« 23小隊 定例会 詳報1 | トップページ | 中田引退 »

2006年7月 9日 (日)

23小隊 定例会 詳報2

はい、続きです。

 かっき~さんとかりんさんがご来店です。種まきに来ていることは知っていましたが、こうして23小隊との合同戦線は初です。嬉しいですね~。

 ジムトレ部隊の華麗な舞には驚きました。下駄に乗ったジムトレがまるでシンクロのごとく戦場を舞い踊っていました。どど~っとジムトレが突撃してくる光景はそれはそれは壮観でした。母艦を4機で囲んでタコ殴りするジムトレは、その紙装甲を知っているだけに凶悪に映りました。

 しかしジムトレであれだけガチで戦えること自体がすごいですよね。ガチデッキをいくつも食って来たことにも納得の強さでした。センモニ見て後入りしたような人は、あのジムトレの舞に恐怖したはずです。またぜひ味わわせてください。w

 
 こちらのなんちゃってラル隊はGGガス弾デッキでした。ラルはグフRR下駄グフシーとガチですが、これはGGガス弾だけだと「絶対に」勝てないからです。w 部下の2機にGGガス弾を仕込んでおきました。そして今回。

 祝!GGガス弾命中!

 JSAを人生で初めてくらったこの日。人生で初めてGGガス弾を当てることができました。う、うれし~。w 

 まあ破滅CDのように緒戦から当てていって戦闘を優位に進めるちゅーよりも、途中で繰り出してびっくりさせるみたいな効果ですが。それでもいいんです。核と同じようなもんです。当てれば勝ったような気分なんです。

 シオンさんとも再び対戦。今回はシオンさんとけっこうやったなあ。っつーか対人戦たくさんやってわけわかんなくなってるけれど。携帯のメモのかわりに紙メモ持っていたけれど、今回あまり書かなかった。w

 シオンさんは核。対するほ~は。

 鹵獲パーフェクトジオング 3人組 サリー

 これにオートを3機ほどと、有人でもう1機。
 オートのリンクロックをパージオが拾う作戦でした。開戦してさっそくサリーのパージオからサイコミュが・・・。

 1個しか出てへん!

 ああ、そうでした。サリーの覚醒はめっさ低いのでした。サイコミュ1個しか出ないとなるとコアブとのリンクロックもなかなか拾いにくいです。苦戦しますが、なんとか敵を沈めて最後の核ノリスだけとなりました。

 シオンさん、まさかこっちのサイコミュが1個しか出てないとは思っていないようで、サイコミュからのロックをくらわないように機動しています。それならそれで幸いと防御重視のロックオンサーチやら格闘のロックオンサーチを織り交ぜてけん制します。

 結局核は撃たれましたので、勝負的にはシオンさんの勝ちかもしれませんね。w でもこっちパージオだから!(←何が言いたい?)w

 さらにクレナイ大将軍のブログからいただいた秘蔵の部隊が出撃です。

 カーゴ爆弾&強化炸裂弾

 
 ラル部隊にくっつけて突撃してきた敵部隊に機動で飛び込み、2機をとらえます。それ自爆!!

 ど~ん!!

 うあ~すげ~。1機が一撃で沈んで行きます。こりゃ核並みの楽しさです。さらにもう1機。

 すかっ

 ああ~。そんなあ。コスト比考えると2機は道連れにしてほしかった。この1機にかわされたことでこっちは徐々に押し込まれる展開に。マゼラトップが見えにくくリンクロックも拾えましたが、まあカーゴ爆弾が見所のデッキですから仕方ない。しかしコストに余裕のある人にはこのカーゴ爆弾&強化炸裂弾はとっても有効ではなかろうか?もちろん完勝は逃してしまうので、それを狙う人はやめたほうがいいか。w

 メガネ隊長がKENさんと対戦しようとして間違ってほ~と「敵部隊接近」。コスト調整しての出陣だったのでほ~が有利でした。もちろんメガネ隊長はフルコストできっちりリベンジしていきました。グスン。w

 それにしてもサイコミュ・・・打つ手がありません。サイコミュに免疫のあまり無い相手ならばともかく、ベストワンクラブの皆さんはそれぞれに耐性ができています。その一端はほ~が担っているわけですが、それによってサイコミュに頼る戦術は早くも限界が見えて来ました。もっとコストがあれば僚機にいいものが使えるのでしょうが、大尉ごときのコストではそれも叶いません。

 どうしようかなあ、サイコミュ。ブラウブロは脱出機構もあって最後の粘りができるので好きなのですが、あくまでサイコミュはオマケにして他の機体をいいものにすべきだろうか・・・。サイコミュと見れば飛び込んでくるのを逆手にとって、サイコミュザクくらいを囮にして、その機体を別の機体で撃墜するのが吉なのかなあ。

 仕事帰りに少々無理をなさってシルルさんも来て下さいました。そのシルルさんがカボチャ部隊で参戦するのを見ては、あわててこちらもジオンで突撃したのですが、誰かにとられて(笑)なかなか対戦できませんでした。それでもやっとこ対戦できました。記憶があいまいですが、なんか勝ったような気がします。w 何しろ今回の定例会はガチ&ネタで16戦ほどしたので、記憶があいまいです。メモしっかりすればよかった。

 さて次回の定例会の予定はどうでしょう?23小隊のみなさんの都合がよければシールド戦を開催したいと思っています。予定の方、教えてくださいね。

追記:
 毎回フェンリルさんのTシャツネタに笑わせてもらっています。今回はなんと赤ザクTシャツでした。胸元に輝くモノアイがとってもクールでした。こう書くと次回も何かTシャツを用意せざるを得なくなるフェンリルさんですね。(←冗談ですw)

|

« 23小隊 定例会 詳報1 | トップページ | 中田引退 »

コメント

定例会お疲れ様でした
ようやくご一緒できたのですが
ゲームに夢中になりすぎてあまりお話が
できなかったのが残念でしたが…

なんかジムトレをもの凄く褒めていただきありがとうございます
何気にジムトレ隊は3月のバージョン変更からやっているので
都合3ヶ月6~70戦位はやってますかねぇ^^;
でも今回は、ほ~さんに1回も勝てなかったので
今度はガチで挑みますのでよろしくです~

投稿: かっき~ | 2006年7月10日 (月) 03時08分

毎度の定例会お疲れ様でした。
 仕事終わった後だと、あの時間になります。盛り上がっていて、みなさん帰ってなくてよかったですw
 今回は2勝2敗でした。結果だけみれば、佐官に勝って、尉官に狩られるw
 宇宙はとうとう専用機降ろしてガンダムを投入しましたが、感覚がまだつかめてません。秋葉原で見たヒゲ大将殿のようには動きません。対戦はブロ追いすぎましたね。外から撃ったほうが良かったですね。反省、反省。後はカッキーさんとも対戦しましたが、なんちゃって少尉だろ、あれw相変わらず活況を呈しているベストワン戦線でしたね。
 今週も金曜日は仕事。水曜日が休みですが、どうでしょうかね。金曜日はまた、同じくらいの時間に行く予定です。

投稿: シルル | 2006年7月10日 (月) 03時34分

カーゴは接近する前にやられるからねぇ…。シルルさんみたいにわかってて受けてくれる人はいないしね。
JSAを簡単に?出すにはマゼラ砲ですね。CPU相手なら簡単に出せました。格闘でJSAは順番が違う事が多いですね。

昨日Gアーマー引いちゃいました。いらないんだけど…。


Tシャツは昨日見に行ったら売ってませんでした。
ある時に買っておけばよかった…。

投稿: フェンリル | 2006年7月10日 (月) 12時49分

 かっき~さん、シルルさん、フェンリルさん、どうもです。

 かっき~さんのジムトレはすごいです。機体の性能としては底辺の方のMSなのに、ガチであれほど追い詰められるなんて。ブログの記事を見つつも、「まあ所詮ジムトレだしなあ」という思いがどこかにあったのですが、払拭されました。ジムトレは強い!(使う人によっては)w
 ガチvsガチもぜひお願いします!またの参戦を楽しみにしています。

 シルルさん。尉官の1人は私ですね。w ほっ、やっぱり勝っていたのか、よかった。ガンダムへの移行期間のようで、まだ操作になれない今が勝どきだったのかもしれませんね。ガンダムの操作に慣れた頃にはまた勝てなくなってしまう予感がちょっぴりしています。
 金曜日はまた厳しいですか。残念です。しかし今回のように盛り上がっていれば人も残っているかなあ。みなさんどうなんでしょう?

 フェンリルさん。カーゴ爆弾に惚れ気味です。強化炸裂弾付の破壊力は核に劣りませんよ~。一度お試しください、ほ~以外で。w
 JSAまで後・・・2枚ですので、自分からのJSAを夢見てまたサテに座るとしましょう。Gアーマーは今度のヴァージョンアップで、サイコミュ同様に「死んだ」と言われいますからねえ・・・。まあ腐ってもレアですよ!!
 Tシャツは冗談ですから、無理しないでくださいよ~。w

投稿: ほ~ | 2006年7月10日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99604/2575316

この記事へのトラックバック一覧です: 23小隊 定例会 詳報2:

» 機動戦士ガンダム MG 1/100 MS-06R ザクII 黒い三連星仕様 [機動戦士ガンダム@パーフェクト攻略]
ルウム戦役でその名を轟かせたジオンの誇る特務小隊「黒い三連星」。 ガイア中尉・オルテガ少尉・マッシュ少尉らに新たに配備されたのが このMS-06R-1Aである。 脚部・背部の推進力強化はこれまで以上の高速戦闘を可能にし、 彼らの代名詞である「ジェットストリームアタック」を はじめとした三位一体の連携にも更に磨きをかける事となる。 射撃のガイア、格闘戦のマッシュ、オールラウンドのオルテガによるこの機... [続きを読む]

受信: 2006年8月30日 (水) 19時51分

« 23小隊 定例会 詳報1 | トップページ | 中田引退 »