« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

デッキング 出撃直前

 23小隊 編成王 -デッキング- 決定戦 出撃直前です

 シルルさんは不参加でしたので、6名での大会となります。

 6名なので3名に抽選で分かれて巴戦をして、その順位ごとに対戦して最終順位を決める方法をとろうと思います。

巴戦A 3名で総当り 順位を決める

巴戦B 3名で総当り 順位を決める

巴戦A1位vs巴戦B1位 ←優勝決定戦

巴戦A2位vs巴戦B2位 ←3位決定戦

巴戦A3位vs巴戦B3位 ←5位決定戦

 これならみんな最後までできます。

 巴戦で勝敗が並んでしまった場合は「完勝」や「局地的勝利」などの勝ち方で判断しようと思います。それでも決着がつかない場合は直接対決の結果ということで。

 景品のアイデアも寄せられましたが、今回は煮詰めていないので、次回の課題とさせていただきます。今回はほ~からクレナイ大将軍のブログで注目を集める、あの素敵なおまんじゅうをプレゼントさせていただくことにいたします。w

 

 それ~出撃だあ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

デッキング

 明日は・・・今日はベストワンクラブ23小隊定例会です。前回の格闘王決定戦-なぐり合い地球(テラ)-の興奮覚めやらぬ中、早くも2回目の大会を予定しています。

 編成王決定戦 -デッキング-

 コスト400以下

 ステージ地上(水回避)

 こんだけ。

 さて今回はシオンさんがご都合で回避かと思いきや、ほ~とのMCガンダムとノリスのトレードが成立したことで出撃を決意されたご様子です。

 シルルさん(格闘王) シオンさん フェンリルさん

 メガネ隊長 KENさん(すいません略してます) ほ~

 に加えてコメントを寄せてくださっていたK2さんも参戦を表明です。

 合計7名!って全員座ったらサテほぼ占領!定例会には大会に参加されないフラナガンさん等もいらっしゃる可能性があるのでサテ占領決定!?

 問題は度々話題になる混み具合ですね。サテ占領されてると厳しい。w レア引くと移動したくなるけど、大会だと割り切って座り続けた方がいいかもしれませんねえ、混んでいたら。

 7名もの参加となるとリーグ戦が厳しいかもしれません。1人6戦しないといけない。w どんだけ時間かかるねん!みたいな。

 となるとトーナメント戦。7名となればトーナメントの基本の8名に1名足りないだけ。組めそうです。負け組も下向きトーナメントを行って容赦なく順位を決めるのも可ですね。混雑しまくっていたら2台か4台を占拠してそこで交代交代で試合をしてもいいかも。排出カードは運ということで。

 さて2機編成や3機編成が意外と多そうですね。ほ~は今のところ3機にしようと考えていますが、2機で1機を強くして1機はサポートみたいなのでもいいかなあと考え直しているところです。

 普段のデッキは固まることが多いですが、このデッキングでは大変楽しく部隊編成の時間を味わっています。いいね、コレ。w

(/・ω・)/

| | コメント (7) | トラックバック (16)

2006年6月29日 (木)

核 & パーフェクトジオング

 核撃ってきました。所沢に様子見も兼ねて出撃です。地下は12日目でした。今週末には終戦ですかねえ。

 ちなみに今回は人が誰一人座りませんでしたので全部CPUです。期待しないで読んでください。

 地下のお店では2クレということで、まずはジオン。今回の目的は主に2つ。核実験とパージオ試用です。ということでまずは核を組み込みます。まずはアサクラを入れてザク1に持たせる戦法で行きます。何しろ相手はCPUなので「驚く」とか「慌てる」とか「核かよ!」とかありません。つまらんです。

 普通に母艦脇のザク1目指してやってきます。う~ん。これって先日も失敗したパターンです。何しろ核のせいで残りの部隊に割けるコストが貧弱です。CPUの死を恐れぬ進軍を支えきれません。ギリアムのグフが敵をおびき寄せようと動き回りますが、少々調子に乗りすぎてリンクロックからの機動低下で袋叩きにあってしまいました。こうなるとジリ貧。今回も核を撃てないばかりか、CPUに完敗級の敗北!がーん。

 傷心のまま連邦へ。下駄を下ろして盾にする課題には目をつぶって下駄で出撃です。だってうっぷん晴らしたいし。w
 
 開戦と同時に2機の下駄で機動ダッシュ。CPUが開戦硬直している間に攻撃範囲に収めて一気に「×1」「×2」「×4」というマルチでリンクなロック攻撃をぶちかまし、いきなり2機を撃墜。うわあ、こりゃ非道だ。w
 
 機動で下がって再び網に敵機を収めてここで撃墜。嗚呼、爽快。しかしこんだけ撃つとすでに弾切れの予感。射撃機の2機を下がらせて、EZ8のギャリーがここで出撃。1機を刻んでポイ。弾を補給した2機も再び戻ってあっという間に敵を殲滅。はい、この店終わり!

 次に地上の店。「見える!私には見える!」と言って座ります。(←見えてないけど)

 まずは核。今度はギリアムザクに核を持たせてみます。普通に格闘で戦って、カウントダウンしたらラッキーみたいな意気込みで臨んでみる事にしました。これがストライク。ブロは乗らないので試験用サイコミュザクを久々に出撃させました。ブロを引くまでメインで使っていた部隊編成だけに違和感無く戦えました。

 ザクザク切ってビシビシ当てて。ってサイコミュザクのダメージ小さいなあ。w よくこんなので戦っていたなあ。主役はギリアムの格闘なので普通に戦ってじゃんじゃん敵を落とします。あら、これじゃ敵がいなくなっちゃうなあと思う頃にカウントダウン終了。

 ちゅど~ん

 残っていた2機をきっちりロックして撃墜。1機はガンタンクだったので脱出しました。放置して戦艦を落としてから撃墜しました。いやあ、撃てていいんですけど、なんか気分が晴れない。核はやはりどばっとロックオンしたい!残り2機なんて勝ち戦で、核撃つ必要ないんだもん。対人ならばもっと長い戦いになるはずなので、楽しめたのだろうけれど・・・。CPUに核実験っておもしろくないですね。

 気を取り直して連邦IC。はい、さくっと完勝。

 ここからはもう全部ジオン。4クレ制限を外して10クレもやってしまいました。で、まず試すのはもちろんパーフェクトジオング地上使用です。これまたCPU相手だと「ん?」「地上でサイコミュだとお!?」「っつかパージオだし」「的じゃん」みたいな反応が無いのでさびしいです。

 さて海がいいとアドバイスをいただいたのですが、出てこないので市街地で使ってみました。ああ、敵のロングレンジにとらえられます。これはやばいとしてるんだか分からない機動ダッシュで攻撃範囲から外れます。仕方ないので格闘機のギリアムが囮となって敵を引き付けます。それ地上でサイコミュだあ!

 ずびゅびゅ~

 おお、当てる当てる。結構強いぞパージオ。母艦に戻りつつ再びサイコミュ。

 ずびゅびゅ~

 おお、当てる当てる。意外と強いぞパージオ。母艦に戻って補給です。

 しかし下がって下がってなので、敵もずんずん近づいています。格闘で戦うぞなんて言っておきながらいざとなると、「格闘はやばいだろ」と思ってしまうのが人情です。迫られる前に何とかしたいと思ってギリアムが引っ掻き回し、それでも近づいて来た敵機にはスレンダーのザク1がマシンガンでお出迎えしました。

 補給が終わったパージオを再び動かして残りわずかになった敵機にサイコミュを叩き込みます。

 ずびゅびゅ~

 おお、当てる当てる。CPU相手だと強いぞパージオ。・・・でもやっぱり封印だなあ。

 だってさ~もう、機動が絶望的に遅いんだもん!悲しくなるほど遅いんだもん!CPU相手だから何とかなったけれど、対人ならカモですよ、カモ。格闘があるって言っても絶対相手の格闘機に裏取りされます。コスト300使うなら下駄乗せたザクキャでも出した方がよっぽどマシです。ロマンにも程があります。

 一縷の望みは海ステージです。一応デッキの横に忍ばせてはありますので、今度海ステージが出たら使ってみて、それでおそらく封印となるのではないでしょうか。一発ネタとして対人ではおもしろいかもしれませんが、ちょっと苦しい気がしています。残念。

 さて残りはどうしたのかと言うと、4機編成を試したりしていました。トップを少し育てたいということで、使ってみました。しかし捌ききれません。完勝率がず~んと下がります。やっぱり連邦のように遠距離射撃機を2機使った方がいいような気がします。

ギリアム 格闘機
トップ 格闘機
イアン 射撃機
スレンダー ザク1マシンガン

 何がしたいんだか分からない部隊です。トホホ。ギリアムをいったん下げて、もう1機射撃としてもいいのかなあ。あるいはスレンダーをいったんきちんとした射撃機にするとか・・・。再出撃システムをメーカーが、考え無しに問答無用で導入してきそうなので、トップ辺りを育てておきたいんですよねえ。はあ、困ったもんだ。

(/・ω・)/

| | コメント (7) | トラックバック (36)

2006年6月28日 (水)

23小隊 編成王 -デッキング-

 メガネ隊長から素敵なサブタイトルを頂きました。ナイスです、隊長。

23小隊 編成王決定戦 -デッキング-

 ステージは地上 (水ステージ回避)

 ただしコスト400以下

 以上!

 破滅CDだろうが伏兵だろうがオーパイだろうがビーバリだろうが何でもOKです。ただしコストは400以下。このわずかなコストでどのような編成をするかがミソです。

 1機出しで強機体&強パイを組んでもいいし、オート戦車出してワラワラみたいな感じにしてもいいです。

 艦長も入れてOKです。母艦の積極参戦も可。階級で差が出てしまいますが、コスト400縛りなので編成王を目指すなら何とかしてください。

 新兵さん歓迎っす!

 さて相談です。シルルさんから提案があった、金曜定例会以外に日を設定した方がいいのではないかという件です。

 ほ~は個人的には金曜日が深夜出撃には都合がよくて、木曜日開催だと早上がりか欠席となる可能性が高いです。しかしながら金曜のベストワンクラブの盛況振りを見ると、大会開催には金曜日以外がいいような気もします。金曜日は対人に困らない日と考えてガチしまくるのがいいかもしれません。

 ということで提案。大会は今回は連続だけども一応不定期開催の扱いとして・・・。

 金曜日以外深夜23小隊 不定期大会日

 金曜日深夜23小隊 定例会 ガチメイン +ネタデッキ披露

 今週は木曜日がもう明日に迫っているので、とりあえず金曜にデッキングをするとして。次回以降はこのようなフォーマットを基本とするのはどうかと。ただみなさんの出撃可能日の調整が大事ですよね。やっぱり23小隊の人がたくさん揃った方が楽しいわけで。

 ご意見お待ちしております。

(/・ω・)/

| | トラックバック (17)

2006年6月27日 (火)

どっちかと言うと 編成王がしてみたい

 定例会が格闘王決定戦になってしまったので、ガチデッキでシルルさんのカボチャ部隊やフェンリルさんのデニム隊、シオンさんやメガネさんとも戦っていません。帯に短したすきに長し。楽しいんだけど、ガチもしたい!

 とか何とか言いつつ次のレギュレーションと新しい戦い方を提案しちゃいます。ご意見よろしく。

 格闘王決定戦【2】 -なぐり合い地球- 

 総コスト700以上800以内
 考えたのですが変えませんでした。

 カスタム禁止

 武装 スパイクシールド 及び 小型シールド のみ可
 時間切れ対策です。どうせ母艦で回復しないので攻撃力を上げちゃって、早期決着を望んでもいいかなと。グフシーはちょっと反則級なので未だに封印。もちろんハンマーも。w これでギャンやグフの出番も若干増えると思います。こっちの武装で格闘攻撃を拾えるので。同じことがガンジャベ等にも言えるかな?

 艦長無し

 Rカード 機体・パイともに禁止 
 みなさん、守りましょう。(←お前だ)

 素MS(付:Sシーor小型シー)+パイのみで4機編成
 思い切って4機編成でどうでしょう?

 800÷4=200(← 一機にかける平均コストです)

 700÷4=175(こっちは下限平均)
 シオンさん、ジオンの使えるコスト800まで上げておいてください。w

 機動ボタンのみ使用 赤・青禁止

 ステージは地上限定(水ステージは回避)

 一騎打ちシステム:1機ずつ戦う。勝った機体は回復せずにそのまま残って次の機体と戦う。団体の勝ち抜き戦みたいな感じです。

 援護射撃の特殊能力は放置。
 ドアン(陸ザクワッショイ)・カイ(哀戦士)OK
 パイのレベル制限なし
 ガンダムなどの脱出機構がついている機体は脱出した時点で敗北と判定します。そのまま引っ込んでてください。

 残り機体コストによる局地的勝利などは一切この決定戦には影響しない。何機残っているかが勝敗を分けます。

 勝った人に3Pの勝ち点。負けは0P。引き分けは1Pずつです。ポイントで並んだ場合は残った機体数で決めます。それも並んだ場合は直接対決の結果で判定。無いと思いますが、それがもし引き分けだった場合は最後にもう1戦、決定戦を行ってもらいます。

 注意点として控えている機体の向きは自分向きにしておきましょう。これで機体からのリンクロック事故は無くなる筈です。また最初に防御長押ししてもらって母艦の攻撃範囲を小さくしておくこと。

 続いて新企画。

 編成王決定戦 (サブタイトル募集中)

 ステージは地上 (水ステージ回避)

 ただしコスト400以下

 以上!

 破滅CDだろうが伏兵だろうがオーパイだろうが何でもOKです。ただしコストは400以下。このわずかなコストでどのような編成をするかがミソです。

 1機出しで強機体&強パイを組んでもいいし、オート戦車出してワラワラみたいな感じにしてもいいです。

 艦長も入れてOKです。母艦の積極参戦も可。階級で差が出てしまいますが、コスト400縛りなので編成王を目指すなら何とかしてください。www

 いかがでしょう?

(/・ω・)/

| | コメント (12) | トラックバック (21)

神託:パーフェクトジオング

 パーフェクトジオングの2枚目を引いた。先の記事にもあるように、ビグザムとトレしてくれる人が23小隊にいないかと打診中だけども・・・。

 2枚目引くってことは神様が使えと言っているのではあるまいか?思えば最初に引いて出撃させた時に高コストな上に機動がぐだぐだでいいところが全く無く、「使えねえ!」とサイドボードに放り込んで、メガネ隊長とのネタデッキ対決でテムパ付けてララァ乗せて出撃させて笑いをとった、この2回しか出撃していない。

 せっかくのレアなのにもったいない!使わないと!

 さてどうしたものか?どう考えても宇宙で出すにはブラウブロに負けている。いや、もしかするとコスト対効果を考えればサイコミュザクにも負けているかもしれない。宇宙ではどう考えてもお呼びじゃない。

 ならば!死中の活は地上にあり!(←死中かよ)

 地上で出せば、まさか地上でサイコミュが飛んでくるとは思っていないから、対人ならばびっくりしてくれるはず。しかし対人ならばパージオの機動がぐだぐだなのも分かっているから格闘を挑まれてしまいそうだ。

 いや!待て!

 サイコミュ機体ながらパージオには格闘がある!懐が弱点のサイコミュ機体において、このアドバンテージはでかいのではないか?でかいに違いない!!

 僚機で戦術をフォローしていけばなんとかなる気がしてきたぞ。(←自己暗示)

 ということでアサクラ母艦での核という課題に加えて、パージオを地上で使ってみることをここに誓います。できれば対人限定にしたいですね。たぶん負けるから。(←おいおい)

さてイタリアvs豪州にもどります。

(/・ω・)/

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年6月26日 (月)

フェンリルさん 及び23小隊へ

 アンコとかコモンとか揃ってない人いませんか?ほ~はそろっていないまくりです。(←日本語がおかしい)

 フェンリルさんがシャリアとテネスをくださるとのことなのですが、その代わりと言っては何ですが何かいりませんかという趣旨のことを書いたところ、出てきたのが、

「俺の持って無いカードはレア以外だとトクワン・トワニング・フラナガン博士・ユーリ・高機動黒ザク・サイコミュザク緑・白・ガルマザクかな?」

というコメント。あ、あら。ほ~にも何とかなるのがあるじゃないの!

 ユーリ と サイコミュザク緑 はフェンリルさんの部隊へ転属~!

 で、ここまで書いてみて、そういえばコモンでまだ持っていないカードがどっさりあることに気がついた。と言うわけで書いてみる。

 連邦

 ホバートラック降下P
 リュウホセイ
 フランシスバックマイヤー
 ジダンニッカード
 コジマ

 ジオン

 ザク2(!? ま、まじで見当たらないぞ・・・) 
 ドップ(ガルマ専用)
 シムス
 ウラガン
 アカハナ
 フラナガン博士
 トワニング
 ジェラルドサカイ
 ギャビーハザード
 ボーンアブスト
 ニエーバ

 カスタム

 チャージ式スナイプセンサー
 出力リミッター解除
 ジェネレーター出力調整B

 なんかもらえそうな気がする。w

 ついでにアンコモンも書いちゃおう。機体はともかく、パイはかぶっていればけっこうトレとかしてもらえないだろうか?w

 連邦

 170ガンダム 
 ガンキャノン109号
 ガンキャノン重装型
 ジムLA
 ジムキャノン北米
 ジムSC
 ジム指揮官用
 陸戦型ガンダム
 陸戦型ガンダム砂漠
 ガンダムEZ8
 陸戦型ジムスナ
 ワッケイン
 リドウォルフ
 テネスAユング(★編入予定) 

 ジオン
 
 グラブロ
 高機動ザクR2(ジョニーライデン専用)
 シャリアブル(★編入予定)
 ガイア
 オルテガ
 ドアン
 ジョニーライデン
 トーマスクルツ

 カスタム

 耐熱耐衝撃装甲
 哀戦士
 EXAMシステム
 覚醒
 プレッシャー

 あ、あるなあ。コモンとアンコモンでこんなに揃っていないのか。w   

たいしたことない放出可能カード羅列
 ちなみにメガネさんからガルマをもらってままです。何かいりませんか?w

連邦UC(武器は割愛)
 ティアンム
 ジャックベアード
 アダムスティングレイ
 ハヤトコバヤシ
 ガンキャノン2
 ガンキャノン108号
 ボールK
 
 
ジオンUC(武器は割愛)
 イアングレーデン
 ロイグリンウッド
 セシリアアイリーン

 ユーリ(★転属予定)

 ザクレロ
 ゲルググ高機動(ジョニーライデン専用機)
 ゲルググ先行量産
 ギャン
 高機動ザクR1A

 サイコミュザク緑(★転属予定)

 レアな話もしておこっと。w

放出:MCガンダム
希望:ノリス か グフカス

放出:パーフェクトジオング
希望:ビグザム

(参考:2chカードレート表)

(/・ω・)/

| | コメント (8) | トラックバック (31)

追加 支援システム

 あ、思いついた。追加で書いちゃう。

 今死んでるカードがいっぱいあります。MSじゃない機体はなかなか出番がありません。ネタデッキ以外では出番が無いのってたくさんありますよね。そこで・・・。

 支援システム

 パイ・カスタム・武器・武器・機体 でさらに横に「支援機」を並べられるようにします。これは隊長機だけ。全部につけると処理落ちが恐ろしいことになりそうだから。

 実質オーパイみたいな感じですが、隊長機を支援するような動きをします。隊長が狙う相手を狙おうとするし、隊長を狙う相手も狙います。

 選べるのは当然「支援機」というのがついているカードのみ。素で勝負しなければならないので、MSは除外ですね。戦闘機や戦車、戦闘車両となります。ただし、偵察ザクなんかは誰も使ってくれないので、支援機として使用する場合はザクマシンガン固定武装となるようにしてもいいかも。基本的にコストは半分の使用ですみ、オーパイと違って撃墜されても完勝率が下がらないようにします。相手には撃墜数としてカウントされるようにします。伏兵や量産化などとは無関係にしておきます。

 筐体の性能が高ければ5機全部につけてわらわらすると10機出てくるようにしちゃえばいいんですが・・・。再出撃するくらいならこっちがまだマシ。こっちは落とされてもあまり気にならないし、落とした方が撃墜数にはカウントされるのでもうけ。どのカードも攻撃力がたいしたことないのもいいと思います。

 なんだか妄想がさらに炸裂してしまいました。

(/・ω・)/

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2006年6月25日 (日)

GCB全国通信対戦

 疾風さんのコメントにも書いたのですが、このGCBは全国通信対戦が不可能な仕様だとのことです。

理由

攻撃、防御、機動とめまぐるしく押されるボタン

ロックオンサーチがにゅい~んと伸びて、ロック完了して、攻撃決定という仕様

 これらを反映しようとするとすごい量のデータになり、通信対戦だと処理落ち決定だそうです。また攻撃決定のタイミングもシビアなので、ちょっと苦しいとのこと。

通信対戦にするには・・・

攻撃や機動、防御の切り替えが反映されるまでには時間がかかる仕様

ロック完了と同時に攻撃決定となる仕様

 最低限、このくらいしないと通信対戦なんて夢のまた夢。ってか、これじゃ別のゲームです。ガッカリ。

 どう考えても今のGCBは全国通信対戦を見越して作られていないとのこと。ユーザーがメールをいくら出しても無理なものは無理なんだそうな・・・。ええ~。

 でそれを踏まえて。さっきパイの成長の記事も書いたので、今の状態でできる改善点を羅列してみることにします。ほ~の個人的な意見なので、そこはご了承ください。

新カード導入

 Zを入れることには賛否が分かれているようですから、まずはまだまだいるパイや機体を導入し、ついでにバランスの悪いカードを調整し、今までのカードも新イラストで再発行します。もう少し絵を何とかして欲しいカードってありますもんね。w

 劇中に出ていなくても1年戦争にいたはずの連中も出しちゃいましょう。ロベルト&アポリーなんて出して欲しいなあ。ガトーもいるはずだし、ロンメルだって。ポケ戦もOKですよね?

 

昇進システムの見直し

 昇進でコストが減らないようにする。または減ってもちょびっとにする。母艦はゲットした中から選べるようにする。昇進ポイントのために終戦P回収の旅に出なくてもすむように、いっそCPU戦を100戦していても昇進できるくらいのハードルにしてしまう。「ぬるい」という意見もあると思いますが、終戦P巡りをなくすにはそれくらいでいいんじゃないかと思います。

 現在は先に母艦の昇格降格の判定をして、ポイントを奪い、残りで昇進を判定しているようですが、これも逆にしましょう。とにかく昇進ありき。余れば母艦を支給。降格なんて必要ないです。やめましょう。

ミッションモード及び勲章システム

 当然ゲットできるポイントは高い。今の無差別戦をこのミッションモードにしてしまう。某サッカーゲームでは大会がゲームの中で開催されランキングによってその大会に出場可能になっています。この大会のトロフィーが欲しくてがんばる仕様になっています。これをぱくります。

 階級等に応じたミッションが出現します。尉官限定や佐官限定、将官限定やコスト800以上限定や1000以上限定など。それぞれCPU4連勝などが必要です。当然階級が上のCPUは強いわけで、猛者でも最終戦は苦労するような感じで。

 最初にミッションに参加するかどうかを選び、参加決定とした時点で両軍がいればミッションの中で強制マッチングされます。1位(のような扱い)になった場合、勲章が得られます。この勲章はICカード更新まで有効で、それぞれの勲章に応じてコストが+5や+10されます。ジオンばかりでミッションをした場合はそれまでミッション戦の勝ちっぷりから計算して、一番の上位の人に勲章を与えます。

 これによってゲームに人を数戦、縛ることができます。「人がいる」ことはゲームではとっても大事です。

公式全国大会開催

 やれよ。

模擬通信対戦及び固定部隊の出現

 苦しいと思いますが、CPUをもう少しおりこうさんにして、全国大会の上位の人の部隊を出現させます。またラル隊やWB部隊など、劇中の部隊を出現させて、倒すことで勲章を授与されるようにします。弱い部隊から強い部隊までさまざま出してもらいます。

 出現条件もそこそこつけて、難しい部隊はLV99のCPUに完勝を5回しないと出現しないとか。こういうのを狙う人は当然オーパイを出さない気合十分の人になるわけです。

 ああ、妄想。だけど切に希望。

 特にミッションモード(勲章システム)はやる気を起こさせると思うんだけどなあ。

(/・ω・)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GCBのパイロット

 フェンリルさんのコメントを読んで思い出しました。いつもいろんなパイを使いたいなあと思っていたことを。

 このゲームではパイが経験を積むことで成長します。昇進でまたパラとレベルはがばっと理不尽なほど下がってしまいますが、昇進間際ともなれば、育ったパイは強力で、あのキャリオカでさえ「勇者キャリオカ」と呼ばれるほどになります。

 しかしこれは同時にパイが固定してしまうことを表します。いろんなカードがあるのに、それらをあれこれ使っていると成長が乏しくなり、結果、昇進のときにはほぼ初期パラという状態になってしまうことでしょう。これってとってもむなしい。

 たくさんのカードがあって、せめて宇宙と地上で使い分けたいのに・・・。また成長させるために最初からジムトレや戦闘データ、ザク1や先行量産ジムに乗せて戦うことも、今や当然のことになっています。

 この状態はちょっと歪(いびつ)です。こういうゲームの楽しさの大きなポイントに「好きなパイロット」を「好きな機体」に乗せて動かせるということがあります。ここを縛ってどうする?

 強いパイはコストがかかるんです。弱いパイはコストが安いんです。それでいいじゃないですか。アムロやシャアが強いのは原作見ていれば当たり前です。成長させる必要があるのだろうか?

 NTのロックオンサーチが覚醒が育たないと3つ出ない仕組みも思い切って変えちゃえばいいんです。NTなら3つ出る!ただしクリティカル率が低いと。

 だだしパイの成長を無しにすると誰も彼も優秀なパイを使ってしまう可能性もはらんでいます。現行ではこだわりのパイを育て上げて、一線を張らせるという楽しみを見出している人もたくさんいますから。

 そこで導入して欲しいのは「成長リミット制」です。パイのレベルが一定に達したらそれ以上は成長しないとするのです。また昇進時にもレベルダウンしないか、してもわずかにします。これによってある程度成長したパイはガチでの出番を待ち、それ以外に育てたいパイでCPU戦なんかはこなしていけばいいのです。佐官や将官はこの成長MAXになったパイがたくさんいる状態になるわけです。これなら好きなように編成が組める楽しさが、昇進する度に増えていくわけです。

 機体依存の成長のさせ方も問題があると思います。やはりどのようにその人が戦うのかによって成長の度合いを変えるべきです。射撃で戦う人は射撃が伸び、格闘で戦う人は格闘が伸び、覚醒と回避は普通に伸びていくとすればいいのです。

 成長が機体依存だなんて、新規参入者にとってはちんぷんかんぷんです。お店においてあるガイドブックにも書いてやいないし。百害あって一利なし。

 また先のアイデアで成長MAXになった人がそのパイを使う頻度が減ってしまうことは、好きなパイを使えなくなることにつながりかねないという問題点が残っていることは認識しています。しかしそこまでして使いたいパイが決まっている人は、別にそれでもいいんじゃないのとも思います。

 しかしガンダム人気に頼ってあぐらをかいたGCB。システムがこんなにぐだぐだでもまだがんばって続けている人がたくさんいる今のうちに、なんとかバージョンアップで遊べるゲームにして欲しいです。再出撃システムなんて、誰が考えたんだか知りませんが、「うんこ」ですよ。(←不適切発言)

 以上、ほ~のなんだかんだ言い放題でした。

(/・ω・)/

| | トラックバック (65)

あいつがやってきた

 核が撃ちたい。所沢に息子の通院の間行ってきました。

 サテには2人いました。ゲージは連邦で振り切っています。が2人はジオンのご様子。何やら直前まで連邦がたくさんいたのかと思えます。ま、いっか。

 まずはこちらもジオンで宇宙へガチ出撃。(スレンダーは戦闘データ搭載) 何しろ格闘王決定戦で引き分け1回だけの最下位に沈んだほ~です。なんだか負け癖がついてしまいそうで、すかっと勝ちたいところです。

 危なげなく勝利して今度は連邦ICに。地上の近コストにしていたのですが、誰も来ませんでした。見れば1人は連邦に差し替えて宇宙にいます。お、ラッキー。ほ~は今度はジオンに差し替えて出撃です。

 スレンダーの戦闘データをOPブースターに切り替えてこんな感じ。

隊長 ギリアム/OPブー/グフシー/専用ザクR2
2番 イアン/高出力ジェネ/ゼナミネバ/ブロ
3番 スレンダー/OPブー/ザクマシンガン/グフシー/ザク1
母艦 ハモン

 相手は少佐でした。まずはスレンダーを母艦脇に置いておいて、ギリアムとイアンで敵情視察。2機が近づいてきます。ASジムが両手に武器もってて、セシルがハンマー持ってます。ASジムにはアダムが乗っていましたが、サイコミュでロックオンしたところに横からギリアムが機動ダッシュで接近して、2機で×4。セシルにはアムロでしたが、こちらにはサイコミュを一撃分。

 ASジム、両手にどっちゃり武器を持っていますが盾がありません。サイコミュ分だけで沈んでしまいました。

 セシルはサイコミュ攻撃で機動低下。あ、ラッキーと母艦脇のスレンダーに機動ダッシュさせて接近させ、そのロックをギリアムの格闘で拾おうとしましたが、寸前で回復されてスレンダーの×2だけになりました。盾を1枚ひっぺがしておしまい。

 あ、やば。スレンダー機動で退避。追撃はギリアム。ところがセシルはスレンダーに粘着。ハンマーをくらってグフ盾が剥がれます。

 しかし今度はうちのターン。ギリアムの格闘とスレンダーのマシンガンで×3。最後の盾を剥がして本体にはぺちぺちダメージ。遁走を図るセシルは回りこんでいたブロがお出迎え。サイコミュ×2で破壊します。

 残るはコアファイター。ギリアムがぎゅーんと間合いを詰めて格闘×2でさっくり撃墜。完勝な上に、連邦でゲージが振れていたこともあってポイントガッポリ。ご馳走様です。

 懲りずに書いてしまいますが、23小隊に比べると楽だあ。w

 さて粘着しない方針で次は連邦に。ギャリーのEZ8が早い段階でアプの収束ビームで昇天してしまい苦労しましたが、勝ち。しかしCPU・・・アプ3機ってどうよ?w コストいくつ使ってんのよ? クレナイ大将軍の相手CPUのコストが気になります。

 気がつくとサテに人が増えています。しかも連邦准将!(゚д゚)ウマー。挑みましょう!!

 でもって今日のお目当て核をここで投入!「わー」とカードを並べますがなかなか決まりません。

隊長 ギリアム/OPブー/グフシー/グフTC
2番 トップ/OPブー/グフシー/グフTC
3番 スレンダー/ワイドレンジ/核/ゲルシー/ザク1
母艦 ハモン

 やっとこ決まってそれ~と出撃したら・・・准将の戦い終わっていました。ガッカリ。しかしほ~が粘っていれば再び入ってきてくれるかもしれないと期待していましたが、准将はジオンICに差し替えてしまいました。ああ・・・終戦P回収なのかも。トホホ。

 ほ~は結局CPU相手に核実験となりました。しかし先ほども言いましたが狂ったような編成で挑んでくるCPU。核で圧迫された残りの2機で支えるにはちょっと苦しいです。格闘2機なのでリンクロックを必死に回避しながらの攻撃です。

 序盤ギリアムが機動ダッシュでロックオンサーチをかいくぐろうとしたら、森に入ったところでがくっと行き足が落ちてそのまま×3。HPをごっそり削られて機動低下。必死防御したところに鬼のリンクロック×4。しかもビーム兵器。盾の上から削られて昇天です。

 トップで敵を引っ掻き回しますが、意に介さず核&母艦へずんずん進んで来る敵機が2機。トップを急行させて2機とも始末。1機はウッディのファンファンだったことも幸いでした。いいぞウッディ。

 それでも肉薄する陸ガン2機とガンダム系1機。トップが2機に攻撃をしかけようと機動している間に、遂にスレンダーに接近されてしまいます。

 しぴーん しぴぴーん(←びーむらいふるのおと)
 ばばばばば(←ばるかんほうのおと)

 ずびびびび(←すれんだーがしずむおと)

 裁ききれずスレンダーは核を残り4秒にまでしておいて撃墜されてしまいました。ちょーガッカリ。

 これにて核護衛任務から解き放たれたトップが鬼神の活躍。残り全部落としました。

「ぱぱ~」

 来ました。奴がやって来ました。残り1戦、再び核を意地でも撃ちたくて同じ編成で始めたジオン。敵はCPUではなく、例によって息子です。

 ずりずりっと私のひざの上に陣取り笑顔で私を見上げる息子。親バカにとっては天使の笑顔ですが、やることは悪夢級です。

 ばしばしばし(←むすこがいろんなぼたんをおすおと)

 ちゅど~ん(←ギリアムとトップがいなくなるおと)

 核ザク1と母艦で残りの3機を相手にすることになりました。しかし今回は接近されながらもカウントダウンに成功!ろっくおんさーちがぎゅい~んと伸びて・・・伸びていきません。

 嗚呼、スレンダー。息子のボタン連打のおかげで機動状態です。あわてて攻撃ボタンを押すも、息子も機動ボタンを押します。「押すんじゃね~」と叫んで再び攻撃ボタン。

 しかしそんなぐだぐだを見逃すほどCPUものんきじゃありません。スレンダーににじり寄ってきます。決死の思いで放った核は1機しかロックできませんでした。しかもガンダム系なのでコアファイターに脱出です。

 母艦をザク1のなけなしの機動で横切って補給を図りますが、敵機も接近してくるので大きく回避行動を取ります。うかつなCPUを母艦の射撃で落とすことに成功。しかしザク1で必死こいて逃げているところで思い出したように息子がボタン連打。2発目を撃つことなくスレンダーも落ちてしまいました。

 息子よ、お前は強かった・・・。

 ジオンNTの良パイ、ほ~も愛用のイアンが出ました。余っていた1枚がシオンさんへカイとのトレで出て行ったのですが、再び余りました。23小隊の方でお持ちでない方いますか?もしメガネ隊長が該当するならまだガルマとのトレが完結していないので、差し上げます。他の方でももし希望の方がいたら申し出てくださいね。ゼナミネバでも乗っけておけばロックオンサーチ3個出るし、レベルがNT機で上がればすぐに覚醒MAXです。さあ、サイコミュの世界へ!

(/・ω・)/

| | コメント (5) | トラックバック (39)

2006年6月24日 (土)

あの武器 & 格闘王トピック

 第1回 格闘王決定戦 -なぐり合い地球- 

 例によって例のごとくほ~の主観によって綴られる戦記です。微妙に違っている点があるやもしれませんが、どうぞ笑って許してください。

 ほ~はちょっと遅れて到着となりました。メガネ隊長にその旨連絡したのですが、その隊長も遅れていました。w サテには人がいっぱい。すげえなあベストワン。すでにシルルさんとフェンリルさんはサテに座って、残りの23小隊が到着するのをまったり待っている様子です。ご挨拶をして【フェンリルさん】【シルルさん】【ほ~】と前列に座ることができました。これはシルルさんのプレイをカンニングするチャンスです!w 何度かこっそり覗かせていただきました。

 とりあえずジオンが優勢だったので、腕慣らしに連邦で開始。マッチングせずにCPU戦でした。

隊長 ギャリー/OPブー/ガンシー/小型S/EZ8
2番 テキサン/強化炸裂/180mm/下駄/ジムAS
3番 サリー/強化炸裂/ブルバップ/ガンキャノン
母艦 アリス

 まあどうということは無い結果でした。割愛。

 ここでフェンリルさんから、シオンさんの「核」がほ~部隊にやってきました。おお!これが核!ネタデッキ好きが一度は通る道と言われる核!つ、使わねば!

 ガルマゾンビとかなんちゃってラル隊とか控えているのに、核を手にしたとたん、核優先となってしまいました。地上にシルルさんがいらっしゃいます。お世話になるしかあるまい。w

隊長 ギリアム/OPブー/グフシー/グフTC
2番 イアン/マゼラ砲/下駄/専用ザクキャノン
3番 スレンダー/核/ザク1
母艦 ハモン

 急遽組んだのでよく覚えていませんが、たぶんこんな感じでした。核だとばれないようにまずは普通に戦いに行きます。イアンが川越しに陸ガン(たぶん)に初弾を命中させます。シルルさんは陸ガン系統の3機編成だったと思います。ギリアムがとどめとばかりに突撃しますが、あっさり迎撃されてすごすごと母艦に戻ります。

 イアンが引き続きけん制しますが、単機での圧力はたかがしれていて下駄を剥がされてピンチになります。回復途中のギリアムが再び突撃。しばらくがんばりますが、撃墜されます。やばいイアンだけでしのげるのだろうか。しかし若干シルルさんも手加減をしてくれている様子が?

 接近してくる先ほどダメージを与えた陸ガンはイアンが落とすことに成功!そうこうしているうちに来ました!時間ですよ~!

 画面の端からにゅるる~と伸び始めるロックオンサーチ。あ、あら。攻撃範囲って意外に狭いんですね。これは合わせるのに動かないとダメだ。ドン亀のザク1がえっちらおっちら敵陣へ進みます。母艦をロック!そして残りの2機もロック!2機の動きがやけに遅かったので防御されているなあと思ったのですが、何しろ撃たないと!それ~!

ちゅどーん!

 ナイス破壊力・・・だけど盾防御できっちり2機とも生き残っています。嗚呼、それじゃあジリ貧です。ザク1は母艦へ核の補給へ。イアンは健気にそれを護衛しに行きます。格闘機でも無いのに護衛もへったくれもありません。時間稼ぎのやられ役みたいなものです。ぐすん。イアンは落とされ、ザク1も結局母艦付近で落とされました。補給間に合いませんでした。

 しかしこりゃ楽しい。コストがえらい圧迫されますが、楽しい。問題はシルルさんのようにガチの中にも気遣いのある戦いをしてくれる人がいるのかと言うこと。w イアン外してシャアでも入れて格闘をつるべでしていたほうが粘れる気がしてきました。ちょっと考えることにします。

 ここから怒涛の格闘王決定戦が始まります。何しろ人がいっぱいで、座れないは、地上に人がいて入れないは、入ったら入ったで、誰か来ないかとヒヤヒヤするはで大変でした。ベストワンは盛況でいいのですが、こういう時には困りますね。過疎のゲーセンの方がこういう大会には向いていますね。w

 すでに戦績と順位は書いてありますので、いくつかトピックに分けてご報告しますね。

王者「シルル」

 強い。ええ、強いです。分かっていましたがとっても強かったです。回避合戦みたいなところもあったので運も作用していますが、リーグ戦でやっているのでやっぱり最後は実力かと。「連邦有利でしたね」と連邦しか使わなかったシルルさんはおっしゃっていましたが、それがあっても十分強さが抜きん出ていたと思います。優勝おめでとうございました。これで次回からは全員から狙われる立場になりますぞ~。w

反則「レア出撃」

 すいません!ほ~です!言い訳しますとほ~は言いだしっぺなのにデッキが固まらないまま出撃していたのです。だから家に普段は置いておくジオンと連邦のカードを全部もって行きました。現地調整です。メガネさんやシオンさんはデッキ構築してメモも持参です。ほ~もそんな感じになる予定だったんですよう!でも当日開放されたのが22時過ぎ。もうほんとにあたふたと集合したんです。はい、すいません、言い訳です。

 フェンリルさんとの戦いでMCガンダムを普通に使ってしまいました。フェンリルさんに指摘されて初めて「ぬお!」と気がつく状態でした。・・・内緒ですが、実はその前のジオンで戦った時にも黒ドム使ってしまっていました。まあほ~の成績を見るとレアだろうが何だろうが今回に限っては笑って許してもらえそうです。も、もらえますよね?

反則「リンクロック」

 これは事故みたいなものなのですが、切りあっているうちにいつの間にか母艦や別機体のそばへ行ってしまうんです。何しろ場所取り合戦が熾烈なので。w で、そうなると意図しないまま母艦や別機体とのリンクロックが完成してしまうことがありました。機動のみなので当然母艦からの攻撃をくらうと機動低下です。幸い23小隊のみなさんはそこに攻撃をしかけるというルール無視の方はおらず、「すいませ~ん」となって苦笑しあうみたいな状態でした。遊びだからと割り切ってくれるメンバーって素敵。

 部隊を端に集めたり、母艦を防御指示にしておくなど、対策も取れないこともないですが、やっぱり端には行かないというのが基本でしょうね。今回は初めてだったのでこういう事故も仕方ないと。

MVP「ガルマゾンビ」

 フェンリルさんvsほ~の対戦での出来事。専用機に乗ったガルマの起死回生が発動。しっかりミリ残りのまま元気でした。「のわー!」と声を上げてしまいました。その後は必死に離れてガルマのテンションが落ちるのを待ちましたが、まさかこの格闘王決定戦でガルマゾンビが見られるとは・・・。衝撃的でした。w

課題「時間切れ」

 5機編成の格闘のみだと時間切れしてしまいます。(ほ~はすぐ全滅なので別)3機残しや2機残しも結構ありました。特殊能力で「隊長が落ちると」とか「部隊が自分以外全滅すると」なんてのもありますから、そういう工夫が発揮できないまま終わるのもなんだかなあ・・・。フェンリルさんからは3機編成でコストをもっと縛れば他の人ともマッチングしないしいいかもしれないと提案していただきました。次回までに煮詰めたいところです。

課題「レベル差」

 レベルの高いアムロは鬼回避でした。使っていたシオンさんも「こりゃ反則気味ですねえ」とおっしゃっていましたが、部隊の多くがレベル1で出撃している場合、大きな差となって現れた気がします。またドアンは素手陸ザクでワッショイなので、大活躍していましたが、これも普段から使っている人にとってはアドバンテージになった様子です。ほ~はそもそも持っていないのでもっぱらやられ役だったのですが、ドアンの格闘MAXなんか見ると神に祈りたくなりました。ただレベルで縛ってしまうとアムロやドアンが育っている人はそれを使えないと言うハンデを背負うことになってしまいます。これは面白みを減らしてしまうと思うんです。部隊のパイのレベルの合計で縛ることも考えましたが、それってどう考えても面倒です。23小隊公認ですが、公式な大会ではないので、「ま、いいか」としてしまっても。w

雑感「カイ不在」

 レギュレーションで話題になったカイ(哀戦士)ですが、不在でした。みなさん遠慮したのか嫌ったのか?w ほ~が出してみればよかった。使い心地と強さを検証する場がありませんでした。これだと次回へ向けての判断材料が無いので、次回もとりあえずOKで行くしかなさそうです。

雑感「縦長格闘」

 グフのヒートロッドやギャンのサーベル、今回はいなかったガンダムのジャベリンなどがこれに相当しますが、どうでしたかみなさん。ほ~はグフもギャンも使っていましたが、当てられないけれど当てたときの爽快感はなかなかでした。

 さてレギュレーションの煮詰めは今回ちょっと長くなったので次の記事で。

(/・ω・)/

| | コメント (8) | トラックバック (42)

23小隊 格闘王決定戦 -なぐり合い地球-

 参加されたみなさん。お疲れ様でした。

 取り急ぎ結果報告を上げておきます。

シルル(連)○3P ホー(ジ)●0P

シオン(連)○3P フェンリル(ジ)●0P

シオン(連)○6P ホー(ジ)●0P

シルル(連)○6P フェンリル●0P

フェンリル(ジ)○3P ホー(連)●0P

メガネアムロ(ジ)△1P シルル(連)△7P

シルル(連)○10P シオン(ジ)●6P コスト700限定

メガネアムロ(連)△2P フェンリル(ジ)△4P

シオン(連)○9P メガネアムロ●2P

メガネアムロ(ジ)△3P ホー(連)△1P

優勝 シルルさん 10P

準優勝 シオンさん 9P

3位 フェンリルさん 4P

4位 メガネアムロさん 3P

最下位 ホー 1P

以上です。

 ヽ(`Д´)ノウワーン

| | トラックバック (52)

2006年6月22日 (木)

所沢で終戦P回収

 ブラジル戦にそなえて早く寝ないと。w

 所沢に終戦P回収に行ってきました。

 地下の店。誰もいない。さくっとジオン。サイコミュ外してみたらこちらの母艦の近くでの戦闘になってしまい、大乱戦。最後はギリアムが敵を一掃したけれど、完勝を逃してしまいました。

 気がつくとサテに2名座っています。お、対人できるかな?連邦ICに差し替えて探すといました。無差別にジオン中尉が。それ~!

 まずイアンゾックを発見。単機で突撃してきます。う~ん、カモだ。ジムバズとガンキャノンのリンクロックで瀕死にします。ギャリーのEZ8で格闘をしかけしとめようとしますが、回避されます。こら~。

 しつこくゾックに格闘をしかけようとしたら、ザクFSかなんかに乗った機体がこっちのガンキャノンに接近中。マシンガンでお出迎えして機動低下。そこへ急行したギャリーとジムバズのリンクロックで相手撃破。ゾックは母艦に逃げ帰っていたので、ガンキャノンとジムバズで遠くから当てておしまい。

 なんか中尉さんですがあまりスキルの高くない方だったようです。ごめんなさい。でも無差別入っていたんだから許してね。

 次の店。2名座っています。おほ。これはラッキーだ。連邦で入ってみたらどちらも連邦だった。CPU戦をとっとと終わらせて今度はジオンで入る。大気圏でマッチング。相手は少佐でした。

 なんだかなあ・・・。相手には申し訳ないけれど強くない・・・。少佐だけど対人の数がほ~(更新したての大尉)よりえらい少ない。ジム3機を出してきましたが、サイコミュでけん制してギリアムザクでぶった切ってきました。少佐なのに・・・すんごい楽に完勝してしまった。ご馳走様です。

 上官だけど粘着するのもよくないと思って後はCPU戦を2回しておしまいにしました。

 6勝 (対人2勝)

 ベストワン23小隊に比べると対人が楽なのは仕様ですか?w

(/・ω・)/

追伸 シルクハット1日目でした。終戦P回収の方、どうぞ。

| | トラックバック (31)

格闘王決定戦ーなぐり合い地球ー(ルール)

 格闘王決定戦のルールを煮詰めるためにコメントもこちらにつけさせていただきました。ご了承ください。

m(_ _)m

 疾風さん。どうもです。以後よろしく~。北海道は遠いですねえ。ご武運をお祈りしています。

 シオンさん。参戦表明どうもです。格闘王の称号は渡しませんよ!いや渡さないつもりです。・・・渡さないんじゃないかなあ。まあ、たぶん渡さないような気がします。w くれぐれも奥方にバレないようにしてくださいね~。

 シルルさん。遠征ご苦労様です。ガンダム使うとコスト圧迫されて、残りが先行量産ジムにジュダックとかになりますね。そこが考えどころと個性ということでご了承ください。今回やってみて改善点があれば直しましょう!賞品提供の申し出ありがとうございます。キラキラしているカードがそんなに出ていいのでしょうか?w

 スレッジさん。え~とこのアイデアはただいま特許出願中です。嘘です。ほ~のアイデアでよければ使ってください。カイの特殊能力は悩んだのですが、今回はOKでやってみます。鬼になってしまうかなあ?

 メガネ隊長。「なぐり合い地球」 ←これサブタイトルにしましょう。w 赤青無用の黄色地獄へようこそ。気の済むまで切りあいましょう!

 格闘王決定戦 -なぐり合い地球- 

 総コスト700以上800以内(ここに収める)

  改善するかもしれませんが、今回はこれで。サブカードでも参加可能なコストかなあと思ってこれにしました。また機体に依存しないで「腕」で勝負という色を強くしたかったという意味合いもあります。明日までに「900以内がいいんじゃね?」という希望が多数寄せられれば変更したいと思います。w

 カスタム&武装禁止

 艦長無し

 Rカード 機体・パイともに禁止 

 ドアンOKw

 素MS+パイのみなので5機編成

 800÷5=160(← 一機にかける平均コストです)

 700÷5=140(こっちは下限平均)

 機動ボタンのみ使用 赤・青禁止

 ステージは地上限定(水ステージは回避)

 一騎打ちシステム:1機ずつ戦う。勝った機体は回復せずにそのまま残って次の機体と戦う。団体の勝ち抜き戦みたいな感じです。

 R禁止なのでノリスはいません。カイの哀戦士は強そうですが、格闘がそれほどではないパイロットなので放置気味でOKとしときます。これも明日までに反対意見が多ければカイ禁止としたいと思います。また、特殊能力で援護射撃を出してしまうことがあるかもしれませんが、それは放置の方向で。狙ってもおもしろいかもしれませんね。

 ガンダムなどの脱出機構がついている機体は脱出した時点で敗北と判定します。そのまま引っ込んでてください。w

 参加表明はブログコメントか、当日の自己申告で。言いだしっぺなので記録と報告はよろしければほ~が請け負います。優勝賞品は現在シルルさんが提供を申し出てくれています。感謝。

 すでに ほ~ シオンさん シルルさん メガネ隊長 の4名の参加表明を受け付けています。おそらくフェンリルさんもブログの記事を見次第、参加表明してくれると思います。w 他の方でもベストワンクラブ23小隊に参加される方がいらっしゃったら初見でもコメントしてくださいね。メガネ隊長を筆頭に暖かく迎えてくれるはずです。

 リーグ戦にするかトーナメント戦にするかは明日未明の日本vsブラジルを見てから決めます。・・・冗談です。リーグ戦で行けそうですね。連邦ジオンはじゃんけんで勝ったほうに選択権があることにして、それぞれが全員と1回ずつ戦う。参加4名ならば3回戦。5名ならば4回戦となります。これくらいならばできそうですよね。

 勝った人は何機残ったかをカウントしておいて、これを得失点差みたいな勘定にします。4名でやって2勝1敗で並んだら、残り機数で判定。それも並んだ場合は直接対決の結果で判定。無いと思いますが、それがもし引き分けだった場合は最後にもう1戦、決定戦を行ってもらいます。

 こんなもんでどうでしょう?23小隊のみなさん。

(/・ω・)/

| | コメント (4) | トラックバック (7)

903大隊所属ベストワン23小隊

 出張帰りのほ~です。

 「903大隊所属ベストワン23小隊」の金曜深夜定例会が今週もありますよ、みなさん!

 ということで集結よろしくお願いします。

 サテ占領も珍しくない昨今です。何かルールを決めて対戦したらおもしろいかもしれませんよね。

 格闘王決定戦なんでどうでしょう?w

 総コスト700以上800以内(ここに収める)

 カスタム&武装禁止

 艦長無し

 Rカード機体・パイともに禁止 

 ドアンOKw

 素MS+パイのみなので5機編成

 800÷5=160(← 一機にかける平均コストです)

 700÷5=140(こっちは下限平均)

 機動ボタンのみ使用 赤・青禁止

 ステージは地上限定(水ステージは回避)

 一騎打ちシステムw 1機ずつ戦う。勝った機体は回復せずにそのまま残って次の機体と戦う。団体の勝ち抜き戦みたいな感じです。

 R禁止なのでノリスはいません。カイの哀戦士は強そうですが、格闘がそれほどではないパイロットなので放置気味でOKとしときます。

 グフ・ドムなどのあるジオンか、ガンダム(UC)のある連邦か!?ドアンがどっちにも必ず入りそうです。w 育てていない人にはだいぶ不利だけど、まあ遊びなので。w

 参加表明はブログコメントか、当日の自己申告で。w 言いだしっぺなので記録と報告はよろしければほ~が請け負います。優勝商品はありませんが、どなたか余った「Hハンマー」でも出してくれると格好がつくかもしれません。

 参加表明が無ければ流れますが、もしいたら2人でもやっちゃいます。w ほ~はもちろん参加。w できれば連邦とジオンの両方用意できたらいいと思います。機体とパイのカードさえあれば参加できる簡単仕様なので、持ち運びにも難儀しませんよね。

 もし参加表明が少なければICカードを切り替えてのリーグ戦。多ければトーナメントにして連邦ジオンはじゃんけんで勝ったほうに選択権があることにします。

 こんなもんでどうでしょう?盛り上がる定例会にさらにドーピングしたいと思って書いてみました。隊長の許可は得ていませんが、いいですよね?隊長?w

(/・ω・)/

| | コメント (7) | トラックバック (29)

2006年6月19日 (月)

お知らせ

 え~、今日から3日間。ほ~は出張で不在です。

 更新は止まりますが、生きていますので。

(/・ω・)/

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年6月18日 (日)

さあクロアチア戦

 一戦目の豪州戦に比べてガッツリとテンションが下がっているほ~です。

 大差で勝たないと道は開けないと思われます、クロアチア相手に・・・。

 加地の復活と小笠原の起用はまあよい。何もしないよりマシ。あんな風に負けた後だから。でも・・・巻出してくれないかなあ。

 あとは選手たちがどれほど必死にプレイをするかだ。闘志を感じるプレイが見られればこちらのテンションも次第に上がることでしょう。

 がんばってくれ日本!

| | トラックバック (16)

ベストワンクラブ定例会報告2

 続きです!

第6戦 ジオンガルマゾンビ vsギャンダム(メガネ隊長)
 メインイベントです。クレナイ大将軍のブログで取り上げられて復権が願われるギャンを鹵獲したギャンダムの登場です。こちらはガルマゾンビデッキです。

ガルマ ゲルググキャノン Bライフル×2 テスト用EXAM
トップ リックドム グフシー ガトシー OPスラスター
セシリア ガトル
シンシア ガトル
ユーリ テンション持続↑↑ 射撃↑↑

 ↑の予定でしたが、地上になったので↓になりました。

ガルマ ゲルググキャノン Bライフル×2 テスト用EXAM
トップ グフTC グフシー ガトシー OPブースター
セシリア ザクタンク
シンシア ザクタンク
ユーリ テンション持続↑↑ 射撃↑↑

 まずはガルマが突撃です。敵にダメージを与えつつこちらも適度にダメージを受けるという難度の高い戦術です。ぶっつけて実践できるか不安です。

 すいません。
 

 実践できませんでした。

 ガルマ早々にリンクロックをくらってしまいます。ほ~は思わず防御ボタンを押してしまいました。ずばばば~んと攻撃をくらってHPがぐい~んとえらい勢いで減っていくのを見て、「あ、盾持ってないんだった」と思うのと同時に「嗚呼、俺の馬鹿」と意気消沈です。ガルマはゾンビになる前に普通に燃やされてしまいました。

 ここを訪れる方の中にはこんなほ~の部隊でも、ガルマゾンビの結果を楽しみにしていた方もわずかながらにいたはずなのに。本当に申し訳ありません。また、試します。

 戦いは終わっていません。まだ相手のギャンダムとの決戦が控えています。主力はすでにトップしかいません。ギャンダム発見で、鞭を振り振り突撃します。グフTCの回頭速度がいいのと、OPブーの威力でギャンダムを追い回し、結局ギャンダム何もせずに轟沈です。

 ほ~もゾンビ化できずに沈みましたが、メガネ隊長もギャンダム撃沈で、お互いにネタのコンセプトがぐだぐだです。顔を見合わせて苦笑してしまいました。

 戦いは続きます。結局母艦サポートのザクタンク2機も繰り出して戦いました。ザクタンクの2枚盾はいいですねえ。パイが何であろうと耐えしのぎます。トップもがんばりますが時間切れでした。

 一回は発動させないと終われないのでガルマゾンビはまだ試したいと思います。
 4勝2敗(対人2勝1敗)
 
 

第7戦 ジオンガチ vs連邦ガチ(シオンさん)
 前回2回勝ったシオンさんが打倒サイコミュで気合が入っている模様です。もちろんほ~もサイコミュを使い続けたい意地があります。負けられません!

 コストダウンの影響でスレンダーが頼りないのですが、仕方ありません。覚悟の上での出撃です。イアンブロでレンジ合戦をしつつ脇からギリアムが突撃です。陣形の乱れを突きますが意外に格闘がかわされる!うろうろしていたらリンクロックされそうなので速攻で退避します。

 その後はやや乱戦気味になりますが、早々にギリアムが沈んでしまいます。これが主な敗因です。ガックリ。スレンダーのザク1では敵を全く追えないというのもつらかったです。ギリアム単機でやりあうには限界がありますねえ。スレンダーがせめて相手と普通にやりあえる機体に早くもどってくれないと・・・。グスン。

 イアンブロが単機になった時点で敗北濃厚になりますが、ここから粘ります。格闘で粘着されそうになるのをすり抜け赤ロック(←クレナイ大将軍直伝?)で返します。

ちゅど~ん

 意外に健闘して、もちろん最後にはセンターモジュールにされてしまいますが、HPの減った機体や脱出後の戦闘機を落とすことに成功してしまいました。これは嬉しい。

 対戦後にはシオンさんが「あそこまで追い詰めたのに~」と苦笑しながら話しかけてくれました。ええ、ほ~もよく粘ったと思います。でも結果的にはシオンさんにリベンジされてしまいました。コストを回復させてスレンダーをもう少しまともな機体に乗せないとガチではつらいです。

 今度はシオンさんにこちらから挑む立場となりました。ぜひお願いします!

 って言うか、シルルさんのカボチャ部隊、シオンさんのガチ(何と呼べばいいのかな?)、フェンリルさんのデニム隊と挑まなければならない部隊が多い!燃える!ビバ!ベストワンクラブ!こういう因縁めいたガチ対決も楽しみになっているベストワンクラブ戦線です。あ、今回はメガネ隊長とはネタ対決だけだったので書いていませんが、隊長はどうも下駄を卒業したご様子です。あなどれません。次回はぜひ対戦しましょう、隊長!
 4勝3敗(対人2勝2敗)

第8戦 連邦ガチ CPU
 ジオンのゲージが振り切っていたのでここでは連邦にしてシアトルへ。ところが誰も入ってきませんでした。残念。人はいるけれど巡り合わせってありますねえ。

 ギャリーが調子こいて格闘でぶいぶい言わせていたら、戦闘後に機動ダッシュした先に潜んでいたアプ3にいきなり収束ビームをお見舞いされてギャリーが溶けました。とは言え下駄2機で残った相手は片付けました。あんまり単機で調子に乗るもんじゃありませんね。
 5勝3敗(対人2勝2敗) 

第9戦 ジオンガチ CPU inソロモン
 ソロモン無差別が発生しています。メガネさんがシオンさんと対決しようとしているようですが、どうも先に1名入っていてその人が終わらないと戦闘に突入できないご様子です。よっしゃ!ほ~が一肌脱ぎましょう!ジオンでソロモンに出撃です。

 ソロモンは以前入って扉の仕組みに戸惑っているうちにCPUに虐殺されたトラウマがあって敬遠していたのですが、クレナイ大将軍の記事を参考にして長距離砲を捨てて行けばなんとかなるのではないかと考えました。

 ブロを外してなんとかしようとあれこれ急いで編成です。

ギリアム いつもの
イアン ゲルキャ ビームライフル 盾
スレンダー たぶんFS 武装は確かマシンガンかガトリング
ゼナミネバ

 急いで作ったので記憶があいまいです。それ~と戦闘開始したら・・・CPUです。

 あ、あら?

 気がつけば無差別ソロモンには5人います。メガネさんは無事対戦を始めることができたようです。ってほ~だけ無差別でCPU!?が~ん。

 しかし始まってしまったものは仕方が無い。まずはギリアムが敵を偵察です。扉をがい~んがい~んと開けて敵前へ躍り出ます。左右に敵機で中央に母艦か、よし、といったん戻ろうと動きますが、

 ごごごい~ん

と、扉でギリアムがなんだか引っかかっています。ああ、何してんのギリアム~。といきなりリンクロックです。しかもGブルとガンタンクです。なんだかとっても屈辱的です。攻撃をくらっていきなりHPミリです。ええ~いと扉を抜けるのを止めてGブルに切りかかります。・・・だって屈辱的だったから1回切らないと気がすまなかったんです。×2の格闘を1回しか当てられず、いったん退散しようとしているところになんと敵母艦から攻撃を受けてギリアム早くも爆散です。トホホ。

 まだこっちには2機残っています!あきらめるわけにはいきません。敵は全部残っていますが。とりあえずスレンダーが母艦の護衛に残して、イアンが前進です。ビームライフルを撃ったところで背にしていた扉の見えない部分からロックオンサーチがにゅい~んと伸びてきてリンクロック!うわあ!扉ってこれだから~!と心の中で文句を言いつつ瀕死になったイアンは母艦へ後退です。

 代わりに出るのはスレンダー!行け!スレンダー!

 ごすごす

 なんだかスレンダー、障害物にぶつかってよろめいています。嗚呼、慣れない戦場ってこれだから~!と心の中で再び文句を言いつつ、今回は盾防御、いったんしのいで機動で切りに行きます!

 ごすごす

 お、お前ってやつは・・・。いやもちろん動かしているのはほ~ですが。何だか「スレンダーが悪い」みたいな心境になってしまったんです。ごめん、スレンダー。でもたくさしているところを再び攻撃をくらい、盾を剥がされて母艦にもどることにします。

 とと、気がつけば母艦に敵機が肉薄しています。スレンダーの「ごすごす」に気をとられていました。って言うか違う部屋だと見えないから・・・。(←MAPのせいにしている)

 この時には先に記述した読み込みエラーもあったようで、防御にしたつもりのイアンはそのまま敵の攻撃をくらってしまいました。母艦に帰って回復するはずだった瀕死のスレンダーが瀕死のイアンを助けに行くという、もはや絶望的な状況です。

 瀕死コンビで出来ることはそうあるはずもなく、なんとビックリCPU相手に完敗です。ガビ~ン!またソロモンにトラウマを増やしてしまう結果となりました。だ、大嫌いだ~!
 5勝4敗(対人2勝2敗) 

第10戦 ジオンガチ vsアムロCD大尉
 失意のまま今度は普通にガチで出撃です。ここで気分を持ち直さないと精神衛生上大変よろしくありません。大尉と対人となりました。

 相手はアムロとその他です。イアンブロが注意を引いている間にギリアムが迂回して突撃するパターンで先手。さらにそのまま相手母艦の前を横切りつつ、もう1機に格闘をしかけます。しかしギリアムの格闘がかわされます。うむう、せっかくの先手なのにとぶつぶつ言いながら戻ってきます。

 イアンブロで攻撃を当てて接近してくる敵機にはギリアムとスレンダーがちょっかいを出します。そんな中ギリアムがアムロからの射撃をくらいます。盾でしのいだのですが、ビームなので貫通ダメージ・・・っていうかあんたそれ!

 破滅へのカウントダウン

 な、なんですと~!

 ここでほ~のリアルテンションMAXです。背景が変わっています。先ほど機雷デッキでカウントダウンを入れていたので、偉そうなことは言えないはずですが、カウントダウン使いには初心者の頃に上官にやられて以来、必要以上に闘志がわいてくる仕様になってしまったほ~です。

 ゆ、許せん!(←言いすぎ)

 ギリアムはCD進行中になってしまったので短期決戦しかありません。ギリアムで敵機を全部切るぞくらいの気合で突撃格闘します。何かが乗り移ったかのようなギリアムの鬼神の働きです。結局破滅へのカウントダウンは相手にとって全滅へのカウントダウンとなりました。終わったときには思わず心の中で

 ざまあみろ!

 と言ってしまいました。

 禁止されているわけでもない使えるカードだから、別にいいんじゃん?と思います。ええ、十分分かっています。だから使っている相手に文句を言いたいわけではありません。でもほ~が心の中で「卑怯なカード」と思っているのも、これまた自由なわけで。だからリアルテンションが上がるのも別に自由なわけで。使っていた相手に勝てるだけのリアルスキルがあってよかったです。これで負けていたら涙を浮かべてフェンリルさんかメガネ隊長に、「あいつやっつけて」と頼んでいたかもしれません。(←自分でやれ)
 6勝4敗(対人3勝2敗) 

第11戦 ジオンガチ CPU
 さあ残り2戦です。ここでは対人もなく普通に完勝です。はい、おしまい。
 7勝4敗(対人3勝2敗)

第12戦 連邦ガチ vsデニム隊(フェンリルさん)
 最後は連邦で。メガネ隊長はもうお帰りになっていますが、先ほどから見ていたら下駄を外して盾にしていました。いろんなところで下駄に頼るなと言われていたので、最後の最後で下駄を外すことにしました。

 あれこれいじっていたらサリーはジムトレになってしまいました。まあ、いいか。と始めていたらフェンリルさんが「デニム隊で入っていい?」と聞かれるので、そりゃもうどんどん入ってくださいと答えます。

 よく考えたらガチとは言え初めての編成です。下駄無しでどこまでできるか不安ですが、最初に上手な人と戦っておいて課題を浮き彫りにした方がいいとも言えます。胸を借りるつもりで戦闘開始です。
 
 は、はええって!

 デニムOPブーに今日すでに驚いていたのに、また驚いてしまいました。学習能力がないのでしょうか、ほ~。ジムトレは懐がお留守で、動きも緩慢です。ああ、ジムトレには下駄はつけてもよかったなあと後悔しますが、時すでに遅し。あっという間にサリーが血祭りにされます。

 残りの部隊もがんばりますが、いかんせん相手はフェンリルさん。ガチのはずの部隊がボコスカやられます。何しろ防御の切り替えが神業です。

 先ほどシオンさんとフェンリルさんとの対戦を見学したときにも、ロックオンサーチが届く寸前に防御を押すその巧みさに目を見張ったほ~です。実際に対戦するとそりゃもうNTかと思うほどきっちり盾防御。テキサンの実弾がいくら強化炸裂弾でも盾防御されると効果は半減です。いいようにあしらわれて結局敗北です。さすが・・・。

 今日せっかくリベンジしたのに、また最後に負けてしまって、再びほ~が挑む立場です。
 7勝5敗(対人3勝3敗)

 振り返ってみるとこんなに負けていたのって感じです。対人3敗はいずれもベストワンクラブ戦線の方々です。フェンリルさんにシオンさんにメガネ隊長にしっかり負けていた今回のほ~でした。

 問題は機雷デッキとソロモンでのCPU敗戦。どちらも圧倒的に負けていたのが悲しいです。でも5敗もしておきながら、楽しかった~。ベストワンクラブ定例会は勝っても負けても楽しめることが実感できました。

 残された課題。(←山積み)

 ガチデッキでのリベンジ。
 シオンさん。シルルさん。フェンリルさん。もちろんメガネ隊長とは永遠にリベンジ合戦。w
 そのためにもジオンではコストの回復。連邦では下駄無しでの編成と慣れ。あ、でも連邦ICも残り10戦と少しだった気がするなあ。w

 ガルマゾンビデッキを1回は発動させること。

 弾幕デッキにおけるギャン盾の使用。

 

 排出カードは黒ドムが出たので、後はどうでもいい感じなのですが、マチルダさんを初引きなのが嬉しかったです。これでテキサンハーレムデッキでも作ろうかな。(←また病気)

(/・ω・)/

| | コメント (1) | トラックバック (2)

ベストワンクラブ定例会報告1

 はいはい、お待たせしました。金曜深夜のベストワンクラブ定例会(←勝手に)の様子をほ~主観でお届けします。メガネ隊長は遅れて到着ということですが、ほ~はいつものように23時に出撃です。着いてびっくり、サテが7台埋まっています。ワールドカップで好カードが組まれているので、空いているかもしれないなんて言っていたのは誰でしょう?(←ほ~です)空いている席に滑り込みます。

 まずは終戦Pを頂戴することにします。

第1戦 連邦ガチ vs大尉
 まずは連邦スタートですが、いきなり対人戦です。ナイス、ベストワンクラブ。ほ~の部隊は180mm強化炸裂下駄2機と露払いの格闘機の3機編成です。これに落ち着いてからCPU戦は「楽すぎる」なんて調子に乗っている部隊です。リアルスキルが下がるから下駄はほどほどにしておけという助言に耳を塞いで出撃です。(←こら)

 まずはテキサンとサリーが敵情視察です。シャアとライデンがおそらく専用機に乗っています。んん?この相性を無視した編成には以前当たった覚えがあるが・・・同じ人かなあ?ま、いいか。

 下駄ロングレンジで最初にダメージを通すか盾を引っぺがして、そこに格闘機が突っ込むパターンがやっぱりとっても楽でした。え~と、完勝です。ポイントガッポリ。
 1勝(対人1勝)

第2戦 ジオンガチ CPU
 ICカードを取り替えてジオンでもとりあえず終戦Pを頂きます。ここらでフェンリルさん、ご到着です。しかしサテは満卓。ほ~の横でしばらく待っていただくことに。大尉昇進でコスト減のため3機目のスレンダーが苦しいです。でも入れます。ザク1にマシンガン、Sシールドという最低限装備。まあ、いないよりマシ。相手はCPUなので楽勝。

 そんな中身よりも書かなきゃいけないのは排出カード。「お、硬い?」と感じたのでピリッと開けて覗き込みます。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 黒ドム2枚目ゲットです!夢のJSAまで後1枚です。い、いや、パイがいないから後3枚か。w
 2勝(対人1勝)

 レアも出たので席を移動するかと見渡すと、後ろに2台空いています。フェンリルさんと並んだほうがあれこれしゃべれて都合もいいので、そちらに移動することにしました。

第3戦 ジオンガチ CPU
 戦いは完勝で書くことが無いのですが、問題はサテの状態。照明の真下でやけに明るいです。おまけにこのサテ、読み込みにくい範囲がありました。編成登録の時になかなか読み込めないことで分かりました。この読み込みエラーのせいで後々ピンチを何度か招きます。

 何しろカードを動かしてもそれが反映されないので、機体は棒立ち。カードをこすってないことになるので、防御ボタンも当然反映されません。ぼーっと立ったままの機体が敵に攻撃をくらう場面が何度かありました。あの席は危険です。ベストワンクラブの皆さん。
 3勝(対人1勝)

 ここでシオンさんやメガネ隊長等常連組の方々が続々到着です。メガネ隊長は私の隣に座ってくださり、これで両脇にフェンリルさんとメガネ隊長を抱えるという前回同様の「夢の編成」の完成です。この状態って両方の戦闘を見学できてとっても幸せ。ニコニコしながら戦闘を見学させてもらいました。お店からしたら「ゲームしろよ」でしょうが、楽しいので許してください。

第4戦 ジオン ギャン盾機雷デッキ CPU
 さて、メガネ隊長が来たからにはネタデッキ対決が確定なのですが、対戦に臨む前に試しておきたいデッキがありました。それがこのギャン盾機雷デッキです。クレナイ大将軍さえさじを投げたギャン盾ですが、試せるものは自分で試さないと気がすまないことが多いほ~ですので、やっちゃいます。

イアン 破滅CD ギャン盾 ガトリング 機雷ザク
トップ テスト用EXAM ギャン盾 ザクマシンガン 機雷ザク
ギリアム OPブー グフシー 機雷ザク
ゼナミネバ

 CPU戦であれこれ確認してからじゃないと、とっても不安なこのデッキ。横のメガネ隊長にネタバレしてしまうことには目をつぶって、まずはCPUを相手に試させてもらうことにします。

 まずはイアンがだーっと敵前へ突出します。敵のロックオンサーチが伸びてくるところで防御ボタンを押して機雷をばら撒き、トンズラします。

ぼむ ぼむ

 ああっ!?イアンがいきなり自爆しています。どうも機雷は自機の周囲かあるいは後方に撒かれたようです。CDが発動するかを試したかった機雷を消すと同時に自機のHPも削るという全くもって無意味な行動をとってしまいました。

 慌ててギリアムとトップを両サイドから前進させ、やはり機雷をばら撒きます。

ぼむ ぼむ

 だ、だから~!また自爆です。む、難しいぞ、機雷。トップは自爆ダメージも折り込んだ機体ですが、ギリアムはいざというときの格闘機です。自爆ダメージは小さいとはいえ嫌です。

 しかも残っている機雷をCPUがご丁寧に回避して前進してきます。な、なんだとお!オートパイロットで出撃させた時には味方の支援とかHPミリとか何にも気にしないで突貫していくくせに、なんでまたこんな時に堅実な動きをするんでしょう。まったくもう。

 こちらには長距離砲が無いので敵のロックオンサーチが伸びてくるとてんてこ舞いです。それもこれも、防御ボタンを押すと機雷をばら撒くという性能のせいです。いつもの防御押して攻撃をしのいでからこっちの攻撃ターンという定番の戦術が使えないのです。CPU相手に3機を操って機動でロックオンサーチを切る作業はどう考えてジリ貧です。思い切ってギリアムが格闘をしかけることにします。
 
 お、遅い!

 機雷ザク、OPブー付いているのに遅いです。カードの色よりもっと渋い感じのいい機体なのですが、いかんせん機動力が無いです。ザク1に比べればそりゃマシですが、宇宙しか出られない機体のくせにこの遅さには参ります。なんとか相手を切ることに成功するものの、その後敵のリンクロックを外すだけの機動ができませんでした。怒涛のリンクロックをくらってギリアム昇天です。

 でもまだあきらめるわけには行きません。ギャン盾には機雷以外にもニードルミサイルの撃ち心地を試すという重要なポイントが残っています。

 なけなしの機動でなんとか相手のロックオンサーチをかいくぐってイアンが攻撃です!

しぱぱぱぱ!

 おおっ!格好いい!!MLバギーを初めて使ったときにもプチ感動しましたが、今回もプチ感動です。防御に使うはずの盾からミサイルが出るというありえない絵面も素敵です。w 何を考えて作ったんだろうジオンの人。ゲルググとの競争に敗れたのは機体の性能というよりも盾の差ではなかろうか?

 ガトリングと合わせての弾幕はすごい迫力です。これを見て「弾幕デッキ」作ろうと心に誓いました。(←病気) しかし、この弾幕。せっかくの迫力ですが盾防御されてしまいました。先ほどの迫力が嘘のようなしみったれた絵で盾にあっさりと防がれて、意気消沈です。ここでもイアンは攻撃後に敵のリンクロックにさらされ宇宙の藻屑に。自機の抱える機雷の誘爆も実際にはあってきっと宇宙花火みたいだったことでしょう。

 残るはトップです。特殊能力も発動してUPしたはずの機動ですが、元がしょぼいので全然たいしたことないです。しかしこっちでも意地のニードルミサイルです。

しぱぱぱぱ!

 う~ん、気持ちいい。その後リンクロックされて破壊確定ですが。
 
 というわけで機雷デッキは無茶であることがよ~くわかりました。しかしギャン盾にはまだ「弾幕デッキ」での出番があります。(←ガトシーは?)
 3勝1敗(対人1勝)
 

第5戦 連邦ガチ vsデニム隊(フェンリルさん)
 さて続いてはお願いしていたリベンジ戦です。前回連邦ガチでフェンリルさんのデニム隊にボコボコにやられたままです。下駄ロングレンジ2機&格闘にしてCPUは楽だし、先ほども大尉に完勝しています。前回のようなふがいない結果にはならないはず!

 結果、勝ちました!わーい!素直に喜んでおきます。もちろん楽な場面などなく、ギリギリの戦いでした。特にデニムのOPブーには前回も驚いたのに、今回も「うわ!はや!」と驚いてしまいました。おそらく戦闘中のカード移動による戦闘明けの機動ダッシュに加えて機動ボタンのダブルダッシュだと思うのですが、分かっていてもデニムのザクがすんごい勢いで移動していくのを見るとびっくりしてしまいます。

 勝っておいて言うのも嫌な感じかもしれませんが、フェンリルさんのデニム隊とのコスト差がそこそこありました。もしフェンリルさんのデニム隊のコストが増えるとおそらくそこにシャアが入ってくると思います。そうなると果たして今回のほ~の部隊で勝てるのかと言えば「NO」です。たぶん叩きのめされると思います。う~ん。やはり下駄に頼らない戦い方をしていかないとダメなのかなあ。
 4勝1敗(対人2勝)

 すいません、まだたくさん残っているのですが、いったんここまでです。

 後半戦予告!
「ガルマゾンビ出撃!敵はギャンダム!?」
「シオンさんとのリベンジマッチ!サイコミュは生き残れるか!?」
「悲しみのソロモン」
「アムロCDにリアルテンションMAX!」
とまあこんな感じで。w

 では。

(/・ω・)/

| | トラックバック (46)

2006年6月17日 (土)

ベストワンクラブ戦線 速報

 はい、帰ってきました。疲れたあ。w

 参加はフェンリルさん、シオンさん、メガネさん、フラナガンさん、ケンさん、新兵さんと、ほ~となり、一時は7名!?うあ、すげ。

 フェンリルさんにはまたまたカードを無償で頂いてしまい、心苦しいやらありがたいやら。どうもすいません。内緒ですけど背シルもらっちゃいました。

 なんとなんちゃってラル部隊を出撃しないまま終わってしまいました。って言うか今回けっこうガチで戦ってしまいました。もちろんギャン盾部隊、ガルマゾンビvsギャンダムなど、ネタもありますけど。w

 もうこんな時間なので詳細は例によって次回へ。

 おやすみなさい。

| | コメント (5) | トラックバック (24)

2006年6月16日 (金)

ベストワンクラブ出撃直前

 これから出撃です~。フェンリルさん、シオンさん、メガネ隊長よろしくです。他にも誰かいらっしゃるかもしれませんので、そちら様もよろしくです~。

 メガネさんとのギャンダムとの対決も楽しみですが、こちらもガルマゾンビやギャン盾デッキが控えております。楽しみです。もちろんなんちゃってラル隊も1回は出撃させたいです。

 あ、連邦・・・。えーとガンキャノンを取り合えず流行に乗って使おうかな。w カイさんも部隊に入ったことだし。ジオンに比べてパンチに欠けるのは間違いないので、今から少し考えることにします。

 では後ほど。

(/・ω・)/

| | トラックバック (90)

リハビリ出撃

 昨日は終戦P回収と昇進のために、へとへとの中出撃しました。ネタをする元気も無く、なんだか作業のようにCPU戦をしてしまいました。

 さて今日。昨日よりは多少元気です。明日はベストワンクラブ出撃ですので、今日は軽くリハビリ出撃としました。

 地下の店。だ~れもいない。くずかごには三国志の袋がたっぷり。はあ。なんだかやる前から少し精神的ダメージです。

 大尉になったジオンはやっぱり3機編成がつらいので、ギリアム&イアンで楽~に勝ちました。いかん。2機編成の楽さに浸ってはいかん。3機編成がせっかくなんとか扱える感じの手ごたえだったのに・・・。くう、コスト減がつらい。

 連邦は逆に本格3機編成。下駄180mm2機の破壊力に惚れ惚れしております。しかし、これもCPU戦があまりに楽で、リアルスキルがダウンしそうです。いかんなあ。

 続いて地上の店。お、1人います。ジオン少佐です。あ、昨日の人だ。昨日といい今日といい、この店のこの時間帯は私たち2人だけです。この店も撤去が近いのかなあ・・・。

 最初にジオンで入って次に連邦で入りましたが、その時には少佐は帰ってしまいました。あ、あら。

 ジオンはここでシャアを使ってみました。中尉の時にスレンダーを使っていたのも、昇進したらシャア部隊でも使ってみようかと思っていたからです。ラル隊はとっても愛しているのですが、なんだか宇宙ではその輝きが鈍い気がしています。あくまでネタデッキと割り切って、ガチはシャア部隊にしようかなあと目論んでいたのです。

 イアンブロはシャアブロに移行して、露払いはデニム隊にする計画なのですが、肝心のシャアがレベル1なのもまずいということでCPUで使ってみることにしました。

シャア OPブー ゲルシー Sシー ゲルググ

 としてイアンブロと連携しながら敵を切り刻む予定だったのですが・・・。

 さすがゲルググす。とっても動きがきびきびしています。ブロに引き付けた敵機の横から突撃してあっさり格闘×2です。

すかっ すかっ

 ×2空振りです。なんですと~!と思いながらもさらに横にいる別の機体に近づいて格闘×2です。

すかっ すかっ

 都合4回格闘を空振りです。お、お前ホントにシャアか!?仮面かぶったキャリオカじゃないだろうな!?

 その後はキャリオカ呼ばわりに怒りがこみ上げたのか、格闘を当ててくれましたが、空振りもしていました。なんだかとっても頼りないです。レベル1なので仕方ないのですが、それにしても元気が無い。 

 今後シャアを育てて行くべきか非常に悩ませる結果となってしまいました。

 ギリアムでもいいんちゃう?

 といった感じの今日でした。

 あ、連邦は凶悪下駄180mmバズーカ強化炸裂弾で敵をじゃんじゃん燃やして危なげありませんでした。これ、楽だ。下駄外して盾にしたほうがいいような気がしてきました。リアルスキルのために。でも下駄がないと機動力があまりに落ちるからなあ・・・。悩みます。

(/・ω・)/

| | コメント (5) | トラックバック (42)

2006年6月15日 (木)

ジオン大尉に昇進

 仕事の疲れてよろよろしながら所沢に終戦P回収と昇進しに行って来ました。

 まずは地下の店。11日目だったかな。まずはここで昇進作業です。サテに人はいるものの対戦を目論む元気がありませんでした。何しろ仕事が忙しい。濃密な労働を経て、すでにサテに座るまでにへとへとでした。

 昇進の手続きをして、ジオン中尉での最後の1戦をこなします。ガルマゾンビに手が伸びかけたのですが、何しろ疲れていてCPU相手とは言え、ネタに走る気合を出せませんでした。結局いつものギリアム&イアンにスレンダーを加えた布陣で出撃。

 スレンダーが防御でマシンガンを調子こいてバリバリ撃っていたら、CPUに×3をくらい、盾が溶けたと思ったら、そのまま本体も溶けてしまいました。あ~あ。

 まあ残り2機でそりゃもうあっけないくらい楽勝してしまいました。スレンダーまで疲れていて気が回らない感じ。入れない方がもっと楽勝な気がします。

 そんでもって更新。無事に大尉になりました。やれやれ。コストは100ほど減ってしまいましたが、覚悟の上だったのでショックはありませんでした。ポイントどこまで減ったのか見るの忘れてしまいました。ま、いいか。

 コストが減ったので、スレンダーを入れるにはあれこれ工夫が必要です。ここでは面倒だったので、まずは2機で出撃することにしました。

 嗚呼なんて楽なんだろう。攻撃をくらう場面もありましたが、リンクロックは1度もくらわずに終われたので、全然手に汗握りませんでした。でもいいんです。疲れているから。

 お店を変えてジオン連邦各1戦。ジオン少佐がいたので、まあ後入りされてもいいやと地上へ出撃したのですが、入ってきませんでした。

 ここでのジオン大尉では、ギリアムからゲルシーをひっぺがして、無理やりスレンダーを入れました。コストが足りず戦闘データ無しのザク1です。ザク1の紙装甲が唯一の不安でしたが、ここでは完勝でした。

 連邦ではサリーを本格的な機体に乗せて3機編成の練習もしました。しかし下駄に乗せたロングレンジを2機入れると、リンクロックで1機ずつ敵が蒸発していくので、とっても楽でした。

 開戦したらまずだーっと2機とも機動で突撃して、敵が見えたら攻撃。180mmとバズーカの強化炸裂弾リンクロックでズゴックが蒸発。前進してくるビグザムが見えたので、いったん下がって攻撃範囲が復活してからすぐ前進して再びリンクロックで、これまたビグザムが蒸発。

 反対側ではギャリーが防御で敵を引き付けています。ロックオンサーチが伸びてきたのでいったん下がるところを横からサリーとテキサンのコンビが再びリンクロック。もう1機のズゴックが蒸発。ここでいったん射撃の2機は補給へ退却。

 ギャリーがここで格闘を仕掛けます。3機目のズゴックを刻んで撃破。そのまま母艦落としの旅に出ます。敵にドップが見えましたが、放置。母艦をザクザク刻みます。

 ドップに乗っていたのはノリスで気合が入りまくっていました。完全無視していたらこちらの母艦とそれに寄り添っているサリーを攻撃してきました。サリーは下駄がはがされましたが、その時には敵の母艦も撃沈。ギャリーが悠々と戻ってノリスにテキサンとのリンクロックしてこれも撃破しました。

 さて、大尉の名に恥じぬようネタ道にも磨きをかけねば。

 金曜日深夜、今週もベストワンクラブ出撃となりました。ちょっと疲れが気になりますが、がんばります。メガネ隊長は深夜0時頃とのことですが、一応ほ~は23時には出張ってゆっくり対人戦でももくろむことにします。ワールドカップの好試合が組まれているので、人は少ないかもしれませんね。

(/・ω・)/

| | トラックバック (42)

2006年6月13日 (火)

ベストワンクラブ出撃連絡

 今週の金曜日深夜。アルゼンチンやオランダの試合があるのですが、終戦P回収もかねて出撃しようかと画策しています。場所はもちろんベストワンクラブ。

 メガネ隊長のブログにもこの後コメントしておきますが、こちらを訪問中の方にもお知らせしておこうかと思いまして。フェンリルさんや、シオンさん、シルルさんをはじめ、ベストワンクラブが守備範囲の方々の予定はいかがでしょうか?サッカー好きは見逃せない試合ですが、終戦Pもとり逃せない。w みなさんの状況を見てとっとと退散するか、ネタデッキを含めて気合の出撃とするかを決めたいと思っています。どうぞよろしくです。

(/・ω・)/

| | コメント (4) | トラックバック (119)

RADWIMPS ふたりごと

今からお前に何話そうかな
どうやってこの感じ伝えようかな
少し長くかかるかもな
でもね 頑張ってみるよ

 抑えたテンションの中始まるボーカリストの独白に似た思いの羅列。

 悪くすれば壮絶なマスターベーションに終始してしまうこのような歌を支えるのは、その独特の言い回し。

同じとこに空けたピアス
お前のだけやけに光って見える
俺もいつか輝くかな
お前みたいに世界を愛せるかな

 誰でも抱くことのある思いをこの言い回しが独自の世界観をかもし出し、その歌詞の連なりはそれが快感と共感とを呼び起こす。

こんな夢を いつまでも見よう
醒めなければいいってことにしとこう
醒めるから夢と呼ぶんでしょう?
って言うなら 他に名前つけよう

 徐々に上がる曲のテンションは聞き手の魂もゆさぶるかのようである。

君と書いて「恋」と読んで
僕と書いて「愛」と読もう
そうすりゃ離れそうもないでしょう?
いつかそんな歌作るよ

 さすがに少々あざとい感じもするが、それも曲の流れの中で聞けば当然の歌詞として聞こえてくるのはやはりこの曲の持つ力なのではあるまいか。

君と僕とが出会えた
奇跡を信じてみたいんだ
君と僕が出会えたことが
奇跡だろうとなんだろうと
ただありがとう

 最後に思うのはこの曲は玄人向けなのではなかろうかと言うこと。キャッチーなメロディーがあるわけでもなく、テンションの盛り上がりはあるものの、言ってしまえば淡々と高ぶっていくよう。しかしそれこそがおそらくこのバンドの世界なのではなかろうか。

 はまってしまえば他の曲も聴いたみたくなる。当然私も今、はまってヘビーローテーション。

(/・ω・)/

| | トラックバック (91)

ギャン盾をどうにかこうにか

 気がついたらギャン盾が2枚目だ。どうなん、ギャン盾?メインで使っている人あんまり見たことないけれど。ギャン盾つけるならガトシーな気もするし・・・。どーれ盾でも並べてみよう。

ギャン盾 65 耐久7

ゲルシー 30 耐久23

グフシー 40 耐久8

ガトシー 60 耐久8

ガトシーフル 85 耐久8

Sシー 15 耐久4

 こりゃひどい。ギャン盾のコストパフォーマンスの悪さは抜きん出ています。誰も使わないわけだ。

 格闘中心ならばグフシーが一番優秀。攻撃中心ならばガトシーが優秀。防御中心ならばゲルシーが優秀。コストギリギリならばSシーが気休めで入れられて優秀。さあ困った。使いどころがないぞ。

 そう、もう残っているのは「ネタ」しかないのである。(←断定?)

 じゃあギャン盾でどうにかこうにかネタができないかと考えれば、まず思いつくのは機雷デッキ。しかし機雷はヘタレバージョンアップで攻撃力ダウン。人があまり使わない機雷の攻撃力下げて何がしたいんだろうか?というわけで、機雷デッキは完全にただやってみたいだけのネタデッキへと成り下がったわけであるけれども・・・。

 破滅CDつけたらどうなん?これの効果は機雷でも通るのかね?さらに考えれば機雷に味方機が激突したら破滅CDは適応されるのかいな?「敵軍ユニット」という記述があるから適応されない気もするけれど・・・。

 というわけでまずは破滅CD機雷デッキというのを試してみようと思うのだけれど、そもそも破滅CDが嫌いなので、やる気はとっても薄いのである。誰か試したことがあればその使用感を聞いて終わりにしてもいいくらいやる気が無い。誰かいませんかね?w

 さて、もうひとつはやっぱり攻撃でのニードルミサイルである。

ガトシー 攻撃14 命中12

ギャン盾 攻撃10 命中18

 お、命中率立派。マシンガンより大きいじゃないの。マシンガン持たせてもまだコストに余裕がある時はこっちがいいのか?まあ、えらいコスト差がある気もするが。

 マシンガン部のお供にどうかなあ?コストがやっぱり無駄に高いので、実用性は皆無だなあ。トホホ。

 誰かネタに使えるヒントをくれたまえ~。ネタ好きほ~でも思いつかないニードルミサイル活用法求む。

(/・ω・)/

| | コメント (8) | トラックバック (30)

日本 これで予選リーグ敗退なのか?

 さてと、どうしたもんか。

 まあ日本の先取点はどうみても柳沢のファールだから、サッカーの神様が怒って、豪州に味方したのかもね。(←マラドーナはどうした?)

 まずは順当にジーコの采配でもけなすか。w

 敵がFW3人にしてきたことに対応して小野を入れたわけだが・・・どうなん、それ?

 結果論になっちゃうのは許してほしいけれど、前がかりになる敵に対して再三敵陣を突破しかけた柳沢を下げて、スピードにはそれほど期待できない高原を残す理由は?柳沢のコンディション?でもさ、それまでの試合の様子を見ると明らかに柳沢の方が出来がよかったわけで。カウンターの基本はスピードじゃん。

 そんでもって同点にされた時点ですぐに選手を変えなかったのはなぜか?戦局は相手の選手交代が功を奏して豪州に傾いたのに、無策とは?

 大黒投入?遅い上に意味がわからん。誰か教えて。w

 

 中田だけども。今回はコロコロ転がされていた。しかもファールをもらえない形で。もちろんよく走っていたと思うけれども、後半はもっと守備に意識が行ってもよかったのではなかろうか?カウンターのつなぎは中村に任せてさ。ボランチとしての意識がちょっと足りない場面が多かった。小野が入っちゃったからボランチから前目のポジションになるわけだけども・・・どうもなあ。

 でもって中田の言うようにこのチーム走らない。駒野がよく走っていたけれど、駒野のセンタリングの精度の無さには涙が出そうだ。加地~、まだか~? 

 川口はすごかった。大舞台では度々神がかる男が今回もミラクルなセーブを連発していた。でもGKが大活躍しても点は入らない。

 高原もさ。後半の柳沢へのラストパス、何?ありゃあいただけない。

 さ~て、勝ち点0の得失点-2から、どうやって予選を突破するのかジーコに見せてもらおうか。

 ブラジルがクロアチアをボコボコにして、続いてオーストラリアもボコボコにしてというのは十分ありうるとして・・・。これでブラジル○○のオーストラリア○●クロアチア●。

 ふむ。ブラジルは最終戦は△でも予選突破決定。まあ日本がブラジルに勝てる確率は天文学的に低いわけで、全開バリバリで運も味方してやっとこ△だろう。(←かなり楽観的な予想)

 となるとこの時点で日本は●△。最終戦のオーストラリアvsクロアチアの全部のパターンを挙げると、

①オーストラリア○●○ クロアチア●?●

②オーストラリア○●△ クロアチア●?△

③オーストラリア○●● クロアチア●?○

となる。日本●?△が2位で抜けるためには・・・、あ、あら①じゃもうダメじゃん。

 ②だと○●△1個ずつにしないといけないので、日本がクロアチアでぼこすか点を取って勝たないとダメ。同じなら確か総得点、直接対決で判定だった気がする。

 ③なら普通に勝っておけばよい。引き分けだと△△●で敗退と。

 ふむ、考えれば考えるほど絶望できだね。ははははは。(←乾いた笑い)

 そもそもブラジルと引き分けるなんて夢のようなことを前提にしている時点でとっても厳しいわけだ。一番勝てそうな相手だった豪州に惨敗・・・。これはあまりにも残酷な結末だった。

 負け方もとっても悪かったしな。尾を引く敗戦だよ。ジーコの放任指導じゃモチベーションもどせない気がする。苦言を呈する中田を孤立させてしまうチームメイトもプロであり日本の代表であるという気概が足りない気がする。

 もうさ、巻使おうよ、巻。奇跡というものが起きるならきっと巻がワンダーボーイになるしかないと思うよ。

 あ、待って。いい考えが浮かんだ!ジーコ更迭。これどうよ?w 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

日本 豪州に惨敗

 いやもう、何。

 これで予選リーグ敗退決定?

 足が止まって負けるってさ、もう言い訳できないよ。

 高さで負ける分、走るんじゃねえの?あ?

 気持ちが落ち着かないのまずはこんだけ。

 少しタバコでも吸って落ち着いてからさらに書こうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

ネタデッキ:ガルマゾンビデッキ

 メガネさんからガルマを「とりあえずトレード」でいただくことができたので、いよいよガルマゾンビデッキに挑戦したいと考えています。

 解説しなくてもいいと思うけれど一応書いておくと・・・。

ガルマゾンビデッキ

 ガルマの特殊能力「ジオン公国に栄光され!」:テンションMAXの間、HPが0になるダメージを受けた時に瀕死の状態で耐え凌ぎやすくなる。を活用したデッキ。この特殊能力の発動率がえらく高いことからテンションMAXならばほぼ不死身となる。艦長にテンション持続時間UPの効果を持つ者を入れてガルマが瀕死のまま暴れまわる。

 まあ、簡単に言うとこんな感じでしょうか。で、もちろんこれに効果的なカードを追加して自分なりのガルマゾンビデッキを作っていくわけですが・・・。

 ほ~のガルマゾンビデッキ

隊長機 ガルマ ゲルググキャノン Bライフル×2 テスト用EXAM

2番機 トップ リックドム グフシー ガトシー OPスラスター

3番機 セシリア ガトル

4番機 シンシア ガトル

艦長 ユーリ テンション持続↑↑ 射撃↑↑

 まず主戦力の2機は少々無理をしてでも敵陣に突撃します。何しろHPを削らないと意味が無い。かといって機雷をまいて自爆というのもせつないです。無理すれば敵にもダメージこっちにもダメージ。w

 HPが減る頃には、セシリアとシンシアの能力でユーリのテンションを上げておけると思うので、そこからEXAM(移動・回頭UP)も発動して、トップの特殊能力(HP3分の1で攻撃UP)も発動して、ユーリの特殊能力(テンションMAXでHP2分の1の味方のテンションUP)も発動して、相手を蹂躙できるのはなかろうか?

 しかしHPを削られることを前提に緒戦を戦うことがやっぱりポイントで、いきなり多数のリンクロックをくらうとそのまま蒸発しかねません。また母艦とその周りの2機のガトルを攻められるとつらいです。そもそもガルマがゾンビになるのもテンションMAXの間だけですから、テンションが落ちた時点でただの瀕死の機体です。弱点だらけ。

 コストに余裕があれば地上に降りてガトル→ザクタンクにすれば盾が2枚あるので生存率も上がるでしょう。でも戦闘をしちゃった時点でセシリアの特殊能力は終わってしまうので、やっぱり母艦を攻められないような戦い方をしないとダメでしょうね。

 でもせっかくなので試したいと思います。しかしリアルコストの関係で出撃はまた週末のみになりそう・・・。くう。

(/・ω・)/

| | コメント (8) | トラックバック (4)

ベストワンクラブ戦線(サテ占領) その2

 はい続きです~。

7戦目「ジオンガチ vsシオンさん リベンジマッチ」
 ここで何と先ほど対戦したシオンさんが、「もう1戦お願いします」とわざわざサテまで来て申し込んでくれました。な、なんですとぉ~!?ほ~がそんな立場になるなんて・・・嗚呼、夢心地。(←大げさ)

 もちろんですと応じて宇宙へ進撃です。こっちの戦闘開始が早すぎてCPU戦をちくちくやっていると来ました「敵部隊接近!」です。シオンさんは今度はアムロガンダムにカイとハヤトのガンキャノンコンビ。うっは~、WB隊です。え~と、これはネタかしら?と先ほどのシルルさんの件もあるので心配になりましたが、よく分からないのでガチで行くことにしました。よかったんですよね、シオンさん?w

 母艦めがけて突撃してきたアムロガンダムを怒涛の3機リンクロックで早々に沈めることができたのが一番の勝因です。これで一気にサイコミュにとっては有利な展開になりました。サイコミュで茶々を入れてそっちにロックオンサーチが伸びてきたら、ギリアムが突撃して切る。このなんともオーソドックスな戦法が有効になり、2機のガンキャノンも倒すことができました。4勝3敗(対人4勝3敗)

 ふと横を見るとフェンリルさんがカードを並べています。さっそくカンニングです。どれどれ・・・って爆笑!オムルとマーカーという不遇のWB隊です!しかも乗っている機体は先行ジムにジムトレ!た、たまらん!これで勝つの?勝っちゃうの?とっても気になるので自分のサテは放置してその戦闘の様子を真横で観戦させていただくことにしました。無許可で。

観戦「フェンリルさん 連邦デッキ」

 新規カードなのでCPUの敵機もたくさんは出てきていませんが、この編成で完勝です。内容も完全に圧倒。母艦も落として、残ったゾックを手玉にとってます。動きだけ見たらアムロが乗っているのかと思えるほどです。あ、射撃はさすがにまだ外れるようですが。w すごいなあ、ツワモノはこうなんだなあと感心していると、次も大変興味深い対戦が実現!

観戦「フェンリルさん vs メガネさん」
 フェンリルさんは先ほどほ~がボロ負けしたデニム隊です。並べる前に見せていただいて、さっきのほ~との対戦の時には「対人がないと思っていてスレンダーがザク1だったんですよ~」と明かしてくれました。え~と、それに負けたほ~って一体。w

 でもってメガネさんのガチデッキとの対戦です。なんとサテは私の両脇!うわあ、どっち見ればいいんだあ!ってまあどっち見てもいいんですけど。

 いやあこの戦い熱い!熱いっす!もう手に汗握るとはこのことでした。ほ~がやってるわけじゃないのに一喜一憂。どっちも応援しているというわけの分からない状態でしたが、どちらの部隊もなぜかよく見せていた鬼回避のたびに「おお~!」と歓声を上げてしまいました。この時が一番うるさかったかも。w いやあ、楽しかった。お二人、すばらしい戦いをどうもありがとう。

 ずっと観戦しているわけにもいかないのでほ~も出撃です。すいません、メガネさん。ここからほ~と3連戦です。

8戦目「ジオンガチ vs メガネさん」
 やはり一度はガチでメガネ隊長とやっておかねばなりません。サイコミュデッキ出撃です。3機目のスレンダーがザクFSでOPブースターとなっていて、今や立派な戦力です。ブロの露払いをスレンダーに頼めるようになって、ギリアムは前線でずっと相手をかく乱できる状態になっています。これがシオンさんの時も、今回のメガネさんの時も有効でした。サイコミュの「飛び込まれたら終わり」というセオリーを「飛び込まれても何とかなるかも」くらいにすることができています。でもこのICカード残り数回で更新です。コストが下がると3機編成はきつい・・・。果たしてどのくらい下がるのか。5勝3敗(対人5勝3敗)

9戦目「ジオンMAデッキ vs メガネさん」
 メガネさんが再び宇宙で戦闘中です。ちょうど戦場が切り替わったかなんかで他に誰も宇宙にいません。ガチは今やってしまったので、メガネさんに「ネタで入ってもいいですか?」と聞いたら「いいですよ」と言われたので、出動です!
隊長機 イアンブロ
2番機 トクワンビグロ
3番機 デミトリーザクレロ

 え~すっごく重くてカスタムが乗りません。w 以前はアプ2にギニアス乗せていたのですが、せっかくのトクワンの能力がギニアスの能力でかき消させてしまったので、今回はイアンブロ。3機MAです!

 そりゃ~と2機のMAが突撃です。ブロは様子見。両サイドから一気に機動で突撃して挟撃に成功!っと思ったら下駄履きからの格闘をくらってしまいます。なんじゃそら~。と追い掛け回してこちらも格闘っ!

すかっ

 空振りです。逃げろ~と機動で下がってブロがけん制。と言ってもレンジ合戦でサイコミュは不利です。レンジを切って切られてしていても分が悪いのでちょびっと回復したMA2機が再び突撃!何度か戦闘をするうちに下駄を引っぺがすことに成功。こうなるとこちらが有利です。デミトリーは宇宙の塵になりましたが、最終的には局地的勝利。もっとこうテンションがバリバリ上がる感じだったのですが、今回はあまりそういう印象が無かったMA部隊でした。6勝3敗(対人6勝3敗)

10戦目「ジオンラル隊 vs メガネさん」
 さあラスト。メガネさんが地上にいます。なんつーの、これ?粘着?w ほ~再び乱入です。巡り合わせが悪いのか対戦相手が他にいないんです。許してください。でも出る部隊はラル隊です。今回のコンセプトは「やっぱり当てたいGGガス弾」です。

 ラルはのーまるグフに下駄。クランプは砂ザクにSシールドにGGガス弾。ゼイガンがザクタンクで母艦はハモンです。まずはラルが出張って敵をかく乱します。その隙に横に置いておいたクランプをするする~っと忍び寄らせますが、接近がばれて回避行動をとられてそれをまた深追いして結局敵の射撃を受けてGGガス弾が武器破壊。はうう!意味ね~。母艦に戻って武器修理です。

 その間はラルが立派に戦線を支えます。クランプと入れ替わる時にはザクタンクが前へ出て2枚の盾で囮を務めます。う~んザクタンク、頼りになります。そしてやったとらえました!GGガス弾発射です!

ぼむ

 当たった~・・・のは砂ザクのクラッカーの方でした、ガッカリ。当初の目的を果たせぬまま結局時間切れとなりました。う~む、ほ~がGGガス弾を当てられる日は来るのだろうか。7勝3敗(対人7勝3敗)

 なんかもうぐったり。満足感と疲労感とでいっぱいです。勝敗を書いてその後ろに対人の勝敗を書いているのですが、よく考えたら今回は全部対人戦でした。すげ~。

 個人的には「シルルさんのカボチャ部隊とガチンコ対戦したい」「フェンリルさんのデニム隊にリベンジしたい」「メガネさん(←限定?)にGGガス弾を当てたい」という思いが残りました。次回のベストワンクラブ出撃はいつになるかまだ未定ですが、メガネさんも定例会にしたいですねとおっしゃていましたので期待しています。って言うか今日ベストワンクラブは大会だったはず。出場予定とおっしゃっていたシオンさん。どうだったかなあ?コスト600限定だとか。結果報告をお待ちしています。うちでもメガネさんの方でもかまわないと思いますので。

 例によって例のごとく最後はバタバタと退散してしまったので、きちんとご挨拶もできず申し訳ありません。メガネさんのブログによればあと2名の方がいらっしゃったとのこと。失礼しました。以後よろしくです。

( ̄▽ ̄)ゞ

| | トラックバック (101)

2006年6月10日 (土)

ベストワンクラブ戦線「サテ占領」その1

 はい、お待たせしました。ベストワンクラブ戦線、金曜深夜の模様をお伝えします。何しろたくさん書くことがありそうなので、ちゃっちゃと本筋へ行きます。

 23時頃到着すると前回新兵さんとしてご挨拶したけんさんと、フェンリルさんがいらっしゃいました。けんさんは顔は見覚えがあるのに、誰だかわからなくて「え~と」なんて聞いてしまいました。ごめんなさい。フェンリルさんには第一報で書いたようにHハンマー&シンをいただきました。あ~ネタデッキの幅が広がってしまいました。w

 さて見れば今日はジオンでゲージは振り切っています。それじゃあまずは連邦で対人戦をもくろむことにして連邦ICをぐさっと。部隊は連邦ガチなのでギャリー二刀流ジムとテキサン180mm下駄強化炸裂、それにサリーのコアブです。母艦は例によってアリス。

 来ましたよ~、「敵部隊接近!」。ああ、ベストワンクラブってこれだから好き。相手はなんとジオン少佐。佐官の登場にのっけからテンションUPです。敵はシャアドムにライデンゲルググで母艦はラルでした。豪勢です、少佐殿。部隊の相性はともかく。w

1戦目「連邦ガチ vs少佐」
 それ~っとまずはテキサンがサリーを引き連れて前進して敵状視察です。シャアドム発見で、レンジ合戦の後こちらが先制。幸先のいいスタートです。敵の母艦がずんずん前進してきます。「?」と思いつつギャリーで敵の後方をかく乱しに行ったらライデンゲルググ発見。敵は2機編成です。

 母艦がずんずん来るので後方で核でも持っているのかと期待しましたが、普通の編成のようです。母艦に乗っているのがラルなので、こりゃ早々に倒すに限ると後方からもどりつつギャリーが格闘を仕掛けて母艦のHPを削ります。それでも母艦が出張ったままなので、テキサンの強化炸裂弾をお見舞いして沈めてしまいました。あ、ラッキー。

 奥の方で2機とギャリーで格闘合戦を繰り広げます。ピンチもありながら敵に深刻なダメージを与えることに成功します。当然テキサンも遠目からちょっかいを出して、気がつけば佐官相手に完勝です。

 こりゃ(゚д゚)ウマー。1勝(対人1勝)

 ここでじゃんじゃん人が合流、メガネさん、フラナガンさん、シルルさんと、シオンさんが到着です。初見の方々、以後よろしくです!

 連邦の次は当然ジオンです。まずはガチで出撃です。シオンさんが各ブログを見て「今日なら対人を遠慮なく出来そう」と考えて参戦してくださったということでした。そして・・・

2戦目「ジオンガチ vsシオンさん」
 シオンさんよろしくです!こちらはギリアム専用R2にイアンブロ、課題の3機目はスレンダーザク1戦闘データです。シオンさんはアムロガンダムにサリー180mm下駄だったと思います。緒戦でこちらがダメージを与えることに成功して、ブロに迫る敵機にはスレンダーがなかなか効果的なけん制を行うことができました。結果優位に戦闘を進めることができ、勝つことができました。どうもでしたあ。2勝(対人2勝)

 さあ、ベストワンクラブに来たからにはアレをナニしなければいけません。それ!ネタデッキ投入です。

3戦目「ガンキャオートハンマー vsメガネさんネタデッキ」
 お待たせしました。結果をいろんな意味で心待ちにしていた方もいると思います。
隊長機 テキサン180mm下駄
2番機 オート ガンキャ Gハンマー×2w (←本命)
3番機 オート 陸ジム マシンガン Gハンマーw
4番期 同上
母艦 アリス
 (T▽T)アハハ!自分でも笑っちゃう編成です。もちろん基本的にオートは機動で動いてもらいます。オートはもたくさしているので、まずはテキサンでメガネさんのデッキを偵察です。いました!ってなんとそこにいたのは

鹵獲ガンキャノン シャア

 ぶは~。メガネさん掟破りのガンキャ返しです!もう爆笑。シャアの操るガンキャノン、つえ~。それになんだかかっこいい!反則級です。w

 しかりこちらの陸ジムもそこそこ速いです。敵の部隊とやりあいます。それに比べてガンキャ・・・遅いです。戦線にガンキャは全然間に合いません。のろのろと「それでも機動か!?」と突っ込みたくなる動きです。まず攻撃を陸ジムがくらいますが、その陸ジムがハンマーを敵機にロックオン!行け~!

すかっ

 ま、まあそうだろうよ。うん。覚悟は十分していたから悲しくなんかないよ、うん。

 仕方ないのでテキサンが再び前進してけん制しつつハンマーとのリンクロックを狙います。ガンキャはやはりもたもたしていて全然戦闘に参加しません。Gハンマーは空振りでもサーベルで敵にダメージを与えますが、こちらの陸ジムも着実にHPを減らされていきます。それでもオートはずんずん行きます。オートに恐怖心なんてありません。HPミリでも敵を平気で追っていきます。ガンキャもこの頃にはやっとこ戦線に参加です。

 なんてったてガンキャはGハンマー2個持ってます。格闘を当てたら2回ギャンブルです。・・・ギャンブルです。ギャンブルですってば!

どか~ん

 ガンキャノン、何もしないうちにコアファイターに格下げです。簡単に裏を取られて連続格闘くらって昇天です。ええ~。何しに出てきたのお前。ネタがすべるにも程があるでしょうに。そのコアファイターもあっという間に落とされて、肝心要のガンキャノンが部隊からいなくなってしまいました。もうHPも残りわずかの陸ジムどもは、ほ~の失意を微塵も意に介さず敵を追います。テキサンのフォローもむなしく1機落ち、2機目も落ちました。これで残りはテキサンのみ。ねばりますが、結局敗北となりました。

 シャアの操るガンキャノン、かっこよかったです。そして強かったです。すまん、うちのガンキャノン。相手のガンキャノンに比べてあまりにもな扱い。もうお前にハンマーは持たせないと誓うよ。一応。
 2勝1敗(対人2勝1敗)

 続いてフェンリルさんです。ああ、対人が止まらない。w

4戦目「連邦ガチ vsフェンリルさん デニム隊」
 なかなかの戦果を残していると言うフェンリルさんのデニム隊。ええ、ほんとに強かったです。デニムがザクに乗ってえらい勢いで機動していたのがとっても印象に残っています。なんかうわーうわーと驚いているうちに戦闘が終わってしまいました。さすがフェンリルさんです。ほ~脱帽の負けです。

 2勝2敗(対人2勝2敗)

5戦目「ジオン鹵獲ネタデッキ vs シルルさん」
 シルルさんのハロウィン隊がえらい強いとのことです。メガネさんが完敗くらっています。地上にいるシルルさんに、まずはネタデッキでご挨拶です。ども、ほ~です。

隊長機 ラル 鹵獲 プロトガンダム ガンシー 小型S
2番機 クランプ 鹵獲 ガンキャ ガトシー マシンガン
母艦 ハモン

 しかしこの部隊、編成になんだかんだと時間をかけてしまったら、その間にシルルさんの戦闘が終わってしまったらしく、「敵部隊接近!」となりませんでした。無念。と思いつつこんな編成でCPUを相手に勝てるのかと不安にかられながら戦場を駆け巡っていたら、来ました「敵部隊接近!」です。なんと相手はニアミスしてしまったシルルさんです。わざわざ入って来てくれたようです。後ろの席を振り返って「よろしく~ネタです~。」なんてご挨拶。

 シルルさんのハロウィン部隊、どうもほ~がネタデッキだということでだいぶ手加減してくれている模様です。一度にどばーっと来ないで順繰りに前に出てきます。

 胸を借りるつもりで突撃します。ぬほ~、行け鹵獲ガンダム!鹵獲ガンキャノン!・・・ダメです。ガチを相手にどうにもこうにもとんがりません。「ガンダムに乗ってるんだぞ!」という気合がラルから感じられません。(←?)

 な~んかぐだぐだの展開でシルルさんには申し訳ないことをしました。せめて小型Sを先ほどフェンリルさんからいただいたHハンマーにするくらいじゃないと、ラルがノリノリにならなかったようです。ガンキャのガトシーもマシンガン部さながら接近してくる敵を足止めする予定だったのですが、予定は予定ままで終わってしまいました。防御にすると盾で守っちゃうんですよね、ガトシー。頭では分かっていたのですが、接近されるとつい防御ボタン。うむう・・・。

 2勝3敗(対人2勝3敗)

6戦目「ジオンガチ vsシルルさんネタデッキ」
 シルルさんに遊んでいただいて、また、シルルさんの部隊の強さを他の方との戦闘で見るにつけ、ぜひもう一度お相手して欲しくなりました。もちろんガチで。

 シルルさんが宇宙にいたので、さっそくいつものガチ部隊で乱入です。と、シルルさんカボチャ部隊ではありません。ガンダムにガンキャノン。アムロとカイという組み合わせです。こんな部隊も扱っているのかと感心しつつ、気合ノリノリで突っ込みます!

おう!

おほほう!

 丁々発止やりあいながら、なんとほ~が勝ってしまいました。途中でカイがレベル1なのに「?」となりましたが、戦闘に集中していたので深く考えませんでした。その理由が対戦後に判明!なんとシルルさんネタデッキだったのです。アバオアクー戦再現デッキ、「めぐりあい宇宙」!!アムロガンダムにはしっかり「ラストシューティング」がついていました。w すいませんガチで行ってしまって。ほ~は舞い上がっていてネタデッキだと戦闘中に気がつきませんでした。

 気がついていればこちらもシャアにジオングで・・・いや、ジオングは無いのでパージオでお相手したのに!(←途中で分かっても無理)シャアの護衛にはオートのリックドムとゲルググを学徒兵という設定で出したのに!(←途中からは無理) 

 3勝3敗(対人3勝3敗)

 はい、いったんここまで、続きは後ほど!これからTVでサッカー見ます!

C= C= C= C= C= C= ┌(;・_・)┘ ))● サッカー

| | トラックバック (21)

怒涛のベストワンクラブ戦線 第一報

 行ってまいりました。ベストワンクラブ、金曜深夜の出撃!ワールドカップ開幕何するものぞ!(←実は見たい) って言うか金曜夜なのにベストワンクラブの駐車場に空きがたくさん!?おお、これぞワールドカップ効果!ありがたい。w

 え~。第一報なので参加者とカード絡みのことだけ取り急ぎ。

参加者はメガネ隊長(←勝手に)、フェンリルさん、フラナガンさん、けんさん(前回の新兵さん)とほ~の5名に加えて、予告通りシルルさん、そしてメガネさんのブログにコメントを寄せてくださっていたシオンさん。な~んと合計7名!ほぼサテ独占!す、すっげ~。みなさんお疲れ様でした。フラナガンさんとけんさん以外の全ての方に対戦していただきました。細かい激闘の報告は明日に回しますが、「熱かった!」「楽しかった!」とだけは報告しておきましょう。

 またカードですが、いきなりフェンリルさんからどうぞとHハンマーとシンをいただきました。他にももう1枚HハンマーとBライフルをくださるとのことでしたが、さすがに辞退いたしました。w っていうかフェンリルさん、その後Hハンマー引いていました。これには思わずフェンリルさんと笑ってしまいました。でもってほ~はビームライフルを引きました。w

 けんさんはなんとグフカス!「いいなあ~」とその場のみんなで言っていました。メガネさんはガンタンクリーチが来て粘っていましたが、ほ~がいる間は残念ながらレアは出ていなかったです。ほ~が帰った後は果たして?

 フェンリルさんにはUCアムロのお礼としてルナチタを進呈しましたが、Hハンマーもらってしまったので、また何か考えなくては。w って言うかさらに途中でオートパイロットも「使いませんから、ネタに使ってください。」とくださりました。うは~。どうもです~。必ずオート4機編成で出撃することをお約束します。オートガンキャHハンマー・・・はしませんけど。

 さらにシオンさんは大会に出る予定だそうで、イアンを探していました。ほ~は幸いに2枚あったので、カイと交換していただきました。うわあ、これでガンキャノンデッキが組める・・・。どうしよう。(←組め)

 さらにさらに、メガネさんがガンタンクリーチで掘っているときに引いたガルマ。ダブリということで何かと交換できませんかと持ちかけたのですが、ちょうどいいのがこちらにありません。じゃあ予約するので取りおいてくださいと無茶な注文をすると、「ではとりあえず持っていてください」と差し出されてしまいました。そ、そんなつもりで言ったんじゃないのですが、笑顔で渡してくださいました。受け取ってしまうほ~です。どうもでしたあ~。

 う~ん。人の紹介とカードのことだけでこのボリューム。戦記はいったいどうなってしまうのか?

 ほ~は紙でのメモをやめて最近はずっと携帯のメモ機能を使って記録しているのですが、今日は初めて「字数オーバー」となりました。あわわ。

 って言うかもう3時半になろうかという時間なのでいったんここで終わります。寝ちゃうと忘れちゃうので、できるだけこれから書いておきますが・・・。はてさて。

(/・ω・)/

| | トラックバック (117)

2006年6月 9日 (金)

ベストワンクラブ戦線 出撃直前

 さあさあやってきましたお約束の日!ベストワンクラブに出撃です。W杯開幕と言うこともあってダブルテンションアップです。なんか内臓がふわふわします。(←病気?)

 というわけで出撃前なのでちょこっと。メガネさん。新人へ補給するほどいいカードが余ってはいないほ~ですが、パイなら出せるのがいくつかあるので、持って行きます。めぼしいのはカボチャ部隊の2人くらいかなあ・・・。あ、アリスは持ってて当たり前のカードなので、コモンだけど重要だ、きっと。まあいらなければ持って帰ります。w

 フェンリルさんのデニム隊、なんだか熟成しつつあるご様子です。ならばほ~もラル隊で!ってどっちもジオン!はふ~。 え~とほ~の連邦はオートガンキャハンマーが出番待ちなんですがが・・・いいですか、そんなんで?w

 シルルさんとはまだお会いしたことがありませんが、どうも相当の腕前のご様子。いっそフェンリルさんとのリアルNT対決を見せていただきたいところですが、その合間にほ~も茶々を入れに行くことでしょう。お相手ください。

 さ~て、新兵ども~。(←態度急変) いいか~、大事なのはネタだ!いかに相手を笑わせるかに命をかけろ!成長?ポイント?昇進?そんなのはいら~ん!ネタだ!ネタを仕込むんだ!・・・・嘘です、ごめんなさい。言ってみたかっただけです。まずは基本に忠実に、機動と攻撃の切り替えとか、ロックオンサーチの伸ばし方とか、攻撃ボタンを押すタイミングとか練習してください。ある程度できるようになって、部隊も固まってきたら、その時こそネタです。あ、いえ、いつもじゃないです。こういう知り合いがたくさん集まるような場合です。

 って言うかそんなことすでにメガネさんがレクチャー済みですね。失礼しました。

(/・ω・)/ さ~て準備準備。

| | トラックバック (25)

2006年6月 8日 (木)

MLバギー検証戦記

 行ってまいりました、MLバギー検証&終戦P回収4クレ。さあ、とっとと報告、報告。

 まずは地下へ。見るとあれほど人気だった三国志に空席が!こ、これは一体!?横のサッカーはほぼ満席!なんだ、どうしたんだ?ほ~が数日来ない間に何があったんだ?GCBはと見ると、中年カップルともう1人で2つ席が埋まっていました。おお、微妙ながら人が帰ってきました。

 さっそく席に座ってまずは連邦で終戦P回収です。そしてまずは連邦でMLバギー出撃です。今回の検証は「MLバギーを鹵獲すると乗っている乗員はちゃんとジオンの兵士に変わるのか」が目的ですが、お店に向かう途中で「女性兵士にしたら、兵士は女性になるのか」という疑問もわいてきました。試さねば!

 注目のMLバギーにはフラウボウを乗せます。理由:軽いし撃墜されても心が痛まないから。(←こら) 他は二刀流ジムにギャリーとジムバズ下駄にテキサンといういつもの編成に、ここんとこ課題の3機目サリーコアブです。MLバギーが参加したのでなんと4機編成・・・あ、扱えるかな?

 一抹の不安を抱きつつ戦闘開始です。戦場はシアトル。何しろ一度はMLバギーに戦闘をさせないといけません。しかしできれば完勝で終えたいのも人情です。とりあえずMLバギーは母艦に張り付けておいて普通に戦闘です。テキサンとサリーがセットでまずは敵状視察。ビルの間からズゴックが単機で上がってくるのでまずはそいつにリンクロックをお見舞いします。おお!テキサンのテンションはサリーといっしょなのでもう強気でした。盾防御できないズゴックを初弾で粉砕。うし!と小さく喜んでいると中央から2機の方向へアプとやはりズゴックが接近中です。近くに来ていたズゴックに再びロック。今度はテキサンだけでしたが、相手はシャアでした。一応HP半分ほど減らします。
 

 アプを追い越してやって来るのは砂ドムです。速い!懐への侵入を許しそうです。と、見れば放置しておいたギャリーにも2機が接近中です。ぬお!1機はマゼラ砲です。意外にロックオンサーチが遠くから伸びてきます。しまった、こりゃやばい。もう少しこっちの戦線には余裕があると思っていたのに誤算です。機動で回避・・・って

ごい~ん

 はうあ!またやってしまいました。ビルにぶつかってもがいています。×2。もう1機はゴックです。HP半分です。ひ、避難開始~。ギャリーは何もしないまま修理にもどります。そっちであわてた分、テキサンとサリーの動きも鈍いです。サリーコアブでペチペチした後に飛び込まれ、さらに奥へと侵入されます。あわわ、そっちには母艦にもどる途中のHP半分になったギャリーがいるんですけど~。

 来ました、出番です。おごそかにMLバギー出動です。え~とこんなピンチに重要な役を担って出撃する予定じゃなかったのですが、背に腹は変えられません。まんまと攻撃範囲に入ってきた砂ドムにどとうのミサイル攻撃発射です。

しぱぱぱぱぱ!

 す、すげー。なんかかっちょええ!えらい勢いでミサイルが飛び出していきます。もちろんそっちばかり注目していたわけではありません。兵士は女性姿になっているの!?・・・び、微妙~。これたぶんなっていません。しかしここではたと気がついてしまいました。あ、ひょっとしてフラウボウって微乳?w ど、どうなんだ~?細身の女性だと言われればそんな気もしてきます。ミスです。おっぱい星人にひそかな人気のサリーを乗せればよかった!

 一時MLランチャーのミサイルでしのいだおかげで、テキサンが砂ドムを後ろからずどんと撃ちます。当面の脅威が去ったと思ったらほったらかしていたアプとゴック、それにマゼラ持ちのザクが迫ってきています。んもう!とアプには取り合えずサリーコアブが茶々を入れに行きます。ゴックとマゼラ砲ザクにはテキサンとMLバギー(←いつしか立派な戦力にしている)が向かいます。

 アプを落とすにはコアブじゃ荷が重い。とりあえずかく乱して引き付ければよしとします。テキサンは遠目から当てたいところですが、マゼラ砲のロックオンレンジが意外に嫌な動きをして来ます。フラウボウ、すまん。もう目的は達したから、君、囮ね。ずりずりっとMLバギーを出してそっちに敵の注意を引き付けてその隙にテキサンが狙うことにします。

ちゅど~ん

 MLバギーはその役目を立派に果たして散っていきました。う~ん、やっぱりフラウボウじゃ女性になっているのかはっきりしません。とそんな分けで近くに来ていたゴックはテキサンで大ダメージを与えて、回復したギャリーがそこへとどめをさします。コアブにつられていたアプにそのままギャリーは向かって粘着格闘をしかけんとします。うりゃーっと粘着して順調にアプのHPを減らしていたら、あ、いけねマゼラ砲のザクがいたんだった。テキサンが攻撃をくらって下駄が落ちます。この~とテキサンまた格闘しかけています。あ~あぐだぐだです。アプを落としてギャリーがかけつけようとしたら、なんとドームにシャアズゴックが隠れていました。

う、うわあ!わ、忘れてたあ!

 そう言えば最初に攻撃を当てたっきりでした。こんなところに隠れていたのか。今、忙しいので後でね~とまずはうざったいマゼラ砲ザクを撃破します。シャアはサリーコアブでけん制です。無事にマゼラ砲ザクは粉砕。とって返してシャアもテキサンが強化炸裂弾で粉砕。ふは~。

 さて続いてはいよいよジオンで鹵獲MLバギーです。こうなったらこっちでも巨乳を・・・ハモンさんしか女性がいません。ゼナミネバは乗れません。は、ハモンさんをMLバギーに!?

 す、すいません、ネタの神様!

 ほ~にはできませんでしたあ!ハモン様をMLバギーに乗せるなんて、乗せるなんてぇ~。アコースやコズンを何の躊躇もなく平気でザクタンクに乗せるほ~ですが、図らずもハモン様は自分の中で別格だということを再認識してしまいました。結局スレンダーが乗りましたよ、ハイ。

 さて戦場はなんと大西洋です。こ、これってどうなんだ?MLバギーの動ける範囲が戦場の3分の1もありませんが?まあ、迎え撃つ専用にして放置しておけばいいかと入ってしまいました。しまった、ほ~は水MS1機も持ってきていません。最初から躓いた感じがひしひしとしますが、まあいいかとラルをノーマルグフと下駄、イアンをアプ3に乗せて出撃です。

 まずは地上部分にいるMSを落としちゃえとラルとイアンで前進。いました、1機だけ陸地にいます。後は水中なのでとりあえず放置。アプの収束ビームを早速お見舞いします。か、かわされた!シローです。さすがレア。いったん引いてラルを囮で動かしてシローの注意を引いて、つられたところへもう1発収束ビームです。・・・かわされます。

 うわー。2回もかわされるとこちらの戦闘プランが大きく崩れます。引いて引いてなのですでにアプはだいぶ自陣です。しかも弾は残りわずか。いったん母艦へもどります。仕方ないのでラルが突撃しますがシロー機動ダッシュでかわします。さ、さすがシロー、レアです。(←ラルもレアだ) そんでもってラルはシローから必殺の3段攻撃をくらってしまいます。と言ってもまずは下駄が落ちるだけ。「まずは」と言ってもこれ、大問題です。何しろ戦場は大西洋です。裸のグフじゃカモです。懐に入ってきたシローをけん制すべく、ここでMLバギーの出撃です。それ行け、スレンダー!

しぱぱぱぱぱ!

 シローの小型盾防御を削りきれません。な、なんじゃこの攻撃力の乏しさは・・・。きっちり防御されているので機動低下もありません。あ、見ました、見ました。確かにジオンの兵士になっています!ほほ~と芸の細かさに感心している余裕がほ~にはありません。アプ、スクランブル出動です。防御で拡散ビームをお見舞いしようとしたら、えっちらおっちら接近してきていた敵MS部隊から衝撃の×6!ぶっはあ、こりゃあかん!と思ったらアプ3奇跡の生還です。ひぇ~と母艦に避難したいところですが、敵が迫っているのでいったん薄い方へ逃げて体勢を整えます。

 せめてシローだけでも落とす!とラルがグフで特攻です。シローのHPをミリにしたところで飛び込んできた敵MSから射撃をMLバギーもろともマルチロックでくらってしまい。ラルとスレンダーここで昇天です。

 残っているのは瀕死のアプ3だけです。もう、こりゃ負け確実ですが、せめて敵を何機か道連れにすべく、防御で拡散ビームを発射です。か、かわされます。なんとこの回、アプ1発も当てませんでした。なんじゃそりゃ~。でもって格闘を挑まれてアプも大西洋に散りました。無念。なんと敵を1機も落とさずに完敗です。こ、こんなの対人以外でとんとご無沙汰です。衝撃の映像です。MLバギーの検証が無事に済んだことなどふっとんでしまいました。ガッカリ。

 失意のまま店を変えます。次の店ではなんと3人座っています。おお、対人ができるぞ、と思ったら2人は少尉で模擬戦でした。もう1人も少尉ですが連邦で普通の戦場に入っています。ではとまずは連邦で1戦。MLバギーの制約がないので、砂漠でサリーを今度は陸ジムに乗せてレールキャノンなんか持たせて出しました。だいぶバタバタしてしまい、サリーは結局落とされてしまいましたが、一応勝つことができました。しかし砂漠は砂漠用の編成を組まないとダメですね。

 さて最後はジオンで宇宙です。ちょうど戦場が切り替わったところで1人の少尉さんの姿はセンターモニターには映っていません。まあ対人を望むならばほ~が先に入っていても、乱入してくるだろうと考えて先に入っておきました。結論から言うと少尉さんは入ってきませんでした。残念。

 で、こっちではいつものギリアムとイアンに加えて課題のスレンダーザク1の3機編成です。なんか、さっきの大西洋のでの惨劇が嘘のように完勝しました。ほっとしました。スレンダーのぺちぺちマシンガンも見られたし、3機で上手に動いてリンクロックをしかけることができた場面もあって、CPU相手ではあるけれども3機をほぼ思い通りに動かすことができました。少し機嫌が直りました。やれやれ。

 排出カードはイアン専用ザクキャとなんかカスタムが出てました。残り2枚は記憶にすら残っていないコモンでした。え~と何か武器だった、武器。

 さあ明日はベストワンクラブ戦線です。楽しみだ~!みなさんよろしくです!

( ̄▽ ̄)ゞ

| | トラックバック (32)

2006年6月 7日 (水)

ぶっはあ

 ああ疲れた!しんどいっす!仕事でトラブル発生で、今日は所沢に4クレ限定で終戦Pもらいに行こうと思っていたのに流れてしまいました。だってもうヘトヘトだったんだもの。

 というわけで家に帰って飯を食って、風呂に入ってぐったりしながら、人のブログに書き込みをしていたわけですが・・・。

 なんかガンキャノン、まじで熱くない?流れが来てるって感じ?上級者が以前一度使って捨てて、リアルスキルとコストが上昇して再び「使えないかな」と手に取ってる感じ?まあぶっちゃけそういうレベルの話だとほ~とは縁遠いはずなのですが、なんか浪漫を感じます。浪漫=ネタの香りという方程式を心に携えているほ~としてはなんだかワクワクしてきます。これからガンキャデッキですよ、旦那!

 とは言えほ~のネタデッキの機体として控えている「オートガンキャハンマー」に関しては見て見ぬ振りが妥当な対処法らしく、芳しい反応がありません。この反応を肯定するしかない結果が出るのか、それともそれを覆す結果となるかは、メガネさん次第!(←こら)

 さて4クレができなかったので、今日も今日とてネタ探しです。っつーか1個疑問がわいてます。先日MLバギーを鹵獲でラル部隊に導入しかけて思いとどまったと書きましたが、MLバギーをしまいながら考えました。当たり前ですが、これに乗っている兵士は連邦の兵士です。これ、鹵獲したらジオンの兵士が乗るのかな?そこまでこだわって作っているかな?ということ。またクロニクルのカードにはマークがつきますが、これ鹵獲したらマーク変わるのかな?ということ。

 特にMLランチャーは気になって仕方ありません。クロニクルカードはそういうマークの機体を鹵獲して使っていると言われれば「なるほど」と引き下がれますが、普通の兵士の格好となると、それも鹵獲したんかい!と突っ込みたくなります。

 これ、実践して確認してきます。くれぐれもご存知の方や気になって試したと言う方は、黙っていてください。ほ~が結果を出すまで、言っちゃダメです。自力で解き明かしたい小さな謎なのです。

 うは~やっべ~、すっごく試してみたくなっちゃいました。鹵獲でオートでもつけておけばコストの圧迫も少ないです。明日の終戦P回収にでもさっそくやってみようっと。

 

 閑話休題。

 使えないカードとして名高いカードが多々あるこのGCBです。ネタとしては良質でもガチではありえない。と評価が固まっているか、ほぼ固まりつつあるカードをなんとかバージョンアップで生き返らせることはできないだろうか?またほ~が変なことを考え始めました。

 ご意見は募るとして、まずは先陣。

「ホバートラック」再生論

 敵機の位置が分かるだけというのが、魅力の無いものにしていると考えるのが妥当でしょう。武器の破壊力を上げるとなんだか壊れたカードになると思うので・・・。

①命中率の向上

 艦長が持ってるあの能力をこのカード単体に持たせるのです。1枚で↑1個かその半分くらいの効果で。実際敵の位置をさぐることができると言うことは、それに対応した布陣や機動をとれるということです。これはこちらが戦局を優位に進められることに本来はつながるはずです。同じ効果を偵察ザクにもつければいいんじゃないでしょうか?

②カーゴミニ版の追効果

 機動で攻撃を仕掛けると自爆する。コストのバランス考えて奥の手みたいな感じで、素のザクが攻撃くらうと3分の1くらい削る程度で。

③地雷

 機雷ザクの能力を持たせる。ただし防御ボタンを押した位置に固定の地雷が設置されるように。ふわふわ動くのはおかしいと。

 すでに他のカードである効果を追加するだけでできるので見事再生できそうな気がするのですが?カードゲームには大抵ダメなカードがありますが、このGCBはその率が高い気がします。だからこそ引いてもあまり精神的ダメージが無いような仕様にしてくれませんかねえ?あんまりやるとバランスが崩れて壊れカードになってしまいますから、小さな変更でいいので、やってくれませんか?バンダイさん。

 (/・ω・)/

| | コメント (5) | トラックバック (14)

ベストワンクラブ戦線は金曜日出撃

 まずは業務連絡。

 メガネさん率いるベストワンクラブ戦線は金曜日出撃がほぼ確定しております。フェンリルさんよろしゅう~。シルルさん、いらっしゃれることをお祈りしています~。そのほかの方で、もしいらっしゃれる方がいるようでしたらぜひコメントをください。ほ~は目つきと態度が悪いと職場でも評判ですが、話してみると意外とおもろいとも評判です。安心して話しかけてください。

 さてそうとなればネタデッキの編成にいそしむ楽しい時間がやってくるわけです。まず以前から予告していたオートガンキャハンマーですが、もうバッチリ組んであります。しかし、ただその1機だけ出しても意味が無いので、脇を固める連中にも工夫をこらしたいところです。ネタデッキはファーストインパクトが結構大事なので、あえてまだ公表しませんが、あれこれいじればいじるほど、なんだかダメダメ感で満載になる悲しいデッキが出来上がってしまいました。詳細は金曜日の報告をお待ちいただきたいですが、もしかすると私の中で「なかったこと」にしてしまう可能性もあります。ご了承ください。

 さて連邦で組むならば当然ジオン。しかし我が愛すべきネタデッキである、なんちゃってラル部隊は前回ハモンカーゴ特攻をやっとこ決めたものの、やはり白い悪魔in白いザクタンクのインパクトにはかなうはずもなく、ネタの衝撃度では大きく水をあけられた印象でした。宇宙でもジムEのEXAMにコンスコンが霞んで見えなくなりました。

 これではイカン!メガネさんのブログでもネタデッキブログ(?)としてご紹介いただいたのに!こんなんじゃイカン!

 と一念発起して、なんちゃってラル部隊に大きな変革の嵐が到来です。いや、しかし、何?ネタデッキで変なこと考え始めるとメタメタになりますね。気がついたら鹵獲でMLバギー2台入っていました。こんなのじゃダメ~!!w

 こちらも内緒ですが、結局出来上がったなんちゃってラル隊はもはやジオン指折りのゲリラ屋の面影の無い部隊となってしまいまいした。許せ、ラル。こちらも詳細は金曜日の対戦後になります。

 さてリアルスキルが下がると評判のオートですが、ネタデッキ的にはいじりがいのあるカードではなかろうかと考え直し中です。

 オート主力で対人でいいとこ勝負できたら楽しいなあと。基本自分で動かす1機か2機とオート達での戦術になるわけで・・・。さすがに全部オートじゃ、それCPUやん!と非難されそうです。狙いが正確のなのがオートの特徴です。長距離砲のクリティカルな射程ではなかなかの役立ち具合です。(←体感) また、これまた経験上、機動での動きには大きな?マークが点ります。「裏を取る」という概念がないのではなかろうか?今度のオートガンキャハンマーでよく見てきます。

 ロングミドルレンジにおけるオートの役立ち具合だけに注目して、懐に入られる前に相手を瀕死にできないものかと。かと言って破滅CDは使いたくない・・・。う~ん。はっ!機雷ザクなんてどうなんだろ?防御押して機雷ばらまいたら、自分でその機雷にずんずん当たって行きそうに思えてしまうが・・・。試すか・・・。w

 とまあこんな具合で金曜日の出撃に向けてあ~だこ~だとネタ探しと練り上げに夢中になっているほ~なのでした。

| | トラックバック (39)

2006年6月 5日 (月)

♪どうでもいいですよ~

 仕事がハードな今週ですが、なんとか木か金に出撃したいと目論んでいるほ~です。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 さて今日はどうでもいい話をします。

 バージョンアップの公式アナウンスが全く無く、やる気があるんだかないんだか、どうも無いようなバンダイです。そこで勝手にその次のバージョンアップで組み込んで欲しいことを妄想してみました。

①新カード

 ああ、これは妄想じゃなくて切なる希望でした。

②全国通信対戦

 ああ、こっちも妄想じゃなくて切なる希望でした。

③ミッションモード搭載

 マンネリCPUをいかに楽しく、そしてリアルスキルでポイントも増える形式に。っつーことで普段使われない決定ボタンを使ってマップを切り替え。「敵トーチカ破壊」や「輸送部隊襲撃」「強行偵察」「○○作戦参加(←無差別戦に代わるもの)」などのミッションをこなしていきます。再出撃システムなんかよりよっぽどおもしろそうなんですけど。

④母艦カード

 これは賛否が分かれそう。基本的にはデフォの母艦。で母艦カードを使うと差分がコストとして引かれると。母艦カードにした場合のみ、サブパイ搭載可能。カスタムはやめたほうがよさそうです。

 とまあつらつらと妄想してみました。他にも書かなかったけれど「育成モード」とか「第3軍編成」とか、通信対戦がダメなら「擬似通信対戦」とか考えました。

 バンダイの関係者さ~ん、どうですか~?お金取らないから採用してくださ~い。w

(/・ω・)/

| | コメント (5) | トラックバック (39)

日本代表 マルタ戦

 まあ怪我しなくてよかった。一応勝ってよかった。

 それにしても見ていておもしろくない試合だった。玉田と大黒というFW2人の組み合わせってどうなんだろう?1人は巻でよかったんじゃな~い?その巻が出てきた時には1TOP。う~ん。1TOPはスピードのある選手がいいと思うんだが・・・。な~んかちぐはぐだなあ。

 ジーコにしては珍しくメンバー交代が盛んで、みんな試合勘を取り戻すにはよかったと思うけれど・・・。代わったメンバーにここで活躍してスタメンとったるという気合を感じられなかったのも事実・・・。な~んかぬるいなあ。

 ドイツ戦の後の燃え尽き症候群?相手なりの試合をしちゃう癖?代表からもれた選手たちがマルタ戦を見てどう感じるのかなあ?中田がTVで言ってたが、以前の代表に比べて気持ちが足りないみたいなこと・・・事実に感じた試合だった。井原、中山、三浦、北沢、ラモス・・・、精神論に頼ってちゃ勝てないけれど、技術差がきわどければ、気持ちが足りない方が負けるのが当たり前。

 試合後に中田が走らなければサッカーにならないと言っていた。味方が届かないパスを出していたことについて、それは走れと言う意思表示かという問いは否定していたが、どうかなあ、あるんじゃない?

 まあ、別に本番じゃないから、あれこれ言っても仕方ないのはわかっています。本番で勝ってくれれば何の文句も無い。頼むぞ日本代表。

(/・ω・)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

孤独な所沢戦線 その2

 続きで~す。

「ジオン コストダウンガチ VS少尉」
 先ほどの少尉はまた模擬戦に入ってしまいました。また終わって近コストに入ってくるかもと考えて、スレンダーを外してコストを少し抑えた状態で戦場へ入りました。来ましたよ~少尉殿。「敵部隊接近!」です。

 少尉はギャリーにLAでハンマー。ロンはなんかジム系にやはりハンマー。あとはジュダックコアブでした。2機のジムが防御で接近してくるところにとりあえずサイコミュを撃っちゃいます。ああ~ギリアムの格闘もリンクロックしないと~。しかし少尉さんの機動⇒防御での接近が意外なくらい上手です。ブロに肉薄される前に攻撃しないと危ないです。

 サイコミュ攻撃の後は絶対に機動で飛び込んでくると読んで、あえてブロを2機に間を突っ切る形で配置しておきます。クレナイ大将軍から教わった飛び込んで再び攻撃を対人で始めて実践です。結果・・・ズバリ的中!飛び込んできた2機と見事なまでにすれ違いました。やったぜ、しかし敵もさるものすぐに取って返してブロを追撃してきます。速い!OPブーか!?

 しかしほ~ものんびりしていません。ギリアムが格闘をしかけます。しかもそこにブロがリンクロック!

ヤッタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 ロンを瀕死にします。撃墜できなかったのは格闘を1回かわされた分です。ギリアム~、当ててくれ~。しかしここで少尉の反撃です。ブロにLAが突撃してきます。これをかわせません。LAハンマ~炸裂!!!

ちゅど~ん

 ブロは早くもセンターモジュールにされてしまいます。これはまずいと母艦を盾にしようと動きます。また、瀕死だったロンが母艦方面へ逃げようとしているのを見つけて、そこにギリアムが突撃。ジムはつらいね、少尉さん。さっきほ~も思い知ったのよ、ジムの機動力の無さを。こちらはOPブー付で専用R2です。びゅんと追いついて裏から格闘×2。ロンをこれで破壊。
 残ったLAですがこちらも攻撃を当ててしまえば紙装甲。センターモジュールも出して撃破します。残るはジュダックコアブです。これをギリアムで追い回します。OPブーは追い越し禁止を心がけたのですが、ここではけっこうミスして攻撃をくらってしまいました。まだまだだなあ。

 しかし瀕死になるまでは行かずそのままギリアムでジュダックを落とします。無事勝利です。ゲージが連邦でほぼ振り切っていたので、少尉相手でもポイントをいただくことができました。4勝1敗(対人1勝1敗)

 ここで少尉さん、帰ってしまいました。1回戦ったので粘着なんぞ決してしないのですが、それが相手に伝わるわけはないし、そもそもそこで終わりにする予定だったのかもしれません。さようなら~。

「ジオンガチ CPU」
 さて対人欠乏症を解消するデッキで出撃するか迷いましたが、スレンダーザク1を交えた3機の動きを練習したいので、ガチで出撃しました。しかしここではCPUの猛攻撃を受けました。母艦近くまで多くの敵機に迫られててんてこまいです。ブロは途中でセンターモジュールにされ、積極的に攻撃参加させたザク1はHPミリなんて状態です。

 母艦を左上に移動させてそこにザク1もいったん避難させます。この回は敵に脱出機構つきが多くて閉口しました。獅子奮迅の活躍で戦場を駆けたギリアムですが、見えなかったコアファイターからのリンクロックをくらって昇天。まったく防御ボタンが間に合いませんでした。嗚呼プレイミス。

 これで残るはセンターモジュールと手負いのザク1だけ。敵機は脱出した後のガンダムにコアブースターとコアファイターともう1機ジムキャノンのなんかです。ずいぶんいます。しかしMS2機のHPをだいぶ削ってあったことが幸いしました。センターモジュールのサイコミュでこれらを撃破します。しかしコアブからのビームをくらってしまい、センターモジュールもここで撃墜されます。

 スレンダーザク1で敵機2機を相手にすることになりました。母艦に寄り添って回復をしながら防御で待ち受けます。敵が障害物にごい~んとなった隙にザクマシンガンをずばばば~と当てて1機落とします。その間隙に残り1機から攻撃をくらいスパイクシールドはあっけなく剥がれます。ここで追撃をくらえばHPが半分もないザク1は・・・風前のともしびです!母艦に再びひっつきます。敵機がそこに詰め寄ろうとしてまたまたこいつが障害物にごい~ん。CPUナイス操作ミス!

 艦長ハモンだし、スパイクシールドは回復も早い。再び敵機に照準を合わせます。ハモンの母艦の牽制もあって、こちらが落とすことができました。スレンダーザク1よくやった!お前は出来る子だと思ってたよ。(←嘘)

 敵機を最後にバリバリ落としたおかげてポイントが入ってスレンダーレベルアップです。3つのパラがにょろっと上がりました。さすがザク1。このまま行けば勇者スレンダーの誕生ですが、もうすぐICカード更新で出番がいったん無くなる予感です。でも3機に慣れるために無理してでも3機編成がいいのかなあなんて考えるようになりました。 5勝1敗(対人1勝1敗)

 嫁さんと息子がまだ来ません。仕方ないのでもう2クレ。それ~。

「ジオンガチ CPU」
 嫁さんと息子が来るとそれはすなわち最強の敵との対決の始まりです。それを避けたいので3機出撃ですが、この回は2機だけをとりあえず動かします。この方が楽に勝てるところがリアルスキルの足りない証明ですね・・・。トホホ。 6勝1敗(対人1勝1敗)

「連邦ガチ CPU」
 ここで3番機のサリーを並べようとする前に、ある葛藤がありました。それはオートガンキャハンマーです。w これはTACさんのリクエスト(?)による機体なのですが、ネタとして最後にやっておかねばと思って並べる寸前まで行きました。しかし・・・、ここでよく考えてみました。以前宇宙ではオート連中がずんずん前に進撃していって、アムロの特殊能力がちっとも発動しなかった苦い経験があります。オートの挙動はとにかく信頼が置けません。今回導入しても余計な動きをしてえらいめにあうかもしれません。しかし普通にサリーガンキャハンマーというのも・・・。オートガンキャノンハンマーはとっても魅力的なのですが、どうなの?と我に返ってしまったわけです。完全ネタデッキ対決でメガネさんかフェンリルさんにベストワンで相手してもらおうっと。装甲の厚さを頼りにハンマー2個とか笑えそうです。

 ということで(?)この回はサリーをガンキャノンからジムバズに乗せかえました。んでもってさらに180mmを持たせます。戦場はシアトルで。まずはテキサンとサリーで、もたくさビルを登ろうとしている敵機をリンクロックで撃破。

 一方反対側ではギャリーが格闘でお相手です。アプがわらわら味方を引き連れて接近中なので、かいくぐって格闘を当てます。その後はそれ避難!ってビルに引っかかります。し、しまったあ~。なかなか学習できません、この辺り。ビルやら谷やらに引っかかってはリンクロックをくらうというミスをどうしても無くせないんです・・・。ギャリーは機動低下にされそこをさらに囲まれて粉々にされました。

 残るは射撃の2機。主力はどう考えても下駄に乗っているテキサンです。こいつでアプを仕留めようとしますが、アプ避ける!避ける!でじりじり迫られて仕方なくサリーが格闘で飛び込みます。と、そこへ横から別の敵機がロック!ひえ~。サリーここまで。

 テキサンは母艦でちょびっとだけ補給。サリーの仇をまずは討ちます。続いてもたもた回頭中の瀕死のアプを格闘で始末。さ、これでおしまい・・・になりません。あ、あら?と上を見るとなぜかドムが母艦に寄り添っています。なんじゃそら?そんなCPUってあまり見たことがありません。これって普通ですか?

 仕方ないのでこっちも母艦で十分回復してから攻撃に出かけます。下駄は無くても長距離砲です。レンジ合戦では負けません。防御で遠目から一撃くらわせると、母艦から離れて接近してきます。ふーん、こんな動きするCPUもいるのね。今まで突撃一辺倒のCPUばかりだった気がします。しかし180mmと固定バズで撃墜。今度こそ戦闘終了です。ふー、やれやれ。7勝1敗(対人1勝1敗)

 携帯で連絡したらもうすぐ買い物も終わるとのことでしたので、最強の敵との戦いを回避するためにもこれでお終いとしました。メガネさん・・・オフ会楽しんでいるかなあ。

 さて排出カード。今回は上出来です!全部コモンとか全部コモンで1枚だけテムパとか、呪いが解けたんだか解けてないんだかなんとも判断がつかなかった最近ですが、呪いも完全に解けたと思えた1日でした。
 先ほども書いたように最初の見せて、テリー(初)、プロトドムときて、次の店ではゲルググ高機動(初)と黒が先行したところで、ロングレンジビームライフル!ずど~ん。レア降臨です。武器ですけど。使いませんけど。でもテムパよりビームバリアよりいいんじゃなかろうか、上向き感がありませんか?ありますよね、ね、ね?
 サテを変えて足ミサ、ガンダムハンマー、ザクキャラビット、レールキャノンという配当でした。なんと8枚のうち1枚レア、4枚がアンコで、初引きが2枚!う~ん、ほ~にとってはこれでも大満足です。コモンが半分以下なんてたぶん初めての経験です。
 こういう時こそICカードを忘れがち。指差し確認でしっかり持ち帰りました。

 ガチデッキでCPUがつまらんなんて書いていましたが、本気で3機編成をするようになると忙しいのなんの。もっと早くCPUでは3機編成にすればよかった。w  

( ̄▽ ̄)ゞ

| | コメント (8) | トラックバック (89)

くねくね

 えーと、最初に書いておきますが、怖いです。怖いの嫌いな人は読まないほうがいいです。その筋の人には有名な話ですが・・・。

 心の準備はいいですか?では・・・

 これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時の事である。
 年に一度のお盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、早速大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。都会とは違い、空気が断然うまい。僕は、爽やかな風を浴びながら、兄と田んぼの周りを駆け回った。
 そして、日が登りきり、真昼に差し掛かった頃、ピタリと風か止んだ。と思ったら、気持ち悪いぐらいの生緩い風が吹いてきた。僕は、『ただでさえ暑いのに、何でこんな暖かい風が吹いてくるんだよ!』と、さっきの爽快感を奪われた事で少し機嫌悪そうに言い放った。
 すると、兄は、さっきから別な方向を見ている。その方向には案山子(かかし)がある。『あの案山子がどうしたの?』と兄に聞くと、兄は『いや、その向こうだ』と言って、ますます目を凝らして見ている。僕も気になり、田んぼのずっと向こうをジーッと見た。すると、確かに見える。何だ…あれは。
 遠くからだからよく分からないが、人ぐらいの大きさの白い物体が、くねくねと動いている。
 しかも周りには田んぼがあるだけ。近くに人がいるわけでもない。僕は一瞬奇妙に感じたが、ひとまずこう解釈した。
『あれ、新種の案山子(かかし)じゃない?きっと!今まで動く案山子なんか無かったから、農家の人か誰かが考えたんだ!多分さっきから吹いてる風で動いてるんだよ!』
 兄は、僕のズバリ的確な解釈に納得した表情だったが、その表情は一瞬で消えた。風がピタリと止んだのだ。しかし例の白い物体は相変わらずくねくねと動いている。兄は『おい…まだ動いてるぞ…あれは一体何なんだ?』と驚いた口調で言い、気になってしょうがなかったのか、兄は家に戻り、双眼鏡を持って再び現場にきた。兄は、少々ワクワクした様子で、『最初俺が見てみるから、お前は少し待ってろよー!』と言い、はりきって双眼鏡を覗いた。
 すると、急に兄の顔に変化が生じた。みるみる真っ青になっていき、冷や汗をだくだく流して、ついには持ってる双眼鏡を落とした。僕は、兄の変貌ぶりを恐れながらも、兄に聞いてみた。『何だったの?』
 兄はゆっくり答えた。
『わカらナいホうガいイ……』
 すでに兄の声では無かった。兄はそのままヒタヒタと家に戻っていった。
 僕は、すぐさま兄を真っ青にしたあの白い物体を見てやろうと、落ちてる双眼鏡を取ろうとしたが、兄の言葉を聞いたせいか、見る勇気が無い。しかし気になる。
 遠くから見たら、ただ白い物体が奇妙にくねくねと動いているだけだ。少し奇妙だが、それ以上の恐怖感は起こらない。しかし、兄は…。よし、見るしかない。どんな物が兄に恐怖を与えたのか、自分の目で確かめてやる!僕は、落ちてる双眼鏡を取って覗こうとした。
 その時、祖父がすごいあせった様子でこっちに走ってきた。僕が『どうしたの?』と尋ねる前に、すごい勢いで祖父が、『あの白い物体を見てはならん!見たのか!お前、その双眼鏡で見たのか!』と迫ってきた。僕は『いや…まだ…』と少しキョドった感じで答えたら、祖父は『よかった…』と言い、安心した様子でその場に泣き崩れた。僕は、わけの分からないまま、家に戻された。
 帰ると、みんな泣いている。僕の事で?いや、違う。よく見ると、兄だけ狂ったように笑いながら、まるであの白い物体のようにくねくね、くねくねと乱舞している。僕は、その兄の姿に、あの白い物体よりもすごい恐怖感を覚えた。
 そして家に帰る日、祖母がこう言った。『兄はここに置いといた方が暮らしやすいだろう。あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん…うちに置いといて、何年か経ってから、田んぼに放してやるのが一番だ…。』
 僕はその言葉を聞き、大声で泣き叫んだ。以前の兄の姿は、もう、無い。また来年実家に行った時に会ったとしても、それはもう兄ではない。何でこんな事に…ついこの前まで仲良く遊んでたのに、何で…。僕は、必死に涙を拭い、車に乗って、実家を離れた。
 祖父たちが手を振ってる中で、変わり果てた兄が、一瞬、僕に手を振ったように見えた。
 僕は、遠ざかってゆく中、兄の表情を見ようと、双眼鏡で覗いたら、兄は、確かに泣いていた。
 表情は笑っていたが、今まで兄が一度も見せなかったような、最初で最後の悲しい笑顔だった。
 そして、すぐ曲がり角を曲がったときにもう兄の姿は見えなくなったが、僕は涙を流しながらずっと双眼鏡を覗き続けた。『いつか…元に戻るよね…』そう思って、兄の元の姿を懐かしみながら、緑が一面に広がる田んぼを見晴らしていた。そして、兄との思い出を回想しながら、ただ双眼鏡を覗いていた。
 …その時だった。
 見てはいけないと分かっている物を、間近で見てしまったのだ。
『くねくね』

 

 いかがでしたか?私はこの話を始めて読んだ時に背筋が凍りました。他のバージョンもあるようで、いくつか読みましたがこの話が一番怖いです。

 しかし、この話、創作なんです。板に最初にこの話を書いた人が「創作話だけど」と注釈してから書いたそうなのですが、話が上出来なせいか、この話だけが一人歩きして、なんだか新種の都市伝説級に広がっているそうです。中には「正体を探る」なんて真剣に議論している人もいるようです。創作なのにね。w

| | トラックバック (6)

2006年6月 3日 (土)

孤独な所沢戦線 その1

 今日は立川オフの日です。ほ~は家族サービスで行けません。ネタデッキでサテ占領したら楽しいだろうなあ。うらやましいです。しかし、そんなほ~も今日は出撃。嫁さんが所沢に買い物に行くというので、最初は子守をして、途中で入れ替わって終戦Pも気になる2店へ行ってきました。

 まずは地下。三国志すごいことになってます。いったい何人待ってるんだ?我がGCBには誰もいません。いいもん。終戦Pもらいに来たんだもん・・・って13日目!?終わってないじゃん。でもせっかく階段を降りてきたので2クレで両軍1回ずつやることにします。

1戦目「ジオンガチ CPU」

 宇宙へ出撃です。ギリアム格闘専用R2とイアンブロ、それに戦闘データ付ザク1スレンダーです。3機をいかに使いこなすかがだんだん真剣な課題になりつつあります。とは言え母艦に肉薄されないと基本的にスレンダーに出番はありません。(←仕様)途中1機だけのこのこ近づいてきた敵機にブロとリンクロックかまして撃墜しましたが、出番はそれだけ。ま、いっか。 1勝

2戦目「連邦ガチ VS大尉」

 続いて連邦へ差し替えて準備していると、前の席にカップルが座ります。お兄ちゃん、ゲーセンに彼女連れてくるのはあまりいい手とは思えないぞと思いつつ眺めているとジオンで地上です。願ったり叶ったり。さっそく後入りさせてもらいます。彼女の前でいいとこ見せたい彼の気合が勝つか、ファースト世代中年妻子持ちの意地が勝つか!?

 二刀流ジム下駄とバズジム下駄とコアブの3機で出撃してみました。相手は大尉であることがここで判明。しかも、部隊は・・・三連星!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 ドムでバズとシールド装備です。いよいよJSA初体験の予感です。うはー、くらいて~。(←おかしい考え) わくわくしながら少々無理な進撃です。格闘機を機動でつっこませて防御。さあ、来い、夢のジェットストリームアタック!!って来ねえ!普通の×2です。ちょっとちょっとぉ~。こちとら無謀な突撃してるんだからJSAでお願いしますよ~。無駄に下駄が落ちただけです。

 これってただのピンチです。

 仕方ないので横からテキサンが射撃で茶々を入れます。JSAを見せてもらう代わりに、下駄を差し出したつもりだったのですが、彼氏はどうも彼女の前で負けるわけにはいかないという気合が入りすぎているのか、JSAを狙う余裕は無いようです。

 下駄を差し出したのがこうなってくると完全に裏目です。全くドムにスピードで対応できません。機動で逃げても普通に追いつかれます。コアブで牽制に行きますがこれもさっくり撃墜されます。速いなあドム。

 母艦で回復している敵機に母艦ごと粘着格闘なんぞ仕掛けてみましたが、焼け石に水。あえなく部隊は全滅となってしまいました。よかったね彼氏、彼女の前でかっこよかったよ。JSAは出せなくてもきっと彼女はそんなこと知ったこっちゃありません。「うふふ、私の彼つよ~い」とご満悦でしょう。ほ~は「ちぇっ」と少々ふてくされながら次の店に移動です。 1勝1敗(対人1敗)

 ここではテリー(初)とプロトドムでした。テリーがそろっていよいよ08小隊もあのお方(呪いが怖いのであえて書かない)だけになりました。準備万端ですよ、神様。使う予定はないけれど引けば嬉しいでしょうねえ。

 さて次のお店。サテはここも無人かと思いきや連邦少尉が模擬戦していました。模擬戦かあ・・・、対人は無しかなあと思いつつ座ります。

3戦目「ジオンガチ CPU」
 ここは開戦3日目でした。しっかり終戦Pをいただきます。ここもどうやら連邦が勝ったようです。ゲージは今日も連邦で振り切っています。CPUを相手に3機(実質2機)を運用していると、なんと先ほどの少尉さんが、模擬戦を終えた後こちらの近コスト戦場へ入ってくるではありませんか。来るか~・・・来ませんでした。どうもコストが足りなかった様子。残念。 2勝1敗(対人1敗)

4戦目「連邦ガチ CPU」
 こちらは嫁さんと息子が呼びに来る間の出撃ですので、まずは終戦Pをしっかりいただいておかねばなりません。少尉殿にはもう少しお待ちいただいて、連邦ICをさくっと刺します。ここでは戦場を大西洋にします。そんでもってサリーをガンキャノンに乗せちゃいました。ビバ!ガンキャノン!赤くて熱いあいつがオート以外で初登場です。

 敵がもたくさしているので、だーっとテキサンと一緒に右上へ突撃してリンクロックかまします。ザク2がいましたが、ゲルシーをふっとばし、固定盾をふっとばし丸裸にします。それでも前進してくるので、再びリンクロック。盾の無いザク2を粉砕します。しかしガンキャノンここで早くも弾切れです。コストが足りないのでライフルとか持っていません。素のガンキャノンです。ひとまずサリーは後退。

 水の中をうじゃうじゃやってくる敵部隊にギャリーが突撃。まずはアプにターゲットをしぼります。小型シールドなんぞ持たせているので一応2回格闘ですが、アプはさすがにHPがたくさんあって落とせません。粘着格闘しようと思いましたが何しろそこは敵陣のまっただなか、もたもたしているとリンクロックの嵐が待ち受けます。落とせませんでしたがまずは退避。

 テキサンで陸に上がろうとするズゴックに強化炸裂弾をお見舞いして海の藻屑にします。ここでテキサンも残弾がわずかになったので後退。サリーのガンキャノンが再び登場です。水中でもがいているMSにキャノン砲をかましますが、水中なのもあってダメージは多くありません。と思ったらさらに空いていた左にもう1機敵機がいることが判明。グラブロです。こりゃまずい。さっさと落とすに限るとギャリーを急行させて格闘をしかけようと思ったら、母艦で補給中のテキサンにアプが収束ビームを放ってきました。しまった、見てなかった。下駄が落ちます。とりあえずグラブロに一撃かましたあとは、母艦に肉薄中のアプの撃破を最優先に変更します。

 ガンキャノンの砲撃をひらりとアプにかわされてガックリきましたが、いったん下がったアプにギャリーが間に合って格闘攻撃で破壊しました。と悦に浸っていたら放置したグラブロからロックオンサーチが伸びてきてブーメランミサイルをぶちかまされます。下駄破壊。これはまずいです。先ほどのカップル対戦でも下駄から落ちたジムの機動力の無さに閉口したばかりです。ましてやここは大西洋。水中のグラブロに格闘なんざくらった日には昇天間違いなしです。いそいで地上へ避難します。

 下駄から落ちたとは言えテキサンは健在です。サリーのガンキャノンと再びリンクロックで、グラブロを削ります。しかし水中なのでダメージ減るのが鈍いです。仕方ないのでテキサンを囮気味にグラブロの前方で動かしてCPUを釣ります。CPUまんまと引っかかってそっちへずんずん動いていきます。そこへ地上から水に飛び降りてギャリーが格闘を仕掛けます。これでやっとこグラブロを仕留めることができました。やれやれ。 3勝1敗(対人1敗)

 なんだかもりもり書いてしまいました。クレナイ大将軍のように上手に書けないうえに、相手のほとんどがCPUなので、あまり読んでいて燃えるものでもないでしょう。どちらかというとほ~の操作にハラハラ?

 とりあえず今日はここまでです~。続きは次回。

(/・ω・)/

| | トラックバック (71)

2006年6月 2日 (金)

病み上がり記念 ベストワンクラブ出撃 続編

 風邪が治りかけたらもう出撃せずにはいられませんでした。しかもわざわざ仕事中にコッソリとメガネさんにメールして、今日のベストワンクラブ出撃を確認する念の入れよう。w 残念ながらフェンリルさんとは連絡をつけることができませんでした。ごめんなさい。体調がよくなって急に思いついたので・・・。ひょっとしてメガネさんに頼めば連絡ついたのかなあ?

 まずはほ~が先着。なんだかほ~が行く時はよくサテが埋まっています。今回も半分が埋まっていました。そしてなぜだかジオンで戦況が振り切っています。どうも前回の戦争は短期間で連邦が勝ったようですが、昼間の人口は連邦なのでしょうかねえ?

1戦目「連邦終戦P回収 CPU戦」
 ジオンと対人なら願ったり叶ったりということでまずは連邦でスタート。残念ながら対人は発生しませんでした。サリーをコアファイターに乗せてテキサンの周囲をうろちょろさせてテンションアップです。谷に落ちている敵機をいきなり×2のマルチロックして強化炸裂弾をお見舞いしたら1機は即死で1機は瀕死でした。CPU戦は楽だなあ。突撃してきたアプに少々陣形が乱れましたが、ロジャースのMCガンダムで粘着格闘をしかけてイチコロ。なんだかサリーの紙飛行機を敵の攻撃範囲に入れないようにする方に労力を裂いていた気がします。完勝。 1勝0敗

2戦目「ジオン終戦P回収 CPU戦」
 スレンダーをザク1に乗せて戦闘データを乗せます。後はいつもの編成。ところが・・・スレンダーを防御にしておくのを忘れて、気がつけば×2。ザク1は紙なので燃え尽きてしまいました。また意味の無いことをしてしまいました。それ以外は問題なく、なんだか3機編成でのヘタレ加減が身に染みてしまいました。困ったなあ。バランスの取れた3機編成で練習しようかなあ。ああ、でももうすぐ更新だ。コスト下がるから、ま、いいか。 2勝0敗

 メガネさん登場です。新兵さんを連れていて販売機でスターター?を購入しています。これから少々講習がある模様なので、とりあえずコインを入れて時間をつぶすことにします。

3戦目「連邦 VS中尉」
 戦場はジオンばかりなので、もう一度連邦を刺すことにします。CPU戦をしていると来ました「敵部隊接近!」、中尉です。まずはテキサンが下駄に乗って牽制に行きます。迂回してギャリーのMCガンダムも接近させます。敵はシャアゲルにライデン下駄乗りザクキャノンです。うむ、これは初めての編成です。まあこっちの逆みたいなもんだと思えばいいのでしょう。同じような編成ならば負けられません!中尉同士だし。
 と意気込んだらいきなり下駄が落とされます。前にもやった谷へ転落です。下駄を履いていても転落の影響は大きくて、おっとっととよじ登ろうとしたら攻撃をくらいました。うかつです。救助に向かったギャリーは下駄に肉薄するものの、なんと格闘を3連続回避され、逆にぐーぱんちをくらってしまう始末。な、何してんのギャリー!瀕死になって母艦へ逃げ帰るギャリー。下駄から落ちたテキサンが決死の覚悟で護衛します。しかし機動力で全く勝てません。ナギナタのクリティカル3連撃くらってHPミリです。こっちも遁走。
 仕方ありません、瀕死から回復し切れていませんがギャリー再出撃です。しかしシャアゲルはテキサンにとどめを刺そうとこだわって、私と同じように谷をえっちらおっちらよじ登っています。これはチャンスとばかりに切ります。ずばーん。まだよじ登っています。切ります。ずばーん。わー振り向きました。機動ですり抜けたところに待っていたのはザクキャノンからの砲撃。再びガンダムはHPがミリ。
 しかしここで下駄から落ちたテキサンが遠目からシャアゲルに強化炸裂弾をお見舞いします。シャアゲル粉砕です。次はいまだに下駄に乗っているライデンと対決です。誰が考えても向こうが有利です。こうなったら懐に飛び込んで格闘です。なんだか前にもそれで痛い目にあった覚えがありますが、ここでそれを思い出しても何の解決にもなりませんので、とりあえず飛び込みます。下駄逃げます。ああ、追いつけません。砲撃をくらいます。テキサン昇天。
 なんのまだこっちにはちょっぴり回復したガンダムがいます。向こうが谷にずりっとしたところにチャンスとばかりに飛び込んだところで、あら、時間切れ。局地的勝利で幕を閉じました。前半は完全に敵の流れで、よく持ち直した後半という感じでした。谷のある戦場での戦い方に課題が山積みです。 3勝0敗(対人1勝)

 
 ここでメガネさんが隣に座ります。メガネさんのギリアムとライデンのガチデッキを拝見です。(メガネさんのブログ参照)CPU戦で少々押され気味の前半です。これならほ~が乱入してもいいかと考えて再び連邦で出撃してメガネさんに後入りです。

4戦目「連邦 アムロバックアップデッキ vsメガネさん(ガチ)」
隊長機 アムロ MCガンダム ビームライフル ガンシー OPブースター
2番機 オート ガンキャノン
3番機 オート ガンタンク
4番期 オート コアブ
艦長 アリス

 普通にデッキで入ってもよかったのですが、ネタ的にどうかと。そこで前回対人欠乏解消のCPU戦で使ったデッキで乱入です。一番の誤算は砂漠と違って宇宙だと、オートどもがずんずか前へ出て行くことです。お前らアホかと。アムロが一番前にいないとダメなの!ガンキャノン硬いですが、格闘しかけられて生き延びていけるほどメガネさんの部隊は甘くありません。まあそもそもメガネさんのギリアム専用機とライデン専用機が相手ですから、オートじゃなかろうが、ガンキャノンじゃなかろうが、生存率はとっても低かったと思われます。
 コアファイターになったアムロが決死の逃避行を続けますが、最後には昇天。ガチデッキにこんな編成で入るのが間違っています。全然バックアップになりません。無理してアムロが救出に行ってはダメージをくらいそうになるという悪循環。対人のネタには使えないと認定されました。やる前に気がつけ・・・。3勝1敗(対人1勝1敗)

5戦目「ジオン なんちゃってラル部隊再び VSメガネさん」
 前の記事参照です。4勝1敗(対人2勝1敗)

6戦目「ジオン コンスコン強襲! VSメガネさん」
 前の記事参照です。5勝1敗(対人3勝1敗)

 ああ、楽しい。ネタデッキ対決って素晴らしい。

 しかしすでに時間はずいぶんなことになっています。最後は2クレでガチデッキ出撃とします。

7戦目「ジオンガチ CPU」
 完勝!以上! 6勝1敗(対人3勝1敗)

8戦目「連邦ガチ CPU」
 んと・・・、ボロボロです。何を考えたのか自分、いきなりテキサンを敵の矢面に出して、下駄を落とされます。な、なにしてんの、オレ~!!とギャリーガンダムで敵を切りますが、なんだか敵はテキサンと母艦にずんずん突撃してきます。あわわ。テキサンは下駄が無いので動きがとっても鈍いです。格闘かましてすり抜けて脱出を図りますが、追いすがられてリンクロック昇天寸前です。テンションアップにつけていたサリーのコアファイターも奮闘しますが、紙なので一撃で藻屑に。ギャリーはなんと敵から破滅CDをくらってHPミリのまま敵を切る羽目に。そりゃもう必死で切りました。ぜーぜーいいながら勝利です。病み上がりのおっさんに深夜の8戦目はつらかったようです。 7勝1敗(対人3勝1敗)

 というわけでベストワンクラブでの戦いの報告は終わりです。しかし前回の記事でネタデッキ対決を書いてしまったので、なんだかおいしいところを全部食べられてしまった後の料理みたいな印象です。すいません、お客さん。

 CPU戦を愛するフラナガンさんにもカード更新がやってきました。少尉残留を願うフラナガンさんでしたが、無事に(?)中尉に昇進です。ぜひ対戦しましょうね~。

 新兵さんとは対戦する機会どころかあまりお話もできませんでしたが、以後よろしくです。楽しいですよ、このゲームは。ネタデッキに目覚めると特に。w

 フェンリルさん、連絡が遅れてすいません。次の機会こそごいっしょしたいです!

 排出カードはコモンの連続でへたれカスタムがダブリ排出するにいたっては、なんだか涙が出そうになりました。が、最後の1枚で・・・テムのパーツ・・・。ど、どうなん?メガネさんはレアじゃないですか~と慰めの言葉をかけてくださいましたが。まあ「ギャンブルデッキやってみ?」ということなのでしょう。

(/・ω・)/

| | コメント (5) | トラックバック (2)

ベストワンクラブ ネタデッキ対決

 ベストワンクラブ戦線の本格報告は次回として、先にメガネさんとのネタデッキによる死闘をお送りします。なんで一度に書かないかと言えば、もう眠いからです。w

「ジオン なんちゃってラル部隊再び VSメガネさん」
 来ました、ついにネタデッキ対決です。人が減ってバッチリOKです。さっそくヒマラヤへ2人でGOGO!

隊長機 ラル グフ(ふつうの) グフシー
2番機 ハモン カーゴ爆弾
3番機 コズン 砂ザク
4番機 アコース ザクタンク
艦長 クランプ

 今回の見所はなんと言ってもカーゴ爆弾。ハモンさんでカーゴ爆弾。しかし開始早々出張っても餌食になることは目に見えているので、まずは自重です。部隊を防御にしてじりじり前進していくと見えたのは・・・

白いザクタンク 

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 当然のようにアムロが乗っています。す、すばらしいですメガネさん。感動です。アムロ前線へ出張っているのでテンションが早々に上がって何か叫んでいますが、なにせ乗っているのは白いザクタンク。なんだか主人公なのに滑稽です。すまん、アムロ、爆笑してしまった。しかもアコースのザクタンクとお互い防御のまま3連装マシンガンを「ぺちぺちぺち~」と撃ち合うにあたっては、腹がよじれるかと思うくらい笑ってしまいました。お店なので声を懸命に殺して笑っていたつもりですが、こらえきれなかったかも。

 他にもファンファンに許婚同士が乗っていて、片方だけ撃墜するのが忍びなくて、でもマルチロックで両方撃墜するには武器が貧弱で・・・。w 丁々発止やりあったらいよいよカーゴ爆弾が出撃です。敵の母艦めがけて機動でそりゃ~っと、と、遅い~。ヒマラヤだということもあるのでしょうが、遅いです。辿り着くまでにボコスカ撃たれてHPが減りまくっています。ああ~、待って~、自爆するまで待って~。間に合いました。無事に(?)自爆です。敵の母艦を瀕死に陥れます。ま、それだけです。すぐにマゼラトップになったハモンは撃墜されました。だって満足しちゃったし。

 ところがうちの部隊がうろちょろしていたら思わぬ方向からロックオンサーチが伸びてきました。うわ、なんかいる!?と思ったら61戦車でした。素敵・・・。母艦すら射程におさめる意外な健闘ぶりにあわててラルを急行させて切ったら紙でした。そりゃそうか。

 アムロと熾烈なザクタンクバトルは続きます。そんな折またもや思わぬ方向からロックオンサーチが伸びてきました。うわ、またなんかいる!?と思ったらMLバギーでした。素敵・・・。ザクタンクでやっつけてやる!と思ったら谷を降りられません。もちろんMLバギーも登れません。2人の間には決して越えることの出来ない壁があるのでした。それでもなんとかザクタンクで狙うのですが、MLバギーを射程に収められません。MLバギーの射程には入れられちゃいます。盾が剥がされます!戦闘中なのに思わず、隣のメガネさんに「どんな射程してるんですか?○ですか?」と聞いたら「四角です」という返事でした。うむう、降りられないザクタンクには手が出せません。

 盾を2枚剥がされてピンチでしたが気がつけば楽しい時間はあっというまで時間切れ。母艦にまで攻め立てられてザクタンク風前の灯火でしたが、最後は局地的勝利でした。ああ~へとへとです。操作も大変でしたが、笑い疲れが中心です。

「ジオン コンスコン強襲! VSメガネさん」
艦長 コンスコン
隊長機 ギリアム リックドム(借り物) グフシー ゼナミネバ OPスラスター
2番機 オート ゲルシー ジャイバズ リックドム
3番機 オート ゲルシー ジャイバズ リックドム
4番期 オート スパイクシールド ジャイバズ リックドム

 サイド6がよかったのですが、出ていなかったので他のところでやっちゃいました。リックドムは持っていると思っていたのですが、確認してみたら3枚しか持っていませんでした。仕方が無いので対戦前にメガネさんに「リックドム貸してもらえませんか?」と頼んで貸してもらいました。人のカードでネタデッキやってていいのか、自分。

 快く貸してくれたメガネさんのためにもこの部隊にはがんばってもらいましょう。防御指示にしてジャイバズの射程を延ばして攻撃は盾でしのぐというオートメインの戦術を試します。(←ダメダメ感満載)

 ギリアムはコンスコンの特殊能力を発動させるべく最初こそ突撃しますが、結局失敗してとぼとぼと母艦にもどってきました。横槍を入れたのは・・・出ました、例の許婚コンビです。今度はボールに乗っています。こ、こいつら~。w 
 カイが乗っていたのはジムEで、しかも途中でEXAM搭載なのが判明。このジムEが強いのなんの。EXAM発動してからは哀戦士の効果も相まって、避ける!当てる!
 って言うか、避けすぎ!当てすぎ!
 って言うかグーパンチにリックドムが粉砕されていました。さらに100mmマシンガンのクリティカルでもリックドムが消し飛んでいました。あ、あなどれねえ!w

 オートにすると個別に指示ができず、ボタン押しで全体への指示を出すしかありません。懐に飛び込まれたリックドムのために、機動に切り替えたりしていたのですが、オートなので変な挙動です。しかしCPU戦名物の×4リンクロックなんかも出て、リックドム部隊大善戦でした。コンスコンも満足でしょう。カードは動かさないのですが、 全体への指示を出すタイミングが難しくてけっこう笑えました。まあしかしこの戦いの主役はカイのジムEに持っていかれました。

 
 コンスコンは母艦を前に出して活躍の場面を作ろうかと思っていたのですが、結局日の目を見ませんでした。もともと母艦はチベじゃないので、まあ、そこはいいでしょう。w

 というわけで今回もネタデッキは爆笑しまくりとなりました。あ~楽しかった。というわけで他の戦いは次回です~。

(/・ω・)/

| | コメント (2) | トラックバック (18)

2006年6月 1日 (木)

ベストワンクラブ出撃!

 ふぇんりるさ~ん。見てないかな~?今日出撃です~。23時にメガネさんと共同戦線張ります~。もし見ていて来られそうならよろしくです~。

 以上、完全に私信でした。w

| | コメント (2) | トラックバック (57)

工藤慎太郎 シェフ

 ふとしたきっかけでこの曲を知ったのですが、いいんです、これ。1月にメジャーデビューしたばかりの方のようで、知名度はまだまだですが、とてもいい曲を書く人のようです。

 バイトをした経験のある人で、いい上司や先輩にめぐり合ったことのある人は共感度もアップかなあ。でも普通に工藤慎太郎という人柄を味わいながらこの楽曲も味わうのが吉な気がします。

 例えるのもなんですが、フォークソングの要素があって前向きな尾崎豊という印象です。でもきっと聞き込むとすぐに工藤慎太郎という個性を持ったアーチストとして私の中で確立しそうです。

菓子パン1個の暮らしに

どうにか終わりを告げたくて

目黒のイタリア料理屋で

働くことにしたんだ

 で始まる工藤慎太郎ストーリーに浸ります。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »