« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

新カードの苦しい考察

 ラッキーアイテム効果により、フェンリルさんが鬼引きです。ありえません。

 アレックス 新アムロ 新フルアーマー チェーンマイン×2

 ほ~が知っているのだけでこんだけ。

 とはいえ、他の面々もだいぶレアをゲットして、現在知る範囲でレアをゲットできていないのはメガネ隊長とシルルさん、タケシさん、そしてほ~。

 TACさんとボライソーさんはどうなんだろう?w

 とは言え定例会では陸戦ガンダム降下Pとガトフルとレアは引いている。レア2枚引いておいて文句を言うのもなんだが・・・。新カード封入率低いよう。

 引いたのは3枚だけ。

 カスタム 貫通弾 コスト15

 【実弾兵器】(本体にダメージを与えた時)脱出機構、または増加装甲を持つ敵軍ユニットに対して、脱出後の機体に貫通ダメージを与える。

 連邦支援機 スペース・ランチ コスト30

 HP8 機動14 防御1 出力1

 3すくみ効果無効、脱出艇(母艦にのみ登録可能)

 機動、攻撃、防御(援護射撃)

 遮蔽物越しに攻撃可能

 シールドダメージ貫通

 ジオン実弾兵器 MMP-78マシンガン コスト30

 攻撃力10 命中率13 消費出力1 耐久力1

 [防御重視]グレネイド

 赤扇状 青前方円(←けっこう大きい)

 防御重視時に遮蔽物越しに攻撃可能

 片手持ち○ 両手持ち○

 ウエポンスロットA1B1

 なんだか涙がこみ上げてきます。

 新キャラが出ないと・・・。

 

 

 しかし他に眺めるものもないので見ていて・・・

 MMP-78マシンガン、おもしろそうな武器だなあ。

 防御での前方の円は大きいです。

 マゼラ砲よりも格段に大きいです。

 マゼラ砲の防御のレンジと攻撃のレンジの上端のちょうど中間に、このグレネイドの円の上端が来ています。

 そしてマゼラ砲の攻撃のレンジの下端のさらに下にグレネイドの下端が来ています。

 これはでかい。

 これはマゼラ砲の代わりになりかねない・・・。

 まあ世の中そんなに甘くないか。w

 まだ未使用なので確たることは言えないけれど、たぶんグレネイドなので巻き込みタイプ。おそらく弾数も少ないと思われます。

 

 ただ使ってみる価値はありそうですね。

 次回の出撃時にはザクキャノン部隊に持たせて試してみます。

 もう2つのカードですが・・・、スペース・ランチは母艦が落とされるようなことはCPU戦ではないし。貫通弾はガン見後出しくらいでしか使い勝手は無さそうな・・・。

 (「・・)ン?

 貫通弾・・・。

 

 カーゴ爆弾によくね?w

 再出撃ゲージ消費後に自爆するとその後コアファイターが出てきて、こっちはマゼラトップで案外苦戦するっつーか、逆転くらうことすら視野に入れないと戦えないが、カーゴ爆弾の破壊力でどんだけ貫通するか分からないけれど、多分脱出後も瀕死。

 一番嬉しいのはコアファイターも一緒に落ちてくれることだけれど、そこまでの効果があるのかどうかは分からないし。

 でも相手に「貫通弾かよ!」と言わせたい。(←邪ま)

 

 と、あるカードを苦しく考察してみました。

 

 もっと新カードを!

 と掘りに行きたいのですが、リアルコストが逼迫しております。

 新カードレア競争ではビリ確定でしょう。w

 せめて、TACさんや903大隊長からダブリコモンをそのうち補給していただくことにします。(←こら)

 

| | コメント (9) | トラックバック (4)

2006年9月29日 (金)

定例会出撃直前

 新カード効果で混雑するのか?

 そして明日も仕事だ、朝が早い。

 ということでちょっと早めに出撃します。

 でもって早めに帰ります。

 静かに模擬戦で掘るか・・・それともザクキャ部隊の火力で一気になぎ払うことで短時間での決着を狙うか・・・。

 近コストだと乱入されて2倍の時間がかかるのが悲しいところもある。いや、対人戦は本来望むところのはず・・・。

 どうしたものか・・・と思いつつ出撃!

(( ( (ヽ(;^^)/

| | コメント (2) | トラックバック (2)

明日は定例会 トップ専用ザク1は・・・

 新カードが出ての定例会ですが、ほ~は早めに帰ります。

 土曜日に朝から出勤です。

 

 コモンでもいいから新カードのかわいいお姉ちゃんが出てほしいものです。

 ちなみに今日は所沢で数クレしました。フェンリルさんとメガネ隊長との共同戦線でした。

 まあ、回収と新カード目当てなので、対人戦はあまりたくらまないわけですが。w

 無差別で大尉ICが中尉と当たりましたが、1機落とされるものの、後は危なげなく勝ちました。無差別なのでたくさんポイントいただきました。どもども。

 で、フェンリルさんは鬼引きです。

 アレックス 私服アムロ

 あ、ありえねえ!

 あやかりたい!

 ほ~は出るカード全部旧カードというメガネ隊長症候群に。

 レアじゃなくてもいいから、何か出ろや・・・。

 トップ専用ザク1の話。

 専用機と言っても所詮ザク1。

 紙装甲なので、あれこれつけかえては撃墜されまくり、とうとうカスタムはルナチタに。w

 腕が無いです。

 次回はフェンリルさんのアイデアを盗用して、下駄ガトフルOPブーで出撃したいと思います。

 それにしてもCPUが強くないか?気のせい?少尉ICでCPUレベル99になったからかなあ。本命ICでは楽勝だったから・・・やはりそのせいか・・・。

 とうとうCPU相手に局地的勝利まで追い込まれました。予備ゲージもなくなることしばしば。

 もちろんアイナたんをアプ3に乗せれば楽に勝てるのですが・・・。格闘伸ばしたい・・・。明日の定例会ではゴッグに乗せて模擬戦海にでも出てみるかなあ。

 以上です。

 寝ます・・・。

 疲れがたまっております。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年9月28日 (木)

新カード

 ボライソーさんに300円。

 忘れないように書いておきます。w

 関係各位、お疲れ様でした。

 コメントくださった方、ありがとうございます。

 明日返信いたします。

 今日はもう寝ます。

 トップ専用ザク1・・・予備弾倉つきで素敵です♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年9月26日 (火)

悩めるジオン軍 その3

 タテヨ!さんの「核でしょ!」以外の、様々な方のアドバイスの末、決定したザクキャノン部隊。さっそく本日、新カード前夜祭と一人称しての出撃をしてきました。

 100ザクキャノン赤厨部隊

 クルツ ザクバズ増35 3連ガト30 先読み40 290

 イアン ザクバズ30 ザクマシ15 リンクシステム50 290

 トップ ザクバズ増35 3連ガト30 量産化20 195(-45)

 ジュダック 脚ミサ20 3連ガト30 伏兵30 195

 エルラン 脚ミサ20 3連ガト30 伏兵30 195

 母艦 ハモン

 新カード導入と同時に終戦Pがダメになったら悲しいので、「大丈夫ではないか」という23中隊の面々の意見をもらいつつも出撃を決意。

 まあ、単にこの部隊を新カードの前に試したかったのです。

 新しいMSや武器で戦術が変わってしまうかもしれないし。

 地下も地上も終戦Pをいただきました。対人戦は0・・・。

 地下の店には人が2人いたのですが、どちらも尉官で、ほ~が始めるとどこかへ行ってしまいました。

 でまずは腕慣らしに連邦で出撃。

 いつもの陸戦用ジムの育成部隊で出て行きます。

 マゼラ砲とレールキャノンの差し合いで負けて初弾を受けます。カットに入ろうとしたコアブがごい~んと障害物にぶつかって(←名物)、いきなりリンクロックをくらって撃墜されちゃいます。

 あかんて、そんなプレイ・・・。その後ジムも1機落とされてしまいます。

 OPアーマー付のゾックにララァが乗っています。

 すげえ設定だな、オイ。

 結局硬いゾックは格闘で×3作って袋にしました。

 

 んも~。赤部隊なのに!(←別に格闘でも問題なかろう)

 K2さんより指摘された黄色での移動という基本を思い出すべく、意図的に機動を使います。

 ああ、楽だ。www

 そうだよ、そうだよ。黄色で動いて赤にすべきなんだよ。

 最初はそうやっていたはずなのに・・・。CPU戦が楽だと手抜き操作になって、腕が落ちていくのですね。やっぱり対人は大事だなあ。

 でまあ、敵機が減ればあとは数の暴力でボコボコ。再出撃してきたララァゾックは意地の赤射撃の鬼ロックで落としました。

 さあいよいよ出撃のザクキャノン部隊。

 カスタムと武装を確認して並べます。コストの表示もしっかり確認してOK!

 いざ、出陣!

 地上ヒマラヤ!(←よりによって)

 機動がぐだぐだになることを覚悟の上での出撃です。先ほど黄色機動のよさを思い出したはずのほ~です。自分を信じましょう!

 んでもってCPU。いきなり降下PのEZ8と陸ガンがいます。

 

 鴨だ。

 開始早々こちらの攻撃範囲にいる2機に遠慮なく赤射撃をぶちかまします。

 しかしCPUもあなどれません。きっちり盾防御。当然盾は消し飛びます。初弾で豪勢にばら撒いたつもりが、盾破壊と本体に3分の1程度のダメージ。ちょっとさびしい。w

 しかしその後接近しようとする相手に赤と青を織り交ぜて攻撃。マゼラ砲とザクバズの射程の重なるところで収めることもけっこうできて、近づく頃には敵は瀕死です。

 必死の思いでかいくぐってきた敵機には3連ガトや脚ミサが待ち受けています。もちろん後方に入った部隊のマゼラ砲やザクバズも速攻リンクロックで攻勢です。

 敵がぼっかんぼっかん落ちていきます。

 5機編成にしたもんだから、戦線の維持も楽です。

 鬼のリンクロックをしても、たいていは3機くらいまで。残りの2機は硬直なしで次の戦いに備えられます。

 相手の盾もよく壊します。

 3連ガトと頭部バルカンで近接射撃を担っていたFS部隊は盾を削りきれないことも多々あったのですが、今回の部隊のザクバズと3連ガトの攻撃はバズーカが当たれば盾を壊すのに難渋しません。

 結果、予備ゲージ満タンで完勝。

 こりゃいい。w

 CPU相手のスパーリングでは鬼の強さです。

 ジュダック&エルランの伏兵もきっちり発動。

 クルツの先読みだけが発動する機会がありませんでした。

 これはCPU戦だからでしょう。対人では早押し合戦になることも多いと思うので、生きてくるはずです。

 うむ。

 多くの方のアドバイスに感謝です。(タテヨ!さんを除く)w

 続いて少尉IC。アイナたん育成部隊です。

 アイナたんの射撃はMAXなのでTACさんのアドバイスにより今はグフTC。

 ガトシーにグフシー、戦闘データです。

 相方はトップ姐さん。

 FSにマゼラ砲&3連ガト、強化炸裂です。

 コストが増えてきてさらにもう1人。

 シンシアお姉さまがドップに乗ってカット役。

 母艦はシムス。

 わ~い、ハーレム、ハーレム♪

 180mm持った陸ガンと持ってない陸ガン、そしてGブルが相手。

 

 180mmをアイナたんが機動状態くらってHP激減のピンチがありましたが、何とか完勝。シンシアお姉さまが陸ガンのビームライフルをドップでさらりとかわした姿が素敵でした。

 もう1戦はジムバズで宇宙へ。

 レンジを広げるために、武装はレールキャノンとビームスプレーガン。

 男の子らしく、盾はなし!

 盾はなし!

 盾はなし!

 盾はないってばよ!オレ!

 防御するなって!

 最初の差し合いで思わず防御を押してしまって、いきなりマイクが瀕死。早々に戦線を離脱して母艦へ急行です。

 しかし残りの3機でも火力は十分。ロングレンジの差し合いが終わって、敵機が懐に入ってこようとするところで、レールキャノンとバズーカで殲滅。

 運良く潜り抜けてきた機体にはビームスプレーガンの洗礼。機動で飛び込んでくることが多く、機動低下してくれるので、そいつをさらに袋叩き。

 攻撃らしい攻撃をさせないまま完勝。

 

 盾が無いことをしっかりと意識して、下手に防御ボタン押さないようにしてからは安定して戦うことが出来ました。

 これもCPU戦なら楽勝・・・。誰か対戦して試させて。w

 地上の店。

 人誰もいない。

 少尉IC分はパスして、連邦とジオンのメインICだけ戦いました。

 ジオンはザクキャノン部隊。

 連邦はジムバズ部隊で地上もやってみました。

 どっちも完勝。

 う~ん。CPU相手はもういいよ。対人で試したいよう!

 

 ともあれ、ジオン軍の地上はこれでカード更新まで引っ張ろうと考えています。新カードの影響でこの宣言は早々に覆される可能性が高いですが、この階級では最初から射撃を上げようとがんばってきただけに、更新までは何とか続けたいと思っています。

 みなさんアドバイスどうもありがとうございました。

 次は格闘編と宇宙編が残っているのですが、話題は新カードにいったん移ってしまうことでしょう。w 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

悩めるジオン軍 その2

 ザクキャノン赤厨部隊。

 ザクバズ+ザクマシンガンでデフォルトだなんて書いたら、総ツッコミくらいました。

 今回は格闘の道を探ろうと思っていたのに・・・。

 3連ガトだろ と

 マゼラ砲で勝負せんかい と

 んも~。分かりましたよ!やりますよ、やりゃあいいんでしょ、やりゃあ!(←なぜか少し嬉しそうに)

 100キャノン ザクバズ増35 3連ガト30 計165

 これをデフォルトとして後は調整作業。マゼラ砲は今回のFS部隊でだいぶ使ったので、ちょっと敬遠。w

 ジュダックはコスト15の利点を生かして200を切る機体に仕上げたい。

 加減で考えることにして、

 デフォルト165にジュダックのコスト15を加えて180。

 カスタムに伏兵30を加えて210。

 ということでコストをあと15減らしたい。

  

 脚部ミサイル コスト20 攻撃13 命中14 適性-

 これか。

 100キャノン 脚ミサ20 3連ガト30 伏兵30 キャリオカ15

 これで195と。

 あ、なんか楽しくなってきた。こういう組み合わせ作業は楽しいぞ。

 続いてイアン95。

 デフォルト165に足して260とすでにそこそこ。

 前回つけたカスタムの「先読み」だが、テンションMAXでイアンの特殊能力が先読みだということを思い出したので、外して・・・リンクシステム50。

 足して310。

 でかいな。

 ジュダック機を200未満にした意味があまり無いような・・・。

 リンクシステムを復活させたので、命中率は補整が入る。ということは二重武装もなんのその、にならないだろうか?

 100キャノン ザクバズ30 ザクマシ15 リンクシステム50 イアン95

 合計290

 まあ、一応300は切った。(←やや投げやり)

 続いて愛するトップ姐さん55。

 やはりデフォルト165に足して220。

 ここでふと、このカードを手にとって見る。

 量産化計画20

 

 コスト100の機体ならば、たぶん4機いればー40。5機いればー45だったはず。

 量産化のコスト20を足して240。でもって-40でちょうど200。

 先ほどのジュダックの伏兵もまだ大丈夫。よし。とりあえずこれで決定。

 残るはクルツ85。

 デフォルトの165に足して250。カスタムに先読み40を足して290。ふむふむ。

 クルツ デフォルト 先読み 290

 イアン ザクバズ30 ザクマシ15 リンクシステム50 290

 トップ デフォルト 量産化 200

 ジュダック 脚ミサ20 3連ガト30 伏兵 195

 合計で975。

 こりゃもう1機乗るなあ。w

 エルラン 脚ミサ20 3連ガト30 伏兵 195

 

 あ、なんか何も考えてない感がひしひしと。w

 でもって合計で1170。

 

 母艦には頑なにハモンさん90。

 1260・・・あったかなコスト。w

 

 (「・・)ン?

 5機編成?

 量産化計画がさらに発動だあ。

 -45で、トップ機体も195の仲間入り。

 この3機が先に2機落ちる展開ならばさらにもう1回分。(←嫌な予想)

 1165+ハモン90で1255。

 まあ現在のコストを覚えていないので、とりあえずこんな感じと。

 明日にでも終戦P回収に所沢かベストワンに出撃して試してきま~す。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年9月24日 (日)

悩めるジオン軍 その1

 え~、長らく愛用してきたFSロングレンジリンクシステム厨部隊をいったん解体いたします。皆様のご愛顧にお応えして、時には完勝などする勢いも見せた部隊でしたが、猛者相手に予備戦力すら消耗させることが出来ずに散っていくFSを見ていると、この部隊の限界が見えてきた気がします。リアルスキルがあればまた違った展開も見えてくるのだと思いますが、赤専用部隊で、機動旋回すら忘れる体たらくには、己のことながら幻滅です。それをK2さんに指摘されるまで気づかずにいたことも、大きな反省点です。調子がいいからと、自分の部隊構成とスキルアップを怠った状態をよしとしていたことは、大変悲しいことです。一部の方には目標にすらしていただいた部隊ですが、今日をもって、この部隊は一旦封印させていただきます。

 ザクキャノン赤専用厨部隊誕生!

 って、ああ、痛い、やめれやめれ。石を投げないでください。

 

 まあ、冒頭の冗談(←?)はさておき、まずは903大隊長からのアドバイスでジオンの素敵MS「ザクキャノン」で組んでみることにする。このザクキャノンの素晴らしいところはなんといっても固定盾持ちであるところ。(←キャノン砲は?)

 これによって二重武装が普通に可能なのである。赤に特化するにはこれはとっても大事なポイントであろう。連邦のジムキャノン部隊がなかなかいい感じに組めなかったのも、この固定盾の不在が大きかったからである。元々のHPや防御が高ければ「落とされる前に落とす」勝負もできようが、紙装甲の機体ではガンダムやらゲルググやらの高級機体のビームライフルやらガンキャノンの赤一斉射撃なんかくらうと、即瀕死か爆散。

 というわけで固定盾のあるザクキャノンでまずは組んでみました。

 前回シルルさんとの対戦でジムバズにハイバズ持たせたら攻撃範囲のカバー域が狭くてどうにもなりませんでした。分かりきっていたことですが、武装を変えて攻撃範囲を広くすることは大きな構成上のポイントです。その場で組むとそういうことすら考えられなくなる自分が悲しいですが、その悲しみを今回の新編成にぶつけます。

 で。

 どんな武装がいいかというと、やはり近距離に飛び込まれたときのために、近距離射撃の武器が欲しいわけだ。

 ザクマシンガン

 3連ガトリング砲

 無難なところでこの2択だろうか。

 ガトシーは近距離に穴があって、完全に懐に飛び込まれると撃てなかった気がする。

 え~とうろ覚えで書くのもなんなので、例の不完全ガイドで今から確認します。

 

 あってました。

 ということでこの2つをちょいと詳しく見ると・・・。

 ザクマシンガン コスト15 攻撃7 命中18

 3連ガトリング砲 コスト30 攻撃11 命中18

 ザクマシンガン コスト10 攻撃5 命中18

 改造ザクマシンガン コスト20 攻撃7 命中18

 まず気がつくのが命中はみんな同じだっちゅーこと。ザクマシンガンのコストの倍を3連ガトリング砲は使い、攻撃力はおよそ1.6倍。

 5発全弾命中として単純に攻撃を掛け算すると

 ザクマシンガン 7×5=35

 3連ガトリング砲 11×5=55

 なんかコスト倍の割りにたいしたことないような・・・。

 そこで戦闘3回としてさらに掛け算。

 ザクマシンガン 35×3=105

 3連ガトリング砲 55×3=165

 あ、なんかでかい。w

 しかしこの不完全ガイドを見ていてもうひとつ気がついた。

 ザクキャノン適性。

 ザクマシンガン ◎

 3連ガトリング砲 無印

 あ~、なんか結構この差は大きそうな気がします。

 全機リンクシステムをやめて強化炸裂かなんか入れようと思っているので、命中率にも補整が効きそうなこの適性◎は見逃せない気がしてきました。

 

 というわけで、まずは近距離武器はザクマシンガンに決定します。

 さて続いて中距離武器です。

 真っ先に浮かぶのがザクバズーカですが、一応一通りまとめて比較してみます。 

 ザクバズーカ コスト30 攻撃15 命中12 適性○

 ザクバズーカ増 コスト35 攻撃15 命中12 適性○

 脚部ミサイル コスト20 攻撃13 命中14 適性-

 ジャイバズ コスト40 攻撃18 命中12 適性-

 ラッツリバー コスト25 攻撃11 命中14 適性-

 サブロックガン コスト25 攻撃14 命中14 適性-

 ロケットランチャー コスト30 攻撃15 命中12 適性-

 やっぱりコストと相談しながらザクバズーカにしておいた方がよさげです。

 ここはすんなりとザクバズーカに決定。

 さて残るは本体。

 ザクキャノンはなんと3種類。

 コスト100のノーマルから10刻みでラビットタイプとIG専用機とあります。パラに関してはバージョンアップでどうなったか不明なので、まあ、普通にコスト順にいいだろうと勝手に判断します。

 考える必要があるのが固定武装。この違いは大きいわけで。

 100ザクキャノン 攻撃キャノン砲 防御キャノン砲

 110ザクキャノン 攻撃キャノン砲 防御ビッグガン×2

 120ザクキャノン 攻撃キャノン砲 防御ビッグガン×2

 キャノン砲はマゼラ砲を持たせない分、長距離の差し合いで使われる可能性があります。防御にビッグガンがある方がいいように思えますが・・・。

 問題はマゼラ砲を持たせないとロングレンジでの防御撃ちが出来ないということです。これは大きな問題です。

 とは言え、固定武装の弾切れを補う意味でのビッグガンの存在は捨てがたいです。

 

 混ぜればいいのだ。

 リンクシステムに頼らない部隊を組むのであれば、全機体を同じにする必要はありません。ザクキャノンだけで組むと言う「浪漫の味付け」は捨てたくありませんが、微妙な機体の差異くらいなら自分の中でOKサインが出ております。

 問題はプレイしながらそこまで自分で判断できるのかというところですが、まあそれはそれ、やってみないとわからないということでスルーしたいと思います。

 となると

 100ザクキャノン 15ザクマシンガン 30ザクバズーカ

 で合計145。

 うわ、安っ!

 110ザクキャノンでは当然155。こっちも安っ!

 カスタムで30を消費するとして、

 100ザクキャノン 175

 110ザクキャノン 185

 おお、100ザクキャノンならばジュダック乗せて200切りです。

 

 うちのメンツはクルツ、イアン、トップ、ジュダックがメインです。キャリオカとエルランはカーゴ爆弾部隊のときに出てきますが。w

 110ザクキャノン(155) クルツ85(240)

 120ザクキャノン(165) イアン95(250)

 100ザクキャノン(145) トップ55(200)

 100ザクキャノン(145) ジュダック15(160)

 イアンはやっぱり専用機。w

 でもってカスタムをどうするか・・・。

 普通に考えれば強化炸裂弾なのだが・・・。

 110ザクキャノン・クルツ85(240)・先読み40(280)

 120ザクキャノン・イアン95(250)・先読み40(290)

 100ザクキャノン・トップ55(200)・強化炸裂30(230)

 100ザクキャノン・ジュダック15(160)・強化炸裂30(190)

 合計990 

 あらっ、安い。w

 ザクバズーカを全部ザクバズーカ増に変えても大丈夫そうです。

 いや、エルランかキャリオカ入れれば100ザクキャノンで5機編成も出来そうな気が・・・。w

 ん~。

 こうしてカスタムを入れてみるとなんだか、クルツなんかザクマシンガンじゃなくてガトフルかなんかつけてもよさそうです。

 まあ、しかしまずはこれで試したいと思います。

 さて今回は頑なに赤重視で組んでみました。

 次回はアドバイスによる編成シリーズ(←?)のその2、「やっぱ格闘でしょ」を考えてみたいと思います。

 っつーか一番の不安は新カードでいろんな武器やMSが追加されてこの思考が全て無に帰すことですかね。w 

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年9月23日 (土)

リンクシステムの脅威 FS編成あれこれ

 ベストワン定例会にて。

 K2さんとの対戦。

 お互いFS。

 K2さんはマシンガンやガトシーなど。

 ほ~はマゼラとガトリング砲で固定。

 でもってFSどっさりでリンクシステム発動!

 さて戦いの様子は・・・。

 リンクシステム

 おろ?表示に「×」が無い!

 多すぎて発動しないバグとかあるのか!?

 K2さんとどういうこっちゃと思っていたけれど、攻撃の結果はバリバリにリンクシステムが発動している様子。

 1機FSが落ちたら。

 リンクシステム×9

 おほ~。「×10」は表示されないのでした。

 でもってこのリンクシステムはK2さんに味方します。

 何しろマシンガン系の弾丸が全弾クリティカル命中がデフォルト。

 チベがほんの1,2回の攻撃で轟沈しました。

 弾補給できひんやん。

 FSマシンガン部相手に格闘をしかけるという悲しい展開には光はありません。

 しかしまあリンクシステムの鬼発動はすさまじく、負け試合ながらも大笑いしながら出来ました。

 まあこういう戦いを通じて分かったことは、長距離砲ってあんまいらんのかもってことです。CPU戦では部類の強さを誇るこのマゼラ厨部隊であるし、対人でもそこそこ健闘してきた(←ニュアンス弱め)部隊です。

 しかしツワモノ相手の対戦では序盤の差し合いでこそ、マゼラ砲を撃つ機会がありますが、中盤以降は結局ガトリング砲と頭部バルカンを頼りに戦っている印象なのです。

 もちろん全てが全てではありませんが、近距離に飛び込まれるとマゼラ砲でコストを割かれている分、近距離でのダメージソースが弱いと思うのです。

 ちなみにかっきーさんとの戦いではガンシーを削れず局面を打開できない状況に陥りました。

 頭部バルカンは10発なので、2回の戦闘で枯渇します。マゼラ砲は持ったまま満タンなんてこともあったりして。

 

①マゼラ砲を外してグフシーにして格闘も頻繁にする

 相手の盾を破壊したい。攻撃に赤と黄色を混ぜることが理想。

②ガトシーを入れて盾増強と、近距離射撃増強を図り特化する

 ん?これK2さんの部隊じゃん。w

③FSを卒業する 

 地上TCグフ。宇宙・・・どないしょ。

 

| | コメント (7) | トラックバック (1)

ベストワン定例会速報

 ただいま帰還です。

 えらいことになってました。再びサテに倍する人数が集結。

 まったりなんてできません。

 そんな中、所沢戦線で猛威を振るった(?)FS厨部隊は、ぐだぐだでした。

 2回くらい勝てた他はいいところなく敗戦を続けました。所沢の出来事が夢だったのではないかと思えるほどダメでした。

 K2さんのグフビグ部隊にも調子に乗って挑んだのですが、ほぼ完敗。

 かっき~さんにはことごとく押し負けてこれも完敗。

 メガネ隊長にリベンジを挑まれてこれまた敗退。

 格闘王シルルさんには連邦のジムバズ部隊で挑むも、刻まれ叩かれてほぼ完敗。

 えらい自信喪失です。(←あったのかよ)

 そんな中一服の清涼剤になったのはK2さんとのFSリンクロック×10の対戦。これはゲラゲラ笑いながらできました。負けたけど。

 というわけで嫁さんが起きる前に寝ます。みなさんお疲れ様でした。

バタリ (o_ _)o ~~~ Zzz

| | トラックバック (15)

2006年9月22日 (金)

ベストワンクラブ定例会 直前

 新カード前の最後の定例会です。

 いったいどんなことになるやら。w

 903大隊長に喝を入れられに行って来ます。w

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

所沢共同戦線

 行ってまいりました、所沢共同戦線。

 今回はメガネ隊長、フェンリルさん、KENさん、タケシさん、そしてほ~の総勢5名という豪勢な共同戦線となりました。

 まず上の店に行ってみると誰もいない・・・。下の店かなと思いつつ、とりあえず回収だけすることにします。

 ジオン、連邦とこなすと話しかけて来る人が。タケシさんでした。下の店に一度顔を出して、フェンリルさんがいたとのこと。この店で回収もあるそうなので、ほ~も少尉ICでポイントもらうので、終わったら移動しましょうとなりました。

 1戦は少尉IC。さてもう1クレ分は・・・ジオンガチで入ることにしました。すると敵部隊接近!タケシさんでした。w

 ステージは地上でした。タケシさんもジオンで、ララァがFSに乗っていたので、こちらのFSリンクシステムはその恩恵を受けて×5。w うほ、ご馳走様でした。

 そんなアドバンテージもあってか、なんとほ~が完勝してしまいました。

 ちょうどそこへメガネ隊長とKENさんが到着。とっとと回収したかったので、パックを放置していたのを見て、「シャアズゴですよ。」などと適当なコメントをかましてくれます。「そうだといいなあ、うひゃうひゃ。」とテンパった表情でサーチするという、こちらも意味不明な切り替えし。

 回収は無いそうなので、移動することに。タケシさんはもう1戦あったので、「お先にどうぞ」とおっしゃってくださいました。

 3人で下の店に移動するといましたフェンリルさん。なんでもパック切れしたサテとのことで、掘っていました。w

 ほ~はこの店についてから先ほどの店でのパックを開封。なんと出ましたフルアーマーガンダム。ほんとにレアでした。w 先ほどはやしてくれた2名にお礼を言ってサテに座ります。

 ちょうど無差別が発生中だったので、連邦ガチで回収がてら入ります。フルコストにしたかったので、アリスの伏兵コアブ付です。すると敵部隊接近!なんと移動してきたタケシさんでした。しかも准将部隊。

 アムロとセイラがガンダムに乗って出て来ました。ずっと以前にぼこぼこにやられた覚えのある部隊です。確かあの時はビックトレーの主砲に粉砕されたのです。

 今回のタケシさんの母艦はヒマラヤでした。これならあまり気にせずに行けるかなと思っていたら、少しレンジ合戦をした後で、迂回してヒマラヤが接近して来ました。これは危険です。幸いこちらはレールキャノンを全機体が装備しています。アムロとセイラを意識しつつ母艦にも当てに行きます。結局途中でヒマラヤを後退させる事に成功。

 アリスコアブとロブともう1機落とされましたが、ガンダム2機を再出撃させて、さらにもう1機落とすことに奇跡的に成功。最後残りの1機を追いますが時間切れ。なんと局地的勝利! 

 なんとタケシさん相手に2連勝!これはうれしい!どうもありがとうございました。

 

 続いてジオンガチでCPU。なんとイアンはマゼラ砲を読み込んでいない状態でした。つ、つらい!CPU戦でもマゼラ砲があるつもりで動いてしまい、ぐだぐだになりかけたところで敵部隊接近!

 メガネ隊長でした。ほ~のFS厨部隊との雪辱に燃える隊長の部隊は、ガンダムとガンキャノン2機でした。w ガンキャノンはハイバズ2丁(?)の赤部隊です。お互いにリンクロックをくらうまいと防御撃ちで牽制合戦。操作ミスしてクルツがリンクロックをくらって瀕死になりましたが、ここでミリ残りだったことで、戦局は膠着状態へ。

 どちらも飛び込んだらリンクロックで即死なので、飛び込めません。時折ガンダムがちょっかいを出してきますが、迎撃すると「こりゃあかん」と離脱。こちらも深追いしません。

 そして

 そのまま

 こう着状態が続き

 引き分け

 (T▽T)アハハ!

 隊長相手ならではの結果に大笑いしてしまいました。ちなみにほ~はたぶん初の引き分けです。w

 

 少尉ICまったりと。

 また無差別が発生したので入ります。部隊はジオンガチ。敵部隊接近!で、フェンリルさんでした。

 なんとフェンリルさんも准将部隊。うは~。ドズルが専用機に乗ってハンマー振り回しています。ところがこういう格闘重視タイプはじゃんけんにより、ほ~部隊が優位です。飛び込もうとするところを迎撃するパターンで、フェンリルさんの部隊をざくざく再出撃へ。

 じゃんけんでこれだけ圧倒してしまうと申し訳ない気もしてきますが、相手は准将ですから遠慮はいらないでしょう。

 このじゃんけん効果、絶大で、なんと完勝!うひゃあ!

 最後は少尉ICで宇宙をさくさくこなしていると、敵部隊接近!ええ!!?少尉のコストなのに!?と思ったらKENさんでした。

 ガンダム2機の部隊です。

 こちらのアイナたんは戦闘データです。勝負になるのだろうか?

 なんとかなりました。

 コストの都合で、アイナたんはリックドムに乗っていましたが、さすがに宇宙は速い!格闘も適度にはさんで、大活躍でした。もちろんトップのFSが赤攻撃で機動低下を起こしているからという前提がありますが。w

 でここも勝利をいただきました。

 時間も時間なので駆け足で紹介させていただきました。

 思い返せばほ~はこの日無敗でした。珍しい。w 対人を全員と出来たのが楽しかったです。いいなあ、対人は。

 さて明日は定例会。またよろしくお願いします。寝ます。

バタリ (o_ _)o ~~Zzz

 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年9月19日 (火)

所沢回収予告

 所沢に種まきしている、フェンリルさん、メガネ隊長にメール送信!(結局ここに書いているけど) あ、KENさんもタケシさんも守備範囲かな?

 明後日木曜日に回収に行きます。共同戦線張れるようならお願いします。

 え~、飲み会の日は新カード登場の日でした。サテが満杯になっている気がします。待ち合わせにGCBが使えないのは痛いですね。最近の過疎ぶりが頼みの綱ですが、それでも一時引退していた人が復活する可能性もあるので、とても楽観はできません。

 どないしょ?やはり飲み会と言えどゲームの有る場所に来れば2クレ、4クレでもプレイしたいのが人情です。しかも新カード。コモンでさえ物珍しいわけで。

 どうしたものか・・・。

 さて、気を取り直して連邦をなんとかしようのコーナーです。(←?)

 そもそも宇宙に◎な機体が少ない連邦です。弱いのは当然なのかもしれません。

 となると機動で勝負するのは危険であると考えていいのではないでしょうか?もちろん格闘王シルルさんのようにリアルスキルが突出している方は、機体のハンデを乗り越えていくのでしょうが、ほ~にはその拠り所がありません。部隊の編成でなんとかしていくしか無いのです。

 ガンダムを出して盾役としたものの、対人戦で切られたら盾はじゃんじゃん消えていきます。ガンダム1機ではどれだけ支えられるか疑問です。

 やっぱりというか、最初からというか、赤射撃部隊に行き着いてしまいます。

 ジムキャノンは精神衛生上大変よろしくなかったために、ちょっと机の脇にほ~から見えないように置いておきます。

 それ以外のカードを眺めてみると・・・。

 やっぱジムバズ。

 固定のバズーカと防御バルカンがとても魅力です。コストも適度で好感触です。

 持たせるとしたら180mm&小盾でしょうか。あるいは遠目を捨てて、マシンガンかビームスプレーガンとガンシーのセットか。

 素敵だ、ガンキャノン。

 機動力がUPして使い物にならないという評価が一変した赤いあんちくしょうです。長距離砲と防御バルカンがやはり魅力。問題は格闘がぱんちであることと、コストが重いこと。

 持たせるならばこちらはハイバズ&ガンシー。あるいは防御は硬い機体と高いHPに任せて、ハイバズ&マシンガン(ビームライフル・ビームスプレーガン)の二重装備。

 ほ~の育成赤部隊は、レールキャノンでの差し合いもしますが、本領を発揮するのは、飛び込まれてからの赤射撃→機動低下です。そのため、ジムキャノンを使った時でもつい懐を意識した戦い方をしてしまいましたが、ガン待ち遠距離に徹すればひょっとしてひょっとしたのかなあ、と今更コメントを参考にして思っている次第です。

 ただ遠距離特化してしまうと、サンタなどのクローン系の部隊を相手にしたときに、盾を剥がしきれずに飛び込まれいいように切られるという悪い予感がひしひしとしてしまいます。この辺ほ~のとんがっていないところです。

 K2さんのFS部隊がザクマシンガン部隊になりつつあるように、ほ~も長距離ならば長距離で有る程度勝負をかける意気込みでないといけないのかもしれません。

 みんながみんなサンタで来るわけではありませんものね。警戒しすぎかもしれません。

 という訳で未だ考えがまとまらぬまま仮組。

 07小隊&シン

 ジムバズ(ジムAS) 強化炸裂弾 180mm 小盾 

 艦長はティアンムに変更。

 1100を切る感じ。

 ふむ。

 とにかく狙うのは元寇さながらの集団戦法。突出禁止。深追い禁止。近づいてくるのを前線で張る2機で青撃ち。

 撃ったら入れ替わり。

 飛び込んでくるなら赤で。飛び込んでこないなら青で。

 母艦も部隊と接近させて常に補給を図る。

 な~んかすげえ卑劣な戦術である気がしませんか?

 なんか「厨」にふさわしいような・・・。そんな部隊で楽しいの?と相手にしたら心の中で言ってしまいそうな部隊を組みつつあるほ~です・・・。

 え~い、解体!

 赤いので仮組だあ。

 07小隊のみの3機中心編成。

 ガンキャノン 出力リミッター解除 ハイバズ 40ビームライフル

 艦長はワッケイン。

 

 コストはこれで1000ちょいか?

 となるとジュダックコアブとか乗るのでそれに伏兵か?w

 これで一応4機。

 こちらは「厨」とは呼ばれない気がします。火力特化部隊ですね。

 いっしょ青いガンキャにしちゃっても珍しくて相手が驚いてくれるかも・・・。

 それならガンキャノン2という手もあるんでないの?珍しさで言えば。

 キャノン砲がビームになってら武器もビームで固めて高出力ジェネレーターという手もあるかな・・・。

 ガン見後だし編成がデフォルトのCPUが、ビーバリつけてきそうですが。w

 ∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!

 いかん、おかしな方向へ行き始めている!

 

 しかしこの重コストキャノン部隊は、おもしろそうなので今度出してみます。

 さてさて対K2さん部隊のことだが、メガネ隊長&タテヨ!さん。

 どないしょ?

 

 なんかK2さんの記事にヒントを得て、アッザムとかアプとか、飛行MAがよいような気がしてきたのですが、どうでしょう?

 ビーバリのビグザムですが、機動力はさほど無いので、飛行MAならばそうそう捕らえきれないでしょう。もちろんグフとの連携で詰め将棋されちゃうとダメですが、そのグフ部隊もアッザムの防御撃ちで足ミサをなるべく序盤で破壊するとか、アプで一気に焼き尽くしちゃうとか。

 アプ2量産化なんてどうだろうか?

 ダメ?

| | コメント (7) | トラックバック (3)

2006年9月18日 (月)

ベストワン定例会詳報③

 3回も引っ張るなと言われそうですが、一度に書くの大変なのです。しかし3回目ともなると、すでに日は過ぎ、記憶もさらに曖昧度が増しています。

 とは言え、残りの記事は少ないので、なんとかなると信じてスタート。

 

「ジムキャがダメならジムバズ混成部隊だ!懲りない人の意地」

 対人戦では全くいいところが無い、ジムキャノン部隊。もはやジムキャノンだけではいかんともしがたいと決断し、いよいよジムバズ投入です。完全に遅きに失している気もしますが、まあ対戦しながらだとどうしても改良して改良してで、最初の部隊をなんとかしたくなるのが人情と言うものでしょう。

 粘ったジムキャノンですが、195部隊が粉砕されてやっとこ決断です。評価の高いジムバズ投入。評価が高いんだから最初から使えばいいんですが、まあ、そこはそれ、ほ~だし。w

 という訳でジムバズを入れて構成しなおします。

 ところがこれが全然うまく組めない。

 武装やカスタムを置いては外し、置いては外ししますが、どうにもこうにもしっくり来ません。

 要はジムバズが射撃に特化した機体であるのに、さらにジムキャノンという射撃に特化しまくりの機体を入れようとするものだから、役割分担がまるで決まらず、どの機体でどのように戦うのか、並べても並べてもまったくイメージできません。

 これ、最悪。

 このまま出撃しても「・・・どうしよう。」となることは目に見えています。

 これは・・・ダメだな。

 やはりある程度前線を支えられる機体が無いと、ほ~には扱いきれない気がしてきました、混成部隊。

 そこで・・・ケースをごそごそ。

 !

 出したカードは170ガンダム。

 って、ブログを読んでいる人の「あ~あ。」というため息が聞こえてきそうです。

 ガンダムにビームライフルとガンシー持たせてロブを乗せます。この1機が前線を支えて・・・、いや、支える振りして、その隙に後方からジムバズとジムキャノンの怒涛の火力で敵を殲滅!

 ほ~的にはこんなイメージ。

 さっきよりだいぶましです。

 机上の空論とは言え。

 っつーわけで、いい加減、脳も疲れてきたので、この状態で出撃!

 だ、誰とも当たらねえ!

 結局CPU。まあ、CPU相手ならば、この急増部隊でも遅れを取るようなことはなく、いや、むしろCPU相手に超楽勝ペース。

 いいねえ、ガンダム。

 硬くて。

 CPU相手なので、おとりの振りなんてわけに行かずに、リンクロックくらったり、単発攻撃くらったりするのですが、ガンシーできっちり守ったり、当たってもガンダムがそもそも硬かったりして、早々には落ちません。

 先ほどまでのジムキャノンでの一撃必殺みたいな茫然自失状態がなく、とても精神衛生上好ましい展開でした。

 いやあ、さすが主役メカ。強いね。主役補整でも働いているでないの?w

 とまあ最後は赤射撃藁はどうなってしまったんだか、当人にもさっぱりと見当がつかない状態になってしまいました。

 みなさんが言うように、連邦の宇宙って難しいですね。改めて実感できました。

 この部隊が存続するかは大変微妙ですが、何にせよ、連邦宇宙は組まなければならないわけでして・・・。今後も悩ましい日々がしばらく続きそうです。

「少尉IC戦、再び!相手はTACエルメス!」

 いい加減ジムキャノンに関わるのがつらくなってきたので、こういうときはまったり少尉ICに限るとばかりに、アイナたんに癒されることにします。

 アイナ&トップともにFSなので宇宙も平気。ということで、宇宙に出発進行です。

 

 敵部隊接近!

 なんでじゃあ!

 TACさんも少尉IC持っているのでした。しかも出てきた機体が、

 絶滅危惧種エルメス

 ぶは~。サイコミュ!パイはもちろんララァです。

 サイコミュ相手には接近するに限ると、近づくエルメスに突撃です。

 飛び込んだ後は格闘あるいは赤射撃で!

 と思ったら先に撃たれます。

 いいのいいの。

 新バージョンになってサイコミュは弱くなったんだから。

 とは言えサイコミュの中でも優秀なエルメスです。一方こちらはバランスがよいものの、宇宙専用でもなければ、装甲があついわけでもないFSです。もらいすぎたら危険です。

 と、エルメスの攻撃を見守っていたら・・・。

 オーバーヒート

 TACさん、(おそらくさっき引いたばかりの)暴走をカスタムに入れています。www

 いきなりオーバーヒートとはTACさんも運がありません。どっちも機動低下ならば、距離を詰めている分、こちらがその後の展開では有利です。

 ということで残りの1機も突っ込みつつ、もう1機も機動低下が回復すると同時に機動ダッシュで距離を詰めます。

 しかしさすがはTACさん、エルメスの防御重視ビームで迎撃してきます。

 オーバーヒート

 なんてことでしょう。TACさん、連続オーバーヒートです。

 攻撃したらオーバーヒート。迎撃してもオーバーヒート。

 

 びりびりしびれるエルメスに殺到します。

 しかしさすがはTACさん、僚機と連携もしつつ、見事な機動でこちらの攻撃エリアを潜り抜けていきます。

 しかもあわよくば通り抜けサイコミュ攻撃なんかぶちかましてくるわけで・・・。

 オーバーヒート

 いけません、TACさん。どう考えても笑いの神が降りてきています。

 エルメスうんぬん、FSうんぬん、ではなく、もちろんリアルスキルうんぬんでもなく、カスタム「暴走」が全てを決めた対戦でした。

 TACさんはしばらく「暴走」を使わないか、味を占めてエルメスにデフォルトにするかのどちらかになるでしょう。www

 さて今回はみなさんまったりモード。ほ~も最後にさらに少尉ICなんか出しちゃって、いきなりCPUアムロガンダムにこのICで初遭遇して、あたふたしたらすぐに2機とも落とされて、そこから必死に巻き返すといった、なんともしまらない戦闘をしておりました。

 

 さてこんな奥の記事で23中隊に連絡です。

 第2回飲み会を再び開催予定です。予定では27日(水)です。詳細は後日。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年9月17日 (日)

ベストワン定例会詳報②

 TACさんとの対戦結果を捏造してしまい、へこんでいるほ~です。

 しかしまあ、ほ~の記事はあいまいなところは脳内補完が基本なので(←おい)、そこらへんは苦笑しつつ許していただきたい。詳しい対戦の様子を参考にしたい方はもちろん疾風さんのブログへ。

 詳しい検証記事が知りたい方はクレナイ大将軍のブログの膨大な過去記事を参考にしてください。

 ほ~はほ~の道(←?)を行きます!

 では予告の順に怪しい詳報開始~。

「ほ~のFS厨部隊はK2さんのグフビグ部隊に勝てるのか!?」

 やっぱね。何とか勝ちたいわけで。ほ~のFS厨部隊はメガネ隊長を倒し、シオンさんを倒し、間にネタ部隊とかはさんでは負けるので、対人連勝こそないものの、その部隊だけを取り出したらなかなかの勝率のはずなのです。

 この、最初は育成だったのに、気がつけばガチ部隊扱いという、本末転倒部隊の勢いで、K2さんのグフビグ部隊にぶつかるしかあるまいと!

 っつーわけで、懲りずに挑んでみました。

 まー

 なんつーの

 あの部隊強いね ε=ε=ε= 。・゚(゚ノT-T)ノ

 勝てませんでした。ハンパじゃねえ!あの部隊は!

 やっぱり名実共に将官級じゃないと対処できないのか・・・。スキル負けのへなちょこ佐官にはあの部隊をなんとかできないのか・・・。

 Σ(・o・;) ハッ!

 育成した後はグフTCとかザクキャノンで固める予定だったこのFS部隊。調子がいいからそのまんまだけど、いっちょ次回は機体をFSから変えてみるか・・・。うむ。それがいい!っちゅーか、それしかほ~には残っていない!

 あ、カーゴ爆弾もあったか。(←ないと思う)

 「TACさんのうなる援護射撃部隊、キーワードは狙撃」

 さて、今度の対戦はTACさん。地上で戦っていたので、こちらは先ほどK2さんに土をつけられた連邦のガチで乱入します。

 TACさんなのでネタの気配が濃厚ですが、ほ~はこの日ガチんゴチんです。(←?)K2さんに翻弄されて、ネタ部隊を出す精神的余裕が無いのです。

 さてそのTACさん・・・。

 援護射撃デッキでした。

 ぶひゃー。

 大変だ。早くキーパーソンを倒さないと援護射撃×3とか4とか平気で飛んでくるぞお!

 あたふたと索敵するとコストが高そうなシローが突撃してきます。

 あいつだ~!

 それ~囲め~!

 他にも周囲にコアブがカットを狙って徘徊していますが、構っていられません。最優先はシローに間違いありません。

 こちらは07小隊。原作がらみで、シロー相手ならテンション激UP間違いなし!(←そんな設定ありません)

 と言うわけで早々にシローを集中狙いして落とします。隣でTACさんが、「ああ~、シローは落ちちゃダメ~」と言っていますが、ほ~は保身で頭がいっぱいです。(←非道) 容赦なく落としてしまいました。

 実はこのシロー。

 コストが410。www

 そりゃダメーと言いたくなりますね。っつーかネタの仕込みのためなら410の機体編成も厭わない姿勢は見習いたいですね。

 以前もほ~がカーゴ爆弾+アプで組んでいたら、「全部カーゴだろ」とネタ魂を説かれました。残念ながらほ~はカーゴ爆弾を5枚も持っていないので、丁重に辞退したのですが、ネタ道とはかくも茨の道なのだと再認識しました。

 閑話休題。

 ここの残りのコアブ部隊がほ~部隊を狙ってきます。

 ここは耐え時!

 防御重視で固まります。・・・ん?

 狙撃効果?

 コアブが一撃で落ちていきます。

 この狙撃効果がコアブ相手におもしろいように効きます。後でTACさんも「オレもバカみたいに攻撃重視で行くから~」と戦いを振り返っていましたが、正にそんな感じで、いわゆる七面鳥撃ち状態です。

 これによって戦況はとっても楽チンになりました。再出撃してくるシローをサポートする部隊はあらかた沈んでしまいました。低コスト機体のぺらぺら装甲にとっては危険な援護射撃もほんの数回の発動ですみました。

 っつーかネタ部隊に本気であっぷあっぷの応対しているほ~も情けないですね。今、書いてみて反省の念がふつふつとこみ上げてきました。

 TACさん、すいませんでした。次回もまた援護射撃部隊で相手をしてください。また狙撃でコアブ狙います。(←こらこらこら)

 

 「少尉対決、K2さんのジョニゲルにどこまで行ける、アイナたん」

 さて、ちょうど誰もいない状態になったので、例の少尉ICを取り出します。アイナたんを主役に据えた部隊です。ほとんど終戦P回収の乗りでしか戦っていないので、まだまだレベルは10にも届かない部隊です。

 アイナたんのお供にはトップで、艦長はシムスです。アイナたんのカスタムはもちろん戦闘データ。

 でもってどうせコストが誰も合わないだろうと近コストで戦っていたら、

シオンさん「なんですか、それ~。」

ほ~「ああ、フェンリルさんのシールド部隊に影響されて、また使い始めた少尉ICですよ~。」

K2さん (☆。☆) キラーン!!

ほ~「?」

K2さん「じゃ俺も・・・」(ごそごそ)

ほ~「!?」

 なんとK2さんも少尉ICをお持ち。w 何やらほ~部隊に乱入すべく並べています。やばい。戦闘データと艦長シムスじゃん・・・。

 敵部隊接近!

 赤い機体が戦場を駆けてきます。ジョニゲルでした。もうひとつは・・・ドップ?

 ああ、ジョニゲルでコスト食ってんだなあ・・・。

 (;゚ロ゚)ハッ

 ジョニゲル集中攻撃開始~!

 しかしまあ、赤攻撃が当たらない・・・。機動低下が起きません。ジョニゲルが回避MAXだそうで、鬼回避にも納得です。

 それでもドップがお客さん状態なので、実質2対1。徐々に追い詰めて最後の最後には機動低下をず~んと引き起こしてジョニゲル撃墜。

 ああ~危なかった。w 少尉ICでもK2さんに勝てて少しテンション回復傾向です。

 「懲りずにジムキャノン、しかも地上無差別へ!」

 ジムキャノンの部隊を懲りずに何とかしようとジムバズとの混成部隊を組もうとあれこれ並べていると、いろいろとアドバイスがいただけました。

「やっぱりコストそろえて伏兵でしょ」

 という意見が大勢だったので、ジムキャノンで統一して伏兵を引っ張り出します。さすがに5枚も持っていないので、残りは強化炸裂弾や対抗心で。

 コストを195で組んで藁の本領発揮を狙うべく、カスタムや武装をあ~でもないこ~でもないと必死に調整します。

 やっとこ調整が終わってセンモニを見ると、宇宙はコロニーステージで、地上は無差別です。

 宙域がありません。

 後回しにすればいいのに、せっかく苦心して組んだと言う思いが、カーソルを無差別へ動かしてしまいました。そこ地上だよ、自分!(←届かぬ声)

 相手はシオンさん。

 え~とね。

 195でたくさん再出撃してもね

 たくさん落とされるだけなの

 意味ね~!

 ダメだこりゃ~!動かない地上に行くほ~も悪い。ええ、確かに悪い。それにしても機能しねえっつーの!

 己のスキル不足とデッキ構築能力の無さにせっかく戻りかけたテンションも激落ちです。

 せっかくフェンリルさんにジムキャノンを補給していただいたのに、顔向けできない。今回フェンリルさんが欠席だったことで、その惨敗振りを見せずにすんでよかったと思えるほどです。

 

 

バタリ (o_ _)o

 次回予告

「ジムキャがダメならジムバズ混成部隊だ!懲りない人の意地」

「少尉IC戦、再び!相手はTACエルメス!」

まだ続くのかよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

ベストワン定例会詳報①

 はい、行ってまいりました。ベストワン定例会。

 今回は隊長が欠席。それにともなって(?)KENさんも不在。フラナガンさんも。フェンリルさんは昼間に出撃の痕跡あり。w

 というわけで、K2さん、シオンさん、シルルさん、TACさん、ボライソーさん。そしてほ~とサテを埋めない人数でのまったり対戦会となりました。TACさん、ボライソーさんって23中隊だったようです。皆勤賞の勢いです。w

 到着してすぐにK2さんと宇宙で対人戦です。こちらは課題のジムキャノン藁で出撃です。しかしまったくいいところなし。なんといっても持たせた武器によっては、防御重視にした時に固定不足のバルカンを撃てないということを完全に失念しておりまして・・・。そりゃもういいように切り刻まれました。例のMA部隊に・・・。

 序盤こそこちらが先手をとるものの、そもそもMAの機動に全く対応しきれません。辻斬りされるとやられるがままです。まだ機体がそろっているうちは後方に控える部隊が攻撃を仕掛けてカットできたものの、1機落とされるとその後はもうぐだぐだ。

 いや~、いいところが無いって言葉はこういう時に使うんですね。

 K2さんもさぞかし手ごたえが無かったことでしょう。

 今度は陸へ。こちらは陸用ジムを5機出しします。現時点での連邦陸、ほ~のできる最強部隊です。K2さんは・・・

 アッザムかよ!w

 で、後方には・・・

 やっぱり核かよ!ww

 アッザムの防御重視のビームにとても苦戦します。飛んでいる上にロックオンスピードが防御なので速い。こちらのレールキャノンのロックオンサーチが届く前に攻撃されます。これによって持っているレールキャノンやらビームスプレーガンやら、何度も何度も何度も破壊されます。

 しかしこれは別の考え方をすれば

 武器ですんだ

ということになります。本体は無事ですので、もどって修理すればいいのです。幸いこちらは弱いけど5機。修理終わってると思ったらまだだった、なんてこともありましたが、まあよし。(←よくない)

 MAがいたら母艦を落とせとばかりに、出てきていた母艦に粘着。相当なダメージを与えます。その後、なんとかアッザムを仕留めて、核持ち機体に襲い掛かろうとしますが、ここでも母艦が牽制に来ます。

 しかし先ほどのダメージの蓄積もあって、ここで母艦を落とします。母艦を前半で落とすことに成功です。母艦の攻撃はあなどれないので、MAの弾切れを狙うこと以上に意味のある母艦落しでした。これ、あとでやっぱり効いてきます。

 核持ち機体を落とそうと襲撃しますが、逆襲されてしまい、結局撃たれます。(←敗北感)その時点で母艦の傍にいた2機と母艦が撃たれます。まあ、だいぶダメージをくらって、武器も壊されていた2機なので、さほど惜しくない。っていうか、新鮮になって帰って来いという感じ?(←やや投げやり)

 母艦は落としたので核の補給はありません。核持ち機体を数の暴力で追い詰めて落とします。

 復活してきたアッザムと決戦です。ここでもやっぱり飛んでる防御撃ちに苦戦。差し合いは不利と判断し(←遅い)、格闘と飛び込んでの射撃に切り替えます。これによって戦局はこちらへ。

 アッザムリーダーに盾の上からダメージをくらって撃墜されたことは内緒です。

 そして最後の局面では・・・。

 アッザム弾切れ。

 母艦落とし、大正解!

 というわけでK2さんから勝ちをいただきました。ほっ。

 さらにK2さんと三連戦!ここはやはりグフ重装&ビグザムに胸を借りたい!!!!

 K2さんは気が引ける様子だったのですが、お願いしちゃいました。あれにいい勝負できなきゃ、あまり使えない部隊っつーことだ!(←ほ~基準)

 そして懲りずにジムキャノン部隊再び!

 今度は手元が留守にならないようにしっかり近接射撃武器を持たせて出撃!

 しかし

 まあ

 なんだ

 強いね、あの部隊 q(T▽Tq)

 ジムキャノンは宇宙用とか言っておきながら地上に出してるほ~も悪いんですが。

 ジムキャノン動かねえ!

 遠距離での差し合いに勝って、突出してきたビグザムに相当なダメージを与えるものの、その後の反撃で一撃死。

 そのままダメージ大ビグザムを追うべきか、迫るグフ重装部隊を待ち受けるか迷ってしまって、動きが中途半端。

 恐ろしい勢いで囲まれて、K2さん名物。

 リックロック×7

 あ~、なんか見慣れてる自分が悲しい。

 その後は囲まれてリンクロックくらって死亡をエンドレス。

 なんとか反撃するも、もはや大勢に影響なし。

 ズタボロっす。

 降参ってこういうときに使う言葉だったんですね。

 その後、K2さんからジムキャノンは相手を追い回しちゃいかん。ガン待ちが基本だとアドバイスをもらいました。

 はっ

 そうだった。

 忘れてた。

 そもそも出撃予定ではない地上だったし、ガン待ちしなかったし、でジムキャノンがダメというわけではなさそうなのですが、どうだろう・・・。お蔵入りかなあ?w

 ここで三河屋登場。TACさん、やっぱり来ました。水ステージに入ってるようなので、ここは水ジム藁の試し時とばかりに後入りさせていただきました。

 TACさん。

 「対人戦用の部隊じゃねえよ~。」

と言っていましたが、まあ、相手がほ~なので許してください。

 TACさんはグフTCなどのグフで固めた部隊のようです。

 水ステージなのに。w

 まあ、アクサス付もいるわけなのですが、こちらは水適性の機体と武器です。

 たとえ水ジムだとしても。

 さて戦局は序盤はこちらが先手。グフには3連星が乗っていました。JSAだけはくらうわけにはいかないと気をつけながら攻撃。しかしTACさんはあまりJSAにこだわっていないのかつるべの動きのオーソドックスな攻撃。

 実はこのつるべ対策に最近になって開眼。攻撃を終えた相手を無理に追わないで、つるべで出てくる機体を狙った方がいいことに気がつきました。いや、ほんと、遅ればせで申し訳ないのですが。w

 陸地にいるグフがとっても怪しいので水シムなのに攻撃をのこのこしかけに行きますが、持っていたのはバズーカではなかったので、放置に決定。w

 結局ここでは局地的勝利をいただきました。(←訂正!逆でした。TACさんの勝ちです!お詫びいたします。最後にTACさんの部隊を追い回したことで、ほ~が勘違いしておりました・・・。すいません。)対人仕様ではないTACさんの部隊だったので、申し訳ありませんが、相手がほ~なので許してください。(←復唱)

 そんなTACさんに、

「ガチ部隊でK2さんのグフビグ部隊と戦ってくださいよ~。」

と無責任なお願いをしてみました。他力本願も甚だしいのですが、TACさんのガチが見てみたいのと、K2さんのグフビグ部隊が負けるところを見てみたい(←こらこらこら!)ので、頼んでみました。

 無差別ならできるかなあとK2さんもやや乗り気だったのですが、TACさんがハタと気がつきました。

「無理だよ~。」

「うちのガチはビーム主体だもん~。」

 ああ。www ビグザムのビーバリ剥がしている間にグフにわらわらと囲まれて沈んでいく様が、はっきりと浮かんできました。そりゃ最初からじゃんけんで負けている。ということでこの対戦は流れました。w

 

 そんなこんなしているとシオンさんが向こうから

「ほ~さ~ん。」

と笑顔。

 センモニを見ると、ヒマラヤの上でシオンさんの部隊がくるくると回ってほ~部隊をさそっています。

 望むところよ!(←ほんとはヒマラヤは望んでいない)

 というわけでジオンのFS厨部隊で出撃です。相手は例によって08小隊です。

 このジオンFS厨部隊は慣れていて使いやすいです。ヒマラヤなので動きはいつも以上にとろくなりますが、まあ、想定の範囲内。

 途中まで予備ゲージも完全残してシオンさんの部隊を圧倒。再びシオンさん悪夢の完封負けになるのかな、なんて悪い考えがよぎったのがよくなかったのか、その後壮絶な逆襲をくらってしまい、予備ゲージも使い切ってしまいました。

 しかしここでもシオンさんに勝つことができました。ほっ。

「ほ~さん、強いっすね~。」

とシオンさんが言いに来てくれましたが、

「K2さんに負けまくりですよ~。」

と謙遜。

 うむ・・・、謙遜したもののFS厨はなかなかの勝率のはず。そうだ、この部隊でK2さんのグフビグ部隊に挑むしかあるまい。

 以下次号!

 「ほ~のFS厨部隊はK2さんのグフビグ部隊に勝てるのか!?」

 「TACさんのうなる援護射撃部隊、キーワードは狙撃」

 「少尉対決、K2さんのジョニゲルにどこまで行ける、アイナたん」

 「懲りずにジムキャノン、しかも地上無差別へ!」

 他

 フゥーッ (*ΦωΦ)y―~~

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

ベストワン定例会 出撃直前

 さ~、K2さんに挑んできます。

 「狩る」とか書いてますけど、ぶっちゃけ、K2さんの方がほ~の何倍も強いので、胸を借りる感じです。失礼な物言いは己を奮い立たせるためとご理解ください。

 ほ~にリベンジを誓ったメガネ隊長はやはり予定が合わずに今回は欠席となる模様です。隊長のいない間にさらに揉まれて強くなろうっと。w

 さて昨日の記事で

 ジムバズどうよ?

 って書いたら

 いいよ

 という結論のようです。

 むほ。やはり!

 と言うわけで本日はジムキャノンオンリーの部隊と、疾風さん推奨のジムバズ&ジムキャノンの混成部隊の、2つの部隊を試してきます。

 さらに対フラナガンさんの水部隊も結成。やはり自分の中でのトレンドは赤藁なので、水ジムで行くことにしました。しかし見てみたら、水ジムって

 コスト安っ!

 でした。

 これは楽しめそうです。強いかどうかは別にして。

 フラナガンさんどうぞよろしくです!今日こそ対戦できますように。

 シオンさんは08ジム藁なんだそうで。勝負が楽しみです。

 シルルさんはセシル導入とのことなので、避けます。(←こら)

 うそです。前回対戦できなかったので、今回は遠慮せずに1回は突っ込んでいこうと思います。お相手して下さい。

 KENさん・・・隊長がいなくても来るのかな?来たらガチで1回はやりましょう。え~と、もう1回はカーゴ爆弾で。w

 フェンリルさんは所沢共同戦線でマッチングの機会がなかったので、今日は1度はやりたいです。前回の定例会でMA部隊に負けているリベンジをせねば!フェンリルさんからいただいたジムキャノンで。w

 TACさん・・・は普通にいそうですね。前回100敗目をつけてしまったことで、TACさんのガチ魂に火がついていないか心配です。でも無差別があったら挑んでみたいです。

 ボライソーさんもいそうです。またドダイやらMLバギーで出てくるのでしょうか。あいつらにやられるとリアルテンションが下がるのですが、対戦としえはおもしろいです。特に観客のとき。w

 っつーわけで出撃!

 ε=ε= (ノ ̄▽ ̄)ノとぅーっ

| | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

行け!ジムキャノン!

 というわけで、フェンリルさんからジムキャノンを補給していただいて、ジムキャノン藁を組むことにしました。

 これ、宇宙用です。

 機体は全部ジムキャノンで艦長はワッケインです。

 07小隊の面々にシンとジュダックを加えて夢の(?)5機編成になります。

 武器は180mmに100mm、小盾、手投げ弾、あたりを組み合わせます。

 カスタムはリンクシステムと伏兵、強化炸裂弾、場合によっては量産化計画としようと思っています。

 はてさて。

 ともかく連邦の宇宙のめどをなんとかしたいので、明日の定例会では、何戦かこのジムキャノン藁を繰り出そうと思っています。部隊もその場で固めて行こうと考えています。

 少なくともフェンリルさんの補給を無駄にしない戦いぶりが見せられたらいいなあと思っています。

 

 ん?シンの特殊能力ってジムキャノンにも適用されるよね?

 「ジム」キャノンだから。

 

 ジムキャノン・・・「ジム」キャノン・・・。

 そうかジムかあ。(←何か思いついた微笑)

 ジムバズどうよ?

 前々回の記事で最後に組んでみた部隊はオートボールなんて入っていて、壮絶なダメ出しをくらったけれど・・・。普通にジムバズならいいんでね?

 カスタムは重たいリンクシステム外して強化炸裂弾とかで。

 

 シオンさんがメガネ隊長と対戦しようとジム藁を苦心して組んでいたけれど、素ジムとか入っていたなあ。w 

 素ジムは素ドムに通じるので遠慮するとして、ジム藁は使う人が使えばえらい強いらしい。確かスレッジさんが使っていたような?対戦できてないけれど。

 となれば、そのジムの上を行く、ジムバズならば・・・。

 むふ。

 行けるんと違う?(←スキルが必要です)

 うむ、ジムバズ4機とジムキャノン5機の両方を考えて組むことにしよう。

 そんでもってフェンリルさんやK2さんのMA部隊をぼっこんぼっこんにしてやるんだい!(←やや壊れ気味の表情で)

 

 悩みと言えば、どっちも盾なしなので、どこまでの機体に盾をつけるべきなのか・・・。いっそ潔く盾無しで、男気あふれる二重武装とぶちかましてもいいかもしれないけれど、紙だからなあ、どっちも。

 下手に差しあいで不覚を取ると即瀕死もしくは涙の再出撃となりそうだからなあ。

 さて、明日は定例会です。

 いつもの面々は参加でいいのかな?隊長どうなのだろう?ほ~に負けっぱなしでは夢見が悪いので、きっとリベンジに来るだろう。w

 シルルさんは重役出勤とのことでしたね。お待ちしています。お気をつけて。

 ああっ!

 フラナガンさんと対決予定の水部隊を組んでない!えらいこっちゃ。ブログ書いてる場合じゃない。組んできます!

(( ( (ヽ(;^^)/

| | トラックバック (78)

所沢共同戦線 with メガネ隊長&フェンリルさん

 本日仕事が早く片付く予定だったので、フェンリルさんとメガネ隊長にお誘いのメールを送りました。

 すると本日両名ともに所沢に参戦!23中隊の3名が所沢で共同戦線を張ることができました。

 ほ~は先着したので、まずは地下へ。

 2日目だったので、両軍ICで終戦Pをいただいて、とっとと地上へ。

 地上はがっかり終戦日。いつものように木曜日出撃だったらもらえたのに・・・。惜しい。

 で、一応そこで両名の到着を待とうかとしばらくやりました。

 一時はほ~以外に3名が座っていたのですが、1名は少尉で模擬戦。残る2名はほ~と微妙にマッチングしないコスト。終戦日なので無差別も出ません。

 その3人がいつしかいなくなっても、だらだらとCPU戦。まあ、これはこれで楽しいからいいんだけど、やっぱり対人がしたいなあ。

 と思っていたらようやくフェンリルさん到着。下に行ったらいなかったので、こっち来たとのことでした。ご足労ありがとうございます。

 CPU戦をしていたらメガネ隊長から到着メールが。フェンリルさんと相談して、地下へ移動することにしました。無差別出るし。

 ちょうど地上の店の軒先でメガネ隊長と遭遇することができました。

 さて、地下。

 しばし例の件について心痛めるクレナイさんの心中を思い、ため息をついた後は、共同戦線で対戦の嵐に・・・嵐に?

 まずは宇宙にジオン育成FS厨部隊で出撃です。

 敵部隊接近!

 定例会でメガネ隊長との対戦を約束していた部隊ですが、一足早く実現しました。前回の定例会で素ドムを出してしまって粉砕された我が部隊ですが、今回は一味も二味も違います。

 メガネ隊長はアムロ、サリー、ジャックでガンダムやジム系で3機でした。

 アムロのガンダムがゆっくり接近してきます。

 この速度はどう見ても防御体制。w

 あえてゆっくり動いて偽造する可能性も0ではありませんが、意味は無いと思うので、普通に判断します。

 でもって我がFS部隊は防御だろうとまずはマゼラ砲をお見舞いします。ガンシー上等。壊せばいいんです!

 そりゃー!

 どご~ん どご~ん

 OPアーマー

 た、たいちょお~!www

 やりやがったな 

 です。w

 え~い!OPアーマーも上等!いつか壊れる!

 と言うわけで離れてマゼラ砲、接近してきたら3連ガトと固定バルカンをお見舞いしまくりします。

 途中ジムが牽制しに来ますが、そっちにもマゼラ砲をお見舞いします。

 飛び込んでのビームライフルは機体がFSなので、瀕死確定です。

 ガンダムを落とすことに成功して、予備戦力ゲージを一気に浪費させますが、こちらもただではすまず、落とされます。

 しかし4機編成で1機脱落はまだ想定の範囲内です。一度に2機を消耗しない限り、なんとか戦線を維持できます。(←場合によるが)

 戦力が傾いてメガネ隊長は母艦も前進させてきます。母艦はFSにとって危険な存在です。主砲で一発昇天の可能性もあります。

 退避行動をとりつつ、マゼラ砲でちくちく。

 結果、ほ~、リベンジ成功!

 わ~い。

 メガネ隊長は序盤にガンダムを落とされたことを反省しておられました。また、ほ~の部隊もなかなか強いんでないの?との印象を持っていただけたようです。ほっ、面目躍如。

 さて続いて無差別発動の地上へ。

 敵部隊接近!

 って再びメガネ隊長!

 宇宙のリベンジ戦を狙ってきたということか!?

 負けないぞ!

 行け!FS部隊!

 育成だろうが、厨だろうが、おかまいなしだ!

 今度はメガネ隊長、EZ8等の地上MSにコアブが援護でついた4機編成。先ほど、ほ~の4機編成と戦って、4機使いたいなあとおっしゃっていたのですが、それをさっそく実践!

 やりますな!

 しかしほ~は相手がどんなのでも大体の戦い方はおんなじ。

 遠いのはマゼラ砲でどっかん。近いのは3連ガトと固定バルカンでぺしぺし。

 180mmの青撃ちにはてこずりますが、ロックオンサーチが向こうから先に伸びてきたときにはこっちも青。攻撃を受けたあとはその機体に殺到する感じでプレッシャーをかけます。

 カットに来る機体には注意が必要ですが、幸いこの戦いではほ~はよく見えてました。飛び込んできそうな機体はきっちり別の機体を差し向けることに成功します。

 ハヤトコアブも飛んできましたが、ダメージを受けながらも撃墜。うむ、いい感じ、ほ~。

 

 盾は1枚しかないので、盾が割られたら母艦へ直行させ、つるべの動きから外して回復を図ります。2,3回外せば、艦長ハモンなので、盾も弾丸も回復です。ハモンさんこういう時にはとっても役立ちます。

 まあ、赤攻撃主体なので、盾はレンジ負けする時に使うのが主です。青撃ち相手の盾は相手の弾数の少なさに助けられて持ちこたえることが多いです。

 というわけでこの対戦でも、メガネ隊長はほ~の赤包囲網を突破すること叶わず、再びほ~が勝たせていただきました。

 うほ~。w

 その後、なかなか無差別が出ません。フェンリルさんのMA部隊を相手にしたかったのですが、仕方なく少尉ICで1戦。

 少尉さんが近コストにいたのですが、マッチング範囲内。しかしこちらはナンチャッテ少尉です。相手がリアル少尉ならば対戦はあまり望むところではありません。

 ドムTT2機にオグスに3連星の1人?といった編成で、なんちゃってなのかリアルなのかどうにも判別がつかずに入るべきか悩んでいたら、フェンリルさんが

 あ、終わったみたい。

 と教えてくださいました。ということで普通にCPU戦をしました。w

 どっちだったのかなあ。リアル少尉ならばパプアできるものをしてあげてもよかったんだけども・・・。すいません、分かりませんでした。

 その後帰宅時間を過ぎてしまったので、フェンリルさんとの対戦を泣く泣くあきらめて、連邦でCPU戦をして上がりました。

 あ、フェンリルさんにジムキャノンを補給していただきました。

 ふふふ。

 

 これでジムキャノン藁が組める。

 連邦宇宙はこいつらで決まりだ!w

 っつーわけで共同戦線は無差別がタイミングよく発生してくれなかったので、やや消化不良ですが、それでもお話はできたし、戦いぶりも見られたし、で楽しかったです。

 メガネ隊長は金曜日、微妙とのことでしたが、どうなんだろう。お待ちしていますよ~。w

 フェンリルさんのMA部隊にうちの両軍育成部隊がどこまで通用するのか定例会で試したいと思います。

 あ、K2さんのMA部隊ともやりたいし、フラナガンさんと海でも戦わなきゃ。

 もちろんシオンさんもリベンジに燃えているだろうし。

 KENさんとは今度こそカーゴ爆弾で勝ちたい。w

 シルルさんの名前が挙がらないのは、ほ~の部隊と相性が悪いからです。w じゃんけんでほ~が最初から勝っているので、気が引けるのです。

 まあ少将相手に遠慮もないと思いますので、定例会では機会があれば、こっそり忍び寄ってみたいと思います。っつーか宇宙は鹵獲MAですか!?シルルさん。w さすが格闘王だなあ。w

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

部隊編成とはかくも・・・

 昨日は浪漫部隊だなんて書いておきながら、結局リックドム3機というなんとも味の無い部隊がオチ(?)となり、大変心苦しい次第である。

 真っ先に、タテヨ!さんから「変わってないのでは?」という突っ込みをいただき、「やはりダメだったか・・」(←意味不明)と白く燃え尽きそうになりました。

 レビルさんからはFSのその部隊は厨部隊ではないですよと、わざわざコメントを頂き、次回定例会で遠慮なく23中隊の面々にぶつける自信がついたのだが・・・。

 疾風さんのブログを見て、「ああ部隊構築ってこうやるのか」と感心してしまった次第なので、ほ~も負けずに今日もがんばろうと思う。

 まずは

 サンタクロースだ!

 サンタクローンだ!

 いいじゃん似てるから・・・そういうボケでも・・・。(←何が?)

 っつーことで厨部隊との呼び声も高いサンタクローンに挑戦だ!(←本末転倒)

 ザクR2 ゲルシー グフシー 補給部隊(え?)

 え~と、戦術はですね。

 突っ込んで、撃たれて切られて、盾が壊れたら修理

 

 また突っ込んで、撃たれて切られて、盾が壊れたら修理

 これをエンドレスで。w

 いや、ホラ、ネタです。w

 カスタムはOPアーマーやらIRジャケ、ルナチタでもいいかもしれません。

 要は3枚の盾をフルに活用して、落とされないことが肝心。

 この部隊のコンセプトは落とされないことです!

 あ、母艦を落とされると壮絶に悲しいので、母艦を叩きに来た敵機は総力をもって袋叩きにしたいと思います。(←口だけ)

 閑話休題。

 こんなことばかり書いているとK2さんからダメ出しの嵐が来そうなので、普通のことも書く。

 まず明日(もう今日か)ですが、所沢に終戦P回収に行こうかと思っています。結構早い時間の出撃で。種まきしている人、いないかな?w

 でもってもしダメなら木曜日です。

 フェンリルさんとは先週共同戦線を張れたので、明日はどちらになるにせよ連絡しようと思っています。

 え~ともちろん金曜日は定例会です。

 前回のまったりモードがなんだかとても心地よかったので、次回もそれでいいか?w

 シオンさんが最終回だったら、みんなで集中攻撃で対人の嵐としたいと思いますが。

 あ、K2さんもそろそろだったっけ?今月いっぱい平気でしたっけ?

 

 連邦の宇宙。

 実は触れないようにしていた気がするが、ここも問題なのである。

 地上はいい。陸用ジムやら陸型ジムで何とかなる。

 宇宙になるとつらい。

 出ないわけにもいかないときがあるので、そんなときはガンダムにシールドにライフルという、フツーの部隊を組んでいた。

 しかしこの部隊は弱くないけれど、やっていてあまりほ~に合わない。なんか、楽しさに欠けるのである。

 もっとこう、なんつ~の、シルルさんの格闘や、K2さんのグフ重や、そんなとんがった部隊が欲しいのである。

 以前アドバイスしていただいたジムキャノン部隊を組んでみようとしたら、ジムキャノンが意外に揃っていなくてびっくりした。w

 できればリンクシステムも使いたいので、同一機体でなるべく固めたい。

 

 う~む。

 はっ!

 こういう考え方で部隊構築してたんじゃダメだったんだ。w

 しかし参考にしたい疾風さんの部隊はコアブ部隊だ。

 これはほ~には無理。(←スキル不足)

 ふと目に留まったカード。

 それはボール。

 確かこいつもシンの能力の対象なんだよな・・・。

 入れてみるか?

 入れちゃう?w

 入れちゃおっか?w

 

 シン リンクシステム ボール

 07小隊 リンクシステム ボール

 オーパイ ボール

 艦長ワッケイン

 

 すいません。うそです。

 え~、じゃあ、こんな仮組。

 サリー ジムバズ 小盾 180mm リンクシステム

 マイク ジムバズ 小盾 ビームスプレーガン リンクシステム

 シン ジムバズ 小盾 180mm リンクシステム

 ロブ ジム指揮官 小盾 ビームスプレーガン ルナチタ

 オーパイ ボール

 艦長ワッケイン

 総コスト1115

 

 どうかなあ。

 とってつけたようなオーパイのボールがと~っても微妙なんだが。w

| | コメント (8) | トラックバック (5)

2006年9月11日 (月)

浪漫部隊を考える

 うむう。

 昨日の記事で宇宙ジオンは育成仕様のザクFSでいいやなんて書いていたら、どうもこの編成は厨部隊かもしれないとの疑惑が出てきた。

 まあ全部同じ機体で同じ武器なんてのは、工夫しているようで工夫していない証拠みたいなもので、見方によっては厨部隊かもしれない。

 

 リンクシステムや量産化計画を使う場合は同一機体になるのは当然なのですが、その編成が勝負にこだわるばかりに、味のないものになっているかもしれない。

 とはいえ一度書いたことなので、次回はとりあえずメガネ隊長を筆頭に、23中隊の面々に育成ザクFS厨部隊がどこまで通用するのか試して来たいと思う。

 で。

 その後なんだが。

 地上はグフTCとイアンザクキャになるので、厨部隊とは呼ばれないだろう。

 やっぱり問題は宇宙。

 クルツもイアンもトップもジュダックも(←当たり前だ)専用機体がない。

 適正機体はクルツがゲルググキャノンだっけか?

 イアンにはブラウブロがあった。

 それじゃダメだろ~。www

 我ながら「それは待て」である。

 さ~てどうしたものか・・・。こうなったら鹵獲でも使おうとかと考えが変な方向へ行き始めている。

 R2に適正のあるパイを1人でも入れておけばよかったなあ・・・。

 R2に代わる機体って無いんだよなあ・・・。

 ん?

 待てよ。

 固定盾は無いけれど

 イカした速度のあいつがいた!

 リックドム!

 前回素ドムを出したことを忘れるなんて。

 「素ドムでごめん」と思ったのならば、「しっかりドム」で行くべきではなかろうか。

 盾こそ無いけれど、固定武装はついている!

 そう!

 攻撃力皆無のびっくり兵器。

 拡散ビーム!

 相手をびっくりさせるだけの武器を、なぜ開発した!?ジオン技術者!

 っつーわけで、リックドムで考えてみることにした。

 よく話題になるのは、その速度の素敵度に比べて、大変遜色の有る旋回性能。

 いわゆる辻斬り戦法がリックドムのデフォルトであることは、ほぼ満場一致であろう。

 どうもほ~の考える赤部隊とは程遠い気もしなくもないが。

 リックドム ジャイバズ ガトシー で210。

 ガトシーフルなら235。

 おお。

 コスト的にはなんとかなりそうな雰囲気。

 仮組してみよう。w

 クルツ リックドム ジャイバズ ガトフル リンクシステム 370

 トップ リックドム ジャイバズ ガトシー リンクシステム 315

 イアン リックドム ジャイバズ ガトシー リンクシステム 355

 艦長ハモン 90

 総コスト1130。

 3機出しになるものの、なんとかなりそうな3機である。間違いなく素ドムの5倍は強い。

 カスタムは強化炸裂でもいいかもしれない。

 クルツには格闘も視野に入れた戦いをしてもらうとして、トップとイアンで交互に攻撃を仕掛ける展開が望ましい。

 問題と言うか大問題は長距離砲が皆無なところ。

 そこはリックドムの機動で懐に飛び込むことでなんとかしたいところ。

 

 主戦場をなるべくステージ中央付近とし、端につまっておたおたする危機を回避したいところ。

 どうだろう?

 あまり強くも無いけど、弱くも無いという中途半端な部隊になってしまった気も、大いにしているが・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (24)

2006年9月10日 (日)

宇宙のジオン

 さて、宇宙の部隊が固まらないまま、素ドムなんか出して、メガネ隊長に負けてしまったことで、ちょっと本気で考えます。w

 宇宙のジオンてどうすべ?

 最初に思いつくのはR2。

 以前はギリアムをメインで使っており、専用R2で宇宙をぶいぶい駆けていた。

 ギリアム 専用R2 ザクマシ グフシー OPブー

 そりゃもうばっさばっさとCPUを切っていた。対人ではサイコミュのロックオンに飛び込んでリンクロックを拾う役目を担っていたが、それも過去の話。

 今のパイは

 クルツ トップ イアン ジュダック

 の4名。

 

 宇宙に出るときは

 クルツ ゲルキャA

 イアン ゲルキャ

 ジュダック ガルマザクFS

 なんて部隊でとりあえずは出ているのだが、どうもゲルキャのコストが高すぎる。

 育成では基本的に射撃を上げようとしているので、元々格闘の高いクルツはともかく、格闘が上がっていないイアンはナギナタが当たらない。元々格闘の当たらない新バージョンなので、これには毎回がっくりさせられる。

 

 やっぱりR2でそこそこのコストで部隊を組むべきなのだろうか?

 クルツ R2 ザクマシ グフシー R2 高度格闘 

 これでコスト280もある。

 パイをトップに代えても250。

 ジュダックにしても210。

 う~ん。

 2機落ちたら予備戦力おしまいなのは変わらず。

 利点はこれなら通常で4機出せること。

 これは大きい。

 ちなみに現在のだと

 イアン ゲルキャ ゲルシー ビームライフル 高出力ジェネ

 で395。w

 

 同じ2回で再出撃が終わりだとしても3機で行くのと4機ほぼフル装備で出て行くのとではやはり戦いやすさが違うのかもしれない。

 ましてや母艦はこだわりからハモンさんでほぼ確定である。

 補給と修理の早いハモンさんであるから、R24機で入れ替わっていけばけっこう行けるような気もする。

 R2で仮組してみる。 

 クルツ R2 ザクマシ グフシー 高度格闘

 トップ R2 ザクマシ グフシー 高度格闘

 イアン R2 マゼラ砲 3連ガト 強化炸裂

 ジュダック R2 マゼラ砲 3連ガト 強化炸裂

 ハモン

 コスト1150。

 おろろ。

 意外によさげ?

 なんとかなりそうな雰囲気ではありませんか。w

 ただ問題は本来の目指している赤部隊ではなくなって、前衛2名は格闘機になってしまっていること。

 命中率補整のないハモンなので、ただでさえ外れる格闘は機能するのか怪しいことこの上ない。

 命中率の悪さをリンクシステムやマシンガンなどの弾数で補うことを目指していたはずなのに・・・。気がつけばリンクシステムも当然のようになくなっているし。w

 ん?

 リンクシステム?

 今の育成部隊は・・・

 クルツ ザクFS 3連ガト マゼラ砲 リンクシステム

 トップ 同上

 イアン 同上

 ジュダック 同上

 ハモン

 コスト1180でこれが組めるようになった。

 っつか、これでいいんじゃね?

 宇宙も。

 基本的に敵陣には飛び込まない戦術なので、機動力はさほど要求されないこの育成部隊。

 序盤はマゼラ砲で牽制。

 飛び込んできた敵機は3連ガトと固定バルカンで迎撃。

 ハモンさんが母艦なので、ちょっと交代の時にかすめるだけでもそこそこ補給してくれる。

 あれれ~。

 地上は育成が終わればグフに乗り換える予定だけど、宇宙は当分ガチもこれでいいのかも・・・。

 地上では下駄乗りロングレンジにレンジ負けして苦労するけれど、宇宙なら別にどってことないし。

 

 答えは目の前にあったのか・・・。

 っつーことで次回の定例会では、おおむねこの部隊でメガネ隊長にリベンジを挑みたいと思います。w 

| | トラックバック (59)

2006年9月 9日 (土)

ベストワン定例会 まったりモード?

 行ってまいりました。ベストワンクラブ。

 先日の祭りの余韻はすでになく、落ち着いた心持で出撃です。

 到着すると「おお、サテが空いている」(←本当は当然)と感動。

 2人が座っていて・・・フェンリルさんとボライソーさんでした。

 フェンリルさんは例の一人シールド戦をまた展開中でした。途中で砂ザクを手に入れてホクホクと投入していました。w 楽しそう。

 さて、さっそく終戦Pを回収です。ちゃっちゃとこなしていると、シオンさん到着です。

 お隣に座っての初戦がほ~との対人戦です。相手にとって不足無しっつーか、こっち育成仕様のザクFS部隊。

 相手ガチンコ08小隊。

 んなろ~。と気合を入れて戦い始めたらいきなり、マゼラ砲くらってシローが瀕死。そのシローに殺到して赤攻撃で沈めてしまいました。

 これは大きい。

 シオンさんいきなりの撃沈に意気消沈のご様子。

 というか08小隊のみなさんも意気消沈。

 このままの勢いで赤主体でバリバリ当てて、そして落としていきます。

 当然こちらも削られますが、なんとか入れ替わりながらだましだまし戦線を維持します。再出撃してくるタイミングもこちらの補給明けみたいなこともあって、ずっと優位に戦いを展開するほ~。

 隣ではシオンさんがくやしがっています。

 で、

 なんと

 予備戦力完全残しでほ~の完勝!

 キタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!!!

 これは大きい!

 すげえうれしい。

 でもほ~がうれしい分、シオンさんのテンションはえらい下がってしまいました。予備戦力完全残しの完敗は、相手が将官でもない限りへこみますよね。ましてや相手がほ~では。www

 どうもすいません。この後シオンさんは負け癖がついてしまったのか、負け負け負けたまに勝ちみたいなご様子で、

 「今日は負け王の称号をいただきました。」

 と肩を落としていました。

 く( ̄Д ̄)ノガンバレーーー

 さて、その後「三河屋です」とTACさん。(←すっかり常連) 隊長とKENさん、フラナガンさん、そして悲しき格闘王シルルさんが到着。サテは全て23中隊。おひょ~。総勢9名でした。ほどよいまったり感でしたね。

 以下、やや順不同で。w

 フェンリルさんのMA部隊にも乱入します。宇宙ガチは未だ固まらず、ゲルキャ2機とサポートにザクFSで出すことが多いのですが、フェンリルさんとは先日も共同戦線をはれたし、普通に戦っても面白くない・・・。

 サイコミュだ!

 すんご~く久しぶりにブラウブロを取り出しました。かつて愛用してサイコミュの復権を夢見ていた頃に大好きだった機体です。懐かしい。

 フェンリルさんはビグロザクレロコンビにシャゲルという部隊。まあ、当然のことながら強いです。

 サイコミュで壮絶にリンクロックをかますと一見派手な画面なのですが、サイコミュの攻撃そのものは弱体化して全然お話にならないレベルです。

 運良く機動に当てられれば足止めにはなる。ってくらい?

 やっぱりダメですね、サイコミュ。

 ガチでは無理です。(←腕が無いし)

 

 と、サイコミュを嘆いていたらTACさんとの対戦で・・・。

 連邦サイコミュ鹵獲パージオ2機なんてのに出くわしました。

 爆笑。

 このときはフェンリルさんに「TACさんが無差別にいるから入ってみな。」と言われて入りました。何やらおもしろいことをやっているとのことだったので、こっちもおもしろいことにしなくてはなるまいと

 グフフライトタイプ×3 おまけドップで出撃。

 いやあ堪能しました。w

 飛んでてよかった。

 ボライソーさんがいるので、乱入。

 こっちはすっかり定番の量産カーゴ爆弾3機+アプ3。

 出た!

 ドダイ部隊!

 ぶっは~。出会ってしまいました、この部隊。

 先日の祭りでフェンリルさん相手に笑いをさそったドダイ部隊です。

 こうなるとアプ3が反則扱い?

 とは言えボライソーさんのドダイ部隊はなかなかの強さ。あなどれないです。

 カーゴ爆弾は上空から鬼のリンクロックをくらって、自爆前に撤退させられる始末。

 コスト的にもこれはやばいです。

 心の中で「はい、はい、ごめんなさいね~」と言いながらアプ3で数機叩き落します。

 ちょっと余裕が出たので、アプ3はひっこめてカーゴ爆弾のマゼラ砲でなんとか対応を試みます。

 しかしつらい。

 なんか、ボライソーさんのドダイの操り方が、レベルアップしている気がします。まさか他でも練習していたのではあるまいな!?この部隊で!w

 まあ、苦戦しますが、勝ちは拾わせていただきました。

 カーゴ爆弾3機で止めて、アプ3を入れてしまうところがほ~の弱気なところです。許してください。w

 TACさんとの無差別戦。

 TACさんのガチンコ部隊だったようです。え~と、なんつ~か、めぐり合わせみたいな感じでほ~が勝ってしまいました。

 TACさん、そのICの記念すべき(?)100敗目だったらしく、その栄誉をほ~なんかが頂いてしまいました。

 無差別でコスト差もあったので、ポイントもがっぽり。

 TACさんもさすがにこれにはがっくりだったご様子です。どうもすいませんでした。w

 KENさんが、無差別にいるので後入りします。

 ベルファストだったのですが、地面のある方からになるので、カーゴ爆弾の部隊で出ます。

 KENさんはズゴックリンクシステム部隊でした。

 え~と。

 ズゴック全然近づいてきません。

 遠くから取り巻いています。

 ベストワンの新進気鋭KENさん。さすがにカーゴ爆弾の恐ろしさは分かっているご様子。

 仕方ないので、アプ3を牽制に出して、追ってくるズゴックを自爆で巻き込む作戦に。

 これが功を奏して、ズゴックを1機、また1機と巻き込んでいきます。

 ふふふ、順調順調。

 KENさんも痺れを切らせて、突撃してきますが、アプ3が2機を拡散ビームで仕留めたりして、こちらが圧倒的に優勢・・・

 優勢・・・

 優勢・・・?

 優勢じゃねえ!?

 カーゴ爆弾のコストとズゴックのコストのバランスが悪いのです。

 自爆すればするほど赤字!

 し、しまったあ!

 時すでに遅し!

 たいむあ~っぷ!

 負けた・・・。

 1機も落とされないで負けた・・・。

 人生初だ・・・。

 KENさんも初だろう。

 1機も自分から倒さないで勝つなんて・・・。

 自爆のしすぎに注意です・・・。

 シオンさんと隊長がコスト調整して対戦しようとして失敗しています。じゃあその間にほ~が入って隊長と・・・と思ったら。

 またシオンさんでした。

 すいません。w

 最初の完敗が尾を引いているようで、シオンさん、相手がほ~なだけでその日はテンションダウンです。

 

 え~、ここでもほ~が勝たせていただきました。宇宙ジム隊相手にザクFSががんばりました。固定盾の差は大きいですね。

 さて今日は隊長と当たっていません。そろそろ終わろうかと言う雰囲気の中隊長を見ると、まったりモードで今にも片づけが始まりそうです。

 すすす~と近づいて。

 「隊長、グレートキャニオンが呼んでます。」と連呼。

 苦笑いしながら隊長が両替に。(す、すいません)

 と思ったらなんとマッチングミス!ほ~は悲しきCPU。

 しかも隊長相手だということで、グレートキャニオンなのにカーゴ爆弾部隊です。

 CPUが恐れを知らずになだれ込んできて自爆がままなりません。

 ず~っとあたふたしたままなんとCPUに久しぶりに負けてしまいました。がっくり。

 隊長は後から入ってくれたシルル少将と戦っています。よ、よかったですね、隊長~。

 そして隊長は無事に更新して大佐に。おめでとうです!

 でもって今度こその対戦。

 昇進直後でコストが低いです。

 ほ~の宇宙部隊ではそのまま出られません。

 コスト調整で入れたジュダックのリックドムは「素」です。宇宙のガチが固まらないのがこんなところで効いてきました。

 隊長との対戦は燃えましたが・・・、負けました。

 素ドムはつらいです。

 ザクR2で組んでおけばよかった・・・。

 2機が主力だと、1機落ちた後にどうしてもリックドムの出番が来ます。そのときに素だと、抑止力になりません。

 くっそ~、宇宙を固めてリベンジせねば。

 TACさんとまた対戦。

 ガルマがパージオに乗って突撃してきます。

 もうそれだけで爆笑。

 後で「木星帰りですか?」と聞いたけど、「格闘機」との返事でした。

 男らしい。w

 ドズルはビグザムに乗っていました。

 幸いほ~のジオン育成部隊は実弾仕様。鬼のリンクロックで落とさせていただきました。

 それにしてもすごい部隊です。

 TACさんのすごさはCPU戦でも発揮されます。

 帰り間際に観戦した戦いはMCガンダムアムロの単機出し。母艦のミライさんと絶妙の連係プレイー。やっぱうめえ!

 と思っていら。

 ザクキック!

 CPUのシャアが出してきました。

 「狙ったんですか?」

 「さすがに違う。」w

 しかしネタ王はCPU戦でもきっちり笑いを取るのですね。w さすがTACさんです。

 結局この日対戦しなかったのはシルル少将とフラナガンさんだけ。フラナガンさんとはお会いしたときに「やりましょうね~。」と声をかけたのに、いつしかお帰りに時間に。w どうもすいませんでした。

 「水辺で次にお願いします。」

 と何やら意味深げな言葉を頂きました。

 ふむ。何か強い部隊が出てきそうです。ほ~も全力で迎撃させていただきます。対フラナガンさん仕様の部隊を作ってお待ちします。(←無茶)

 

 新格闘王はやらずじまい。ま、いいよね。楽しかったし。w

| | トラックバック (71)

2006年9月 8日 (金)

まったりモードのベストワン定例会

 はい、出撃直前です。

 シルルさんも今日は重役出勤ではないらしいし、フェンリルさんもお天気が大丈夫ならば、ほぼ定時とのこと。K2さんとタケシさんはそれぞれのご都合で不参加ですが、久しぶりにまったりできそうです。

 フラナガンさんが久しく戦いぶりを見かけないうちに、急上昇らしいので、今日いらしていたら対人申し込みたい。w

 

 シオンさんともお別れが近いからガッツリ戦いたい。

 ガチの部隊編成もあーでもないこーでもないと話しながら隊長とも戦いたい。

 KENさんとも対戦して、上官の意地を見せたい。(←やや伏目がち)

 フェンリルさんとは昨日共同戦線張れたので、シールド戦の続きを観戦したい。w

 シルルさんの少尉ICを狩りに行ったら、狩り返されそうなので気をつけたい。ww

 

 あかん、リアルコストが足りひんて。w

| | コメント (3) | トラックバック (0)

所沢共同戦線(withふぇんりる)

 なんか木曜日っていつも所沢行ってる気がする。

 もちろん月曜日から帰り道出撃したいのですが、やっぱり仕事が忙しく、そして疲れる。月曜日ダメだった・・・、火曜日もダメだった・・・、水曜日も・・・と過ぎて行き、金曜日は定例会で埋まっていて、もう木曜日しかない!となっているわけです。毎週のように。w

 でもって今日も無理無理帰り道出撃。疲労困憊ながら、終戦Pはいただかねばと決死の思いで出撃です。

 メガネ隊長に一応連絡入れますが、隊長は無理とのこと。KENさんやフェンリルさんも種まきしてるんだけど、連絡先がわからないので、まあいつものことと単独行です。

 まず地下の店。珍しく数名が座っています。ほほ~と見てみるとセンモニには少尉がゾックで敵機をぶん殴っています。勝率100%。なんちゃって少尉か・・・。

 他はと見ると1名准将がいます。マッチングするといいなあと思いつつ、連邦ICの部隊は育成仕様で。w

 CPU戦で敵機をざっくんざっくん落としていると、戦闘の合間に話しかけてくる人がいました。

 フェンリルさんでした。w

 おお!戦友よ!

 やった!今日は共同戦線だ!

 おしゃべり、戦闘、おしゃべり、戦闘なんてことをやっておりました。CPU相手のつるべ穴熊ならこれが十分可能なのでした。w

 すでにちょっと前から来ていて、フェンリルさんはもう片付けています。ほ~はここでもう1戦ジオンでやったら地上の店移動しますと伝えて待ってもらいます。

 おっと、1枚目でレアゲット!以前池袋ファンタジアで1枚目ラルを引いた時以来のレアで、なおかつまた1枚目。

 なんだか極端だなあ。

 MCガンダムでした。

 さてジオンで地下の店最終戦。さっき見かけた准将さんに挑もうと画策します。

 まあ普通にガチ赤部隊でもいいのですが、せっかく見知らぬ将官です。量産カーゴ爆弾で行くことにします。

 カーゴ爆弾 量産化 ジュダック・エルラン・キャリオカ

 アプ3 ロングレンジ イアン

 艦長ハモン

 カーゴ爆弾に耐性がないらしく、見事に自爆にかかってくれます。

 嗚呼、楽しい!

 しかしそんな調子に乗ったほ~は大失態。

 飛び込んできてカーゴ爆弾がロックオン!

 条件反射で思わず攻撃ボタン。

 しかし近くに味方のカーゴ爆弾があったような・・・?

 やっちゃいましたかね?

 とフェンリルさんに聞くと

 やっちゃいましたね。

 とのこと。画面の攻撃の表示も「連続攻撃」(でしたっけ?)になっています。

 ん?

 ひょっとして?

 アプ3も?

 なんと自爆でカーゴ爆弾と元気だったアプ3まで巻き込んでしまいました。

 アプ3は母艦に補給に帰る途中でした。カードはとっくに母艦のある位置に配置してあったのですが、画面上ではまだえっちらおっちら移動中だったのです。

 嗚呼、戦力ゲージ一気に大逆転。

 っつーかほ~の部隊、この時点でマゼラトップ3機だけ!(←泣)

 無理~。w

 母艦を緊急出撃させて奮闘しますが、さすがにダメでした。

 片付けて席を離れついでにご挨拶。

 「ど~もありがとうございました。変な部隊ですいません。」

 「いや~、ちょっと怖かったですよ。」

 と笑顔で返してくれました。

 ほ~ももちろん笑顔で返しましたが、内心は

 『ちょっとかよ~。(涙)』でした。w

 さて、2人で地上のお店へ移動。

 サテは6つに減ってしまいましたが、がんばっています。

 人は1人。模擬戦に入っているようです。

 

 フェンリルさんとあれこれと話しながら、ほ~はまず終戦P回収です。

 連邦のいつもの部隊でさっくりと。

 フェンリルさんは例の一人シールド戦部隊です。さっきのお店でゾックが敵を殴っていたのがそうです。w ザク2と陸ザクがあるので、何とかなっているとのこと。それでも武器にはスパシーなんかがついています。楽しそうだなあ。

 

 さて次はジオンと思ったら無差別が発生。せっかくの共同戦線です。フェンリルさんと入ります。

 海ステージなので、ほ~はこんな感じに急遽組みました。

 クルツ TCグフ アクサス グフシー ガトリング

 トップ TCグフ 強化炸裂 ガトシー ガトリング

 イアン ワイドレンジ アプ2

 ジュダック マゼラ砲 ザクFS

 母艦ハモン

 いかにも急造部隊。w

 フェンリルさんはオーソドックスなバランス型のようです。マゼラ砲を持った機体が2機ほど?あとはノリスがグフで駆け回っています。 

 先手を取られますが、アプの一撃も大きく、攻防はきわどく進みます。

 なかなかアクサスの威力が生きる水中での戦いに持ち込めませんでしたが、フェンリルさんの再出撃待ちのあたりではちょこちょこと。

 じりじりとほ~が赤攻撃なんぞ織り交ぜながらフェンリルさんの機体を落とし、最後にノリスも撃墜。

 おお~、なんか、今回のほ~、よかったんと違う?

 と思っていたら

 にゅにゅにゅ~ん

 なんか伸びてきます。

 核だ!

 うわあ!

 舞台が所沢ということですっかり油断していました。

 敵が母艦で補給中のところをつついたときに機体が見えたのですが、攻撃をしかけるに至らず、アサクラ核持ち機体に、ロックオンサーチが伸びるまで、まったく気がつきませんでした。

 うわわわわわ!

 と防御指示。(←無駄)

 2機が核に焼かれます。

 幸いアプとザクFSはロックオンに至っていないので、アサクラを追い回します。

 残り1秒で、アプ3の拡散ビームがロックオン!

 当たれば勝ち!

 見事にかわされました。

 おまけに反撃。

 ぶん殴られてアプ3撃墜・・・。

 ぶっは~、やられたあ!w

 全然気がつきませんでした。勝負には勝ちましたが、気持ちは負けです。

 核恐るべし。

 続いては最近楽しい、少尉ICです。アイナたん専用カードでまだ75戦以上残っています。ああ、このまったり感、いいなあ。w

 トップと組んで、艦長シムスでCPU戦。無理して突っ込んでアイナたんのザクが落ちてしまって、すっかり意気消沈。あ~あ。

 フェンリルさんは例のシールド戦部隊でズゴックを引いたとのことで、デニムが敵機をばんばん落としています。素敵。w 地上ステージを生き生きと駆けています、ズゴック。ww

 ガトシーを引いて、コストが足りないと悩んでいました、フェンリルさん。ああ、楽しそう。

 さて、最後の1戦はいつしかサテに座っていた准将さんです。もちろん部隊はカーゴ爆弾&アプ3。

 ドムCAとかじゃんじゃん出てきます。

 自爆!

 自爆!

 自爆じゃああ!

 も~、ぼっこんぼっこん爆発しました。

 最後も自爆でしめることができて大満足でした。今回はアプを巻き込むへまをせずに乗り切れました。w

 やはり耐性がなかったご様子です。次はこうはいかないでしょうね。w

 

 もう時間になっていたので、残り1戦をフェンリルさんは残すのみだったのですが、ご挨拶をして先に帰らせていただきました。

 いやあ思わぬ出会いで、ただの終戦P回収となるところをとても楽しくできました。フェンリルさんありがとうございました。

 またおそらく木曜日なんで、よろしくお願いします。あ、でも来週はもっと微妙かもしれないんだった。

 さあ明日は定例会。

 まったりモードでいきましょう。格闘王企画は保留です、現在。

 現地の雰囲気で決めちゃいましょう。w

 

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2006年9月 7日 (木)

キャノン藁は伏兵で

 え~仕事が忙しいです。

 眠いです。

 伏兵大人気です。

 伏兵で考えます。

 というわけで寝かせてください。

 バタリ (o_ _)o ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2006年9月 5日 (火)

キャノン系藁 & ベストワン定例会

 やっとこベストワン交流会の興奮も冷めてきました。しかし一生の思い出となるような祭りでした。しつこいですが、皆様に感謝です。

 さて、交流会前に話題にしてキャノン系藁です。

 今のガチ部隊は赤主体です。

 育成仕様で課題がたくさんあってCPUは楽勝でも対人では激弱なのは理解できます。しかしガチ仕様に組み替えても対人で勝ちを拾えないことが多いです。

 苦手はいわゆる下駄ロングレンジ。まあこの系統はほ~のスキルでは楽勝するのは難しく、下駄を落とすまでは押し込まれてピンチで、落としてから逆転できるかどうかという戦いです。

 K2さんのようにグイグイとダメージ覚悟で押し込んでくる部隊。機動に当てて機動低下を起こせれば勝機もありますが、上級者はそこは飛び込んできても攻撃を受ける時にはしっかり防御してきます。

 ガンシーやゲルシーだとやっとこと壊した後に手痛い反撃をくらうことになります。

 グフ重装のように単機のコストが安くないガチですので、敵の圧力を捌けずに陣形を崩されて、落とされるようなことがあると、とたんにもろくなります。

 で、ジオンで考えたのはロングレンジの強化を狙い、ザクキャノンを追加すること。

 で、連邦で考えたのがコストが余り気味なので、機体をジムキャノンにすること。

 と、こんなわけでキャノン系の藁ってどうなのだろうかという話題になったのでした。

 

 で、間を全部すっとばしていきなりの仮組。

 ジムキャノン ビームスプレーガン◎ 100mm リンクシステム

 盾無し部隊!

 瀕死の機体に盾防御されてもビームスプレーガンで撃ち抜く!みたいな。(←妄想)

 問題はこれだと1機のコストが175あること。パイを入れると200未満にできません。

 100mmとグレネイドにすれば収まるけれど、それじゃあ勝てない気がしまくりです。w

 じゃあカスタムをいじればいいんでないか・・・とさらに無い知恵しぼってこれ。

サリー 強化炸裂 レールキャノン 100mm
マイク 強化炸裂 レールキャノン 100mm
シン 強化炸裂 レールキャノン 100mm
ジュダック リンクシステム レールキャノン 100mm
ロブ リンクシステム 100mm 小型シールド

艦長ワッケイン

 これ、機体全部コスト195。w

 とにかくシールドが無いので、接近される前にある程度決着をつける必要があります。どうだろう?

 勝てる気がしないのだが?

 う~ん、気分転換にジオンを考える。ザクキャノンは幸いにして盾持ちである。望みがありそうなのだが・・・。

 ・・・コスト足りひん。

 何しろザクキャノンはそれだけでコスト100。マサドやエニーバでないと、200未満に収められない雰囲気が満点です。ジュダックやエルランなら当然なんとかなりますが・・・、なんかちょっとむなしい。w

 メインパイはクルツやイアン、トップ姐さんです。

 もう200未満に収めるのは無理な気がします。

 

 ガックリ・・・。

 誰かジオンでの効果的なキャノン藁の組み方、伝授してください。w

 さて、ベストワン定例会。

 先週の祭りから一転、いつものまったりモードで行きたいと思います。

 王企画も一応考えました。

 新バージョンになったことだし。

 新格闘王決定戦

 コスト1000~950

 ステージは地上限定。(水辺回避)

 前回は1機ずつ戦いましたが、新バージョンで再出撃システムが導入されたので、それをやってるといつまでも終わらない。

 ということで、今回は乱戦OK。もちろん1機ずつ出してもOK。

 母艦は自陣の左隅固定。

 補給に使うのはOKだが戦力としての参加は不可。

 補給中の機体を叩きに来た相手にたまたま攻撃が当たってしまうのは不可抗力。

 使用ボタンは黄色と攻撃のみ。防御不可。

 レア可。艦長可。カスタム可。

 ただしIRジャケは不可。

 破滅CDは可。w

 

 まあ前回が祭りだったので、今回はまったりしたい気持ちが強いですねえ。個人的には。w

 やりたいぞ、それ。という意見が23中隊の面々から多々寄せられるようであれば、開催したいと思います。

 しかしまあ、中隊内で核無しの(w)ガチ部隊対決もご無沙汰な人が多いし、普通にやりましょうか?w

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2006年9月 4日 (月)

ベストワン交流戦 レポ3

 さて、最後のレポをいよいよクレナイ大将軍との対戦です。

 そろそろほ~は帰る時間が近づいてきていて、サテは1個空いていて、と見回すとタテヨ!さんが見学している中にいます。「やりませんか?」と声をかけると、「クレナイさんがほ~さんとの対戦を希望していますから。」とサテに座るように勧められます。

 何やらクレナイ大将軍は作戦部屋で対ほ~仕様の部隊を組んできたらしく、周囲の人にからみながら(笑)サテに座ろうとしています。

 それならばとほ~も最後の2クレをすることにします。相手はクレナイ大将軍です。この祭りの締めくくりにふさわしい相手と言えるでしょう。

 ちなみにこれでこの日、ほ~は6クレ目です。時間比にしたらと~っても少ないですが、祭りだから仕方ないでしょう。少ないから不満かと言えば全然そんなことなく、観戦が楽しくて楽しくて大満足でした。ただ、もっと対戦をしたかった(特に将官相手に)人もいたはずです。23中隊の力でどうこうできることではないのですが、どうもすいませんでした。

 以前の記事にも書きましたが、途中一般のお客さん用に4サテ空けるという心遣い。みなさんのご配慮に感謝します。おかげで23中隊はベストワンで戦い続けられます。w

 閑話休題。

 じゃあまずは地上でと部隊を組みます。クレナイ大将軍相手ならば、これしかないでしょう。

 量産カーゴ&核。

 組んで盤面上をパイだけにして、待っていると、クレナイ大将軍がサテの横に来ます。

 「ガン見しにきた。」

 ってオイ!
 
 「ガン見って普通は自分のサテから見るものでしょ!」

 「ゲラゲラゲラ、ガン見しにきました。」

 「ガン見にもほどがありますって。」

 しかしすでに盤面上はパイのみ。あまり見られて困るものでもありません。

 「もうパイだけですから。」(←盤面を示す)

 「いいもん、もう撮ったもん。」(←ごそごそ)

 ほ~の対戦コスト幅の画面が携帯にばっちり収まっています。

 「あんたって人は~。」

 「ゲラゲラゲラ、ガン見したぞ~。」(←サテに戻っていく)

 ひとしきり漫才をした後、対戦です。

 しかし、対戦相手の名前はクレナイ大将軍のものではありません。

 あれ!?違う人とマッチング!?と思いましたが、後でそのICがタテヨ!さんのものであると分かりました。クレナイ大将軍のナギナタブンブンのコストだと足りないことを知って、カードを貸してくれたそうです。どうもありがとうございました。おかげでこんな戦いができました。w

 まずはカーゴ爆弾をずず~っと前進させます。

 谷を渡って何か来ました!

 ん?あの機体は・・・?

 ザク1です。

 それもわらわら来てます。もうこの時点で笑いがこみ上げてきました。

 カーゴ爆弾相手に紙装甲のザク1。とてつもなくカモです。

 自爆するボタンを一瞬躊躇しますが、相手はクレナイ大将軍です。遠慮はいらないでしょう。

 ちゅど~ん

 ザク1昇天。

 ただのザク1で終わるわけがない、なんかネタがあるはずと思いつつ、次のカーゴ爆弾を前進。

 接近してきたザク1が何か撃って来ました。

 GGガス弾。

 (T▽T)アハハ!

 なんか、以前ほ~がクレナイ大将軍相手に出した部隊を見ているようです。

 その時はザク1にGGガス弾、機雷ザクにギャン盾で挑んでボコンボコンにされました。

 今日はその逆のパターンになりそうです。

 遠慮なく自爆させていただきましょう。

 ちゅど~ん

 ザク1相手にコスト比がもったいない気もしますが、まあ、惜しみなく使う方がギャラリーにもおもしろいでしょう。

 と、思ったらザク1がスパシーで殴ってきました。

 GGガス弾にスパシー。確かにザク1に適性のある武器だけども・・・クレナイ大将軍の渾身のネタ部隊にしては、最後のパンチが足りないような気がします。スパシーじゃなくて、もう片手にGGガス弾とか、巻き込みクラッカーとかの方が・・・、なんて頭をよぎったら。 

 HP減少

 ってカスタム破滅CDじゃね~か!!

 ほ~が破滅CDに出会うとリアルテンションが上がると書いていたことを覚えてくれていたようで、わざわざほ~のリアルテンションを上げさせるために仕込んでいたようです。

 スパイクシールドで格闘をぶちこんでCDを発動させるというコンセプトでした。

 芸が細かいっす、クレナイ大将軍。

 しかし、こちらは防御は紙でもHPは結構有るカーゴ爆弾です。

 しかも自爆がデフォルトなので、自爆前にどんだけHPが減少しようが無関係。

 いくら破滅CDでもへっちゃら。

 でも、笑いという意味では大変テンションが上がりました。

 
 マゼラ砲で牽制しては、破滅CDをぶち込みに来たザク1は自爆で巻き込みつつ、核のカウントダウン終了を待ちます。

 復活してくるカーゴ爆弾1機をわざと身動きがしにくいステージはじに配置してザク1を集めます。

 もちろんザク1部隊は、カーゴを血祭りにあげようと殺到してきます。

 それ~。

 ちゅど~ん

 核も見事発射。

 後ろのサテとその周囲の観衆から爆笑の声が聞こえてきます。

 クレナイ魂で最後に残ったザク1が突撃してくるので、こちらもきっちり自爆で応対。

 シメも自爆で大満足です。

 「なんだよ~、あれ。」

 再びサテ横に大将がやってきました。

 「ガス弾にCD、笑いましたよ~。」

 「だろ~、テンション上がったろ~。」

 「自爆だから平気でした。」

 「・・・次は宇宙だ、宇宙!」

 「ええ!?宇宙ですか。」

 「宇宙ならカーゴ爆弾ねえだろ!」

 「無いですよお。」

 「いや、カーゴでもいいや。並べて。」(←並べようとする)

 「ちょ、ダメですって。宇宙にカーゴは。」(←奪い取る)

 「じゃあ早く並べて。ガン見するから。」(←携帯を構える)

 「え~と、じゃあゲルキャと核にするかなあ。」(←あたふた)

 「なんだか強そうな部隊じゃんか。」(←文句を言いつつ撮影)

 「横で撮るガン見って初めて見ましたよ。」

 「エルメスにしろよ、エルメス。」(←カードBOXをあさろうとする)

 「持って無いですよ、エルメス。」(←奪い取る)

 「ヒゲどうしたの、ヒゲ。」(←ほ~のあごをなでながら)

 「社会人仕様です。」(←夏伸ばしたヒゲを剃っていた)

 「ゲラゲラ、なんだよ、それ。」

 ところが登録画面にしたら大幅コストオーバー。

 「あ、じゃあMA部隊にします。」(←組み替える)

 「ゲラゲラゲラ、ガン見してきた~。」(←すでにサテに戻りかけ)

 「MA部隊にしますってば~。」(←届かぬ声)

 結局ガン見された部隊をひっこめて、

 トクワンビグロ・ディミトリーザクレロ・ギニアスアプ2で宇宙へ出撃。

 ネタとしてはとても弱いですが、まあ、急遽組んだので許していただきたい。
 
 みんなレベル1だし。w

 
 っつーか、ガン見と言いつつ、ただ見るだけです、クレナイ大将軍。普通ガン見って相手の部隊見て、対策練って後入りするためにするのに・・・。もうクレナイ部隊は固定なんですよね。いったいあのガン見に何の意味があったのか・・・。

 さて宇宙でさっそくMAを前進させると、ザクがわらわらやってきます。

 しかも何か撒きながら。

 機雷ザクです。

 んも~。w

 攻撃してみたらギャン盾つけてました。

 んも~。ww

 とりあえず数機落としますが、これでは一方的になってしまいます。

 後で知ったのですが、カスタムは機雷を撒いた後の逃げ専用。

 ところがこちらがMAなので逃げられません。

 普通に戦ってもおもしろくないな・・・。

 なんだかこのままでは面白みに欠けます。

 ネタである以上、クレナイ大将軍のコンセプトに乗っからねば!

 こちらは急増部隊でネタとしてのパンチ力では大きく負けています。

 このままで終わってはギャラリーにも申し訳ない。(←おかしい考え)

 宇宙の掃除屋はじめました

 

 新しい看板を心に掲げました。 

 撒かれた機雷。全部受けてやろうじゃないの!!

 幸いこちらはHPに余裕の有るMAです。

 その機動力も生かして、まずはビグロがステージを駆けずり回ります。

 機雷がどっちゃりあるので、それを全部ぼこすか受けながら。

 やっとあらかた片付けたと思うと、またあちこちでばら撒いています。

 ぬお~!

 負けねえぞ、クレナイ!

 あっちへ行ってはお掃除、お掃除、時々戦闘。

 こっちへ戻ってはお掃除、お掃除、時々戦闘。

 ってうわあ。

 戦闘画面になったらビグロのHPが半分以上減っています。

 機雷で死なないとは言え、さすがにやばい。

 ザクレロと交代だ!

 再び、ぬお~!

 機雷をぼっこんぼっこん受けながら進軍します。

 敵母艦の周囲でもお掃除、お掃除、時々戦闘。

 こっちの母艦周りに機雷をばら撒いているのも発見したので、追い回します。

 ギャン盾破壊して、機体も破壊して、だいぶばら撒きを封じましたが、いたちごっこは続き、気がつけば時間終了。

 その際のほ~の言葉は、

 「くっ、全部掃除できなかった。」

 でした。

 

 え~、ギャラリーの方にも楽しんでいただけたのではないでしょうか?w

 文面から楽しさが伝えきれたか自信がありませんが。w

 こんな感じで酔拳発動のクレナイ大将軍との戦いを終え、挨拶周りをして、仕事を控えるフェンリルさんと帰宅しました。

 事情を知るTACさんは「急がないと。」と笑いながら挨拶してくださいました。
 
 大丈夫でしたよ、TACさん。w

 
 あ、最後にお店の中の人にも挨拶をと思い、少し探したのですが見つけられませんでした。すでに何度も書いていますが、ここでもお礼を。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

 以上、これにてベストワン交流戦レポを終わらせていただきます。

 ほ~が把握しきれないたくさんの戦いが繰り広げられており、きっと本が一冊書けるくらいの濃い内容だったはずです。全ての参加者に満足していただけたか不安ですが、まずは交流戦を無事に終えることができてよかったです。

 ほ~が帰った後もいろいろしていただいたと思われる23中隊の面々にも、またお礼を言いたいと思います。どうもありがとう!戦友よ!

 ほ~は23中隊を誇りに思うぞお!!! 

| | コメント (11) | トラックバック (34)

2006年9月 3日 (日)

ベストワン交流戦 レポ2

 はい、続き。

 ちなみに前回の記事も含めて順不同です。w

 隊長が到着してあちこちに挨拶回り。ここがうちの隊長のいいところ。23中隊がまとまっている所以です。今回メガネ隊長と初顔合わせだった方々も、きっとメガネ隊長の人柄に惚れたはず。

 お店の中の人に今回、作戦部屋を提供していただいたこともあって、ご挨拶をしなければとほ~も思っていたので、聞いてみると、すでに隊長は挨拶済み。(←さすが!) ほ~も遅ればせながら挨拶させていただきました。本当にありがとうございました。これからも23中隊をよろしくお願いします。

 さて、そのメガネ隊長の対戦(←本人多忙でブログでどれだけ記事になるか不明なので一部書いちゃいます)ですが、なんとうちの隊長の部隊が相手の予備戦力を削ることすらできずに完敗です。宇宙でジムワラを使っていた方だったのですが、シルルさんの動かし方に似ていて、同時にだ~っと囲むように動きます。それがことごとくメガネ隊長の裏をかいて、ロックオンサーチが敵機に届きそうになると横から切られる。みたいな。

 う~ん、ありゃすげえや。勉強になるなあ。相手のターゲットになっている機体となっていない機体の連携までできているのが信じられないスキルレベルでした。

 フェンリルさんもすっかり「今日は観戦」モードだったのですが、そうは行くかと空いたサテに呼び寄せます。まずは宇宙へいつものMA部隊で出撃です。ビグロ・ザクレロに加えて、現在はシャアがゲルググで護衛に入っています。これは強そうだ。

 残念ながらCPU。人はうなっているのですが、今回ベストワンは終戦日。無差別が発生しません。新バージョンでマッチングが難しくなっています。っつーかベストワンの終戦早すぎ。日中の人、同一の軍で掘りすぎです。両軍のIC使って掘ってください。w

 で、そのCPU戦ですが、さすがフェンリルさんです。教育CP×8まで行ったシャゲルが最後に落とされしまうシーンはご愛嬌ですね。ね? CPUがなんか避けまくっていましたが、何度も切ればいいのだとMAがじゃんじゃん切ります。合間はシャゲルが埋めて、まあ楽勝ですか。

 続いて地上。ここではボライソーさんとマッチング。身内じゃんと笑っていたら、何やら見慣れぬ機体が前進してきます。「なんじゃありゃ?」とフェンリルさんと見ていたら、

 ドダイでした。

 うひゃひゃ。

 下駄として使うことはあっても滅多に出さないドダイです。以前ベストワン名物王企画で通常兵器王をやったときに見たくらいです。

 でもってそのドダイが

 ワラワラ出てきます。

 もう爆笑。

 でもきっと奥に何か控えているに違いないと思ってドダイに攻撃をフェンリルさんが仕掛けます。

 そのドダイ。

 リンクシステム×5

 全部ドダイかよ!www

 再び爆笑。

 なんでドダイ5機でフェンリルさんとマッチング?と思っていたらフェンリルさんが一言。

「08小隊だ」

 パイでコスト食ってるのでした。wwww
 
 しかも攻撃すると

 IRジャケット

 OPアーマー

 となんか笑ってしまうカスタムが紙装甲のドダイについています。

 いやあ人の対戦ながら笑って笑って大変でした。

 フェンリルさんも苦笑しながら撃墜していました。

 途中決死の機動でドダイ3機がフェンリルさんの母艦とそこで補給中の機体に肉薄するシーンがありました。

 ほ~もやばいと思ったので、フェンリルさんも「!?」となったはずなのですが、

 ドダイがなんか戸惑っている様子で止まっています。

 「弾切れ~」

 離れたサテからボライソーさんの悲鳴に似た笑い声が聞こえてきました。www

 ボライソーさんの母艦はドダイが落ちた合間を支えようと奮闘していてすでに落ちてしまっています。

 補給のできないドダイ、風前の灯火。と思ったら追いかけるフェンリルさんに反撃。

 「あ、まだあった。」みたいな声が聞こえてきました。www

 お、おもしろすぎます。
 

 まあ戦いそのものは当然ながら一方的でしたが、楽しかったです~。相手の部隊が分かってからはフェンリルさんもニコニコしながらの対戦でした。まあ、いなしつつ楽しみつつ落としつつみたいな。w

 ボライソーさんのネタにも笑いましたが、まあ、ネタと言えばこの人、TACさんを忘れるわけには行きません。大隊がデフォルトの方ですが、ここのところベストワンとも関わりが深いです。池袋緊急集会にも参戦してくれました。
 
 で、そのTACさん。ゲルググ藁で出撃したらしいのですが、周囲の人はみんな「そんなのTACさんらしくない」とか「そんなTACさん見たくない」なんて無責任な発言。ところが、その周囲の人もみんな納得。ゲルググよく見るとオーパイです。そんでもって持っているのがザクマシンガンです。www

 そんなTACさんの戦いぶりを観戦させていただきました。

 まずは地上ドムでJSA狙い。まあ、JSAそのものがなんだかネタのにおいがする編成ですから。w JSA狙うと言うことはつるべの動きを捨てるということですから、とても反撃されやすいのですよね。で、その戦い方を見ていると、

 ロックオンサーチがにゅいーん。

 ロックオン!

 TACさん押しません。

 リンクロックが高速でにゅん!

 ロックオン!

 
 TACさん押しません。

 もう1機をリンクロックさせようと微調整です。

 
 敵の攻撃発生。

 ロックオンサーチがにゅいーん。

 ロックオン!

 TACさん押しません。

 リンクロックが高速でにゅん!

 ロックオン!

 
 TACさん押しません。

 もう1機をリンクロックさせようと微調整。

 

 敵の攻撃発生。

 観戦している人みんな。

 「狙いすぎだろ~。」www

 しかしTACさん。補給や思わぬ撤退などでJSAを放棄した際の、戦い方は普通に強い。TACさんはきっとガチも強いのだろうなあ。そんなTACさん見たくないけど。www

 またTACさんは宇宙でもJSA。まあ専用ザクは当然あるし、MAやら木製帰り付けたサイコミュなんてのも聞いたことありますが、今回のTACさんはビームが微妙に使えるザク。

 し、渋い~!

 もう登録画面で笑いがこみ上げてきます。

 
 持つのは当然微妙な威力の試作ビームライフル。

 

 途中で見事に敵を3機でロックオン!

 しかもマルチロック!

 これは来た!

 と思ったら普通の戦闘画面。

 あれれ?

 試作ビームライフルの弾切れでした。

 これにはTACさんも苦笑いしつつ落胆。

 「使えないことが分かったことが収穫だ!」

 と終わった後で言っていました。w

 さて今日はここまで、何も思い出さなければ次回はクレナイ大将軍とほ~との対戦レポです。www

 ご期待ください。笑えます。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

ベストワン交流戦 レポ1

 では詳報。

 いつものように23時頃に到着すると、案の定サテは満杯で周囲を人が取り囲んでいる状態でした。

 「遅いよ~」なんて言われますが、いつも通りです。w お店の中の人より提供していただいた作戦会議室にすでに将官を始めとする来訪者達が集っているとのことでしたので、まずはご挨拶へ。タケシさんもまだ名札をもらっていないとのことでしたので、ご一緒します。なんと部屋の前には「作戦会議室」の張り紙が!これはお店の中の人の手によるものでしょうか?
 だとしたらъ( ゚ー^)ナイスです。お店の中の人はなかなかユーモアのある方と。w

 すでに部屋にはクレナイ大将軍を筆頭に数名の方がテンション上昇傾向でお酒を楽しんでおられました。

 簡単にご挨拶をして名札をもらって再びサテへ。周囲の方々の名札を確認しつつご挨拶。やはりコメントの無かった903大隊の面々も数名参加しています。これで参加者は30名オーバーです。w

 

 ほ~は前半で4クレさせていただきました。順不同で。

 スレッジさんとコスト調節してマッチングを図ったのですが、ほ~がスレッジさんのコスト上限を勘違いして入ってしまったためにCPU戦に。も、申し訳ない。ごめんなさい。
 あ、無事にラル⇔シャアザクのトレもしていただきました。大感謝。これでやっとシャアを専用機に乗せることができます。待たせたなシャア!w

 連邦赤部隊は育成途上ですが、この場にそのまま出すことは死を意味しますので、パイを07小隊だけにして、機体をガンダム・ビームライフル・ガンシーにして出撃します。
 将官との対人戦です。え~と、誰だっけ?カエルさん?アプ3とゲルググのコンビが相手でした。
 07小隊ガンダムがアプを追撃して粘着格闘すると、アプが逃げます。いやもう、アプ3ってこんなに動くんだ・・・って呆然としました。終わった後に「カスタムなんですか?」って聞いてしまいました。「ロングレンジです。」と予想外のお返事。なんと・・・機動力UPのカスタムではないのでした。これには愕然。私もネタ半分でアプを出しますが、あんな動き出来ません。将官のアプはあんなに動くと分かったので、今後のいい練習目標ができました。
 戦いはゲルググの盾が硬くなかなか剥がせません。ゲルググをかまえばアプが。アプをかまえばゲルググが。当然と言えばあまりにも当然のセオリーの動きなのですが、これがとっても有機的。どっちも間に合う完璧な布陣と移動。感服です。将官戦はこれだからたまりません。w
 少尉ICはアイナたん主力です。今はとても乗りませんが、コストに余裕が出たらアプをぐりんぐりん動かせるように練習します。護衛は盾つけたゲルググで。w

 ジオンでは量産化カーゴ爆弾3機&核持ちザクFSで出撃。これまた将官相手だったかな?すいません失念です。相手は08小隊だったと記憶。カーゴ爆弾で巻き込みつつ牽制してカウントダウン終了を待ちますが、感づかれたのかカウントダウンしたあたりでFSが猛追され、攻撃をくらったら「武器破壊」。哀れ核は消し飛んでしまいました。(←泣)
 カー爆弾で突撃した1機目をいきなり撤退させられたことが響きました。あれが無ければまだ持ちこたえたかもしれないのに。いきなりだーっと進軍しちゃう癖をなんとかしなければ。

 ジオン赤部隊は育成仕様を外してガチモード。グフTC機やらイアン専用ザクキャなどで固めて出撃です。この相手はリュートさんだったような記憶がかすかに。w え~と、どんな対戦だっけ?www なんか最後コアファイターを追い掛け回していたのはここだっけ?すいません、すでに記憶をつかさどる脳が機能低下です。

 

 でもって中盤はずっと観戦。作戦部屋は行ってもお酒が飲めないので悲しくなります。よってひたすら観戦。w

 
 シルルさんの新ICに一般の方がコスト調整して乱入してきました。あ~あ。よりによって23中隊のエースのなんちゃって少尉に乱入するなんて、運が無いね。w っつーことで、シルルさん。水ステージにもかかわらず、相手を翻弄。見事に返り討ち。ふふふ。なんか観戦して小さくガッツポーズ。

 シオンさんが始めるので横に移動。普通の部隊を組もうとしているので、K2さんと束になって「それでも軍人か!?」「ベストワン魂はどこへやった!?」などとけしかけて、カーゴ爆弾&核にさせます。www
 もう、横で見ていてドキドキ。そしてワクワク。いやあ楽しいなあこの編成、極端で。w

 海ステージなのにカーゴ爆弾。核はシオンさんの場合グフカスノリスガトシーフルとキラキラ仕様。相方に水MSを乗せようとしますが、ズゴック乗せるとカスタムが入りません。
 「アッガイにしちゃえ」という無責任な声がかかる中、「アッガイじゃ無理!」とシオンさん冷静な判断。「じゃあシンシア艦長にいれなよ」とK2さんのアドバイス。ところがシオンさん、シンシアがなかなか見つからない。さっとK2さんが出してくれました。
 ドアン島はカーゴ爆弾が島にしか置けないので、配置場所が海の中だと、直近の島の一部になります。これを利用してなんちゃって降下P仕様のカーゴ爆弾の出来上がりです。
 ところが敵の進軍は島の逆側。3人で「逆だあ!」と残念がってしまいました。w

 地上でも核。ズゴックは陸ザクに変わります。アプ試験場だかどっかのステージではタケシさんが相手でした。ここではカウントダウン間近で、陸ザクをわざと撃墜させて相手を固まらせる作戦に!これがズバリ的中。タケシさんは陸ザクを落とすと、目の前がとりあえず母艦だけになったので、いったん補給に下がります。(←通常の判断)シオンさんはまさにこれを狙っていて、母艦と機体を一気に巻き込み核攻撃!いやあ、熱かった。w

 

 K2さんには「ビグザム&グフ重装の部隊見せてくださいよ~」とお願いして、披露してもらいました。動かし方をガッツリ見てスキルアップしようという目論見が半分です。もう半分は、ベストワンの勇士K2さんのこの部隊をぜひベストワンに来訪した人に味わってほしかったというのもあるからです。

 ×5&×5&×4 という壮絶なマルチリンクロックが炸裂したときが一番の見せ場だったでしょうか。大拍手でした。しかしさすがはベストワンに集った歴戦の勇士達。序盤の劣勢を跳ね返して最後はK2さんに逆転勝ち。たしかキースさん?後半巻き返したのは「母艦」。この母艦の攻撃で1機、また1機とグフ重装が落ちていきました。母艦を細かく動かす動きはさすがです。K2さんも負けて感心といった風情でした。

 
 とりあえずここまでで一旦おしまい。続きは次回。

| | トラックバック (36)

2006年9月 2日 (土)

ベストワン交流戦から帰還

 30名を越える参加者を迎えて大盛況となりました。

 一般の方がいたので、席をゆずって4サテだけでやっているようなときもあり、大変不便な思いをされたと思いますが、このようなみなさんの配慮がとてもありがたかったです。

 将官はどっさり、遠方からもどっさり、もう満腹です。車だったので、作戦部屋には最初の挨拶でしか顔を出せませんでした。申し訳ありません。

 参加してくださった全てのかたにお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 お店の中の人にも大感謝です。

 帰り際にもご挨拶をしようと思ったのですが、見当たりませんでした。この場を借りてお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

 急いで寝ます。

 詳細は起きてから時間のあるときになります。ご了承ください。

 あ~楽しかった。

| | コメント (11) | トラックバック (27)

2006年9月 1日 (金)

ベストワン交流会 直前

 ぬお!

 お店の中の人が登場!

 ありがたい申し出!大感謝!

 っつかコメント多数ですが、もう私も出ます!

 集え!猛者どもよ!(←かっこつけてみる)

| | コメント (1) | トラックバック (22)

嵐の前の静けさ 所沢戦線

 無理を承知で帰り道出撃してきました、所沢。

 まずは地下。

 1人座っていますが、尉官。放置決定。

 無差別が発生していたのですが、入ってきませんでした。

 こちらは終戦P回収のために連邦ジオンで各1戦。

 連邦ジオンともにリンクシステム赤部隊です。

 連邦はコストが少し余り気味です。機体を変えようかなあ。

 目を付けているのがジムキャノンですが、問題は盾が無いことです。

 

 ジオンはやっとジュダックも組み込んで編成が組めるコストまで戻りました。

 リンクシステムはやはり数が多くないと不安です。

 4機あるとやはりつるべの動きも安定です。

 続いて地上の店。

 1人座っていますが、やはり尉官。放置決定。

 ここでも無差別で待ちますが入ってきませんでしたし。

 まずは終戦P回収。

 危なげなく2戦をこなします。

 普通ならばここで終わりですが、今日は無理しちゃう!

 少尉ICをぐさ!

 アイナたん、トップ姐さん、シムスで出撃です。

 敵も2機しか出てきません。敵機よりも母艦が怖いです。w

 ザクキャノンにガトリング砲やらなんやらつけて、アイナたんには戦闘データ。

 

 ここまで今日CPU戦で1機も落とされていません。w

 いよいよ今日の目的、「先読み部隊」の出動です。

トップ 先読み ガトリング ザクマシンガン ザクFS

クルツ 先読み ガトリング ザクFS

イアン 先読み マゼラ砲 ガトリング ザクFS

ジュダック リンクシステム マゼラ砲 足ミサ ザクFS

ハモン

 クレナイ大将軍が先読みの有用性を語っていたこと。格闘王シルルさんが先読みばっかついている部隊と当たったらへこむ発言をしていたこと。こうしたことから今回こんな部隊を組んでみました。

 まずはマゼラ砲を持つ2機が正方形の上辺となって進軍。

 つぴぴぴぴ~ん

 とロックオンサーチが乱れ飛びます。

 先読み発動を狙って攻撃ボタンを押さずにいたら、押し損ねました。

 一方的にイアンが攻撃をくらってすでに瀕死です。ジュダックも手負いに。

 しまった。先読みも攻撃ボタンを押さなきゃ無意味だ。

 下辺に控えていた2機を代わりに前面に立てて攻撃です。カスタムにリンクシステムが入っていないので、迫力に欠けている気がします。敵の進軍を止められません。

 手負いのジュダックを出したら、盾剥がされた上に、怒涛の砲撃をくらって撃沈してしまいます。

 トップとクルツで不本意ながら格闘も織り交ぜて迎撃します。イアンがもう少し回復するまで、2機でつるべを仕掛けます。

 

 ここで一番やっかいな敵が出現です。

 レビル艦長。

 あ~、硬い!

 邪魔!

 レビルの攻撃をくらってクルツが瀕死に。

 仕方なく回復途中のイアンを出しますが、支えきれず撃沈。

 トップと瀕死のクルツで再び戦線を構築します。

 いいところでレビル艦長の横槍が入ります。

 ほんと邪魔!

 

 結局敵を落としつつ落とされ、こちらは復活したジュダックとイアンだけになりました。

 頭に来ていたので、レビル艦長に砲撃の嵐をくわらせたら逃げていきました。

 母艦がいなければこの2機でもなんとかなります。

 しかし先読み部隊、いまいちでした。

 慣れていないこともあってか、CPUにずいぶん落とされました。まあ3枚も入れるのはどう考えても余剰です。

 強化炸裂弾などと織り交ぜた部隊にした方がいいような気がします。(←当たり前か)

 先読みが発動して「やった!」という場面はほとんどありませんでした。まあ対人となればまた違ってくるのだと思いますが。

 明日の交流戦で出すかどうか微妙です。

 あ、いけね、ネタ部隊も用意しておかなきゃ。w

| | トラックバック (24)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »