« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

新バージョンを乗り越えよう!

 前向き、前向き。

 さあ、次回定例会です。前回タケシさんを新規に招いて行われた定例会で、だいたいの新バージョンの具合は分かったかな?分かったことにしよう!(←強引)

 っつーわけで、新バージョンに負けられないという気合の大会を開きます!

 格闘弱体化!?

 再出撃!?

 よっしゃ!じゃあ、次回はこれで行くべし!

 「素王」決定戦! サブタイトル募集中

 MS&通常兵器のみで編成。

 MA不可。(アプが抜きん出てしまうので)

 ただし武装は無しの「素」で編成してください。

 当然下駄も不可。

 カスタムは可です。

 戦場は地上。(水辺回避)

 コストは800~750で組んでください。

 母艦は艦長の補整と、補給のために使ってください。

 左右どちらかの隅に寄せておきましょう。

 補給中の機体を叩いてしまうのは不可抗力で。w

 誘い込むような戦術は禁止です。

 戦場中央付近でやりあってください。

 押し込まれるような場合は別ですが。w

   

 もうひとつ考えてます。反響の大きい方にしようかな。

 「通常兵器王」決定戦! サブタイトル募集中

 戦場は地上限定です。(水辺回避)

 MSとMAは使用禁止。

 航空機や車両のみで部隊を編成してください。

 コストは600~550で組んでください。

 母艦は艦長の補整と、補給のために使ってください。

 左右どちらかの隅に寄せておきましょう。

 補給中の機体を叩いてしまうのは不可抗力で。ww

 コアブは抜きん出ているので、1機制限とします。

 種別を問わず、コアブを使う場合は1機のみでお願いします。

 またカーゴ爆弾も1機制限とします。

 あ、Gアーマーも不可。(脱出してMSになるので)

 

 どちらの企画がいいかコメントくださいね。

 両軍対決ができるようになってシールド戦は少し様子見です。w

 

 なお、このブログをご覧の方で、金曜深夜、ベストワンクラブに参戦できるか方がいらっしゃったら、ぜひ遠慮なくおいでください。王企画にも飛び入り参戦可能です。

 サテが埋まってしまうことが多いので難点ですが、それでも大丈夫という方はぜひおいでください。熱い23小隊の面々がお出迎えいたします。

 基本的に23小隊は門戸を開きっぱなしなので、お気軽においでください。

 あ、でもCDをデフォルトで使うような方は来ないほうがいいかもしれません。w 

 王決定戦のような企画がある場合は、そちらにかかりきりになってしまいますが、普通のガチンコ対決やネタ対決(次回は挑戦)も頻繁に、遠慮なく行われています。

 さて、ここまで定例会の話でした。

 クレナイショックから立ち直りつつあります。前回の記事へのコメントをご覧になってくだされば、その理由も分かると思います。

 当人から、その他の方々から、熱いメッセージをいただきました。

 最近引用ばかりで申し訳ありませんが、シルルさんです。(改行してあります)

 え~と結局何が言いたいかというと、ベストワンクラブ23小隊が思った以上にまわりに知られてきている、ということです。

 903大隊での活動は勿論、契機になったのは、メガネ隊長や自分の記事がクレナイ大将のブログで紹介されたことだと思います。実際に将官の方々もベストワンのことは知っていてくださり、活動内容を説明することもしばしばでした。最近では他の方々のブログにて、23小隊の名前を見ることもあります。そして、ブログをきっかけに、ゆう少将、タケシさんの参戦。レビルさん、タクパパさんの参戦表明など交流の輪も広がっています。

 おそらく、各地でも仲間内で集まってプレイする人はいると思います。ただ、きちんと名前を冠して、定例会を開き、外部にも門戸を開いている。これはありそうで、実際は少ないと思います。

 だとすれば、今のこんなときだからこそ、我がベストワンクラブ23小隊の存在が重要になってくるのではないかと、思いました。これからも続けていく人。これから始める人。やり続けていればどうしても対戦がしたくなるのがこのゲーム。そんな時、地元のゲーセンでできなくても、ベストワンならできる。そんな状況でいたいなと考えました。

 定例会は深夜になりますが、自分は平日の昼間にふらふらしてるので、学生の方とやることも可能です。おこがましい話ですが、引退される方々に変わってGCBを続けていこうと思ったわけです。まぁ一応将官にはなれそうですしwただ、小隊では家庭がある方が多く、今の状況ではテンションも下がる一方でしょう。自分も別に特別なことをするつもりはありません。当たらない格闘に頭をかかえ、他の方々のブログにコメント入れて、定例会に参加する。そして、都内で負けてくるwこんな感じです。

 各隊員、色々考えることはあると思いますが、せめて定例会は楽しくやっていきましょう。

 北海道では疾風さんががんばってくれるみたいです。クレナイ大将をはじめ、引退された方々が戻ってきたときに、「いや~大変でしたよw」と笑って迎えられるようにしたいです。

投稿 シルル | 2006/07/31 9:16:47

 ほ~はこのコメントを見て、まだがんばれるなと思いました。

 23小隊のみんなが、同じ気持ちになってくれたら嬉しいです。

 新バージョンでネタ編成してみます。

 うし!まずはクレナイ大将軍との戦いに備えていたGGガス弾を誰かにお見舞いしてくるとしよう。ww

| | コメント (5) | トラックバック (79)

2006年7月30日 (日)

クレナイ大将軍 引退宣言を聞いて

 も~なんかね。

 メーカーサイドは人気ブログ1位になった人の記事を読んでないのかと。

 他の人のブログや各掲示板での反応を知ろうとしないのかと。

 

 なんかね、とっても虚脱感。

 ファーストガンダム世代の足をゲームセンターに向けさせて、こうして仲間も増えて、憧れる人もできて、楽しい時間を過ごさせてくれたGCBだけれども・・・。

 こういう悲しい結果を生んだのは他ならぬメーカーなわけで。

 永久コストがバグならさ、「バグなんで、バージョンアップで修正します」ってアナウンスすればいいじゃんよ。

 そりゃバグだって認めたら株主総会で責められるし、開発陣は懲罰モノだけどさ。

 それがモノづくりする人の「最低限のモラル」なんじゃねえの?

 三菱自動車とかパロマガスとか、一流と言われる企業がこういう背信的な行動で信用を失墜させている姿を見て、なんも学ばないの?

 永久コストがこんだけ話題になって、いいにつけ悪いにつけたくさんの永久コスト持ちが生まれたけれど、そんだけお金使ってんのよ?

 是非を問う前にお金をつぎ込ませている事実をどう受け止めてんの?

 バグだとしたら、そのせいでお金使ってる人がいるんだよ?

 背信的行為以外の何ものでもないでしょ?

 

 ユーザーをないがしろにするのも、いい加減にしろ

 時間と金も無いから永久コストは目指してはいないけれど、それを手に入れた武人との戦いには憧れていたのよ。

 クレナイさんとGCBして、酒飲みたかったのよ

 永久コストが無くなるという噂は聞いていたけれど、それでも「そんな話があったら、企業として倫理に欠けるよなあ。あくまで噂じゃないかなあ。」と思っていたわけ。

 それが、あんた、ズバリ無くなっているらしいじゃないの。(←まだ偏った情報しか入っていないけれど) 

以下情報

 新規に永久コストを手に入れようとした人はダメだったという報告がありました。たぶん確定でしょう。

 すでに永久コストを手に入れた人が更新してどうなったかは、私はまだ信頼できる情報は見ていません。

情報終わり

 とまあ、そんなことらしい。

 えーと、ここで23小隊の有名人、格闘王シルルさんのコメントを転載させていただきます。

以下引用

 もう自分の時代は終わった、と痛感した格闘王です。赤デッキ主流ではどうしようもありません。ジャンケン、後出しされて負ける感じですかね。頼みのリンクシステムも思ったよりは機能しません。機動力と格闘性能あってのデッキですから。とりあえず、准将にはなります。その後は様子見ですかね。定例会には参加します。

投稿 シルル  | 2006/07/29 10:11:03

 うちの格闘王が「様子見宣言」です。

 

 どうしていろんな楽しみ方が出来る仕様にしないかな?

 きちんと育てた人の395部隊か、わらわら195部隊で、武装は多弾数の射撃、戦術は待ち基本。これがデフォルトにならないか?

 もちろん「そんなのやれるか」という猛者はたくさんいるだろうけれど・・・。

 あのね、ラル部隊ね、引っ込めたのね。

 ラルのコストだと、落ちるとゲージすんごい使うのね。

 あのね、サイコミュね、引っ込めたのね。

 MAのコストだと、落ちるとゲージすんごい使うのね。

 はっきりいって好きな部隊で組むとね、勝てないの。いやもちろんリアルスキルが足りないんだけど、それでも楽しめたわけよ。CPUでも対人でも。

 でもそこそこほ~の腕前でも何とか楽しめる相手とだとね、ほ~が浪漫に走ると勝負にならんのよ。戦術として。

 これまでだと最後の1機同士になって、はらはらどきどきしながら手負いの機体で攻撃しかけに行っていたわけだ、終盤。

 でもねえ、ミスして序盤でラルが落ちたり、MAが落ちると、もう終盤挽回できんのよ。

 

 ギリアムもギャリーもジオン連邦で格闘担当してて、手に入れてからほぼ一線でずっと活躍させていたんだ。

 でもねえ。

 この2人のコストですら負担。 

 射撃パイで使い道の残るイアンでさえ負担。

 愛着のある2人だからしばらくは使い続けようと思ってはいるんだけれど・・・。早々に見切りをつけて、エルランやジュダックを育てた方が後々楽になるのは明白だと思う。

 

 ジオンはトップやデル、デニム隊。

 連邦は07小隊。

 もう、この辺でしょ。これに両軍裏切り者2名追加みたいな。

 

 好きなパイと機体をある程度レベルの上がった部隊では使わせなさいよ。

 まだやるよ。

 23小隊の仲間がいるし。

 クソッタレ新バージョンでもやるよ。

 また企画考えるよ。

 だけどね、ちょっと先が不透明。

 モチベーションのグラフがあれば、今、がくっと下がってる。

 でも上げていきたいとも思ってる。

 いつかメーカーも目が覚めて、ユーザーのことを考えてバージョンアップしてくれて、そしたらクレナイ大将軍とか、半引退の方々がまた戻ってきて、永久コスト大将部隊で、うちのへなちょこ部隊の相手をしてくれる日がくるかもしれんでしょ。

 もうしばらくがんばります。

 23小隊の定例会があれば、もう少し、がんばれます。

 いや、楽しめます。

 新バージョンでも23小隊の面々との戦いは楽しかったから。

 ただねえ。所沢とかの出撃はどうかなあ・・・。

 CPU戦でもそこそこポイントもらえるようになったから、無理して終戦Pもらわなくてもいいし。

 一応の目標だった佐官になれたし。

 な~んか、読んでてつまらん記事もはなはだしいけれど、気持ちの整理をするためにも書きました。

 フェンリルさんも引退を意識していたし・・・。シルルさんをはじめ、23小隊の仲間が引退しないことを祈っております。

| | コメント (10) | トラックバック (29)

2006年7月29日 (土)

定例会 速報

 ただいま帰還しました。

 タケシさん。参戦ありがとうございました。あまりお話もできずに申し訳ありません。ベストワン戦線23小隊のサテ占拠状態いかがだったでしょうか?w またぜひお願いします。

 さて格闘王シルル、編成王&鹵獲王シオン、無冠の帝王フェンリル、我らがメガネ隊長、新進気鋭KEN、鬼リンクロックK2、そして遠征してくださったタケシさん、そしてほ~と総計8名での定例会となりました。

 とにかく新バージョンに慣れないと大変っつーわけであれこれと。

 K2さんに挑んだネタデッキ、エルランの連邦鬼リンク狙い部隊は、本家に圧倒されてしまいました。w さらに核まで打ち込まれる惨状。www さすが本家は違います。失礼しました。

 フェンリルさんが宇宙で全員レベル1のMAデッキでCPUと戦っていたらシルルさんのガチンコと激突。対抗心がバリバリ発動していたらしくなんと完勝。これにはびっくり。っつーかやっぱり無冠ながらフェンリルさんの腕の確かさを思い知らされました。

 ちなみにその直後、ほ~の部隊はシルルさんにきっちり負けております。いいんだもん、核が撃てたから。w

 早く寝ないとピンチなので雑感です。23小隊のみなさんで補完コメントください。

 CPUはロック寸前、機動で逃げることが多い。

 ↓

 CPU戦は赤攻撃が機動低下ハメができて有効。っつーか強くなったCPUはとってもやりごたえがある気がします。一度不覚をとってしまいました。

 格闘はとってもやりにくい。

 ↓

 射撃で硬直させてじゃないとつらいかも。っつーか寸前で回復されて射撃をくらうこともあったので・・・、うーん。復活してからのロックオンサーチの速度がものすごい速いので切り替えなんて無理。(←ほ~のスキルでは) そもそも格闘の攻撃力がとっても低いです。高度格闘つけてもたいしたことありませんでした。

 母艦ウザイ。

 ↓

 のこのこ戦略も無く出てくる母艦がウザイです。硬くなって落とすのに時間もかかるので、いい迷惑です。

 再出撃・・・。

 ↓

 戦闘がむやみに長い!勝ってるのか負けてるのか分かりにくい!(←予備ゲージがお互い0でもその時に復活待ちの機体が何かによって全然違う)

 高コスト機体は・・・予想通りつらい。パーフェクトジオング(withアクサス)で出撃しましたが、落ちたら一発で予備ゲージ空です。こんな仕様に誰がした。

 倒しても倒してもまだうじゃうじゃ出てくるのが、もう、ほんとに。

 さらに敵陣深く入って戦うと突然復活した機体からロックされてびっくりすることがあります。あれ、どうよ?なんかインチキっぽくね?慣れたら立派な戦術か?降下Pなんて使い道ありそうだけど・・・。

 宇宙のサイコミュは死んだと思いました。

 

 あ、やっぱり適正が出るのはよかった。

 適正でのUPってすごく大きいんじゃないかなあ?なんか体感した範囲では適正機体だとよく当ててよく避ける気がします。逆に言えば適正機体の無いパイは出番が減るのかなあ・・・。

 ラルが高コストで負担なので、封印しました。悲しいです。使いたいパイが使えなくなるのは・・・。これでラル隊は再びなんちゃってラル隊としてネタ出撃だけでの出番待ちとなりました。

 あ、とうとう少佐です。わーい!

 っつーことでガチの仕様を変えました。

隊長

 地上:クルツ&専用グフ

 宇宙:ギリアム&専用ザク または マツナガ&専用ザク

2番

 トップ&ザクFS

3番

 地上:イアン&専用ザクキャ

 宇宙:ジュダック&核

母艦

 ハモン

 宇宙のサイコミュ?ああ、あれはね、キミ、ネタだよ、ネタ。(←泣きながら)

 時代はね、核だよ、核。戦闘に時間がむやみにかかるからね。核は撃ちやすいよ。うん。(←微妙な表情で)

 ああ、K2さんの試していた量産化カーゴ爆弾はとっても強力そうです。格闘や近距離射撃の部隊はカモになりそうです。

 やばい、寝ます。今日から旅行です。今夜のブログの更新はありませんので、ご了承ください。 

| | トラックバック (28)

2006年7月28日 (金)

これから定例会

 いろいろ文句をたれたい新バージョンです。

 今日の定例会で不満をぶつけると同時に対策を練りましょう。

 っつーか23小隊で同軍対決って、ジオンじゃお互い核の打ち合いですか?w 

| | トラックバック (24)

定例会は新バージョン習熟会へ

 ベストワン戦線23小隊の定例会が明日に予定されていますが、ベストワンはきっちりバージョンアップが行われたようです。

 ということですので、明日の定例会は新バージョンの習熟を図る場とさせていただきます。同軍対決や再出撃ヘタレシステムの体感、そして習熟を図ることがやはり先決であろうとの判断です。

 ロケテを経験していない人にとってはそれくらい戦い方ががらっとかわる印象です。

 と言うのも・・・。

 本日23小隊へメガネ隊長よりメールでの報告がありました。新バージョンの体験をしてきたとの報告でしたが・・・それを見て・・・。

 や、やりてえ

 うずうずしちゃいました。

 残念なことに本日は帰り道出撃をしてこようと思っていたのですが、急に飲み会が入ってその目論見が崩れてしまいました。そんなわけで今日のGCBをあきらめていたのですが、隊長からのメールで飲み会の前に2クレ出撃を決意しました。

 飲み会の場所が国分寺だったので、1件知っているお店へ飲み会の集合時間5分前に出撃してしまいました。サテには3人。これなら同軍対決もできるかなと期待しましたができませんでした。

 で

 新バージョンだけども

 第1位 再出撃うぜえ!

 第2位 避けすぎ!

 第3位 母艦出てくるのか・・・つか硬え!

 第4位 CPU強くなってんじゃん?

 第5位 OPブーすんごく遅くなってない?

 え~細かくコメントしたんですが時間が無い!

 明日早いねん。

 おやすみなさい。

| | コメント (15) | トラックバック (5)

2006年7月26日 (水)

格闘王シルル 激闘の記録

 「全てはこの日、この闘いのために・・・」

 GCBを始めて半年。回数だけでいえば1400回を越え、結構な寄り道をしつつ中佐の階級まできた。契機は5月の異動により、群馬より東京に来たことだった。それまでも、まれに都内に来ることはあったが、そう度々来れるわけではない。これ以降、都内各地、903大隊、そしてベストワン23小隊への参加と、皆様のブログを通して数々の交流、対戦をさせていただいた。そして、都内遠征による将官戦。カエル大将、エルク大将、ヒゲ大将、ユウ中将(武人とはまた別な人)との対戦。他数々の将官達のプレイを見るにつけ、己の未熟を感じながらも、自らの経験に変えていくべく、試行錯誤をする日々が続きました。

 そんななか、いつしか中佐の任期もせまり、部隊も形を整えつつあった。小隊では「王」の称号をいただき、カボチャ部隊も身内ではしられる存在となった。そして、メガネ小隊長による都内視察。その時、謁見した方こそ、自分の最終目標と定めたクレナイ大将殿であった。

 「クレナイ大将」

 今更説明の必要はないくらい、GCBでは有名な方だ。プレイもさることながら、数々の検証をおこないブログにて発表。GCBの発展に多大な影響を与えている御仁である。その大将と我らが隊長が対戦をおこない、大将も認める立派な闘いを演じた。その記事を読み、やるなら今をおいてほかにないと、決意しました。任期も20回を残すところとなり、コスト、パイレベルも整った。なによりVer2.00になれば、再出撃のため今のような対戦はできなくなる。何よりまことしやかに立つ噂どおり、将官の方が引退、ということも考えられた。そして、無謀にもかの大将に対戦を申し込み、快諾をいただいた。

 対戦当日。23小隊の定例会が自主練となり、急遽であるが、対戦が実現するこになった。フェンリルさんも参戦していただけることになり、何より心強かった。まずは池袋にてポイント回収。コストを20上げる。この20が重要だった。そして、カエル大将のおられるトイトイにてEz8とカードケースを購入。これで準備完了。この後、カエル大将もお誘いするという暴挙により、渋谷までご一緒になり、クレナイ、カエル大将とのお茶ということになるが、この話はまたいずれ。

 渋谷に到着し、念願のクレナイ大将との謁見。予想より若くて(失礼)それ以上に大きなかたでした。緊張のお茶会も終わり、戦場へ。

 クレナイ大将とは4戦対戦していただきました。1戦目は大将のブログにて。この後、TACさん発見。フェンリルさんも到着。ひと段落したところで、食事をして場所を移動。ここからが本番。前置きが長くてすいません。

 第2戦目「暗礁区域」VS黒の三連星
 こちらの陣容
 ジャック:ガンダムMC・ガンダムシールド、BR、OPブー
 アダム:ジムAS・180mm・小型盾・OPブー
 ドアン:ガンダムG3・ガンダムシールド、ハイパーハンマー、OPブー

 大将陣営
 三連星専用ザクR1、3機。

 まずは、180mmで先手を取り、突進してくるであろうザクを迎え撃つべく、MCとG3で移動。しかし、その2機を突き抜け、無防備のジムASが格闘×4をくらい乙。その後、MC、G3でザクを追う。宇宙でもひけを取らない機動と回頭で追撃。バルカンで機動を奪うもきっちりとフォローが入る。ロック合戦を繰り返し、消耗戦の様相を呈してくる。しかし、いいとこで回避!流石は連邦最強の2機。そして、通常装備のMCでクリティカル。こちらも、瀕死になりながら、ザクを撃破!勝利をつかみました。
 
 3戦目「サイド3攻防戦」VSラル隊
 今回の最大の見せ場。全てはこの闘いのために。
 
 こちらの陣容。カボチャ部隊地上最強編成。
 ジャック:Ez8・BR・小型盾・リンクシステム
 アダム:Ez8・BR・小型盾・リンクシステム
 ドアン:Ez8・100mmマシンガン・リンクシステム
 サリー:陸戦型ガンダム・180mm・小型盾・伏兵
 
 大将陣営
 ラルグフ+グフTCのラル隊。

 この段階でパイは格闘、回避MAX。ヘンケンの補正、リンクシステム。OPブーで移動するより、正面きっての格闘を重視。格闘王ですから。サリーの伏兵は足並みを揃えるため。きっちり発動し、これが大いに助かった。

 いつも通り180mmが号砲となる。そして、基本的に部隊を攻撃後、前衛、後衛を切り替えながら、90度動かし相手の側面をとるようにする。その繰り返しで、グフ盾を割っていく。無論、大将もだまってやられはしない。こちらの包囲網をかいくぐり、格闘をしかけてくる。しかし、ここで作戦が功を奏す。回避でかわす、かわす。リンクシステム×2の文字が頼もしいね。そして、かわしたところで、黄色多重ロック。母艦射撃も加え、2機のグフに×5、×6!1機撃破、1機を瀕死にする。この後フォローにきたラルグフに攻撃を受け、機動低下するも残りの機体で攻撃。ミリ残され、後退するラルグフを追撃。最後は、BRで盾の上から削り撃破!最後は「戦士の死に様」が発動しているグフでしたが、相打ち上等と斬りあい、最後は何と、ヘンケンのファイヤーで撃破。勝利を得ることができました!

 4戦目は同じ構成でしたが、正直、舞い上がっていたので、よく覚えてません。こちらも何機か落とされたかな。大将の補給作業がみごとで、本当に大変でしたが、こちらも勝利することができ、なんとか格闘王の面目はたちました。

 勝因は黄色デッキだということが悟られなかったことですね。ガンクローンはガン盾持つことが多いですから。小型盾はあくまで攻撃用です。そして、こちらの思惑通り、回避してくれたことです。そのための、パイロット、カスタム、艦長ですから。何より、当日の自分のテンションが高く、集中力もありました。おそらく、今までで最高の状態だったと思います。今、やれといわれても無理だと思います。それも全ては相手がクレナイ大将だったからだと思います。勝ったことより、大将やギャラリーが失望しない対戦ができたことが、嬉しく思います。(フェンリルさん、TACさんどうでしたでしょうか?)

 以上、長々と書き連ねましたが、GCBやってて本当によかったと思えた日でした。いつの日か、そんな風に思ってもらえるプレイヤーになりたいものです。読んでくださった方、ありがとうございました。ほ~さん、長々とすいませんw
 
 

投稿 シルル | 2006/07/26 12:25:26

 コメント欄より転載させていただきました。また改行もさせていただきました。もしご都合が悪ければコメントください、シルルさん。

 熱い思い、そして熱い戦い。一見クールな印象のシルルさんの内にたぎる情熱がびしびし伝わってきます。感動です。シルルさんありがとうございました。

| | トラックバック (20)

ゆう少将に挑戦だ!

 さてシルルさんに勝っていい気になったほ~は、その勢いでゆう少将に挑戦です。

 連邦ガチ。こういう状況ならば例え厨仕様と言われようとも下駄ロングレンジが必須です。相手は実力折り紙付きの格上です。

隊長 テキサン 強化炸裂 下駄 180mm ジムAS
2番 アリス 強化炸裂 下駄 180mm ジムAS
3番 サリー 強化炸裂 ブルバップ ハイバズ ガンキャノン
母艦 コジマ

 2番機のパイが育成途中のアリスなところがせつないですが、完全ロングレンジ迎撃タイプで挑みました。今思えば、下駄をやめて近距離武器を持たせればよかったと思っています。

 シルルさんとの対戦で近距離射撃の重要さを自分でも体感したはずなのに・・・学習できていません。

 この仕様で挑んだゆう少将のジオンですが・・・完敗です。強化炸裂弾は相手の盾をた~くさん壊しました。(泣) 以前フェンリルさんの部隊と対戦して「魔法の防御」と、そのボタン裁きに感動したことがありましたが、ゆう少将もこの「魔法の防御」をバリバリ発動させていました。特にどう見ても機動ダッシュした機体にロックオンしたのに、「防御」なのには参りました。機動ダッシュ後に防御になるように先行入力しているのかなあ。それにしても上手い。

 そのゆう少将に今度は我がメガネ隊長も挑みます。メガネ隊長はジオンガチです。ここは隣のサテだったので、完全観戦モードに突入でした。

 え~と、これは何の魔法?

 ピオリム?

 ヘイスガ?

 メガネ隊長の部隊が敵機にロックオンサーチをにゅい~んと伸ばしてロックオン寸前に攻撃ボタンをべし!あくまでほ~が感じたことですが、この「べし」のタイミングがメガネ隊長とほ~とでだいたい同じくらいです。

 敵機と交錯気味でお互いがロックオン寸前というケースが戦っていると何度もあります。このメガネ隊長とゆう少将との戦いでもありました。その時に「べし」と押すのですが、ここは微妙なタイミング争いになります。早すぎてもロックオンサーチが消えるだけだし、遅すぎても敵の攻撃をくらうことになります。

 私が心の中で「今だ!」と言うタイミングでメガネ隊長が「べし」と押すのですが、これがもう魔法かと思うほどゆう少将のタイミング勝ち。メガネ隊長が悔しがりながら「反撃」ボタンを押す姿が何度も見られました。

 さらに今度は「無差別」でお願いします。とゆう少将からご指名。一瞬ネタで行くか?と思ったものの、初顔合わせの今回はガチでぶつからせて頂こうと決意して出撃でした。ただ、ちょっと編成でバタバタしていました。サイコミュ外して武器と盾を持つバランス型の機体にラル・トップ・ギリアムを乗せました。武装はそこで組んだので記憶が飛んでいます。w
 
 ゆう少将の部隊はWB部隊を中心にガンダムがビームライフルとガンシーを持つという史実に忠実な言わば浪漫デッキです。いや、浪漫だけど強いんだってば。浪漫という羊の皮をかぶった、ガチという狼の問答無用デッキですね、あれは。

 今回も「魔法の防御」が炸裂しまくりだったのは言うまでもありませんが・・・、特筆すべきはバルカン砲&ビームライフルの攻撃を何度くらったかと言うこと。

 もう何、無限ループな気分?

 このコンボは強いです。機動でくらえばバルカンで機動低下。防御でくらえばビームライフルが盾を貫通。赤攻撃が重要であることは重々承知していましたが、どちらかと言えばほ~は実弾で固めて強化炸裂弾とか、ビームで固めて高出力ジェネとか、とんがらせてそれをパワーアップさせる方針で行くべきだと思っていたのですが、今回のゆう少将との戦いでそれを改めました。

 複合攻撃強し!

 これは勉強になりました。もちろん攻撃手段を瞬時に切り替えるリアルスキルが必要なのことは分かっていますので、練習したいと思います。

 しかしジオンにはそれに適した機体が無いんだよねえ。バルカンを持つFSや砂ザクはビームライフルが持てませんから、ビームを持てるドムかゲルにガトシーかガトシーフルを付けるしか無いのではあるまいか・・・。ゲルは装備できない武器が多いのでドム?

 次回少佐に更新した後のメインパイをどうするか、考えなくっちゃ。閑話休題。

 さてそんなゆう少将との戦いですが、オマケでコアファイターになったハヤトを落とさせてもらえたような気がしますが、戦いは完敗でした。

 その後、メガネ隊長ともガチンコ対決してきました。ほ~はジオンサイコミュ、メガネ隊長はいつもの編成だと思います。

 しかしサイコミュ相手に慣れている人には、サイコミュはいい的のようです。開戦してそうそうに束になって落としにかかられます。もちろんそれを見越しての戦い方をこちらもすべきなのですが、殺到する戦力を止められるスキルがありません。

 イアンブロは早々に陥落です。それでも残った2機で敵を刻んでなんとか五分の戦いに持ち込みます。最後に残りHPわずかのギリアム専用R2で敵を斬って飛び抜け、大きく迂回しようと思ったら、障害物と画面脇の間にデブリ(?)がちょうどフタをするような形で置いてありました。

ごい~ん

 ギリアムはそこにぶち当たって進めません。あわわと慌てて引き返すところに敵がお出迎え。これをくらってしまい負けてしまいました。

 メガネ隊長があのデブリを狙って置いたとしたら神です。w

 

 ここで時間を見ると2:00です。仕事が始まった月曜なのに深夜2:00って・・・。ほ~の衝動がいくら激しかろうと、こんな時間にまでがんばってしまうとは・・・。ここでいったん小休止して、ゆう少将とメガネ隊長、シルルさん、ほ~で歓談です。その間KENさんはバリバリと戦いを続けておりました。って言うか、KENさん、ベストワン戦線のランキング1位です。上官との臆さぬ対戦がこんな結果を生んだわけです。

 歓談の方は、クレナイ大将軍のうわさ話(w)や、生涯コストがバージョンアップで無くなるという話とそれに伴ってGCBを引退する人がたくさん出そうだというちょっと悲しい話。ゆう少将の主戦場の話やビームライフル&ガンシーのガンダムとその戦術について、シルルさんが更新したてでやっぱり編成がつらい話なんか。そしてクレナイ大将軍への謁見遠征は池袋がいいという話。やっぱりGCBやった後で雑談したいよね、ベストワンはそれができないから悲しいよねといった話をやいのやいのとしていました。

 そしてサイコミュならば「ゲルメス」だろうと言う話も・・・。エルメスの機動が無いとやっぱりサイコミュはつらいのかと・・・ちょっと落胆気味のほ~です。強者相手の時にはサイコミュは封印した方がいいかもしれません。エルメス引くまで。w

 

 そろそろ終わろうかという雰囲気だったのですが、シルルさんが「まだ隊長とやってない」と挑戦状です。メガネ隊長もそれならばと再びコインを投入。それならば(?)とほ~もコインを投入。

 ジオンサイコミュでゆう少将に挑戦です。今「ゲルメスじゃないと」という話を聞いていなかったかのような出撃っぷりです。

 サイコミュの限界を見た 

 クレナイ大将軍の記事にもあったように、サイコミュは総じて高コスト。HPはそこそこあるものの盾が持てない上に、防御はわら半紙です。1回攻撃をくらうだけでピンチ確定です。上手に粘着されたら即お疲れさまです。

 こうなると高コストが一瞬でムダになるわけです。それまでに攻撃をバシバシ当てていればともかく、サイコミュ攻撃が弱体化した結果、敵をサイコミュだけで屠るのは至難の業です。

 ええ、分かってますって。「分かってるけど使いたい!」んです。くっそ~。でも、もうダメだ。分かりました。半端なサイコミュは上級者に全く通用しないということが。これからは宇宙はザククロにします。(おい)

 もう一つ今回のゆう少将との対戦の中で感じたのは、核を撃つまで戦線を支えられる実力が無いとネタに走れないということです。ネタでも戦う以上は真剣です。もちろんネタを発動させる条件があったりすると、その戦い方には変化が出てきますが、それも真剣な戦術であるわけです。ネタを披露しつつ真剣に戦うのが王道であることは疑いようのない事実でしょう。

 そうなると局面局面でリアルスキルで後手後手になるようでは、そのネタを披露することが危ういということです。リアルスキルを高めて、せめて上級者相手でも核が発射できるまでは戦線を支えられるようになりたい。

 まあ、ネタデッキのことでこんなに真剣に考えることもないんですけどね。w

 ちょびっとだけゆう少将が先にお帰りになられたのですが、とてもさわやかに去って行かれました。クレナイ大将軍からの刺客は、プレイスキルもさることながら、お人柄もとてもよい方でした。人柄では23小隊のメガネ隊長も負けていませんが。w

 ふう、とりあえずこれで緊急出撃の様子は終了です。重ね重ねほ~の衝動的出撃にお付き合いいただいてありがとうございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

クレナイ大将軍の刺客現る その名はゆう少将

 あ~まだ書きかけなんです。途中ですが、疲れました。w 続きも書いていますが、ちょうど区切りがいいので、いったんここまでを第1弾とします。なんせ緊急だけど濃密だから。w

 23小隊がメガネ隊長の単独強行偵察に始まり、シルルさんとフェンリルさんの敵基地襲撃任務と大変充実した対戦を繰り広げているのを見て、ほ~は「うぎ~、もう我慢がならん!」と903大隊定例会への参加を表明(嫁の許可待ち)するものの、それでもGCBやりたい症候群が治まらず、平日なのに是が非でも対戦したくなりました。

 もう、なんつ~の?衝動?

 と言うわけでまず所沢にいつもの帰り道出撃をしてそれからさらに深夜にベストワン戦線へ出撃する決意を仕事をしながら固めていました。

 しかし平日月曜日のベストワン。いくら活況なベストワンとは言え人がいるかどうか不安です。とりあえずメガネ隊長に連絡することにしました。するとメガネ隊長が快諾。

 よし、これでベストワン戦線でCPUをひたすらということは無くなった。

 安心して所沢へ出撃しようと思ったら、仕事でトラブル大発生。その処理で上司と遅くまでバタバタすることになってしまいました。結局所沢へは9:00頃の出撃となりました。(←そんな状況でも行ったのは衝動のおかげw)

 地下のお店は終戦していました。誰もいませんでした。

 地上のお店はまだでした。ここは人がいました。私以外に2人。どちらも連邦です。まずは一服していると、どちらもロングレンジビームライフルを使っていました。

「ふーん。」

 今時なあ・・・と思っていたらセンモニに。

「破滅へのカウントダウン」!!!!

 カチ~ン。(←ほ~の仕様)

 どっちの人かは分かりませんが、どっちも上官だし、遠慮はいらないでしょう。まずは連邦ICです。(おい)

 いや、だってほら、所沢は1店舗2クレ制限です。いきなりジオンで入って勝ち逃げしたら(←すっかり勝つ気)なんか嫌な感じじゃないですか。その後連邦ICに変えるわけだし。終わったあと帰るならばまだ人当たりがいいでしょ?ね?ね?

 と言うわけでCPU戦を危なげなくこなして、いよいよ上官狩りです。

 ふふふ、見てろよCD使い。カウントダウンが終わる前にやっつけちゃるかんな・・・。

 と、ここで困った。連邦のお二方。戦場が違います。ど、どっちだっけ?わ、わかんね。いいや、こっち!

 こっちは最近ガチのラル隊です。

隊長 ラル OPブー 下駄 グフシー グフRR
2番 クランプ 強化炸裂 ガトリング マゼラ砲 ザクキャ
3番 ゼイガン 強化炸裂 足ミサ マゼラ砲 ザクキャ
4番 ジュダック ゼナミネバ ザクタンク
艦長 ハモン

 ガチと言いながらゼナミネバを入れているところ、突き抜けていない感じ。(←自覚)

 一方相手はたぶん大佐で、アムロガンダムにカイガンキャノンにオートでコアブーでした。

 まずはザクキャで突撃です。戦場を2機がだーっと駆け上がると横からロックオンサーチが伸びてきます。

 ロングレンジビームライフルです。

 ふ~ん。

 無視して前進したらサーチが切れました。そしてこちらのレンジにはガンダムの姿が入ります。

 ガンダム逃げます。 

 のこのこコアブが出てくるのでまずはこいつを撃墜します。一旦後方へさーっと下がって再び攻撃可能になるタイミングで再び前進します。

 

 ガンダム逃げます。

 のこのこコアファイターが出てくるのでとりあえずこいつを撃墜します。弾切れが近い方を補給に下げて1機で牽制する間に、待機していたラルが戦場脇を一気に前進して敵陣に飛び込みます。

 まずはこっちにロングレンジビームライフルを当てようとうろうろしているガンキャノンに切りつけます。約半分削って飛びぬけてガンダムへ。こっちにも格闘を仕掛けてとりあえず引き返します。

 やっとこ前進してくるので再びザクキャ2機でお出迎えします。ガンダムを瀕死にしますが、ザクキャが1機落とされます。しかしその後すぐにガンダムも撃墜。

 コアファイターは放置して「え~とガンキャノンはどこかいな」と動いていたら、そのコアファイターからのリンクロックをくらってしまいザクキャノンもう1機も撃墜。

 ああっ!何してんのオレ!

 少々慌ててラルグフでガンキャノンを切りに行きますが、

 ごい~ん

 いつもやっちゃう障害物激突です。谷から上がれずもたもたしていたら、ロングレンジビームライフルのロックオン!

 やっべ~!

 避けました。

 谷から上がってガンキャノンを壊します。残りコアファイター2機になって、さてと改めて見るとまだこっちが負けています。あれ~と思ったら、脱出後のコアファイターはコストが高い評価だったのを思い出します。

 とりあえず休憩中のラルの脇におまけだったザクタンクをそっと忍ばせて防御支持。こっちが劣勢だから攻めに行かなきゃと思っていたらコアファイター2機で突撃してきます。

 おお、いいね、それナイス!

 でもごめんね、こっちにはまだザクタンクがいたの。

 ということで飛び込んできたコアファイターをザクタンクの射程に捕らえてそこにラルグフが飛び込んで×2。コアファイター1機を撃墜です。これで形勢は逆転。

 残り1機はとんずらです。

 ふむ。さてどうしようと思ったら残り時間がわずかです。クレナイ大将軍の「最後までガチ」の精神が頭をよぎりますが、コアファイターが母艦の影に隠れて、その母艦がビックトレーです。うかつな戦闘は禁物です。突撃すれば残り1回くらいは戦闘ができそうでしたが、自重してしまいました。w

 局地的勝利でもポイントガッポリ。ご馳走様でした。

 この大佐がカウントダウン使いだったのかは最後まで分からずじまいでした。ガンキャのロングレンジビームライフルはザクキャノンがくらいましたが撃墜されてしまったし、ラルはかわしてしまいました。ガンダムは・・・どうなんだろ?

 ま、いいです。それより気持ちはベストワン戦線です。

 さあ、急いで帰宅して準備です。夕飯を済ませてあわただしくパソコンを立ち上げて緊急出撃の告知だけしてあたふたと出かけました。

 ベストワン戦線へ到着するとサテには2人。両替を済ませて改めて見ると1人はKENさんでした。どなたかと談笑中なので、とりあえずご挨拶だけして、座ろうとすると、その談笑中の方がそこはもう1人の人が掘っていたのでやめたほうがと教えてくれました。まあ、あまり気にしないのですが、せっかくですのでサテを移動して座りました。ところで、KENさん、あれ、誰?w

 まずは終戦P回収とICを差し込んでCPU戦をしていたら、敵部隊接近!サテには2人しかいなくて、1人は堀り中で大幅コストダウンの1機出しです。(←真剣やね)相手は当然KENさんです。

 振り返って「ニヤリ」。

 メガネ隊長のブログによれば最近心境著しいと評判のKENさんです。ここはいっちょ先輩の意地を・・・

 完敗 4P

 がび~ん。ロングレンジ下駄3機に成すすべなく落とされてしまいました。所沢戦線と同じ編成で望んだほ~はレンジ負けして、ラルが飛び込んでかき回そうとしますが失敗。格闘機が落ちると下駄に乗っている3機のロングレンジには打つ手がありませんでした。

 ロングレンジ下駄3機という編成とは言え、扱い方が下手ならば付け込む隙があるものですが、それがありませんでした。KENさん、上手くなってる!!!

 結局他の方が揃うまで、KENさんとは何度も対戦することになりました。KENさんのこういう対人を恐れない気概も、上達の一助になっていることは間違いないですね。メガネ隊長とも連戦していたものなあ。やっぱり対人すればするだけ上達も早いのでしょう。

 そのKENさん。ほ~が相手と言う事で(?)いろいろ工夫してくれました。w 

 ジムわらが出てきたときには「お!?」と思いましたが、そのジムがジムトレでパイがモスクとかだった時には吹きました。

 ならばと今度はこちらはカーゴ爆弾with強化炸裂で出撃。それ~とカーゴ爆弾で突撃したらロングレンジのリンクロックを壮絶にくらってしまい、何もしないままに爆散。

 あ、ああ~

 マゼラトップはリンクロック拾う感じで放置気味にして残りの機体で攻撃を仕掛けます。ほどほどにダメージを与えますが、結局これも落とされてしまい、残りはマゼラトップだけに。

 う~む。惨敗の予感です。でもここから脅威の粘りです。

 ハモンの乗る母艦との連携プレーでKENさんの機体を1機、また1機と撃墜。なんとびっくり大逆転でした。これにはKENさんもびっくりだったはずです。ほ~もびっくりだったから。w

 さてそんなこんなしていたら別の方と敵部隊接近です。おろ、上官だ。と思いつつ戦闘開始。

 

 08小隊!!!!

 これはいきなり嫌な予感です。ザクキャの長距離砲で先手は取りますが、敵の動きが上級者を予感させます。ラルが飛び込んでシローを落とすことができて08名物のテンションアゲアゲ状態だけは封じますが、それでもスキルが違いました。結局その後は成すすべなくバタバタと落とされてしまいました。

 ふう~。さすがベストワン戦線。まだ見ぬ強豪がいたのだなあと思ってしばし感慨にふけります。(←反省中)しばらくしてセンモニを見るとそこに映っているのは

 シルル

 あ、あっれ~!?と思ってサテを振り返ると「よっ」って感じでシルルさん。緊急出撃なのに来てくださいました。いや~会いたかったですよう!我が23小隊の「格闘王」、クレナイ大将軍との交流戦でその実力を見せてくれたシルルさんです。

 と思ったらメガネ隊長もご到着。ご挨拶していたらなんとシルルさんの横のサテに座っている方が「ゆう」さんですとのこと。すいません、最初「佑」さんかと思って何度も隊長に確認しちゃいました。

 と言う事でなんと緊急出撃のベストワン戦線23小隊にゆう少将が敵情視察にやってきてくださっていました!!!

 ぬお~!

 ビバ!交流戦!

 感激です!

 そしてなんとシルルさんのガチ部隊が、たった今ゆう少将に完敗を喫したところでした。

 むは~!

 シルルさんが完敗って!?

 さすがは少将です。クレナイ大将軍が先陣を切ってベストワン戦線に送り込む刺客に選ぶだけの実力を備えているお方でした。(←妄想気味)

 しかもさっきほ~が惨敗した08小隊はゆう少将のサブとのこと。いや強いわけだ。

 聞いてみるとシルルさんは更新したて。コストが減ってベスト編成が組めない上に、メーカーのいじわる設計でパイのレベルもがくっと下がり、クレナイ大将を感心させた回避MAX状態ではありません。なんか身びいきしているみたいですが、ぜひ更新間近の仕上がったシルルさんのガチ部隊とも対戦して欲しいなあと思いました。

 ん?

 更新したて?

 レベル低い?

 ちゃ~んす!!!w

 今ならシルルさんのガチ部隊にも付け入る隙があるかもしれません。ほ~は逆に更新間近。地上メインのラル部隊はお遊びでやっていた関係でレベルは高くありませんが、それでも今がチャンスなのは間違いありません。

 っつーことで挑戦させて頂きました。

 先にシルルさんの名誉のために言っておきますと、実はほ~、ちょっとずるいんです。シルルさんの部隊の様子を分かっていて部隊編成してるんです。いつものほ~のガチとは変えているのです。

 で、今度はほ~自身を弁護すると、そうでもしないと勝てないと思わせる部隊なんですってば、シルルさんのガチは!

 「なんか、ほ~ってせこい奴」と言う奴、ハイそこに一列に並べ!今からシルルさんのガチ部隊と普段の自分のガチ部隊いじらずに地上で戦ってさっくり勝って見せろ。そしたらほ~が君のプレイ代金払って「すまん、オレ、せこい。」と頭を下げるから。

 あ、いや、ちょっと待って。シルルさんの部隊がもっと回復してからにして。w

 さてそんなほ~の部隊はグフわら。いつもは長距離砲を担当させるクランプとゼイガンをザクキャからグフに乗り換え、持たせた武器はガトシーやガトシーフルやガトリング砲。短距離射撃で固めました。この辺がシルルさんの部隊へのメタ対策です。格闘の嵐を止めるのは短距離射撃しか無い!硬直してもらうしかない!と考えての選択でした。

 でもっていろんな要素が絡まって、ほ~勝利!!!

 いやあ、この「いろんな要素」がミソで、次の定例会ではきっと勝てないでしょうね。ほ~は更新して少佐なりたてでしょうし、シルルさんは本来の部隊にどんどん近づいているということで。

 でもシルルさんのように対戦の前に対策を練られちゃうというのも有名税みたいなものでしょうか。連邦一筋でデッキもほぼ固定のシルルさんですから。みんなの目標となるのも致し方ないわけで・・・。それを今まで退けてきたところがシルルさんのすごいところだったのですが、さすがに今回はちょっと「いろんな要素」がマイナスに作用していましたねえ。

 すいません、そんな状態での勝利でも嬉しいほ~でした。w

 

 続く!

| | コメント (9) | トラックバック (23)

2006年7月24日 (月)

緊急告知 これから出撃

 仕事のトラブル&所沢帰り道出撃してこんな時間に帰宅です。

 ってこれからベストワン戦線へ出撃してきます!

 みなさんの活躍を見ていてもたてもいられず出撃です!!!!

 メガネ隊長には連絡できたので遭遇できそうですが、他は・・・無理か?

 フェンリルさんがいるかも?

 記事へのコメント、帰宅後になります。すいません。

 それ~!

| | コメント (7) | トラックバック (22)

2006年7月23日 (日)

ギレンの野望

 超多忙だった仕事が一段落し、夜にはブログを書いて、コメント書いて、デッキをいじってと一通りした後に、「ギレンの野望」なんかやってます。

 ずいぶん前にしゃぶりつくしたゲームですが、GCBをやりに行けない日にふとやってみようと手を出してみました。

 うは

 おもしれ~

 以前は思い入れがなかったパイロット達が、とっても生き生きして見えます。

 自分がメインで使うイアンやギリアムなんか優先していい機体に乗せちゃうし、ラルはラル隊だけで軍団作って戦場をじゃかじゃか駆け回っております。

 もちろんドムをとっとと開発してラル隊がWB部隊を落とすシナリオを発動させております。

 ソロモンでドズルを防衛に派遣しちゃって死んでしまったことはミスで、ショックでした。w

 WB部隊を落としたのでWBのパイが戦場に出てきます。アムロはこっちでもよく避けます。w 

 グフ重装3部隊にザクキャノン3部隊の援護射撃に加えて、鹵獲した(w)ガンタンクからの援護射撃も加えたのに、グフ重装3部隊のうち2部隊が全滅して、アムロは元気いっぱいでした。www

 結局グフカスに乗ったクランプとグフB2部隊で仕掛けて、そこにラル専用ドムに乗ったラルとドム2部隊の援護射撃とさらに先のザクキャノンとガンタンクの援護射撃も加えてやっとこ落としました。なんかやりながらGCBを思い出すことが多くて楽しいです。

 

 ギニアスがアプを開発したいと言ってきたときには、

 コスト高いからいらん

と、拒否してしまいました。w ごめんギニアス。

 楽しくて一気にやりこんでしまい、終戦が間近です。(たぶん)

 今度はラル隊にトップ小隊も招いて育てようかな?(←違う)

| | コメント (5) | トラックバック (33)

夏のスケジュール (次回の定例会)

 夏は休暇がとりやすい。夏休はお盆周辺ですが、それ以外でも!

 ということでほ~は嫁を説き伏せて903大隊の定例会への参戦をここに宣言します。い、いや、まだ許可が出たわけではないんですけれでも・・・。

 903大隊所属 ベストワン戦線 23小隊 

 <定例会予定日>

 7月28日(金)

 8月4日(金)

 8月5日(土) 903大隊定例会@立川だよね?

 8月12日(金)

 8月18日(金) ほ~は旅行で不参加です。

 8月25日(金)

 小隊のみなさんの予定はどうでしょうか?教えてください。

 また、今回のクレナイ大将軍謁見のような出張企画もしたいところです。池袋や渋谷、新宿に種まきをしている方もいらっしゃるようなので、そのどこかへ23小隊遠征なんてどうでしょうか?やはりクレナイ大将軍と会いたいほ~がここにいるので、その辺うまくいくと嬉しいのですが。w

 さてさっそくですが、次回の定例会の話です。

 7月28日(金)

強運王決定戦(シールド戦) サブタイトル募集中

 やっと実現です。

【連邦】
先行量産ジム 3機
小型シールド 2枚
100mmマシンガン 1枚
ロケットランチャー 1枚
ミサイルランチャー 1枚
ビームガン 1枚
ハンドグレネード 1枚
ワイドレンジ 1枚
予備弾倉 1枚
外部ジェネレーター 1枚

ロブ
サリー
シン

【ジオン】
ザク1 3枚
スパイクシールド 2枚
ザクバズーカ 1枚
旧ザクマシンガン 2枚
脚部3連装ミサイル・ポッド 1枚
クラッカー 1枚
ロングレンジ 1枚
ワイドレンジ 1枚
予備弾倉 1枚

アス
スレンダー
キャリオカ

情報参照:GCBまとめサイト

 連邦にはロングレンジが入っていないかわりに外部ジェネが入っているとのことです。

 これらのカードをデフォルトとしこちらで用意します。

 ICカードは新規カードを両陣営分用意します。ほ~が大会終了後にネタデッキで使うか、第2回以降のために保管しておきます。

 部隊がヘタレなので、母艦による差が大きく出てしまいます。また普段育てているパイを引いてしまうと、いきなりエースパイロットが登場してしまいます。この2つを防止するために新規ICカードです。

 ★ジャンケンで勝った方が使うステージと陣営を選べます。続けて陣営を入れ替えて戦うつもりでしたが、対戦数が多くなってしまいそうなので、同じ人とは1戦だけとします。

 このシールド王で排出されたカードが次の対戦から使用できます。排出カードは必ず記録者(ほ~だと思います)に報告します。排出されたカードは引いた本人しか使用できません。ここ、運です。良パイ、良機体を引いたらぐっと優勝を手繰り寄せたと考えていいでしょう。まさに運も実力のうちを実践していく戦いとなります。

 ★ベストワン名物の「当たり」ですが、これによって手に入ったカードは除外します。強運なのは間違いないですが、あまりにバランスが崩れますので。w

 パイは若干成長していくと思いますが、入れ替えて戦うのでどっちもどっち。たまたまレベルアップした後だとしたら、それも強運です。

 ★この大会は自分のICカードを使っての大会ではありませんので、気楽に参戦回避してくださってかまいません。

 賞品ですが、特に無しでもいいかなあ?w なんか「王」の称号をかけるだけで盛り上がるから。ww

 

 ネタデッキ対決募集

 ほ~はネタ大好きです。(←みんな知ってる)今暖めているネタデッキがいくつかあります。誰か相手してください、ネタで。w

 ジオン地上A (水はダメw)

 ジオン地上B (水、砂漠は避けたいw)

 連邦地上(K2さんを指名したいw)

 こういう状態でスタンバイしていますので、もしネタ対決してくださる方がいらっしゃいましたら、声をかけてください。ほ~渾身のネタでお相手いたします。w

 

| | コメント (7) | トラックバック (1)

格闘王シルル vs クレナイ大将軍

 いや、本人がレポートを寄せてくれると言ってくれているのですが、いてもたてもいられず。w

 みなさ~ん、我が23小隊の格闘王シルルがクレナイ大将軍のグフワラに勝っていますよお!

http://blog.livedoor.jp/fwif9175/archives/50456454.html

 うは~、うれし~!

 戦友があのクレナイ大将軍とガチンコで勝って来るだなんて!

 感激っす!

 ベストワン戦線23小隊のレベルが決して低くないことを証明してくれました!うわーい!定例会でガンガン勝負できる環境はとても恵まれているということにもなり、ますます力が入ります!!!

 再度、おめでとうです!シルルさん!

 フェンリルさんは対戦が叶わなかったようで、残念至極!無冠の帝王と呼ばれるフェンリルさんですから、絶対に好試合になったはずなのにい!くうう!

 以上、喜びの記事でした。

| | トラックバック (15)

2006年7月22日 (土)

クレナイ大将軍へ挑む 23小隊

 定例会が流れたことで、とんでもない事態が巻き起こったようです。

 シルルさんが渋谷への遠征を表明したことに、フェンリルサンが呼応。格闘王シルルと無冠の帝王フェンリルの2大巨頭がクレナイ大将軍へと挑んだようです!

 むっは~

 行きて~

 うらやまし~

 と言うわけでぜひそのときの様子を教えてくださいね。

 ひょっとしてシオンさんも参加されたのかなあと思っているのですが、確認がとれていませんので、そこはむにゃむにゃ。(←違う方でした、すいません)

 そのクレナイ大将軍の大人気ブログ記事は↓これです。

 http://blog.livedoor.jp/fwif9175/archives/50456241.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

山本圭壱

 いやなんか旬だそうで、タイトルにしてみました。それだけです。w

 最初に23小隊の方へ残念なお知らせです。明日の定例会ですが、メガネ隊長と話し合った結果、定例会とせずに練習会のような扱いにすることにしました。なぜって・・・メガネ隊長もほ~も行けないからです~。

 お互いに飲み会が入っております!リアル社会での飲み会は職場のテンション管理のためにもとっても重要です。ね、フェンリルさん?w

 と言うわけで定例会とそのままでも一応いいのですが、なんか定例会とすると私達2人が「欠席感」(?)にさいなまれてしまうので、名称だけ練習会とさせていただくことにしました。企画はありませんが、ガチ、ネタで戦ってくださるとありがたいです。すいません。

 さて今日紹介するのは

 山本圭壱デッキ(こら)

隊長 ゴップ

2番 フラウ

(`□´) 以上である!

| | トラックバック (72)

2006年7月19日 (水)

所沢ジオニスト

 今日も所沢に帰り道出撃してきました。終戦Pの回収が終わっているので、地上の店で6クレしてきました。

 この夏に佐官になる!と心に決めたので、ジオンオンリーの出撃としました。

 何とサテが半分以上埋まっている!!これは所沢対人戦濃厚か!?

 ん~?でもなんか座っているだけの人もいるなあ・・・。センモニ見ても、近コストに入っているのは2人だけ・・・。微妙だあ。

 とりあえず大気圏にサイコミュデッキで入ることにします。

 これはいつもの編成。サイコミュの復権を夢見て使い続けます。

 2回出撃しましたが、1回は楽勝で、1回も攻撃をくらいませんでした。あ~あ。もう1回は懐に少々食い込まれてしまいましたが、まあ、結局は完勝。

 宇宙には連邦は入ってこないのか?

 

 ソドンが出たので、ここから4戦は全部ラル隊。

隊長 ラル OPブー 下駄 グフシー グフRR

2番 クランプ 強化炸裂 マゼラ砲 ガトリング ザクキャノン

3番 ゼイガン 強化炸裂 マゼラ砲 足ミサイル ザクキャノン

4番 ジュダック ゼナミネバ ドップ

艦長 ハモン

 ゼナミネバを入れたかったのですが、艦長はラル隊なのでハモン一択です。サブパイで乗せようと思ったらメインの3機にはその隙間が無い。仕方なくジュダックをドップに乗せてそのサブパイに入れることにしました。

 もちろん開始早々から隅っこに放置プレイです。

 敵が迫ってきたら逃げます。

 と言うわけでいつものようにザクキャノンが開始早々に突撃する戦術です。しかし今回は相手に長距離砲を持っているの機体がやけに多くて、そのロックオンサーチを外すのに苦労しました。

 2戦はそれでもさっくり完勝。残り2戦はやけに苦労しました。1回はクランプが落とされてしまいました。う~ん、下駄はかせた方がいいのかなあ?でも下駄ザクキャノンなんて、シルルさんのガチには「カモ」以外の何物でもないからなあ。

 開始早々の突撃も、CPU相手だと楽だからやっちゃうけど、対人じゃあなかなかこうはいかないだろうし。

 っつーかあんだけ人いて、対人無し!?みたいな。

 誰もマッチングしなかった・・・ションボリ。連邦にしていれば対人戦ができたような・・・、でも今日は「ジオンの日」となぜか心に決めてしまっていたからなあ。

 さて順調ならば少佐まで後20戦ちょっとのはず。基本的に4クレ制限の私でも佐官がちらほら見えてきました。わくわく。

 佐官。

 なんだか甘美な響き。

 佐官。

 むふふ。楽しみだあ。

| | トラックバック (6)

2006年7月18日 (火)

所沢終戦P回収

 所沢2店舗で終戦P回収してきました。

 地下は無人でしたが、ほ~が2クレ終わる時に1名座りました。でもさようなら。

 地上は人が3人もいました。2人はカップルらしく、女性もやっていました。2クレやったのですが、マッチングしませんでした・・・。残念。4クレ制限なので撤退です。

 さて使った部隊はと・・・。

 ジオン 最近ガチのラル隊

 ネタで始めたラル隊ですが、最近地上じゃメインです。レベルは低くて弱いですが、ネタでGGガス弾当てるためにも少し成長させたいところです。っつーわけで砂漠に出撃。

隊長 ラル OPブー 下駄 グフシー グフRR

2番 クランプ 強化炸裂 マゼラ砲 ガトリング ザクキャノン

3番 ゼイガン 強化炸裂 マゼラ砲 足ミサ ザクキャノン

艦長 ハモン

 ザクキャノンが2機特攻で赤か青で射撃を狙います。砂漠なので浮いてる機体以外はとりあえず怖くありません。ちょうど2機の正面に盾無しのジムがうろついていたので赤リンクロックで撃破。

 機動でちょっと下がって再び赤。もう1機撃破。

 ゼイガンはいったん補給に下がり、クランプが網を張って、その間にラルが大きく迂回して格闘を仕掛けます。

 ガンキャノンがもたもたしていたので2回当てて瀕死。敵の懐なので無理は禁物とばかりに飛びぬけてもう1回格闘攻撃。鞭の攻撃範囲に収められずにサーベルダメージだけ与えてトンズラです。

 迫ってきていた敵機にクランプが一撃加えてゼイガンと交代です。当然ちょこちょこ動いてラルが格闘のリンクロックを拾います。

 最後にシローの陸ガンが残りましたが、楽勝でした。砂漠ではラル隊強いなあ。まあ、相手はCPUでしたが。w

 もう1回はサイコミュで宇宙。

 シルルさんからサイコミュのレポートをいただいていたので、ブロを再び。

隊長 ギリアム OPブー ザクマシンガン10 グフシー 専用R2

2番 イアン OPブー ゼナミネバ ブロ

3番 トップ 強化炸裂 マゼラ砲 グフシー ザクFS(GZ)

艦長 ハモン

 トップとイアンでまずは先手を取って、ギリアムがその間に回りこんで格闘・・・って、この戦い方はラル隊と同じじゃないか。w

 なんかもうね、CPUなら楽勝なんですよねえ、これ。操作ミスして序盤で何かが落ちてしまわない、あるいはうっかり母艦に接近を許してぐだぐだとかならない限り。

 サイコミュの練習にならないんですよねえ。機動ですっとんで懐に入ってくるところを飛びぬけて赤ロックを練習したいのですが・・・。ま、いいか。

 っつーかギリアムとトップで途中ずっとやってて、イアンのブロ母艦で補給させて放置していた。トップの弾切れで、あ、忘れたとブロを再出撃させたような状態。う~ん、課題意識が足りないなあ、自分。

 さて連邦はと・・・。

 

 当たらない射撃デッキ。

隊長 サリー 強化炸裂 下駄 180mm ジム(AS)

2番 アリス 同上

3番 ジュダック ブルバップ ハイバズ ガンキャノン

艦長 コジマ

 宇宙だとつらい!MAやらR2やらの機動に追いつけない!この戦いではR2が3機いたのですが、CPUがきっちり盾防御。やっぱり格闘機がいないとつらいかなあ。

 何しろサリー以外はへなちょこなパイなので、射撃が当たらないこと当たらないこと。もう、何発外したかわからん。

 おかげで懐に入られて、下駄ジムが普通に格闘しかけてる展開。てんてこまいしながらも完勝はもらいましたが、宇宙ではこれはちょっとリアルスキルも含めてつらい編成だったように思えました。反省。

 気を取り直してのグレートキャニオン。ここは障害物が多くて、下駄有利。いつものごとく機動で下駄2機が特攻して、赤射撃。いきなりザクの盾を引っぺがして瀕死に。敵の進軍は川に阻まれて遅いので、もう一度そのザクに赤射撃で撃破。

 機動で下がって方向を進軍してくる敵機にあわせます。お、速いのが1機。ズゴックでした。盾の無いカモです。赤リンク射撃で粉砕します。アリスは下がって補給で、代わりにジュダックのガンキャノンが参戦。

 もう1機のザクを撃破したところで残りの2機が反対側の手前に進軍してくるのが見えました。補給したアリスを迎撃に向かわせます。代わってサリーが補給へ。

 アプがいます。アリスが赤で射撃しますが、なんとアイナたんは全部回避。アプが大接近してきます。サリーも飛び出して格闘を狙うことにします。ジュダックは当然そこに赤のリンクロックを狙う動きです。

 アイナたんアプ瀕死。それでもこちらの母艦方向へ特攻してくるので、ジュダックのブルバップマシンガンでとどめを刺しました。

 残りの1機はザク系でしたが、危なげなく赤射撃で落としました。これでおしま・・・いにならないぞ???

 ライデンがグラブロに乗っていました。それ~と3機で袋叩き。と、このグラブロはルナチタでした。か、硬い。当ててても当てても水中で攻撃力低下なんかもあって、なかなか落ちてくれませんでした。

 しかしまあ3機で囲めば1機にロックオンサーチが伸びてくるので、そいつだけ後退して残り2機でロック。という堂々巡りで危なげはありませんでした。ふむ。ライデンおちかれ。

 今日は母艦で補給を交互にうま~く出来た回が2回あったので、CPU戦ながらけっこうな満足感です。でも時を忘れる対人戦がやっぱり楽しいのですがね。

| | コメント (5) | トラックバック (24)

2006年7月17日 (月)

どうなの?

 あ~、ちょっとね、書いてみたいんだけど。

 2人一組でカード動かしてる人見たのね。あれ、どうなの?

 別に対人になったわけでもないし、いいんだけど、ずっとあれやってんですかね?

 ネタで2人でやってみようぜ~みたいのならばいいけれど。

 ガチで勝てない相手でもいて、2人で挑んだとか?

 ま、事情は知らないけれど、なんだか内心

「けっ」

 と唾を吐いた自分がいたもので・・・。

 心狭いな、自分。

| | コメント (5) | トラックバック (63)

さてと

 次回の定例会の話をまずはしましょう。

 次回はシルルさんもフェンリルさんも定時での参加を表明してくださっています。普通に対戦してもいいですし、シールド王でもいいのですが・・・。

 何でも一部店舗では7月27日頃にヴァージョンアップのようです!公式に何のアナウンスもしないメーカーには毎度ガッカリですが、一部店舗にはすでにFAXが来ているとのこと。「追加カードは無し」だそうです・・・。

 あの糞仕様と話題の再出撃システムもおそらく実装されているのでしょう。もう実装されちゃうのは仕方ない。何とかするしかありません。

 一発大会 時代を先取り!1機コスト400未満限定ガチデッキ

 

 これ、どうでしょう?w

 1機あたりのコストを400未満に設定します。

 その制限以外はフリーでガチです。あ、別にネタでもいいけど。w

 400未満って改めてどうなの?と考えてみると・・・。

 ジオン編

 ライデン OPブー  バックラーS ロケラン ゲル(ライデン専用機) 380

 ううむ、ゲル盾とかビームライフルが乗りません

 ラル OPブー グフシー ドダイ2 グフ(RR) 395

 おお!これは素晴らしい組み合わせかも。w

 イアン OPブー ブラウ・ブロ 385

 ありゃ、組めたぞ。ブロなら組めるのか。w

 ゼイガン 強化炸裂弾 ドダイ2 マゼラ砲 ザクキャノン 270

 こ、こんなもんか?ひょっとして・・・

 ギニアス・サハリン ルナチタニウム合金 アプサラスⅢ 370

 組めた・・・。

 ジオン編ってはじめてみたけどこれって・・・。

 連邦編

 アムロ(UC) ハイハン ガンシー 170ガンダム 395

 カスタムつきません。ビームライフルも無理。

 ジャック OPブー ハイバズ  ガンシー ジム(JB) 285

 安っ!楽勝で組める。下駄もOK。ビームライフルでもOK。

 アダム 強化炸裂弾 180mm 小型シー Ez8(ウェポンラック仕様) 345

 こんなのも組めちゃうのか。うーん。

 カイ 強化炸裂弾 ハイバズ レールキャノン ガンキャ108号機 370

 おろろ。なんということでしょう。コスト400未満のハードルは意外に低いです。

 ということは

 一発大会 時代を先取り!1機コスト400未満限定ガチデッキ

 ↓

 一発大会 時代を先取り!1機コスト200未満限定ガチデッキ

 ならばどうだろう?(←その場しのぎ)

 この時点でコスト100オーバーのパイはほぼ全滅か?連邦にはコアブという壊れ兵器があるから、なんとかなる気もするが、果たして・・・。

 ジオン編

 ガルマ スパシー ザクⅡFS型(ガルマ専用機) 190

 なんということでしょう。とたんに厳しくなりました。いくら固定盾&バルカン装備のこの機体でもこんな感じじゃつらいことこの上ないでしょう。こりゃ大変だ。

 トップ ザクマシンガン グフシー グフ 190

 カスタムがつかない・・・つ、つらいぞ。トップ姉のコストでも厳しいとなると・・・。

 キャリオカ 強化炸裂弾 マゼラ砲 ザク・キャノン 190

 キャリオカ動員してやっとこカスタムが乗るのか・・・。

 連邦編

 サリー 強化炸裂弾 ブルバップ ジム(バズーカ装備) 195

 盾が無いけど何とかなりそうな雰囲気はかもし出している・・・。

 待てよ・・・。

 ジュダック 伏兵  コアブ 105

 ああ、やっぱり楽勝か。コアブ強いなあ。

 ジュダック 180mm Gスカイ・イージー ジム・トレーナー 195

 おお!下駄ロングレンジも可能!こりゃ、機体じゃなくてジュダックが優秀なのか!?

 アムロ(UC)  ジム先行量産型 190

 アムロを乗せようとしたらこの有様。ダメだこりゃあ。

 考えてみたけれど、400未満で高コスト機体とするか、200未満で低コスト機体とするかの2択か、あるいはその複合技が主流になるのかなあ?こうなると大会とか難しいので、時代を先取りはしないことにしますね。w

 どうも、200未満ではコストがそこそこで固定盾や固定武装を持つ機体が重宝されそうな気がします。

 ジオンはFSは前からですが、ザクキャノン、砂ザクあたりもそこそこ復権しそうな予感。

 対して連邦はあまり変化ないのかな?コアブ、ジムバズ・・・あと陸ジムくらい?

 ロケテを体験していないのでなんとも言えませんね。w こうなったらとっととヴァージョンアップしやがれ!

 それにしても追加カードが無いとは・・・。ガッカリだよお!(←桜塚やっくん風に)

| | トラックバック (32)

2006年7月15日 (土)

鹵獲王決定戦 詳報

 鹵獲王決定戦詳報。 とその日のあれこれ、お待たせしました。

 23時ごろの川越街道はなんとびっくり大渋滞でした。全然23時になんて到着できない。ずいぶん遅れて到着するとGCBのサテはけっこうガラガラ。誰もいないのか?と思いながら両替をするとK2さんが座っていました。「誰も来ないのかと思いました」という言葉に苦笑して渋滞のことを伝えます。さらになんとちょうどビグザムを引いたのだそうです。
 
 っつーことで席を前から後ろへ移動して並んで座ります。とりあえずほ~は終戦Pをかっつり頂くことにします。ちょうどいた中尉さんと対人となりましたが、ここは完勝させていただきました。粘着はしないので許してね。

 K2さんと言えばグフ重装の鬼リンクロックデッキです。並べているのを見て、お相手していただくことにしました。連邦ガチだと下駄ロングレンジなので、ちょっとグフ重装にはひどい仕打ちかなと考えて戦場がソドン砂漠なのにこんな感じで出撃。

テキサン 下駄 180mm ジムAS
サリー ガンキャ レールキャノン ブルバップ
ジュダック ガンキャ ブルバップ×2
艦長 アリスかコジマw

 砂漠なのでガンキャはドン亀です。接近されるまでに一撃か二撃して、飛び込まれたらブルバップで指バルカンに対抗。それを下駄乗りがリンクロック狙いという戦術です。

 いきなりエルラン親分(なぜ親分なのかはK2さんのブログを参照してください)をリンクロックでとらえます。親分なのに初弾をくらうのは戦術です。w 一気に接近されそうになるのを二撃目に成功。砂漠なのでドン亀なのはグフ重装も同じなのでした。

 それでもやっぱり懐に飛び込まれます。しかしこちらもマシンガンで抵抗。一撃&二撃をこちらがとれていたことが有利に働いてそのまま押し切ることができました。「火力で押されるとつらいんです」とはK2さんの弁でした。砂漠だったことで二撃目をとれたことも大きかったと思います。しかしいい経験をさせていただきました。またお願いします。

 そんなこんなしているとシオンさんが到着。来る前に掘ってきたとのことですが、レア無しとのこと。アンコもあまりいいのが出ていなくてガッカリしていました。ドンマイっす。

 3人しかいないのですが、ずっと待っているのもつまらんので、3人で鹵獲王始めちゃうことにしました。

 まずはシオンvsほ~。

 シオン連邦 アムロR2 ウッディリックドム (たぶん)
 ほ~ジオン ガンダムガルマゾンビw

 出ましたよ起死回生!×4の格闘を全部起死回生。ww それを出しておきながら負けるほ~って一体・・・。でも起死回生をたくさん出せたのでよかったです。

 続いてK2vsほ~。

 K2連邦 07小隊MA
 ほ~ジオン ガルマ&ドズル兄弟

 ドズルハンマー&ガルマガンキャが機能せず。MAの速度に翻弄されまくりで、ほとんど何もできずに負けました。ドズルのテンションMAXで対MS戦闘で対艦攻撃UP効果が無意味に出ていてトホホでした。これはもうデッキ構築で負けな感じです。

 最後はシオンvsK2。

 K2ジオン ガンダム&ガンキャノン (たぶん)
 シオン連邦 核www

 いましたよ漢とかいて「おとこ」と読む人が。www コスト800制限の鹵獲王で核が炸裂しました。いやあ驚いた。K2さんのデッキが申し訳ないけれど霞んでしまう核でした。

 とやっていたら何とメガネ隊長が到着です。予定では参戦されないかもとのことだったのに、ありがたいことです。そしてなんとサテの端に座っていたのが903大隊長であったことが判明!気がつきませんでしたあ!初対面だし。w

 メガネ隊長にご紹介いただいて、ご挨拶です。大隊長による分隊の視察の様相です。「鹵獲で遊んでるから、たぶんこの人たちだろうなとは思っていました」とのこと。どうもどうも、私たちが23小隊です。w

 メガネ隊長と903大隊長も鹵獲王に参戦してくださいました。メガネ隊長は翌日の予定があるので途中で抜けましたが、903大隊長は生粋のジオニストということでジオン限定で参加なさいました。

 以降順不同簡潔版でお許しください。

 ほ~連邦 勝ち 903ジオン
 K2連邦 勝ち メガネジオン
 シオン連邦 勝ち 903ジオン
 シオン連邦 引き分け メガネジオン (アバオアクー)
 
 
 お気づきでしょうが連邦負け無しです。やっていたみんなが感じたことだと思いますが、ジオンは宇宙専用機が充実しています。それを鹵獲する連邦が圧倒的に有利でした。R2には追いつけません。核もお株を奪われます。カスタムに鹵獲が鎮座しているために頼みのOPブーや強化炸裂弾などが使えず、ジオン機体のアドバンテージが結果に大きく反映されていると思われます。

 しかし・・・。

 903ジオン 勝ち K2連邦

 ジオニストの意地が最後に炸裂です。ジムとガンキャの混成部隊で、K2さんの07小隊MAデッキに勝ちを収めました。暗礁宙域で障害物が多く、MAがごい~んとしている場面が多かったこともあるとは思いますが、それでも不利と認定されたジオン軍で勝ちを収めたのはさすが大隊長と言ったところでしょう。K2さんは残念!

 こうして鹵獲王は無敗でシオンさんが獲得です。おめでとうございます。ぱちぱちぱち。これでシオンさんは編成王(デッキング)と合わせて2つのチャンピオンベルトを手にしたことになります。さすがです。ご本人は「シルルさんやフェンリルさんがいないですし。」とおっしゃっていましたが、いえいえ、たいしたものですよ。

 

 さてその後は時間とリアルコストが許す限りみんなであれこれやっていました。シルルさんも到着です!お仕事お疲れ様です!

 シルルさんからは以前遠征で大将達の戦いぶりを見てサイコミュに悩むほ~のために、そのときのレポートをわざわざいただきました。大感謝!とってもわかりやすく参考になりました。実践できるまでにはまだまだスキル向上が必要そうですが、その一部でも体現していけたらいいなあと思っています。

 そしてやっぱりシルルさんのカボチャ部隊にはガチで挑まねばなりません!それ~。

 

 惨敗っす

 強い~!勝てる気がしない~。森◎のOPブースター付の陸ガンの動きは、リアルに目で追えません。ザクキャノンごときで止められる相手ではありませんでした。

 あんまりくやしいので粘着しました。(おい) 宇宙で格闘2機に核1機です。ウヒヒ。

 惨敗っす

 核撃てませんでした。それまでに前衛の2機が落ちてしまいました。それを見ていたシオンさんが同じく核で代理リベンジをシルルさんに挑みますが、なんとこれも退けるシルルさん。壁は高く、そして厚い!

 三度挑むほ~。今度はクレナイ大将軍ブログよりちゃっかり頂いた「強化炸裂カーゴ爆弾」です。

 惜敗!?

 序盤の攻防でなんと強化炸裂カーゴ爆弾が2機を破壊!これならば!と意気込むもやっぱり動きについていけず後はぐだぐだでした。残念!でもシルルさんから「核よりすごいじゃない」とお褒め(?)の言葉を頂きました。と言っても「クレナイさんがブログで検証しちゃうからこんな危険なものが」とシルルさん苦笑です。まったくその通りですね。w 次はカーゴ爆弾2つ仕込みます。www

 その後、903大隊長を筆頭にK2さんとシルルさんのリンクロック合戦が展開されました。といっても相手はCPUですが。このCPU相手にいったいいくつリンクロックできるかを競うような様相。プチ大会みたいでした。www

 とにかくこの3人がCPU相手に戦闘をすると戦闘アニメが長いこと長いこと。×6とか普通。その横に×4とかあるのも普通。なんだか感覚が麻痺してきそうな戦いぶりです。勝利を目指しているのはもちろんなのですが、どう見てもリンクロックの数にこだわっている動きも見られて、「この人たちすごい」と思いました。ちょうど3人並んでいてずっと画面を見ては大笑いしていました。お腹いっぱいです。w

 
 903大隊長は23小隊の面々に「何か欲しいのある?」と補給を申し出て下さいました。K2さんは903大隊長の所で4つ子となったアンコシャアをいただいたようですが、なんと直後に自引き。GCBマーフィーの法則です。w
  

 
 今回も濃密だった23小隊の戦いでした。家に帰ってぐったりです。みなさんお疲れ様でした!

 個人的にはガルマゾンビがけっこう楽しいと思えてきました。EXAMが無いので誰か余っている人ください。w

| | コメント (9) | トラックバック (0)

鹵獲王は・・・

 ふひ~ただいま帰還です。

 今回も23小隊は熱い戦いが満載でした。

 でもこんな時間なので気になる鹵獲王の結果だけ。

 第1回 鹵獲王は シオンさん 

 おめでとうです~。パチパチパチ。

 ステージが宇宙限定のためにジオンの機体を使える連邦が有利で、その連邦で連戦したシオンさんが「有利でした」と謙遜していましたが、いやいや実力も王にふさわしいものでありました。

 くわしくは次回!

 K2さん、シオンさん、メガネ隊長、903大隊長、シルルさん、お疲れ様でした。5台のサテを占拠してのベストワン戦線は大変充実していました。

 ではおやすみなさあい。

| | トラックバック (35)

2006年7月14日 (金)

23小隊 出撃直前

 今回の定例会は鹵獲王決定戦です。サブタイトル未定のままでしたが、終わってからまた何か考えますのでお許しください。

 果たしてどんな鹵獲兵器や作戦が飛び出すのか!?楽しみです!

 では!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月13日 (木)

鹵獲王に向けて

 さて明日の鹵獲王。どうしたものかと徒然に考えているのですが・・・。

ジオン側

 夢の機体「ガンダム」系は入れたいところです。ゲームではシャア専用ガンダムなんて存在もありますから、ジオン側としたら白い悪魔を鹵獲したいのは当然の心情でしょう。

 ところが思考がここでストップしてしまいます。他どうすべ?汎用機体が多い連邦なので、ジオン側とするとガンダムを除外すると他は意外に魅力が乏しい気がしてきます。

 他の優秀な機体とするとコアブースターが思いつきますが、鹵獲してまで使いたいかと言えばそれほどでもありません。

 次に思いつくのは下駄&180mm。しかしカスタムに鹵獲を使うために強化炸裂弾は使えません。魅力としては半減でしょうか。しかし宇宙でも使える下駄はジオン側にとってはやっかみの対象となっていますから、選択肢としては残してもいい気がします。

 えーと、おしまい。

 ガンキャノンはやはり強化炸裂弾が無いとジオン機を鹵獲した連邦にいいようにもてあそばれてしまう気がします。マシンガン装備で近距離格闘の代用とすればなんとかなるのかもしれませんが・・・。ううむ。

 と言う事でほ~はネタに近いデッキで鹵獲王:ジオンを戦うことにします。デッキをさらしたからといってほ~相手に対策を練るような人はいないと思いますので、さらします。w

以下当然カスタムは鹵獲

「兄弟でずどーん」デッキ

隊長 ドズル・ザビ Hバズーカ Hハンマー セシル

2番 ガルマ・ザビ 180mmキャノン 下駄 ジム(バズーカ装備仕様)

艦長 ゼナ&ミネバ

ジャスト800w

 下駄&180mm外して武器を2つ持つ仕様に変えるかもしれませんが、まあだいたいこんな感じの予定です。w

連邦側

 ジオン側と違って使ってみたい機体が山盛り。サイコミュはやはり定番でしょうし、アプシリーズを筆頭にMAはおもしろそうです。宇宙限定なのでR2やリックドムも使い勝手がよさそうです。

 ゲルググやギャンといった名機も使ってみたい機体です。

 武器ではグフシーやガトシーフルなんかも使いたい候補でしょう。もちろん核もありそうですが、コスト800がちとつらいかも。

以下当然カスタムは鹵獲

「遠近両用」デッキ

サリー  マゼラ砲 グフシー ザクFS(ガルマ専)

マイク マゼラ砲 グフシー リック・ドム

ロブ マゼラ砲 グフシー 高機動型ザクR1A

コジマ

 あ~、なんかダメそう。w こっちはいろいろまだ考えます。ww

| | トラックバック (17)

2006年7月12日 (水)

所沢でいろいろ試す日

 終戦P回収に所沢へ出撃してきました。

 地下の店はまだ終戦していませんでした。とりあえず両軍1クレずつ。誰も人はいないのでCPU2戦してきました。

 連邦 「初 カボチャ部隊」

隊長 ジャック EZ8WR 180mm カムラン 強化炸裂

2番 アダム 陸ガンWR 180mm 3人組 強化炸裂

3番 トーマス コアブ キキ

艦長 ヘンケン

 ウェポンラック仕様の2機を使ってみました。まず前進して敵を防御の攻撃範囲に収めます。ここで敵機2機をマルチ&リンクロック。アプとズゴックがいきなり消し飛びます。うわあ、強い。ww なんか援護射撃も出ていたぞ。誰のだかわかんないけど。w

 CPUは序盤の2機損失をものともせずに飛び込んできます。再び1機をリンクロックして消滅させます。弾切れの心配がないので前線にずっと留まっていられます。これ、結構楽かも。w

 すり抜けてきた機体はコアブでお出迎え。戦闘シーン中にその敵機を攻撃範囲に収めるようにしていたら、アニメ終了後、再びリンクロック。即撃破。

 うわーひょっとして1発も攻撃くらってないかも。w

 鬼の完勝です。レベル1なのに・・・。テンションが常に高い状態だったような気がします。おかげでレベル1でも攻撃がよく当たりました。

 ジオン 「サイコミュ弱体化デッキ」

 隊長 ギリアム ゲルググ ゲルシー スパシー OPブー

 2番 イアン サイコミュ緑ザク ゼナミネバ 高出力ジェネ

 3番 トップ ザクFS マゼラ砲 グフシー 強化炸裂弾

 艦長 ハモン

 

 サイコミュに限界を感じてこんな感じにしてみました。

 え~とですね。楽勝でした。でもサイコミュほとんど活躍してません。ギリアムとトップでほとんど倒しちゃいました。狙いのリンクロックもほとんど出せずに終わってしまいました。残念。い、いや、楽勝だからいいのか?

 お店移動。こっちは先日終戦日に参戦したので確実に終戦Pをいただけます。着いてみるとサテに2名。おろ。1名は名前をよく見る常連さん。もう1名は少尉なりたてだったのかなあ。

 ジオン 「初 ノリスデッキ」

 隊長 ノリス 哀戦士 ザクマシンガン(砂) グフシー 砂ザクWアンテナ

 2番 ニエーバ 対抗心 ジャイバズ×2 TTドム

 3番 マサド 対抗心 ジャイバズ×2 TTドム

 4番 オーパイ マゼラアタック

 艦長 ハモン

 ノリスを使ってみたくて組みました。このデッキでは哀戦士はいらなかったなあ。w

 ソドン砂漠なので上記のMSをチョイス。まずはノリスは放置しておいてTTドム2機で突撃します。

 マゼラや180mmの攻撃範囲に慣れてしまっているのか、ジャイバズの攻撃範囲を合わせるのに少々苦労しました。それでもズドンズドンとジャイバズ発射。

 ありゃ、当たらない。www

 この2人でレベル1ですから当然かもしれません。せっかく撃ってもハズレが多い展開にしびれを切らせてノリスも参戦。敵をザクザク切っていきます。

 正直2機のTTドムは思ったほどの活躍をしませんでした。CPU相手なのでそれでも勝ちですが、ノリスの特殊能力も発揮できなかったので、なんだか普通に勝ってしまってもったいない気分です。

 続いて連邦にして宇宙へ。

 連邦 「お試し ガンキャノンデッキ」

 隊長 ギャリー ジムLA ガンシー 小型シー OPブースター

 2番 カイ 専用ガンキャ レールキャノン ハイバズ 強化炸裂

 3番 サリー ガンキャ レールキャノン ハイバズ 強化炸裂

 艦長 コジマ

 とと「敵部隊接近!」。相手はなんとサイコミュ!

 シャア リックドムCA ビーバズ? OPブー

 ララァ エルメス たぶんOPブー

 艦長 失念

 ガンキャノンがいきなりサイコミュ12発をくらって昇天してしまいました。これは誤算です。盾が無いのにとっさに防御操作してしまいました。

 なんだかんだとシャアCAは落としますが、向こうはエルメス、こっちはコアファイターなんて状態に最後はなって、しっかりコアファイターを落とされておしまい。

 う~ん。せっかくの対人なのでもう1戦お願いしたいところ。今度はほ~のガチ。

 相手は今度は上記の編成にオートのザクFSがマゼラ砲を持った機体が加わっていました。

 こっちには育成のさじを投げたとは言え、ほ~の部隊ではまだまだ強い方に入るテキサンを出撃させます。カイは下がります。

 機体はジムAS下駄ロングレンジの2機にギャリーのジムLAです。

 基本的に待ちスタイル。エルメス相手にリンクロック。これでエルメスピンチに!とどめはLAでと考えて、急行させたらなんと相手のシャアも到着するところ、脇から突撃してリンクロック。リックドムCAを撃破。

 こうなってしまうとエルメスは一気に不利へ。LAで何着格闘しかけて撃墜しました。リベンジ成功!これはうれしい。

 最後はジオン。

 ジオン 「ラル部隊」

 隊長 ラル グフRR 下駄 グフシー OPブー

 2番 ゼイガン ザクキャノン マゼラ砲 足ミサ 強化炸裂

 3番 クランプ ザクキャノン マゼラ砲 ガトリング 強化炸裂

 4番 オーパイ マゼラアタック

 艦長 ハモン

 無差別ニューヤークに出撃しましたが、誰も入ってきませんでした。CPU相手だと緒戦で先制攻撃ができるので、楽勝でした。2枚目の武器に少し差をつけたのも大成功でした。お互いをよくカバーしあっていました。

 うう、いかん眠い。寝よう・・・。

 

| | トラックバック (40)

2006年7月10日 (月)

強運王 ⇒ 鹵獲王

 う~ん。次回定例会ですが、シルルさんは遅れて到着だし、メガネ隊長は不参加の可能性!?

 どうしましょう、この企画。見送ったほうがいいかなあ?w

 っつーことで再掲。

 強運王決定戦(シールド戦) サブタイトル募集中

 

【連邦】
先行量産ジム 3機
小型シールド 2枚
100mmマシンガン 1枚
ロケットランチャー 1枚
ミサイルランチャー 1枚
ビームガン 1枚
ハンドグレネード 1枚
ワイドレンジ 1枚
予備弾倉 1枚
外部ジェネレーター 1枚

ロブ
サリー
シン

【ジオン】
ザク1 3枚
スパイクシールド 2枚
ザクバズーカ 1枚
旧ザクマシンガン 2枚
脚部3連装ミサイル・ポッド 1枚
クラッカー 1枚
ロングレンジ 1枚
ワイドレンジ 1枚
予備弾倉 1枚

アス
スレンダー
キャリオカ

情報参照:GCBまとめサイト

 連邦にはロングレンジが入っていないかわりに外部ジェネが入っているとのことです。

 これらのカードをデフォルトとしこちらで用意します。

 ICカードは新規カードを両陣営分用意します。ほ~が大会終了後にネタデッキで使うか、第2回以降のために保管しておきます。

 部隊がヘタレなので、母艦による差が大きく出てしまいます。また普段育てているパイを引いてしまうと、いきなりエースパイロットが登場してしまいます。この2つを防止するために新規ICカードです。

 ジャンケンで勝った方が最初に使うステージと陣営を選べます。続けて陣営を入れ替えて戦います。同じ人と2連戦となります。

 このシールド王で排出されたカードが次の対戦から使用できます。排出カードは必ず記録者(ほ~だと思います)に報告します。排出されたカードは引いた本人しか使用できません。ここ、運です。良パイ、良機体を引いたらぐっと優勝を手繰り寄せたと考えていいでしょう。まさに運も実力のうちを実践していく戦いとなります。

 パイは若干成長していくと思いますが、入れ替えて戦うのでどっちもどっち。たまたまレベルアップした後だとしたら、それも強運です。

 前回話題になった賞品ですが、排出カードでもいいのですが、やっぱり激レアだったりしてそれがしかも喉から手が出るほど欲しいカードであった場合は、相当な精神的ダメージです。もらった方も心苦しい思いをしてしまうのではないでしょうか。
 大会運営側(お店が開催しているような場合)がプレイ代金を出すのならばそれもありかと思いますが、23小隊の中での大会なので、排出カードはやはりその人のものにしたいと思います。

 そこで、参加者が最初に何か1枚シークレットで出し合うというのはどうでしょう。参加する人は始める前に1枚カードを周りの人に見えないようにこっそり封筒に入れてもらいます。GCBのカードならば何を入れてもOK。コモンでもOK。6人いれば6枚のカードが手に入ります。(1枚は自分が入れた物ですが) 賞品は大会なので形だけ用意しているようなものなので、こんなゆるゆるでもいいのではないでしょうか。やはり欲しいのは「王」の称号でしょうから。w

 とまあこんな感じなのですが・・・う~ん。23小隊メインを張る2名の参加が微妙な状態では大会は見送ったほうがよさそうですねえ。

 んで、編成王シオンさんとフェンリルさん、KENさんは参加してくださると仮定して、こんな臨時企画を考えてみました。

 鹵獲王決定戦 サブタイトル・・・はどうでもいいか?w

 はいはい、そのまんま。w

 鹵獲を使って機体と武器を組み合わせます。

 必ず機体も武器も相手陣営のものを使ってください。

 下駄に乗せる場合も当然相手陣営の下駄で。

 最大コストは800以下としておきましょう。(とりあえず)

 パイは育っていてもOK。

 カスタムには鹵獲が入りますのでそれのみ。

 母艦は基本的に消極的参戦でお願いします。

 できるだけジオン連邦の両軍を用意。

 鹵獲が無い場合は登録時にお互いにレンタルしましょう。

 ステージは今回に限り宇宙限定!(コロニー等は回避)

 この企画がおもしろいようならば、地上と宇宙と行ったりきたりする予定で。w

 戦場を駆ける鹵獲カラー。なんか極端な編成で笑いを取ろうとする人がいそうです。連邦では核がデフォルトになってしまいそうな予感すらします。w いやいやいろいろと考えられるはずです。

 いかがでしょうか、次回定例会に参加できそうな方?

| | トラックバック (14)

2006年7月 9日 (日)

中田引退

 衝撃的だったけれどなんか納得。

 ピッチに倒れて泣く中田の姿が、普段の気丈な彼からは想像できない姿だったから。

 それでも代表引退ではなく、現役引退だとは・・・。

 潔いと言えば潔い。

 年長の相手にもピッチ上では厳しい言葉をかけてきた彼だから、自分のポテンシャルが下降線をたどることで周囲から乖離していくことは、良しとしなかったのだろう。

 それでも輝きを見せられなかった日本選手達の中で、川口と並んでその力を発揮してみせた中田であるから。今後の日本には必要な選手であったはずだ。

 彼の独特の考え方もあるから、協会に引き止めることはできなかっただろうが、それにしてももったいない。

 

 それにしても・・・。日本代表のふがいなさがその後のトーナメントを見てみるとより実感できる。「ボールを止めること」「ボールを蹴ること」そして「走ること」。この3つだけで日本選手のレベルがワンランク低いことがよくわかる。

 今回「走れない」FWを使ったブラジルが前線でいい状況を作れなかったために敗退したことも印象的だったが、日本選手はその大半が「走れない」(「走らない?」)のだから、敗退したのも当然かもしれない。

 期待していた中村がとてもよくなかったのも残念だ。体調管理も含めてのプロのはずだから言い訳はできまい。放送時間による暑さも中田が言うように「同じ条件」と言っていいはずだし、そもそもそれにすら対応すべきなのがプロだ。

 巻を投入してくれたことは嬉しいが、ブラジル相手でクロスがろくに上がらない状況では巻の個性も埋もれてしまった。

 ブラジル戦では交代したFWがすぐにだめになってすぐに別のFWを投入というお粗末な展開。当人には悪いが、そんな怪我するような状況ではなかった。準備不足なのか疲れがたまっていたのか・・・それにしても情けない。

 ジーコという実績の無い監督を据えて、「信じている」と言っていた協会は何の責任もとらないらしい。勝てない監督を選んだ責任をとらず、オシム失言でうやむやにしてしまう手腕はさすがと言えばいいのかもしれない。

 

 後ろ向き発言が多くなってしまった。

 オシムにはジーコの100倍期待している。2年契約を自分から申し出たことも好感が持てる。代表監督という意味を十分に理解している証拠だから。そして金儲けのために引き受けるわけでもないのがよく伝わってくる。

 中田が抜けて、他もぱっとしなかった代表だから、今後しばらく低迷が続くかもしれない。アジア枠は日本の低迷も影響して減らされると思う。その上あのオーストラリアが今度からアジア枠である。ワールドカップの予選通過すら危うくなるかもしれない。

 しかし少なくともジーコジャパンよりも期待して見ていたい。そして決して短絡的な成果を期待してはいけないと思う。ジーコと違って選手に任せるなんて愚かなことはせずに、じわじわと代表イズムを浸透させてくれるのではなかろうか。そう期待したいオシムジャパンである。(まだ決定してないのにw)

 しかし市原には筋を通せよ、協会。損害賠償だって当然だ。「言っちゃった」なんて、上に立つものの言葉じゃないよ。責任なんてどうせとらないんだろうけど。

 Jリーグを発足させてくれただけでもう十分じゃね?すっかりお荷物のTOTOどうすんの?Jリーグはともかく、全く広がりを感じさせない下部組織は?(J2という意味ではなく)まあ何とかできる力のある人材はいないのかもしれないが・・・。

 以上駄文。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

23小隊 定例会 詳報2

はい、続きです。

 かっき~さんとかりんさんがご来店です。種まきに来ていることは知っていましたが、こうして23小隊との合同戦線は初です。嬉しいですね~。

 ジムトレ部隊の華麗な舞には驚きました。下駄に乗ったジムトレがまるでシンクロのごとく戦場を舞い踊っていました。どど~っとジムトレが突撃してくる光景はそれはそれは壮観でした。母艦を4機で囲んでタコ殴りするジムトレは、その紙装甲を知っているだけに凶悪に映りました。

 しかしジムトレであれだけガチで戦えること自体がすごいですよね。ガチデッキをいくつも食って来たことにも納得の強さでした。センモニ見て後入りしたような人は、あのジムトレの舞に恐怖したはずです。またぜひ味わわせてください。w

 
 こちらのなんちゃってラル隊はGGガス弾デッキでした。ラルはグフRR下駄グフシーとガチですが、これはGGガス弾だけだと「絶対に」勝てないからです。w 部下の2機にGGガス弾を仕込んでおきました。そして今回。

 祝!GGガス弾命中!

 JSAを人生で初めてくらったこの日。人生で初めてGGガス弾を当てることができました。う、うれし~。w 

 まあ破滅CDのように緒戦から当てていって戦闘を優位に進めるちゅーよりも、途中で繰り出してびっくりさせるみたいな効果ですが。それでもいいんです。核と同じようなもんです。当てれば勝ったような気分なんです。

 シオンさんとも再び対戦。今回はシオンさんとけっこうやったなあ。っつーか対人戦たくさんやってわけわかんなくなってるけれど。携帯のメモのかわりに紙メモ持っていたけれど、今回あまり書かなかった。w

 シオンさんは核。対するほ~は。

 鹵獲パーフェクトジオング 3人組 サリー

 これにオートを3機ほどと、有人でもう1機。
 オートのリンクロックをパージオが拾う作戦でした。開戦してさっそくサリーのパージオからサイコミュが・・・。

 1個しか出てへん!

 ああ、そうでした。サリーの覚醒はめっさ低いのでした。サイコミュ1個しか出ないとなるとコアブとのリンクロックもなかなか拾いにくいです。苦戦しますが、なんとか敵を沈めて最後の核ノリスだけとなりました。

 シオンさん、まさかこっちのサイコミュが1個しか出てないとは思っていないようで、サイコミュからのロックをくらわないように機動しています。それならそれで幸いと防御重視のロックオンサーチやら格闘のロックオンサーチを織り交ぜてけん制します。

 結局核は撃たれましたので、勝負的にはシオンさんの勝ちかもしれませんね。w でもこっちパージオだから!(←何が言いたい?)w

 さらにクレナイ大将軍のブログからいただいた秘蔵の部隊が出撃です。

 カーゴ爆弾&強化炸裂弾

 
 ラル部隊にくっつけて突撃してきた敵部隊に機動で飛び込み、2機をとらえます。それ自爆!!

 ど~ん!!

 うあ~すげ~。1機が一撃で沈んで行きます。こりゃ核並みの楽しさです。さらにもう1機。

 すかっ

 ああ~。そんなあ。コスト比考えると2機は道連れにしてほしかった。この1機にかわされたことでこっちは徐々に押し込まれる展開に。マゼラトップが見えにくくリンクロックも拾えましたが、まあカーゴ爆弾が見所のデッキですから仕方ない。しかしコストに余裕のある人にはこのカーゴ爆弾&強化炸裂弾はとっても有効ではなかろうか?もちろん完勝は逃してしまうので、それを狙う人はやめたほうがいいか。w

 メガネ隊長がKENさんと対戦しようとして間違ってほ~と「敵部隊接近」。コスト調整しての出陣だったのでほ~が有利でした。もちろんメガネ隊長はフルコストできっちりリベンジしていきました。グスン。w

 それにしてもサイコミュ・・・打つ手がありません。サイコミュに免疫のあまり無い相手ならばともかく、ベストワンクラブの皆さんはそれぞれに耐性ができています。その一端はほ~が担っているわけですが、それによってサイコミュに頼る戦術は早くも限界が見えて来ました。もっとコストがあれば僚機にいいものが使えるのでしょうが、大尉ごときのコストではそれも叶いません。

 どうしようかなあ、サイコミュ。ブラウブロは脱出機構もあって最後の粘りができるので好きなのですが、あくまでサイコミュはオマケにして他の機体をいいものにすべきだろうか・・・。サイコミュと見れば飛び込んでくるのを逆手にとって、サイコミュザクくらいを囮にして、その機体を別の機体で撃墜するのが吉なのかなあ。

 仕事帰りに少々無理をなさってシルルさんも来て下さいました。そのシルルさんがカボチャ部隊で参戦するのを見ては、あわててこちらもジオンで突撃したのですが、誰かにとられて(笑)なかなか対戦できませんでした。それでもやっとこ対戦できました。記憶があいまいですが、なんか勝ったような気がします。w 何しろ今回の定例会はガチ&ネタで16戦ほどしたので、記憶があいまいです。メモしっかりすればよかった。

 さて次回の定例会の予定はどうでしょう?23小隊のみなさんの都合がよければシールド戦を開催したいと思っています。予定の方、教えてくださいね。

追記:
 毎回フェンリルさんのTシャツネタに笑わせてもらっています。今回はなんと赤ザクTシャツでした。胸元に輝くモノアイがとってもクールでした。こう書くと次回も何かTシャツを用意せざるを得なくなるフェンリルさんですね。(←冗談ですw)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月 8日 (土)

23小隊 定例会 詳報1

 まずお詫び~。メガネ隊長、先日の定例会の前に出撃メールをいただいていました。が、当方携帯の電池切れ間近だったために電源を落としていて、気がつきませんでした。すいません。いつもの携帯メモも紙とペンになっていたのはそのせいです。ごめんなさい。

 さて本編。ベストワンに到着するとシオンさんとフェンリルさんがすでに到着なさっていました。ご挨拶をしてサテに座ります。お隣はフェンリルさん。ふふふ、魔法の楯防御、こっそりカンニングさせてもらうことにしましょう。

 ベストワンは当日が終戦日でした。残念、終戦Pは次回までお預けです。腕慣らしに何をしようかと思案していると、フェンリルさんから黒ドム貸してくださいとの申し出がありました。貸すのは全然かまわないので快諾しつつ、ひょっとして・・・って黒三トリオじゃないですか!そんなおいしい対戦を人に持っていかれてたまるものですか。

 さっそく連邦ICで対人すたーと!今回の定例会は特に大会のないガチ&ネタおんぱれーどです。いきなりの黒三相手にリアルテンションMAXです。以前のトラウマから、「ネタだからJSAをくらってみる」という考えが脳のどこにもなくなってしまった私ですから、下駄ロングレンジで容赦なくしかけます。

 こちらの強化策列弾をきっちり楯防御されます。しかしそこはさすがにほ~も織り込み済み。格闘機を差し向け、ロングレンジが距離を取る時間をかせぎます。

 っと「×3」!!!

 JSAくらってしまったか!?と思ったら母艦とのリンクロックでした。あぶね~。

 絶対食らわないぞ~とさらに攻撃をしかけようとしますが、なぜかフェンリルさんの部隊はこちらの手前右下へ。

 ん?って母艦!?

 なんと黒三は私の母艦に殺到です。サイコミュでもないのにいきなり母艦を狙うとは!フェンリルさん、血迷ったか!?(←ごめんなさいw) 全然血迷ってなんかいませんでした。

 JSA!!

 の、のわ~!母艦にJSAです!!ごっそり削られます。とうとう人生初のJSAをくらってしまいました。くっそ~と攻撃をしかけますが。

 JSA!!!!

 ふ、ふひ~!再び母艦にJSAです。1機目の攻撃で母艦はあっという間に轟沈です。す、すげえ。

 すっかり消沈したほ~ですが、何とか一矢報いようと奮闘します。しかし、黒三のパイが優秀で、機体も優秀、何といっても使っている人が優秀なので、ほ~の部隊は次々とやられて完敗です!いやあ、いい経験をさせてもらいました。次はくらいません!ww

 続いてジオンに差し替えようかとカードをいじっているとシオンさんから、「もう1回連邦でやってみません?」との申し出。これ、すなわち対人の申し込みです。おお!やりますとも!ww

 開戦するとシオンさんの部隊は単機で飛び込んできます。引っ掻き回されてうひゃうひゃ言いながら戦います。敵の母艦の近くに寄ったときに、母艦の後ろにもう1機見えましたが、「出番待ちのノリスかな?」くらいに思っていました。(←大きな間違いw)

 さてそんなこんなしていて中盤。敵の母艦方向からにゅい~んとロックオンサーチが伸びてきます。

 核だあ!www

 もう、23小隊、面白すぎます。

 ちゅど~ん!

 防御しようにも楯が無い。機体も母艦も落ちまくりです。単機で攻めてくる相手と母艦に隠れた機体で核に気がつかないと~。でも気がついても撃てるようになるまで待ちそうな気もしますが。w

 シオンさんのWB部隊とも戦いました。いやあ引き出し豊富だなあみんな。ww

 

 そしていよいよメガネ隊長到着です。TACさんからの補給品をありがたく頂戴しました。どうもありがとうございます。海より深く感謝です~。ガイアが入っていてびっくらこきました。w

 ここで注目のスレッジさんからのシークレット対戦です。どっちがどっちの陣営を選ぶかで、ほ~はジオン。メガネ隊長は連邦を選択しました。

 先に概要を明かしますと。

 ジオン
 核×2
 Sシールド×2
 ザク1
 ロングレンジ
 ワイドレンジ
 キャリオカ
 アサクラ
 ユーリ(←艦長指定)www

 連邦
 Hハンマー×2
 ガンダムシールド×2
 先行量産×2
 OPブースター 
 テネス
 ベア
 マチルダ(←艦長指定)

 アサクラをパイで使用しろという指定です。ww もう笑って笑って仕方がありません。シオンさんがわざわざついたてに入ってくださって、両方見ながらくすくす笑っていました。

 さて出撃です。アサクラはパイとして全く期待できないので、母艦の陰に隠します。キャリオカで何とか戦線を支えようと奮闘しますが・・・。

 ハンマー!?

 こ、これはスリルありすぎます。紙装甲のザク1ではくらったら最後です。救いはHハンマーの命中率の低さです。しかしパイは相手が優秀です。く、苦しい。何とか逃げようとしますが。

 は、速い!

 どうやら相手はOPブーがカスタムのようです。ますます苦しい!逃げ切れません。なんどかすかっとHハンマーをかわしますが、やはりジリ貧。これはいかんと母艦を向かわせます。

 母艦は核の補給にとっておきたいところですが、アサクラは最後の最後まで温存しなければなりません。決死の特攻です。しかい相手はHハンマーです。母艦は直撃をくらって沈没。これで核の補給はなくなりました。

 母艦で少々時間を稼いだもののキャリオカもやはり戦線を支えられず宇宙の藻屑となりました。残るはアサクラのみ。ここでようやくカウントダウン終了!それ!

 ちゅど~ん!

 いいんです。核は撃てば勝ちなんです。気持ちの上で。

 核を撃った後のアサクラはパイ適正のまるでないザク1スパシー格闘しかやることが無い、格闘王も真っ青の機体です。必死こいで動かしても「無理!」って感じでした。

 あ~でも楽しかったあ。スレッジさんの楽しい課題に感謝です。メガネ隊長もどうもありがとうございました!

 しかもこの後、どうせならとフェンリルさんとシオンさんにもやってもらいました。ただし、OPブー⇔ワイドレンジとしました。

 フェンリルさんがジオン、シオンさんは連邦です。フェンリルさんは「あえて不利な方で!」と気合の出陣でした。結果はやはり連邦の勝利に終わりましたが、フェンリルさんが使うとやはりほ~よりも勝てるかもと思える戦いっぷりでした。もちろん順当に勝ったシオンさんもさすがの腕前でした。

 さてこの後はかっきーさんとかりんさんの来店、そしてシルルさんの到着とあるのですが、いったんここまで。持ち帰った仕事します。w   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ベストワンクラブ 23小隊 定例会

 ふひ~。ただいま帰還です。

 充実しまくりの23小隊。今回はなんとかっき~さんとかりんさんも参戦です。

 シルルさんも仕事を終えてから遅くなのに参加してくださいました。とにかく盛況!

 も~満腹です。

 明日も仕事なのでとりあえず以上です。次回以降で覚えている範囲でレポートをお送りします。

 スレッジさんから授かったネタ対決もありますし、JSAあり、核ありと盛りだくさんです。

 (`□´) とりあえず以上!

| | トラックバック (4)

2006年7月 7日 (金)

忙中

 仕事がとっても忙しい・・・。

 早く明日の定例会の時間にならないかなあ。

 明日には無理ですがこんなの考えてます。次の定例会にどうでしょう?

 渾身の2回格闘がすかっと空振りで意気消沈。100mmマシンガンを全弾回避でリアルテンションマックス。パイの能力やテンションも大きく関わっているとはいえ、「運」もあるよなあ、と思ったことありませんか?

 排出カードも運次第。レアが出るか、出ても中身は何か?大きく運に左右されるGCB生活です。ちなみに前回大会ではメガネ隊長とK2さんはなんとその日だけで2枚のレアをゲット。おめでとうです。

 さてそんな「運」・・・試してみませんか?運も実力のうちって言いますよねえ。(←怪しい微笑みで)

 強運王決定戦(シールド戦) サブタイトル募集中

 
 シールドといっても盾のことではありません。カードゲームではシールド戦というジャンルがあります。シールド戦ではその日に引いたスターターやブースターのカードで、デッキを構築して戦います。残念ながらGCBのスターターは中身にバリエーションが無く、面白みに欠けます。そこで・・・。

【連邦】
先行量産ジム 3機
小型シールド 2枚
100mmマシンガン 1枚
ロケットランチャー 1枚
ミサイルランチャー 1枚
ビームガン 1枚
ハンドグレネード 1枚
ワイドレンジ 1枚
予備弾倉 1枚
外部ジェネレーター 1枚

ロブ
サリー
シン

【ジオン】
ザク1 3枚
スパイクシールド 2枚
ザクバズーカ 1枚
旧ザクマシンガン 2枚
脚部3連装ミサイル・ポッド 1枚
クラッカー 1枚
ロングレンジ 1枚
ワイドレンジ 1枚
予備弾倉 1枚

アス
スレンダー
キャリオカ

情報参照:GCBまとめサイト

 連邦にはロングレンジが入っていないかわりに外部ジェネが入っているとのことです。

 これらのカードをデフォルトとしこちらで用意します。

 ICカードは新規カードを両陣営分用意します。ほ~が大会終了後にネタデッキで使うか、第2回以降のために保管しておきます。

 部隊がヘタレなので、母艦による差が大きく出てしまいます。また普段育てているパイを引いてしまうと、いきなりエースパイロットが登場してしまいます。この2つを防止するために新規ICカードです。

 ジャンケンで勝った方が最初に使うステージと陣営を選べます。続けて陣営を入れ替えて戦います。同じ人と2連戦となります。

 このシールド王で排出されたカードが次の対戦から使用できます。排出カードは必ず記録者(ほ~だと思います)に報告します。排出されたカードは引いた本人しか使用できません。ここ、運です。良パイ、良機体を引いたらぐっと優勝を手繰り寄せたと考えていいでしょう。まさに運も実力のうちを実践していく戦いとなります。

 パイは若干成長していくと思いますが、入れ替えて戦うのでどっちもどっち。たまたまレベルアップした後だとしたら、それも強運です。

 前回話題になった賞品ですが、排出カードでもいいのですが、やっぱり激レアだったりしてそれがしかも喉から手が出るほど欲しいカードであった場合は、相当な精神的ダメージです。もらった方も心苦しい思いをしてしまうのではないでしょうか。
 大会運営側(お店が開催しているような場合)がプレイ代金を出すのならばそれもありかと思いますが、23小隊の中での大会なので、排出カードはやはりその人のものにしたいと思います。

 そこで、参加者が最初に何か1枚シークレットで出し合うというのはどうでしょう。参加する人は始める前に1枚カードを周りの人に見えないようにこっそり封筒に入れてもらいます。GCBのカードならば何を入れてもOK。コモンでもOK。6人いれば6枚のカードが手に入ります。(1枚は自分が入れた物ですが) 賞品は大会なので形だけ用意しているようなものなので、こんなゆるゆるでもいいのではないでしょうか。やはり欲しいのは「王」の称号でしょうから。w

| | コメント (4) | トラックバック (43)

2006年7月 5日 (水)

23小隊 定例会

 金曜深夜の定例会はそのままやるということで。w

 今週は自身を含め、メガネ隊長やシルルさんも多忙なようです。無理をしないでガチ&ネタで楽しむ定例会にしましょうか。

 次のレギュレーションも考えていますので、間に合えば書きます。

 W杯に備えて寝ます。

 あ、K2さん、リンクしました。よろしかったですか?w

| | コメント (3) | トラックバック (8)

連邦 大尉に昇進

 仕事が忙しい!っつーわけで現実逃避に所沢へ連日の出撃してきました。地上の店、今日終戦でした。明日から終戦P回収できます。種まいた人はお忘れなく。

 連邦ICが更新です。大尉に無事になりました。わーい。さっそくプレイ。サテには1人いましたが、やり直し中尉の連邦の方でした。ジオンでコストを落として乱入できなくもないのですが、止めておきました。

 初戦は腕鳴らし。

艦長:コジマ

隊長:ギャリー OPブー ガンシー 小型シー EZ8

2番:サリー 強化炸裂 下駄 180mm ジムAS

3番:アリス 強化炸裂 下駄 180mm ジムバズ

 開始早々に下駄が機動で突撃して怒涛のリンク&マルチロック作戦です。嗚呼、快感。「×2」「×2」「×3」とかそんな感じです。一気に弾倉を空にする勢いで撃ちまくります。

 例によって例のごとくアリスが外すので敵を落とせませんでしたが、ダメージはずいぶん与えました。下駄バックしてロックオンサーチ回復で再び射撃。1機落として、アリスはもう空なので、母艦へ。

 防御放置だったギャリーに敵が迫っているので、とりあえず回りこんで格闘をちょこっと。2方面作戦は得意としないので、ダメージを少し与えたら粘着せずにサリーの方へ。

 川に落ちて「ごい~ん」となっている敵機を2機のリンクロックで拾って撃破。ここでサリーはアリスと交代。

 ところがこのアリス。やっぱり当たらない。敵が止まりません。じゃんじゃん進んできます。ギャリーでちょっかいを出しますが、気がつけば母艦近くに敵機が迫っている状態。

 母艦で一服していたサリーを出して、とりあえず格闘なんか仕掛けちゃいます。切りざまに後ろへ飛びぬけてから反転。アリスと挟撃してつぶします。

 見えていなかったグラブロのミサイルをくらってギャリーに少々ダメージが入りましたが、結局コジマの援護射撃は発動することがありませんでした。

 それにしてもアリス~。

 さてと・・・排出はと・・・

 ん? ちょっと硬いような・・・?

 ぴり

 ぴりり

 あ~ん?

「・・・ラル専用機」

 な~んだザク1RRかあ・・・。まあ好きな機体だからいいか。

 ぴりりり~

 って 「グフRR」 降臨です!!

 うれし~!

 続いてジオン。まずは宇宙へ出かけます。もし中尉のコストが更新間近で高くて、対人を望んでいるなら入ってきてくれるかもと思っての出撃でしたが、対人戦はありませんでした。

艦長:ハモン

隊長:ギリアム OPブー グフシー 専用R2

2番:イアン 高出力ジェネ ゼナミネバ ブロ

3番:ゼイガン 戦闘データ ガトリング グフシー ザク1RR

 ゼイガンはおまけみたいなものです。スレンダーはいったん銃後に。地上ラル隊をぼちぼちガチで使えるようにしていきたいと思っての起用です。

 え~まったくといっていいほど楽勝でした。

 続いてやってきました、先行量産リンクデッキ。

艦長:コジマ

隊長:ロブ リンクシステム ガンシー ビームスプレーガン 先行量産

2番:マイク リンクシステム 180mm 小型シー 先行量産

3番:サリー 同上

4番:シン 同上

 コストの都合でアリスは出られませんでした。残念。

 さてこちらには機動力が無いので、基本は待ちです。攻撃範囲に入ってきそうな敵機の手前に赤範囲を用意しておきます。向こうからもロックオンサーチが伸びてきますが、こちらが先手を取ります。

 ずごーん ずごーん

 おお!強いぞ先行量産。って言うか強いぞ180mm!

 いきなり1機落とします。

 さらに接近してくる敵機に射撃。もう1機は瀕死に。アリスほどではないにしろ、レベルが低いせいかよく外します。当たればでっかい、リンクシステム!

 さて、囮放置していたロブに迫っていたのはアプでした。しまったと思ったときにはすでにロックオン!

 ずび~ん!

 アプの収束ビームをくらいますが、なんと先行量産はミリ残り。えらいぞロブ。リンクシステムは1機欠けるとそれがボディブローのように効いて、弱くなります。死んで欲しくありません。母艦へ逃避行します。

 その後は懐に飛び込まれることなく、途中で落とすことができました。あ、あらら~。ネタかと思いきや、強いや。でもこれはステージによると思います。崖とかあるマップならば攻撃をしかけやすいと思います。敵の行き足も落ちますし。

 最後はジオン。引いたグフRRをそのまんま使用します。

艦長:ハモン

1番:ラル OPブー 下駄 グフシー グフRR

2番:ゼイガン 強化炸裂 足ミサ マゼラ砲 ザクキャノン

3番:クランプ 同上

 この戦いでは足ミサがとっても活躍していました。CPUはこちらのマゼラ砲のロックにかかると手前に逃げてくることがよくあります。今回はそこに足ミサをお見舞いすること数回でした。なんか普通に勝てました。

 

| | トラックバック (92)

2006年7月 4日 (火)

アリスをパイロットにしてみたら

 所沢に終戦P回収に行ってきました。地下の店が終戦と言うことでまずはそちらへ。メガネ隊長やKENさんの名前を発見してきました。稼いでますねえ。w

 人が一人いましたが、ほ~が始めて少ししたら止めて去ってしまいました。

 まずは残り数戦の連邦IC。更新したら先行量産リンクデッキを試そうと思っていたのですが、残り3戦ありました。ありゃあ、これじゃできないなあ。

 いや別にやってもいいんだけど、更新間近なのでなんだかもったいない。と言うことで精神的なバランスをとって・・・

艦長:コジマ

隊長:ギャリー EZ8 ガンシー 小型シー OPブー

2番:サリー ジムAS 下駄 180mm 強化炸裂

3番:アリス ジムバズ 下駄 180mm 強化炸裂

4番:ジュダック コアブー

としてきました。アリスをパイで使う方針は自分の中で固まっているので、その前哨戦としてきました。

 いやあ勝ちましたよ、CPUに。でもアリスが撃っても撃っても撃っても撃っても撃っても外しました。もうびっくりするくらい当たりません。支那虎一城(わかるかなあ?w)でも相手にしているのかと思うような攻撃の外れっぷりに、軽い眩暈を覚えました。

 先行量産に盾とマシンガンでも持たせて母艦の近くでおとなしくさせておいた方がいい気がしてきました。とほほ。

 ジオンIC。核でも撃とうかなと思ったのですが、CPU相手では味気ないです。次の店で人がいたらやろうと思い直して普通に出撃してきました。

艦長:ハモン

隊長:ギリアム 専用R2 グフシー OPブー

2番:イアン ブロ ゼナミネバ 高出力ジェネ

3番:トップ ザク1RR グフシー マゼラ砲 OPブー

 面白味に欠けてしまいました。w 普通に勝っておしまい・・・。

 はい、次の店。ほ~がやっていたら人が座りました。ジオン少佐です。後でお世話になります。

 まずは連邦。さっきの編成。うむ。アリスはここでもよう外していた。以上だ。

 続いてジオン。地上でラル隊してみた。

艦長:ハモン

隊長:ラル グフ グフシー 下駄 OPブー

2番:クランプ ザクキャ マゼラ砲 足ミサ 強化炸裂

3番:ゼイガン ザクキャ マゼラ砲 足ミサ 強化炸裂

 連邦のCPUはジオンに比べて盾防御をけっこうしてくる気がする。すんごいバタバタしてしまったが、結果的には完勝でした。

 ここで先ほどのジオン少佐がサテに。せっかくなのでもう2クレ。

 ちょうど無差別が発生していたので先に連邦で入りました。こちらはテキサンをもどしてガチデッキ。はい来ました「敵部隊接近!」

 まずは下駄の2機が様子見で右から上がります。ギャリーの二刀流ジムは左からじわじわ上がります。相手は母艦チベとともに3機が動いています。なんだあれ?黒いなあ・・・って三連星だ!

 以前カップルに三連星出されて、JSAをくらいたくて受けたら普通にリンクロック攻撃だったことがあり、トラウマがあります。

 JSAなんざ、やらせねえ!

 強化炸裂弾をお見舞いして盾を破壊します。敵部隊はそのままこちらの右下の母艦めがけて迫ってきます。下駄2機を中央よりに逃がしつつ母艦とのリンクロックを拾い、三連星の1機を撃墜します。これでJSAは無くなった、怖くないぞ。

 ギャリーを回り込ませて格闘攻撃をしかけますが空振りされます。一方母艦に迫っていた敵機には、再びリンクロックを拾い昇天させます。

 相手は残る1機で善戦しますが、3対1では勝負は見えていたかも。完勝させていただきました。ポイントは無制限の戦場であったことでどっさりと頂きました。

(゚д゚)ウマー

 これで連邦ICはおしまい。最後にジオンで出撃します。

母艦:ハモン

隊長:トップ ゲルググ スパシー ゲルシー OPブースター

2番:イアン ブロ ゼナミネバ 高出力ジェネ

3番:ゼイガン 忘れたw

 トップが機動にしくじって攻撃を連発で受けて爆発しちゃいました。ゼイガンも落ちて、最後はブロがセンターモジュールに。でもそこから、大逆転。いや、危なかった。

 さて今回は素敵なカードが排出されました。G3降臨!我が部隊にもG3がやって来ました。でも、出番がなさそうなのが困りものです。

| | コメント (7) | トラックバック (57)

2006年7月 3日 (月)

家族サービスの日

 土日は家族サービスです。立川のオフ会に思いをはせつつ過ごしていました。でもって考えるのはもうすぐ更新の連邦のこと。

 なんつってもテキサンに面白みが無い。そもそもこやつはハーレムデッキとかで使われるネタパイなのではなかろうか?適正は戦闘機だし。

 そりゃまあ優秀な射撃パイだとは思っているから使っているのだけれど、な~んか周りを見ても使っている人いやしない。まあレベルも上がっているしこれからも引退させることはないと思うのだけれど・・・。

 で、もう数回で更新な今、こんなのでどうか?

艦長:コジマ
サリー/リンク・システム/180mmキャノン/小型シールド/RGM-79 ジム先行量産型
マイク/リンク・システム/180mmキャノン/小型シールド/RGM-79 ジム先行量産型
シン/リンク・システム/180mmキャノン/小型シールド/RGM-79 ジム先行量産型
ロブ/リンク・システム/ガンダム・シールド/ビーム・スプレーガン ジム仕様/RGM-79 ジム先行量産型
アリス・ミラー/RB-79 ボール

 うぷぷ。

 使ってこよっと。w

| | トラックバック (38)

2006年7月 2日 (日)

その日のベストワン戦線

 デッキングを行いながらもあれこれと・・・。

 シアトルで乱入されました。相手はジオン。こちらは連邦ガチ。開始早々左脇を何かがすっとんで来ます。すんごい速度です。「何だあれは!?」初めて目にする脅威に驚きつつとりあえず迎撃体制をとっさにとります。飛び込んできたのはドムでした。いやもうすごい速さです。シアトルのビルの脇を普通に通過できることを初めて知りました。w

 びっくりしたものの迎撃には成功して相手は機動低下。そこへ格闘もしかけて撃墜。初弾をこちらが取れたことが全てではなかろうか。

 相手の後続もドム。こちらも速かったけれど、それは今見た。再び迎撃に成功して撃墜。勝負はあっという間の決着でした。それにしてもいいものを見せてもらいました。よく名前をみかけるベストワンの常連さんのようですが、ナイスでした。またお願いします。

 もう行ったら撃たずにいられない核も使ってきました。最初はメガネ隊長がデッキングの練習用(?)で地上にいたので、乱入して使ってみようと、単機格闘ギリアムに核を持たせて艦長アサクラで出撃しましたが、乱入ならず。どうもメガネ隊長もジオンだったみたい・・・。

 そこへ入ってきてくれたのがKENさんです。おお、対人では初ですよね。としかし結局向こうの下駄2機を捉えきれず、核の発射まで数秒というところで撃墜されてしまいました。残念。w くらわせてあげたかった。

 その後フルコストでのCPU戦でも核を搭載。こちらは楽勝で、核を撃つ相手がいなくなってしまう~!と最後は手加減。残りミリの敵機に核を発射するも、誰がどう考えてもオーバーキル。なんだかなあ。

 K2さんがわざわざ「乱入していいですか?」と聞いてきてくれたのはこちらの連邦ガチ。「どうぞどうぞ」と答えてCPU相手に戦って待っていたのですが、終わっちゃう。w 仕方なく格闘ギャリーが単機となったマゼラトップの攻撃を防御でわざと受けていました。

 でもって無事に「敵部隊接近!」当方は下駄ロングレンジ2機と格闘1機の編成したが、なんとびっくりK2さんも同じような編成で下駄ザクキャノンマゼラ砲2機とドム。笑いました。レンジ合戦も燃えました。w 厨デッキさながらの我が部隊ということもあり、勝利を収めましたが、似たような編成と戦うのはおもしろかったです。乱入ありがとうございました。

 メガネ隊長ともガチデッキ対決していただきました。宇宙に出撃直前の様子だったので、「宇宙ガチですか?」と聞いたら「戦闘データ搭載です」とのこと。がっかりしていたら「外して編成変えますよ」というやさしいお言葉。お付き合いしていただくことになりました。

 こちらはいつものギリアム格闘にイアンブロ。スレンダーはザク1からザクFSに変更してカスタムはOPブーに。思えばこれが間違いだったかも。スレンダーは第2の射撃パイとして育成しているはずなのに、なんだか格闘しかけるみたいなことにしてしまいました。

 しかしメガネ隊長とのガチ対決はおもしろかったです。下駄から降りて盾編成となったメガネ隊長の射撃部隊はなかなかの強さでした。要所でバルカンも撃たれて粘着格闘が仕掛けられず、ダメージが蓄積したギリアムが落ちてしまい負けてしまいました。うむう!再び挑戦させてくださいね!

 とまあデッキングも盛り上がったのですが、それ以外でもあれこれと楽しかったベストワン戦線でした。

 さてここで書かねばならないのは23小隊のみなさんによる、一大補給作戦「ほ~の穴埋め」(←勝手に命名)です。以前コモンでも穴がたくさんある。ましてやアンコモンは・・・と書き連ねたところ、今回の出撃でもらうこともらうこと。もう、恐縮してばかりのほ~でした。こんな環境って・・・とメガネ隊長に「23小隊すごすぎます」と訴えました。(←感激中につき意味不明) 

 自慢するわけじゃなく、23小隊の方々がいかに今回の一大補給作戦ですごかったかを記録する意味でも、書かせていただきます!補給品の数々!!!

 170ガンダム 
 ジムSC
 陸戦型ジムスナ
 ワッケイン
 リドウォルフ
 テネスAユング 
 ホバートラック降下P
 リュウホセイ
 フランシスバックマイヤー
 ジダンニッカード
 コジマ
 
 シャリアブル
 ジョニーライデン
 トーマスクルツ
 ザク2(わーいw) 
 ドップ(ガルマ専用)
 シムス
 ウラガン
 アカハナ
 フラナガン博士
 トワニング
 ジェラルドサカイ
 ギャビーハザード
 ボーンアブスト
 ニエーバ

 チャージ式スナイプセンサー
 出力リミッター解除
 ジェネレーター出力調整B
   
 あ、ありえね~ってくらい頂いてしまいました。23小隊の皆様に海より深く感謝です。こちらからはフェンリルさんに2枚、シオンさんに1枚補完しただけです。

 そしてそして!

 MCガンダム ⇔ ノリス

 シオンさんとのトレードが成立です!!!うあーい、ありがとです~。

 しかしこうもたくさん頂いてしまったので、使いたいカードがどっちゃりです。ど、どないしよう。ICカードをさらに作るほどリアルコストに余裕はないし・・・。ガチのICではあまりふざけてばかり(?)いると、弱くなってしまいます。悩ましい!

(/・ω・)/

さあPK戦見ようっと。w

| | コメント (9) | トラックバック (112)

2006年7月 1日 (土)

デッキング トピック

 では 編成王-デッキング-決定戦 トピックです。

 シオンさんの到着が遅れていたために、先に5名の参加者で始めることにしました。5名なので総当りで行けるということになり、始めました。その後シオンさんが無事到着し、すでに大半の試合を終えていたみんなと連戦することに・・・。思い返せばこれが宮本武蔵みたいでしたね。w

 なにぶん全ての試合を見届けることはできていない上に主観で書いていることをご了承ください。

同キャラ対決
 低コスト裏切り者であるジュダックとエルランは両軍に入っていることがあり、ジュダック同士が撃ち合ったり、母艦のエルランをエルランが射撃でぺちぺち削るといった光景が見られました。笑えました。w 特にジュダックのコストはデッキングにおいては定番となりそうなほどでした。

凶悪ジュダック&アリス
 フェンリルさんの部隊にいたこの2人。なんとびっくりレベル18!パラも振り切っている勇者でした。観戦組に回っているときには大いに沸かせていただきました。すごすぎます。w 先ほども書いたようにジュダックは両軍で使える優良カードであることが分かりました。(当たり前?w)さあ、みんなも今からジュダックを育てよう!

破滅へのカウントダウン
 ほ~が手を出した禁断のカード。KENさんを追い落とし、シオンさんに冷や汗をかかせたこのカードですが、K2さんにはつけていたキャリオカアッガイが秒殺されてしまい何の効果も出せないままコストだけ消耗しました。こういう時しか出番が無いと思っているカードなので笑って許してください。

脅威!OPブースター
 地形◎の機体がOPブーをつけて戦場を駆け回る姿は加速装置をつけたサイボーグ009のようでした。「うわ!」と言う声があちこちで聞かれました。コスト400制限の中ではカスタムに割く30は貴重です。そんな中でOPブーは定番の一つに上げられるカスタムと認定されました。(←勝手に)

強化炸裂弾炸裂!
 これまた流行のカスタムがデッキングでもその力を発揮しました。特に初参加K2さんの重装グフの攻撃力はあなどれず、ずびびびと相手のHPを削りまくっていました。またカイガンキャノンに正面から突っかかっていったほ~のトップは鬼ロックをくらって開始早々に沈んで行きました。w

魔法の盾防御
 私が見た範囲での話になってしまうので恐縮ですが、フェンリルさんの盾裁きが「すげえ」の一言でした。フェンリルさんと戦っている人の画面を見ていて、フェンリルさんの機体が機動で動いている様子のところを射撃でとらえて、「お、これなら!?」と思うと盾防御。再び動いているところを射撃で捉えて、「むむっ、今度こそ!」と思うと盾防御。なんだか魔法のようでした。

悩ましいオーパイ
 使い勝手は今ひとつ~。けん制に1機入れるくらいならばありかもしれませんが、その分母艦に誰か乗せたほうがよかったかも。ほ~は母艦に使うコストなんざねえ!という考え方だったのですが、意外や意外、母艦にしっかりパイを乗せている人が多かったです。

 1位となったシオンさんにはほ~の方から賞品としてカーゴ爆弾を進呈いたしました。強化炸裂カーゴワラでぜひ出撃してください。w

 さて、こうして第1回 編成王-デッキング- はシオンさんとなり、

 格闘王シルル
 
 編成王シオン

この両名が現在チャンピオンベルト保持者として23小隊に君臨することになりました。こうなってくると射撃王とか欲しくなるけどちょっとレギュレーションが難しいんですよねえ。しばらく考えてみます。

(`□´) 以上である!

| | コメント (4) | トラックバック (11)

第1回 編成王 -デッキング- 決定戦

 ただいま戻りました。

 さっそくですが速報をお届けします。詳細は次回以降で。何しろこんな時間なので。

ほ~:ジオン○局地 ●連邦:メガネアムロ

K2:ジオン○勝利 ●連邦:フェンリル

ほ~:連邦○圧勝 ●ジオン:KEN

メガネアムロ:連邦○勝利 ●ジオン:K2

フェンリル:連邦○局地 ●ジオン:KEN

K2:連邦○完勝 ●ジオン:ほ~

K2:連邦○完勝 ●ジオン:KEN

フェンリル:連邦○完勝 ●ジオン:メガネアムロ

メガネアムロ:連邦○完勝 ●ジオン:KEN

フェンリル:連邦○完勝 ●ジオン:ほ~

フェンリル:ジオン○勝利 ●連邦:シオン (←訂正)

シオン:連邦○完勝 ●ジオン:KEN

シオン:ジオン○完勝 ●連邦:メガネアムロ

シオン:連邦○完勝 ●ジオン:K2

シオン:ジオン○完勝 ●連邦:ほ~

ふう

優勝 シオン 4勝1敗 完勝数で判定

2位 フェンリル 4勝1敗

3位 K2 3勝2敗

4位 メガネアムロ 2勝3敗 勝ち内容で判定

5位 ほ~ 2勝3敗 

6位 KEN 5敗

 このように第一回編成王-デッキング-決定戦を制したのはシオンさんでしたあ!試験を控える身ながらの参戦が意味のあるものになりました。おめでとうございます~!

 K2さんは遠くからの初参戦でした。ありがとうございました。自動的に23小隊の一員として認定されちゃいましたので、また機会があったらぜひ出撃してきてください。あまりご無理をなさらぬように。強化炸裂弾の重装グフ、素敵でした。w 

 とりあえず以上です。

 またまた王者には程遠い身でしたが、たくさんの補給で顔がほころんでしまうほ~でした。

| | コメント (5) | トラックバック (18)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »