サイコミュが伸びません。何やってんだ、オレ。
 ガトルのCPUはそんなほ~の精神状態を露知らず、強気(無謀)一辺倒です。敵の懐に入って攻撃を当てようとします。ほったらかせばいいのに応援に向かったギリアムはガトルの身代わりとなって敵の攻撃をくらってしまいます。あ~もう、ガトル邪魔!と思ったら次にはきっちり落とされました。残るはブロです。なんだかこのパターン多いです。まだまだ敵機はたくさん残っています。機動、攻撃!機動、防御!でサイコミュやビームを当ててがんばります。結局残り9秒で敵機を落として、局地的勝利となりました。
 これで2勝1敗(対人1敗)。・・・メガネさん、まだかなあ。と思ったらキター!わーい!おっとメガネさん背広姿です。仕事帰りでしょうか。この時点でサテは満杯。「後ろで見てます。」とメガネさんは言って後ろへ行ってしまいました。う~ん。メガネさんが来たのにじゃんじゃんやってしまったら、後で対戦できるリアルコストが残らないかもしれません。デッキなんかいじりながらまったり進めます。

奮戦記(その4)ジオン宇宙 後入り大尉戦
 いじるだけだは間が持たないので、ぼちぼちと宇宙に参戦です。こちらのMAXコストに少し欠けるくらいの大尉がいます。ブロをサイコミュザクにしてこちらから後入りです。デッキも見ていないし、上官だし、まあ後入りでもいいでしょう。
 大尉さんは単機のアムロガンダムハイハンビームライフルです。えーと、これは圧勝でした。ブロの懐に入ろうとしていましたが、単機では・・・。ギリアムがあっさり露払いしつつ、サイコミュでリンクロックもお見舞いします。逃げるコアファイターもさっくり落として完勝でした。
 これで3勝1敗(対人1勝1敗)です。

奮戦記(その5)ジオン地上 乱入大尉戦
 ずっと宇宙なのもなんなので、地上です。地上なのでラル出撃です。イアンアプ3とグフ下駄ラルとしてみました。それ~とCPUに収束ビームをお見舞いしていたら、「敵部隊接近!」。相手は大尉です。しかしベストワンクラブ、深夜でも対戦相手に困りません。素敵です。でもメガネさんが座れないのは困ります。
 さて開始早々くらいました。びっくりです。そう!降下Pです!中央に進出させていたアプ3がいきなりリンクロックをくらいます。「うわ!」と小さく声を出してしまいました。脇から忍び寄ろうとしていたラルを急行させます。
 ここで気がつきました。敵は08小隊です!キター!アプ3は最初のダメージが大きすぎました。敵に一矢報いるものの爆散です。ラルグフがここから鬼神の奮迅。敵をバタバタ落とします。下駄から引き摺り下ろされますが、敵も残り1機にまですることに成功!すごいぞラル。あと少し、本当にあと少しまで粘ったのですが、最後はこちらが落とされてしまいました。惜しい戦いでしたが、負けは負け。

 これで3勝2敗(対人1勝2敗)です。メガネさん、まだ座れないなあ・・・。しかしみんなお金あるなあ。湯水のごとく500円玉を入れていきます。ずっと待たせておくのも失礼なので、ちょっとサテは放置してメガネさんの所へ。「空きませんね。」「ここは深夜も人が多いんですよ。金曜ということもあるし。」と世間話をしていたら、メガネさんがおもむろに箱を取り出します。こ、これは!そうです。立川オフのみなさんからの補給品です!
 しかもメガネさんと903さん(確か)からのゲルシーも入っています!ありがとうございます~!!しかも箱の中にはまだ持っていないカードがザクザク。カードショップでそろえようとしたら結構な額になります。これ、もらってしまっていいの!?というアンコまで入っていて、顔がほころんでしまいました。オフ会で補給してくださったみなさん、ありがとうございます。メガネさん経由でしっかりいただきました。

 そんなこんなしていたら1席空いたではありませんか!ほ~の後ろの席ですが、見ているよりも断然マシ!ということでメガネさんはそのサテへ。よしじゃあこちらも再びプレイを・・・と!隣が空きました。空きましたよ~メガネさん!メガネさん、速攻移動です。これで2人はお隣同士。よかったあ。

 ここまでで前半戦とします。続きは明日です。メガネさんとのネタデッキ対決もそちらであります~。

| | トラックバック (115)

2006年5月12日 (金)

開設記念 怒涛の12クレ(ぱーと3)

 今日はこの後メガネさんとの待ち合わせ出撃です。ちゃっちゃとパート3を終わらせましょう。

怒涛の12クレ(その9)宇宙CPU
 2連敗しての9クレ目です。これを落として3連敗となってしまったら、ブログ開設記念とか調子に乗っていた自分を呪いたくなりそうなので、いつもの編成で宇宙へ出撃。ラルもいったんギリアムと交代です。今回は絶対勝つ!
 この時点で連邦で参戦していた人が1人いたのですが、少尉で模擬戦にこもっていました。ジム先行量産なんぞ使っていたので、もしかしたら初心者かなあと思いましたが、仕事の時には連邦は余計なカードは持っていかないので、ミデアしてあげることもできませんでした。「アリスいりますか?」と聞いてもよかったかなあと後になって思いました。
 閑話休題。CPUとの対戦ですが、連敗していたことでCPUのレベルが99じゃなくなっていました。まあたいした変化は感じられないのですが、少しは弱いのでしょう。余計なミスもなく、ここはきっちりと完勝で、80Pいただきました。
 
怒涛の12クレ(その10)地上CPU オート
 あっさり連敗を止めたので、またいい気になってしまいました。ドラ○もんにタイムマシンを貸してもらって、サテに座っている私の肩を叩いて「待て。」と言いたいです。
 パート1で書いたようにオートパイロットを引きました。これで2枚目です。これって「オートやってみ?」という誰かのお告げかも・・・なんて思ってしまったんです。「まあネタにもなるし。」・・・なんて思ってしまったんです。
 ボール萌えの私としては連邦でオートボール(ミートボールみたい)をしたかったのですが、前述のように連邦は余分なカードを持ってきていません。しかたなく、ジオンで開始です。
 オートにできそうなカードを物色して、結局「マゼラアタック」と「ドップ」にしました。別に深い意味はありません。コストの安いのを選んだだけです。オートを入れた分コストが圧迫されて、ラルはグフに、イアンは専用ザクキャに乗っています。
 あの~、マゼラアタックさん。あんたどうして単機でそんなところにいるの?とオート相手に突っ込みたくなる単独行動です。えーいもうほっとけ!とこっちはこっちでドップといっしょに目の前の敵にせまります。それーとザクキャの強化炸裂弾を先頭の機体にお見舞いします。あ、いけね。オートとのリンクロック狙うんだった。とドップを見れば、あら~、射撃×2くらっています。何もしないうちにドップが撃墜されてしまいました。所詮ドップはドップ。長射程の敵機にはいいカモにしかならなかったようです。
 ラルグフも敵に突撃です。それ~と裏取りして×2をお見舞いだあ!・・・あれ?マゼラアタックがラルグフの格闘攻撃の前に射撃×3くらっています。もう1回裏を取り直して格闘を今度こそ当てます。ヒートロッドは空振り。あ、当たらないね、その武器・・・。と、思っていたらマゼラトップが再びリンクロックをくらって四散しました。オートの2機、一度も攻撃しないまま消えていきました。コストの無駄遣い以外の何ものでもありません!何しに出てきたんでしょう。
 気を取り直してラルグフやイアンザクキャで敵の殲滅を狙いますが、ラルグフが長射程をくらってしまい、盾が燃え尽きます。これで格闘武器はヒートロッドだけ。母艦に盾の補給に戻りますが、CPUはそれを追って殺到してきます。マゼラを落とした連中もぞろぞろと近づいて来ます。しかたなくイアンがいったん前に出ます。しかし乱戦。気がつけばイアンがザクキャで格闘してます。ああこれってこの前もやってたなあ。オグスでゲルキャビームライフルなのにナギナタで切りまくってたなあ・・・。しかしザクキャの格闘はナギナタに及ぶべくも無く、空振りです。ザクキャで殴っていたら、ラルグフがお留守になってしまいました。ラルグフはご丁寧に母艦と一緒にマルチロックくらって沈みました。
 残ったザクキャの格闘もむなしく(だからそれはw)、バルカン機動低下から射撃ロックの定番で固定盾も破壊されて最後は散っていきました。
 たいしたコンセプトも無いままオートを2枚入れるなんて・・・と再び後悔です。

怒涛の12クレ(その11)地上CPU 
 もう最後の2クレは余計なことはしまいと強く誓って、ラルギャンとイアンアプ3で出撃です。そりゃあもうきっちり勝たせてもらいました。時間も迫っているのでおしまい。w

怒涛の12クレ(その12)大気圏CPU
 〆は宇宙で・・・と思ったら大気圏でした。まあいいやと出撃。ここは先ほども試したラルゲルとイアンサイコミュザクで出撃です。天然カウントダウンで最後はラルがピンチになりましたが、無事に完勝することができました。

 さすがにブログ開設記念とは言え、これ以上のお遊びは危険です、リアルコスト的に。これにて撤退としました。

 パート3のカードはお初の重ガンキャのビームタイプと2枚目戦闘データが出ました。お初もあったので、まあいいでしょう。UCシャアが出ているので、まあ後は何でも許せる感じでした。

 こうしてブログに書くために、現地ではメモを取っていました。しかしペンはあるけれどちょうどいい紙が無い・・・ということでタバコの箱に小さな字で戦績などを書きとめていました。傍から見たらタバコの箱にちまちまちまちま何か書いていて不気味だったかもしれません。まあ最初こそサテに人はいたけれど、途中からほ~だけみたいなものでしたから大丈夫でしょう。(何が?)
 次からちゃんとしたメモできるものを持っていったほうがいいなあと思いました。もちろん今日のメガネさんとの参戦にも持って行きます。

( ̄▽ ̄)ゞ 

| | コメント (2) | トラックバック (30)

2006年5月11日 (木)

ブログ開設記念 怒涛の12クレ(ぱーと2)

 さてパート2です。せっかくブログ開設記念でコインを投入しているのに、このままではネタとしてパンチ不足です。いや、ネタとかおかしいし、自分。いつもの編成ではつまらないと少しいじってみることにしました。そうだ我がネタデッキのなんちゃってラル隊を少しでもまともにするためにラルを使おう。そう思ったのはすでに戦場で宇宙に入った後。地上にしておけばよかった。でも使っちゃうラル。

怒涛の12クレ(その5)CPU宇宙 ラル出陣
 さてラルですが、何しろコストが高いです。175ってギリアム90とドアン60足してもお釣りが来ちゃいます。でも使っちゃうラル。しかし入れたはいいけれど、今度はブロが乗りません。ブロをサイコミュザク試験型にダウングレードさせます。するとラルがゲルググに乗ることができるじゃありませんか。「ふふふ、グフとは違うのだよグフとは。」と周りに聞こえないようにつぶやきます。問題は未だにほ~の部隊にはゲルシーが配備されていないこと。それ「バックラーシールド」だ!そのちっちゃいシールドでなんとかしてね、ラル。
 結果・・・、普通でした。バックラーシールドは相手の射撃であっという間に消し飛びましたが、まあなんとかなっちゃいました。ゲルググ早いなあ。以前も手に入れたときに使ったはずですが、こんなに早かったっけ?ギリアムとダブル格闘もできそうです。そのためにもラル、もう少し育てねば。

怒涛の12クレ(その6)CPU地上 アプ3
 気がつけば宇宙ばかりやっています。ブログ開設記念だから地上もやっておかねばという、よく分からない強迫観念にかられて地上へ出撃です。気がつけばサテは私以外無人です。じゃあ遠慮なくアプ3に出撃してもらいましょう。イアンアプ3に当然相方はラルです。機体は専用グフは無いので、とりあえずギャンにしました。
 開始早々CPU2機をアプの収束ビームでマルチロック。「焼き払え!」という気分で見てみれば、どっちもあっさりかわされました。「はあ!?」と思いつつ、機動で動いてすぐに防御。今度は拡散ビームで2機をマルチロック。「(今度こそ)焼き払え!」・・・どっちもさっくりかわされました。「はあ・・・。」今度はため息になりました。

 間合いを詰められすぎないようにいったん下がります。アプを追って近づいて来た敵をラルギャンが丁重にお出迎えします。こちらはさすがに当てることができました。
 ずいぶん母艦の近くでの戦闘になってしまいましたが、アプ3の拡散ビームを効果的に使うことができて、相手を瀕死に追い込み、そこにラルギャンが止めを刺す展開となりました。無事に完勝です。

怒涛の12クレ(その7)CPU地上 ラル落下
 母艦に詰め寄られない戦い方しないとなあと思いながら再び地上へ。やっちゃいました。アプ3のロックをCPUに機動ダッシュで外されて、びっくりするほど懐に入られちゃいました。防御に切り替えての拡散ビームも間に合わず、格闘攻撃をずばっとくらってしまいます。慢心でしょうか。
 ラルギャンが救出に向かいます。敵機のロックがラルギャンに殺到する寸前に、敵機を格闘で捉えることができました。「ふう~、あぶない。」機動重視で「リンクロック×たくさん」をくらうところでした。アプにせまっていた敵機に瀕死のダメージをぶちこんで、さあ機動でいったんとんずらせねば、と戦闘終了後の画面を注視。それ移動!・・・・・・・落ちました。ラルギャン、谷底に転落です。「のわ~!」と心の悲鳴をあげて防御。×4だか×5だかをくらって盾が消し飛んで、本体にも大ダメージです。
 たった1回の操作ミスですが、そのミスが大きすぎます。切り返して近くの敵機を切りに行きますが、しまった、グフシーが破壊されて残るのはギャンのサーベルのみ。攻撃範囲が狭いです。動かしすぎて外れてしまったところを再び鬼のリンクロック。ラルギャンはここで落ちてしまいました。
 残ったアプ3で奮戦です。しかしこちらのアプ3は先ほど格闘攻撃をくらってHPが半減しています。攻撃をくらったら即死亡の予感です。決死の機動です。困ったときの拡散ビーム。際どいリンク合戦を繰り広げつつ、敵機を落とします。しかし数の前にそれにも限界が来ました。機動でかいくぐり損ねてバルカンをくらい機動低下。そこへ射撃をぶちこまれてアプ3爆発です。無念。
 最初にアプ3の射撃を当てられなかったことから始まり、ラル落下の惨事。スキルが足りない・・・と思いつつ「「ラル落下」ってなんか語呂がいいな。ブログに書こう。」とか思っていました。ラル、ごめん。

怒涛の12クレ(その8)CPU地上 学ばない人
 さあブログ開設記念の8クレもいよいよ最後です。最後はどうしたものかと紫煙をくゆらせながら考えていると、画面には「ソドン」の文字。おお、砂漠。砂漠といえば「グリンウッド」です(ラル隊はどうした自分?w)。以前グリンウッドを引いたときに、砂ザク(アンテナ)に砂漠武器持たせてスリーブに入れてあります。砂漠が出たらいつか試そうって入れておいたんです。オグスの教訓?すっかり忘れていました。いそいそと取り出した「グリンウッド」をさっそく台に広げます。ありゃ?砂ザクの砂武器、マシンガン2丁です。そんな感じでいいんだっけ、そのときのオレ?
 マシンガン2丁で何をしようと思ってたんだっけと考えますが、思い出しません。まあ試すだけだからいいかと、出陣(←間違ってます)。とりあえず相方はイアンアプ3にしておきます。それ戦闘開始。
 あ、速い。速いですよ~、砂ザク。さすがの地形適正です。プチ感動です。この速さが仇になりました。ひらひらと敵のリンクを外して機動していたのはいいのですが、敵陣に深入りし過ぎて、気がつけば砂ザクは相手の母艦の前を横切っているではありませんか。調子に乗りすぎです。なんで砂ザクは単機でこんなところにいるのだろう?アプ3にいたっては動かすのを忘れていました。
 敵にまだ攻撃を当てていないので、とりあえず持っている武器を当ててみようと、機動で裏取りした敵にマシンガンを「ずだだだ」と撃ちまくります。「しぱぱぱ」と敵機に当たります。え、と、ちょ、これだけ!?マシンガンは所詮マシンガン。機動の敵機に当てれば機動低下で役に立ちますが、普通のダメージソースとして考えるには何とも頼りない存在です。砂漠の敵に攻撃力UPしているはずなのにこの程度ではお話になりません。
 アプ3の露払いに徹するかと母艦の近くにいったん退散することにしました。しかしそこへ伸びてきたのがLRBR。横機動で外せると思ったのに、外し損ねます。うかつです。機動で射撃をくらってしまいました。あっという間に砂ザクは瀕死です。さっきまで敵陣を悠々と機動で旅していたことが嘘のようです。母艦へもどるべく決死の逃避行です。
 アプ3が砂ザクに追いすがる敵機を迎え撃ちに行きます。なんだかいつもと立場が違いますアプ3。おかげでとってもバタバタした動きになっています。防御で拡散ビームをお見舞いしますが、何機かは砂ザクへ流れて行ってしまいました。アプ3があまり味方機に近づいてビームを放つと、思わぬ巻き添えビームをぶちかましてしまうことになります。慎重に動かしますが、それが仇になって敵のロックを「すぱぱー!」とくらいます。「CPU2連敗・・・。」がちらつき始めます。
 例によって例のごとく「グリンウッド」はレベル1。攻撃のマシンガンは命中率が高いので当たりますが、敵の攻撃もレベルが低いのでたくさんこっちに当たります。「グリンウッド」砂漠に沈みます。乱戦になってしまうとアプ3の回頭性能の悪さがつらいです。こちらが拡散ビームの射程にとらえると相手も防御バルカンなんぞを撃ってくるので、必死でかわします。機動低下をくらったらアプ3はいい的です。・・・的になってしまいました。アプ3も撃沈です。
 はあ・・・。CPUに2連敗です。普段のガチデッキではないにしてもネタデッキでもありません。「あ、これってオグスの時の同じ過ちかも・・。」と終わってから反省。後の祭りです。

 ここまでで予定の8クレを消化しました。しかし・・・CPUに2連敗して終わっていいのか!いや!よくない!ずんずん両替機に歩いていって500円玉2枚もって再びサテに座ってしまいました。続きはパート3で。

 排出カードですが、パート1に比べてへなちょこです。重たいグフとか3枚目アリスとか。CPU2連敗を癒すどころか、火に油を注ぐ効果が絶大です。あーあ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年5月10日 (水)

ブログ開設記念、怒涛の12クレ。(パート1)

 やってしまいました。自分の台所事情も考えずに12クレです。なんだか蒸し暑い午後、朝、雨に振られた精神的ダメージやら、お昼に食べ過ぎた焼きそばの満腹感もあって、なんだか午後は仕事に集中できませんでした。退勤時刻となり、普段は平気で残業残業、また残業なのに、今日はぼーっと空を見ていたら「ああ、そういえばブログ開設したんだっけ。」と思いました。せっかく開設したのだからいっちょ4クレするかなあと心をよぎったが最後、やらなきゃいけない仕事を机の見えないところに押し込んで、気がついたら退勤していました。

 最初はまあいつものように自主的4クレ制限かなあと思っていたのですが、せっかくブログも開設したし8クレやってもいいんじゃね?と決断。今度の週末が乗り切れるか不安ですが、まあ決断しちゃったんだから仕方ない。後悔先に立たずです。(後悔?)

 さて戦場へついてサテを見ると、人がいる!すげ~、6人も座ってる!「うひゃー対人戦できるぞお。」といそいそと空いている席へ。コインを入れてから気がついたのですがジオンが圧倒していて円グラフが全部緑です。あ、あら?連邦の人いないのか?あいにく前の席に座ったので、画面や画面脇の色(緑・青)を見ることができません。メインスクリーンで分かる範囲では連邦の人はいないようです。ガックリ。とりあえずいつものジオンデッキ(格闘ギリアム+イアンブロ)で宇宙へ出撃しました。案の定参戦しているのはジオンばかり3名ほど。う~ん。

怒涛の12クレ(その1)CPU宇宙戦
 レベル99のCPUも油断とへまをしなければ負けない感じです。もちろん鬼のリックロックは脅威ですが、宇宙では専用機に乗っているギリアムが生き生きと動くし、イアンのサイコミュも普通に効果を上げます。艦長はガデムを卒業して、現在ハモンです。隊長機にテンションMAXで援護射撃をしてくれるのもいいですね。ちっとも当たりませんけど。そんなこんな(?)でさっくりと勝ちをいただきました。ブロにはゼナミネバをはめているのでポイントは80です。ご馳走様。

怒涛の12クレ(その2)ジオン大尉戦
 いつものように連邦に差し替えです。このサテの具合ならば対人戦間違いなしです。それ~と宇宙へ出撃です。
隊長 テキサン ジムバズ 180mm 下駄 強化炸裂
2番 ギャリー MCガンダム 小型S ガンダムS 高度格闘
母艦 アリス
 まあ、変わりません。こちらが乱入する形になりまして、相手は大尉でした。ギャリーが戦場中央まで進み様子をうかがうとムサイが前進してきます。はて?どんな戦術?敵機は後ろの方でうろうろしているゲルググが見えますが、こちらに射程を伸ばすでもなく、ほんとにうろうろしています。じゃあいただきましょうとムサイに格闘攻撃。一気にガルマムサイの半分を削ります。これにあわてたのかゲルググが突進してきますが、何がしたいのだろう?裏取りして格闘を当てに行きますが、シャアでした。かわされます。でもなんだか動きがぎこちないぞ、シャア。
 どうも相手は単機のようです。じゃあとアリスのそばでテンションを高めておいたテキサンも、のこのこと出て180mmを当てに行きます。ムサイ轟沈です。な、なんなんだ、この戦術?ムサイを落として哀戦士のわけないし・・・、はっ!これってまさかネタデッキ!?アニメで「図ったなシャア!」となっていたアレ!?だとしたら芸が細かいです!急にわくわくしてきました。
 とりあえず残ったシャアゲルを落としに行きます。こっちにWB部隊が1人もいないのが申し訳ないですが、戦ってる途中では変えられないし、そもそもアムロいません。ごめん、大尉。
 さてなんだかシャアゲルの動きが不審です。切りあうでも無く、逃げ一辺倒というでも無く、なんだか煮え切らないのです。ネタデッキかもという思いがあるので、こちらもガチに追い詰めずに牽制合戦みたいになります。すると突然それまでおとなしかったシャアゲルから「にぃよ~ん」とサーチが伸びてきます。あら、ビームバズーカでも持っていたっけと、横から牽制を加えると相手が機動で逃げてサーチが切れます。まあずっとそんなことしていてもなあ、と思っていたらアリスの母艦にサーチが伸びてロック!MS2機にも伸びていましたがそちらは機動で振り切りました。「こ、これは!!!あれだああ!!!」

 ちゅどーん(核)

 大尉さん、あんた男だよ。やっぱりどうもネタデッキだったようです。核をくらったアリスですがHPはけっこう残っています。あ、しまったガルマのムサイ落としちゃってる。もう核ないや。ごめん、大尉。結局最後はこちらの攻撃で落とさせてもらいました。こちらはいたって普通(?)のデッキで申し訳ない気分です。核が母艦だけでなくほかの2機にも伸びていたら勝負は分かりませんでした。ところで核デッキはネタデッキの範疇でいいんですよね?艦長がアサクラじゃなかったのもネタデッキであると想像する一因です。
 以前なかなか相手が本格的に戦闘してこないので、母艦を落としちゃえと向かったらアサクラで、「うわ、核だ!」と慌てて持っていそうな機体を切り刻みにいって、結局撃たせずに終わらせてしまったことがあり、「今度はぜひ撃たれよう。」と密かに決意を固めていたのですが、図らずもそれが現実のものとなりました。ありがとう大尉。あなたの名前はもう忘れちゃったけど、核を撃たれたことは忘れません。

怒涛の12クレ(その3)CPU宇宙戦
 核を撃たれている合間にちらっと宇宙に連邦の部隊が入っていくのが見えていました。これはチャンス。後入りになるけど対人のチャンス。別に相手のデッキ見たわけじゃないので、後入りでもOK(自分の中で)。再びジオンに切り替えて宇宙へ出撃です。い、いません。連邦の部隊がいません!地上を見てみましたがいません!いったいどこに!って模擬戦のようです・・・。しまった、たまに模擬戦の位置が変わるのを失念していました。私が見たのは連邦の部隊が模擬戦に入っていくところだったようです。ガッカリ。
 そういうわけでCPU戦です。とりあえずいつもの部隊で出撃。はい、さっくりと80P。特筆すべきところはありませんでした。また連邦にしようかなとも考えたのですが、まああっちは今は終戦のポイントがもらえればいいやぐらいの入れ込み具合なので、やっぱりジオンで出撃することにしました。

怒涛の12クレ(その4)CPU宇宙戦 乱入大尉戦
 どうにもマンネリだなあ。レベルが上がればまた組み替えも出来るだろうけれど・・・。前回(メガネさんのブログの私のコメント参照)オグスを試して悲しい出来事に遭遇したので、むやみなチャレンジはしたくないところです。まあ今日は8クレするつもりでし、もう1戦そのままで行くかあ、と思いスタート。CPUは例によって例のごとくさくさくと落ちてくれます。まあ、これはこれで楽しいといえば楽しいのだけれど・・・。と思っていたら「敵部隊接近!」。来ました、相手は連邦大尉です。さっそくギリアムが偵察気味に前進し、イアンブロも様子を見ながら進みます。お、敵は3機まとまっています。下駄は履いていない模様です。しかし手には射撃武器が見えています。これは、ロングレンジかな?
 とりあえずギリアムは迂回させ横から突撃に備えます。その間にイアンブロが敵の先頭を×3。敵は防御に切り替えているようで、動きが緩慢です。それじゃあと、ギリアムも突撃させて防御している別に1機を刻みます。ブロのサイコミュで先頭の盾破壊。ギリアムの格闘でもう1機の盾も破壊。

 しかしここで恐ろしいことが分かりました。相手、08小隊です。うわ~。テンションアゲアゲの08小隊ガチとは初対戦です。そのままギリアムは相手を引っ掻き回しますが、相手はそれを機動でかわしつつブロに殺到します。くらいました。強化炸裂弾です。ブロ、早くも瀕死です。これはいかん。ギリアム必死で露払いしに行きますが、何しろ08小隊。テンションが高いです。避けます。当ててきます。08小隊ってこんなにすごいのね。使いたがる人が多いわけだ。シローには先読みなんかついてて、格闘しかけたら先に食らってしまいギリアム憤死です。
 センターモジュールだけになったブロを機動と防御を切り替えつつ相手に攻撃を当てますが、なんせ相手が相手。センターモジュールにされてから一番粘ったかもしれません。若干楽しかったです。しかし最後には強化炸裂弾をお見舞いされてお終い。08小隊の恐ろしさが身に染みました。

 とりあえずここまででパート1。カードの方はこのパート1は豊作です。出ました!UCシャア!やっとほ~の部隊にも赤い彗星が来ました。まあ、来ただけですけど。なにせ彗星専用機を持っていません。特殊能力が発動しないんじゃ使い勝手も割引です。気が向けば使うかもしれませんが、今のところしまっておきます。他にもオートパイロットにお初のスレッガーとなかなかの引きでした。排出に満足できることってなかなか無いからよかったです。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (59)

2006年5月 9日 (火)

ネタデッキ

 ネタデッキ・・・。嗚呼なんと甘美な響き。古くはMtGにいそしんでいた頃も、緑ウィニーを主戦デッキにしつつも、その横には毒デッキやらノンクリデッキやらが箱に入っていました。そんなほ~ですから、GCBでもネタデッキ大好きです。

 しかしこのGCBにおけるネタデッキには大きな弱点が・・・。それはガチで来られると瞬殺されかねないということ。初心者狩りがたびたび話題にのぼるGCBですから、ガチなプレイヤーが多く、戦いを楽しみに来ているという人はまれなようです。

 以前それでも試してみたくて、ジオンでザクタンク2機に防御をさせて前進させ囮とし、その後ろからマゼラアタックが獲物を狙うという、ジオンキャタピラデッキを使って近コストに入ってみたら、乱入してきた連邦さんはこちらの意図に気づかないのか、気づいていも無視しているのか、ロングレンジのビームライフルをザクタンクにリンクロックさせて、盾の上からざっくりHPを削ってくれました。ちらっとサテを見ましたが、笑うどころか苦笑すらしてくれていない様子です。こっちは身を削って250円をはたいているのにその仕打ち。いや、こっちが勝手にやっているから仕方ないんです。ええ、分かっています。

 そのトラウマ以来、ネタデッキは割りに合わないと、考えることはあっても実戦に投入することはありませんでした。

 そんな中メガネさんという方とブログで知り合うことができ、一度は巡り合えないという困難を乗り越えて、無事にネタデッキを披露することができました。(詳しくはメガネさんのブログのコメントにあるので、そちらへどうぞ。)ネタデッキだけに負けましたが、非常に楽しい時間をすごすことができました。GCBをやってきて一番楽しかったかも・・・。

 「なんちゃってラル」部隊は継続ですが、「ジェットコアブ&予備弾倉の大型スマート爆弾2発」部隊は解体。連邦のネタデッキが無くなってしまったので、再び考えています。あまりに弱い部隊編成は楽しくて笑えても、戦いが「逃げるだけ」になってしまうので、考えものです。そこそこ勝負になるネタデッキをなんとか構築したいものです。連邦は女性デッキも作れそうですが、それにはセイラさんとか引かないとだめですね。まだまだ組めるまでには時間がかかりそうです。

 そんなこんなで今日もネタデッキを考え続けているほ~でした。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | トラックバック (91)

ブログはじめました。

 しまった。ブログのシステムを理解していなかった。

 これ最初の記事ってことで読んでください。w

 関係各位のみなさまへ。ほ~もブログはじめました。メガネさんのブログに戦績なんぞ書き込ませていただいていましたが、それも図々しい話だと思い、じゃあブログ作ろうと安直に考えました。

 根気があるほうでもないので、いつまで続くか分かりませんが、以後よろしくです。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

でもって最初のまともな記事

 ほ~はすでにおっさんです。詳しい言及は避けますが、いわゆるファースト世代でしょう。ガンダムの劇場版3部作は全部リアルタイムで観に行きました。劇場内がお子様だらけで、MSが出るたびに、「ザク!」「ドムだよドム~。」とお母さんに教えてあげているのが、とってもウザかった思い出があります。

 ガンプラにも当然手を出しましたが、主役メカより脇役メカが大好きだった性格も災いして、最初に買ったのは「ボール」でした。んもう、「ボール」大好きです。ついでに「アッガイ」も大好きです。機械獣「ザクレロ」も大好きです。

 GCBのことも書かねば。ほ~は両軍使いです。節操が無いと言われればそうかもしれません。どちらかと言うと「ジオンラヴ♪」なのですが、愛しの「ボール」や、やられメカ「ジム」のある連邦も捨てがたいです。めったにやりませんが、「ボール」にオーパイつけて放り出すのもたまりませんね。懐に飛び込まれた時点で、まさに雑魚玉と化す情けなさ。素敵です。

 階級はどちらも中尉です。システムがよく分からず、とにかく模擬戦ばっかりやって楽しんでいたので、ジオンは留年しました。途中から気がついて対人戦に繰り出すようになりましたが、なんだかこのGCB、撤去されているところも出始めたらしく、一部愛好家から裾野があまり広がっていない様子です。まあプレイ料金高いし、場合によってはあっという間に戦闘が終わっちゃうし。

 そんなわけで対人戦をしようにも人があまりいないという状況にもありました。さらに昇進に必要なポイントがたまったと思って更新したら、母艦がダウングレード(!)して、昇進しなかったという涙なしには語れない出来事もあって、中尉でうろちょろしているわけです。

 連邦はジオンでやっている途中でいいパイロットが出なくて、ずっとガデムを格闘で使っている自分に嫌気が差し始めたので、気分転換に始めました。連邦のカードを眠らせておくのももったいなかったし・・・。今では連邦もジオンも、アムロやシャア不在ながらなんとか納得できる編成で戦えています。それでもガンダムファンならいつか引きたい2人ですが。

 以上、ガンダムに関わるほ~の人となりでした。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | トラックバック (72)

トップページ | 2006年6月 »