« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

0083

 GCBは次は0083なんだそうな。

 ガトーとか出ちゃうんだそうな。

 

 ファースト世代でもMSVなんか見てみるとまだまだ新カードも出せそうだけれども、人気と言う面を考えると、ガトー出したいんだろうなあ。

 いや、ガトーより姉御か?w

 シーマ様は人気だろうなあ、Mっ気のある人には特に。ww

 機体はと・・・

 ガンダム試作1号機ゼフィランサス

 ガンダム試作1号機フルバーニアン

 ガンダム試作2号機(核)サイサリス

 コアファイター2

 コアファイター2(宇宙仕様)

 ジム改

 パワードジム

 ジムカスタム

 ジムキャノン2

 ザク2 F2(連邦仕様)

 ドムトローペン

 ザメル

 ゲルググM

 ゲルググM(指揮官用)

 ガンダム試作3号機デンドロビウム

 ガンダムステイメン

 ドラッツェ

 ガーベラテトラ

 ヴァルヴァロ

 ノイエジール

 コマンドビークル

 ラビアンローズ

 MS揚陸用ホバークラフト

 つらつらと、ま、ざっとこんなもん?

 やはりどう見ても浮いているのがデンドロとノイエの2機。

 こりゃ破格だ。

 劇中の様子を見るにつけ、この2機の激闘はすばらしいものだったが、そのまんまの能力にするならコスト500とか?w

 

 どいつもこいつもコストが高そうだが・・・。

 ドラッツェ。

 これよさげ。w

 固定盾もあって、機動はナイスなはず。

 防御は紙でデフォルトだろうが、ビームサーベルと40mmバルカンを固定装備。

 旋回性能は悪そうだけれど、飛びぬけるタイプの戦い方ならなんとか。w

 

 とりあえず妄想はここまで。

 続きはまた。w

| | コメント (5)

2006年10月29日 (日)

友達の詩 / 中村中   追加補足版

 「友達の詩」を聞いた。何の先入観も無く、「中村中」と言う回文みたいな名前なので、「コミックソングかいな?」とさえ思っていた。すいません。

 このアーチストも知らなかったし、カウントダウンの番組も最近流し見なので、未チェックだった。

 谷山浩子を思わせるソフトで、ちょっぴりミルキーな歌声。

 この歌は恋愛の歌だが、たいそう切ない。

 

 恋愛に臆病になっているというか、恋愛を大切に思いすぎているというか。

 最初はそう感じた。

 ♪

 手をつなぐぐらいでいい

 並んで歩くくらいでいい

 それすら危ういから

 大切な人は友達くらいでいい

 2番では最後の部分が「大切な人が見えていれば上出来」とまで、後退してしまう。

 

 こう書いてみると、とても後ろ向きな、消極的な歌であるような印象で、事実、私もそう感じていたのだが・・・。

 ♪

 忘れたころに もう一度会えたら

 仲良くしてね

 と、聞くころには「おや?」と思った。

 

 そして最後のサビを歌う中村中の声に心震える。

 それまでのどちらかというとサビすら淡々と感情を抑制した歌声から一転。「大切な人は友達くらいでいい」と歌い上げるその声からは大切な人を失う悲しみが迫ってくる。

 

 自分にとって大切な異性は、愛する人になりがちであるけれども、それはその人を失うリスクも伴うことである。

 手をつなぐことさえ、並んで歩くことさえ危ういのである。

 だからこそ、友達でいい。

 深いシンパシーを感じ、心通じ合う異性を得ることはとても幸せなことであるが、それを恋愛にしてしまったら・・。そして失ってしまったら。

 これは普通の恋愛での悲しみよりも、後悔の念が強くなる分つらいのかもしれない。

 だからこそ、

 ♪

 忘れたころに もう一度会えたら

 仲良くしてね

と、歌うのだろう。

 さて、中村中。 下の「中」はなんと読むのだろうか?w

 なかむらあたる と読むそうだ。

 で、この読み方が記事を書いた後に気になって、調べたわけだ。

 そんでももって衝撃の事実。

 中村中。

 彼女は男性でした。

 性同一性障害。

 それを知った上でこの曲を聴いていたら、私の記事はまったく違ったものになったはずだ。

 あえて、先の記事はほぼそのまま残している。

 この事実を知って改めてこの曲を聴いてみた。

 こうした色眼鏡は中村中本人は望んでいないかもしれない。

 でもそういう色眼鏡を経てもなお、この曲は素晴らしい。いや、それどころか味わいを増した。

 ただの女性アーチストが歌ってもいい曲なのは間違いない。しかし中村中が歌うことで、この曲には2つ目の命が息吹いたと思う。(当人の歌なのに・・・、変な言い方になっているなあw)

 

 

 中村中の心は女性である。その女性の心が書いた曲であるから、大切な人を思う女性の心が描かれているのは当然である。そこまではおそらく私が最初の記事で受けた印象そのものなのであろう。

 しかし15歳でこの曲を中村中が書いたと知り、聴く。

 泣けてくる。

|

土曜日の臨時集会

 金曜深夜に出撃できなかったことなど、もろもろの事情を鑑みて、土曜日の夜に出撃と相成りました。

 

 到着するとTACさんとシオンさんがプレイ中。メガネ隊長は見学中でした。

 は~。

 土曜の夜も大混雑ですねえ。

 TACさんはクロニクルの片腕アッガイにザビ家一族を乗せて海ステージへ出撃。そんでもってシオンさんと激突。シオンさんの方はガチンコ部隊です。

 戦闘早々にガルマの起死回生が2連発で効果を発動して、笑いを誘います。しかし笑っていられたのもそこまで。シオンさん、この片腕アッガイsに対して容赦がありません。

 レンジも攻撃力も、パイもそのレベルも敵わないアッガイs。じゃんじゃん景気よく落とされます。キャスパルでもいれば、テンションが上がるのですが、同族ばかりなので、ずんずんテンションが下がり、せっかく決死の思いでレンジに収めても、回避されることも多く、そのまま完敗です。

 シオンさん、えげつないです。ww

 とはいえ、ほ~もこの後、シャアの水部隊アッガイsとぶつかりました。こちらは水ジム藁。

 武装では勝っているので×5以上を連発してアッガイを落とします。明らかにオーバーキルで、後でTACさんから、「やりすぎだろ~」と言われてしまいました。

 とはいえ、アッガイに殴られるとHPがごっそり持っていかれる水ジムです。予備戦力こそ残しましたが、結構綱渡りな時もあって、本気でした。すいません。

 TACさんはソーラーレイ2機出しなんていう夢編成で出撃して、露払いがいなくなって、残ったソーラーレイがやられるがままなんていう、悪夢状態も演出していました。自虐ネタも盛り込むあたり、さすがネタ王です。

 

 そのガチンコシオンさんとも、水ステージで激突。

 こちらはゴッグ2機にゾック2機。

 普通に戦闘開始すると、中央の島に敵機がうろちょろしているので、やりあいます。

 しかし画面の端にじっと動かない機体がいます。

 核じゃん。www

 おそらく、ゲリラ作戦をつけて隠れていようと言う魂胆だと思われます。

 当方ジュダックがいるので、敵の位置はレーダーに出まくりです。

 案の定なんか怪しいバズーカ持っています。一気に取り付いて破壊します。前のサテでシオンさんが何やらバタバタしています。w

 その後も優位に進めます。何しろ相手は核にコストを割いているものですから。w で、結局、そのまま押し切りました。

 終わった後、「何でわかったの~、ゲリラ作戦入れたのに~。」と言うので、ちょんちょんとジュダックを指差します。見ていた隊長はゲリラ作戦対策にトリアーエズ&ジュダックを入れておこうかなどと言っていました。w

 隊長とも久々に対戦。

 こっちはスレッガーゾンビ。

 しかしコストの都合で、相方のカレンがガンキャ量産に。

 これが失敗。

 宇宙ではドン亀もいいとこ。かわせない、振り向けない。

 頼みのスレッガーもテンションが上がる場面がちょびっとしかなく、しかもそのときは攻撃をかわしているもんだから、起死回生が画面に出ない!

 あれが出るから楽しいのに!

 かわすのはここでは嬉しくない!

 でもってすみっこでおとなしくしていたトリアーエズに乗ったレビルも血祭りに上げられて、打つ手無し。

 最後までコアブで奮闘しますが、残りほとんど時間の無い所で撃墜されてしまいました。

 う~ん。この部隊、コスト足りないと機能しないなあ。w

 ま、ガンキャノン量産を宇宙で出すほ~も悪いんですが。

 

 結局この日は、隊長、シオンさん、シルルさん、K2さん、KENさん、そしてほ~と、中隊の面々が大集合。TACさんも当然のようにいます。w

 ん?もう一人K2さんつながりで誰かいたような?はて?すいません、記憶があいまいです。

 サテもほどほどに空いて、順番に入れ替わってまったりと対戦ができました。

 ほ~は回収後、KENさんと隊長が戻るのを待つために追加の2クレ。それが終わったら席を空けました。

 ほ~の後にはレアを引いている人が多いので、散々KENさんをあおっていたら・・・ほんとに引いていました。BD。

 いいなあ。w まあ、ほ~はクロニクルを受け取れたのでそれでもう満足です。リアルコスト無いし。

 で、クロニクル。

 4号機が2枚。

 さっそくTACさんが「交換して!」、シルルさんが「ちょうだい!」。www

 高コストでほ~は1枚あれば十分と思いますので、トレに早速放出です。

 2箱のクロニクルがまったく同じ配列だったので、TACさんより持っていないアンコ2枚と「背ゲル」をいただきました。クロニクルを今後すぐに書い足せる財力も無いので、ありがたい申し出でした。どうもです。

 

 あ、K2さんからまた本を借りました。イラストストーリーの4冊。どうもです。

 1冊読み終わりました。

 続きは・・・大石英司の新作を読み終わってから取りかかります。w 早くも上を読み終わって、下です。やっと親分がちらっと出てきました。なかなか出ないからじれったかったです。w

 あ、K2さんから、陸ジムと伏兵もらえるはずだったのに、忘れた。w

 あ、隊長にギャンを補給するのも忘れた。w

| | コメント (4)

2006年10月27日 (金)

ベストワン戦線 欠席

 酒飲んじゃいました。捕まりたくないのでお休みです。

 今回は将官もたくさん集うようですが、前回までの様子を考えるとサテは満杯。ちょっと自重気味でもあります。すいません。

 ドアンが来ました。

 嬉しいと言うかほっとした感じ。

 で、コスト100で、今回のドアンはジオン専用。

 特殊能力は民間人相手だとテンションダウンといまいち。

 

 ここで疑問。

 前のドアンと併用できるの???

 同一部隊にドアンが2人は・・・無理か?

 無理だよね?

 

 とくだらないことを書いてとりあえず撤退。

|

ようやく初レア

 所沢上の店に9時過ぎにようやく到着。

 なぜか仕事の後にママさんバレーと一緒になって練習をみっちりした。

 なぜかその後に学生相手のバスケットボールの試合に3分だけ出た。

 そんなこんなで9時。

 なにしてんだ、オレ。w

 というわけででかいバッグを抱えてよろよろと到着したらば、シルルさんがいました。

 やっほーい。シルルさん所沢初参戦です。もちろん使う部隊はハーレム部隊。w素敵です。

 回収目的なので、まずはジオンIC。

 ザクキャノン部隊を解体した後、とりあえず思い出深いザクFS部隊で運用しています。コストとのバランスで、現在はガルマザクの3機出し。マゼラ砲に3連ガトのリンクシステム&量産化というひねりのない部隊です。

 対人で尉官。さっくりとこなす。狩りじゃ無いよ!更新したてだよ!誤解しないでね~。

 と言っても相手はガトフル装備のR2ザクとかを中心にした部隊。機動力で負けているから、油断してたらやられちゃうもの~。w

 で、ここでお座り一発レア降臨!

 新カードで初レアです。

 ゲルググJ専用みたいなビーム兵器。

 う、うん。

 いいよ、いいよ。

 レアが引けたから。

 次!

 連邦スレッガーゾンビ(未完成)で出撃。

 レベルは低いは、コストの都合でカレンはジムバズに乗っています。ここで、来ました、対人の相手はシルルさん。

 むほ!

 ハーレム相手です。w

 スレッガーさん燃える、いや萌えるはず!

 いや、別にテンションに影響はありませんでした。

 起死回生一度も発動せず、健闘するものの、局地的敗北。完成してないのに、対人を挑むのは苦しいよなあ。

 

 で、次!

 アイナたんIC。こちらもガルマザクだか、ザクFSで出撃。こっちも健闘しますが、やはり局地的敗北。w 

 しかしこの対戦。ほ~もハーレム部隊です。画面には女性しか映りません。ww 萌え~だ。

 ここでシルルさんにクロニクルカードや、ハーレム部隊を見せてもらう。

 ハーレム部隊はルナチタの2枚盾が鬼の固さで閉口しました。w あれは凶悪です。

 クロニクルは強化炸裂弾付のEZ8が凶悪に見えました。ありゃ強そうだ。

 次!

 連邦をもう一度挿して、今度は陸型ジム藁。サクサクさっくりCPU。

 それ、2人で地下へ移動だ!

 いた!

 フェンリルさん発見!

 イフリートで育成がてらの掘りがてら。w

 

 こっちは連邦陸型ジム藁でなぜか少尉と対人に。

 なんだよ、コスト見ただろ~。こっちは更新したてやねんて!狩りじゃないぞお!粘着でもないぞお!

 と、自分の中で言い訳しつつ、ドズルとガルマのコンビを殲滅して完勝。ま、まあ、なんちゃって少尉だったようだし、許してください。

 

 ジオンメインとアイナたんICはさっくりCPU。

 シルルさんのハーレム部隊に再び乱入しようとして失敗。CPUに。

 しかもその部隊が。

 久々、量産型カーゴ爆弾部隊。www

 CPU相手にこれかよ!

 自爆が前提なので完勝できない。www

 局地的勝利だよう。w

 アムロの奴が自爆なのにミリ残りしやがって、はあ。

 まったくもう。

 で、時間も時間なので帰宅。

 ちょびっとしかお話もできませんでしたが、シルルさんの初参戦がとっても嬉しかったです。またお休みの時にはぜひ来てください。

 

 明日はベストワン定例会ですが、またすごい混雑になりそうです。

 また私は飲み会があるので、酒を控えて車で出る覚悟ですが、確約はできません。K2さんに2箱取り置いてもらっているのを、受け取って支払いたいのですが・・・。

 行けても重役出勤です。たぶん。

 もし挫折したらすいません。K2さん。 

 

 

| | コメント (4)

2006年10月25日 (水)

明日は所沢

 風邪だいぶよくなってきました。むごい状況からは脱出しつつあるようです。それもこれも7時間睡眠が効いている気がします。

 どんなのど飴やのどスプレーや風邪薬よりも、たっぷりの睡眠が効果的なのだろうか・・・。

 さて、明日は所沢に回収に行く予定です。いつもリアルコストが逼迫している気がしますので、今回も回収だけみたいな感じですが、シルルさんの参戦表明もあったので、例の女性部隊との対戦にも期待したいです。

 女性兵士相手にクルツあたりが下品な笑いを浮かべながら攻撃する姿を思い浮かべると、なんだかサド的な快感ですね。(←こらこら) いやむしろジュダックあたりが女性兵士にびしびしやられる方がマニアックな快感か?(←やめれ)

 レビルさんのコメントにもあるように、やはりドアンは届いていないようです。例の印刷ミスがドアンにもあったのかもしれませんが・・・。それにしても「公式アナウンスが無いのは仕様です」は何とかならんでしょうか?企業努力が足りないと思うのですが。

 クロニクルですが、店頭分もじゃんじゃん売り切れになっているようですね。恐るべし。

 

 以下中隊向け。

 「伏兵」1枚(あるいは2枚)補給していただきたいのですが、どなたか余剰分ありませんでしょうか?

 ジム陸戦型(←型ね)のシールド付の方(コスト80のやつです)、1枚補給していただきたいのですが、どなかた余剰分ありませんでしょうか?

 どっちも安く買えるカードですが、まあ誰かが余らせているならもらった方がよかろうと。w あくまで余っている人向けの補給要請です。

| | コメント (7)

あ~よく寝た

 昨日は10時頃帰宅して、そのまま爆睡しました。7時間くらい寝ました。

 平日にこんなに寝たのは久しぶりです。

 それもこれも風邪のせいです。

 しかし明け方ってこんなに寒くなっていたのね。

 

 

 昨日はK2さんのご好意により、クロニクルを箱で代理買いしていただいくことになりました。ありがたいことです。持つべきものは戦友です。

 

 ドアンはどうも私の知る範囲では誰にも来ていないようです。GCB人口は、配布カード数より少ないと私は予想していたので、どうもまだ発送作業そのものが行われていないようです。

 10月中に来るかなあ?w なんか怪しいですね。

 息子がおきてきたのでこれにて終了。w

 

| | コメント (5)

2006年10月23日 (月)

喉が痛いっつーねん!

 全然治らない。

 悪化してる気がする・・・。

 土曜日に無理して出撃した報いか?

 まあ、レアは相変わらず引かないし、新カードもちょぼちょぼなので、特に部隊をいじる必要も今のところ無いのです・・・。

 あのさ

 ドアンってどうなったの?

 あのプロもカードの

 まだ?

 まだだよね?

 ほ~、ハズレじゃないよね?

 ただの個人情報収集に引っかかったんじゃないよね?

 遅いっつーの。

 あ、そう言えばそろそろクロニクル発売じゃないか?

 予約する甲斐性が無いので、店頭で買おうと甘い考えでいるのですが・・・もう無理?

 今回はそこそこ生産したんじゃないのかな?前回が品薄だったから。

 どうなんだろ?

 はてさて。

| | コメント (5)

2006年10月22日 (日)

土曜のベストワン

 いつもの定例会に風邪が悪化して参加できませんでした。その代わりに土曜の夜に出撃してきました。風邪は相変わらずむごくて、のど飴をサテに置いて、それを舐めながらの出撃でした。(←帰って寝ろ)

 なんと土曜の夜ですが、メガネ隊長、KENさん、シルルさんが参戦されました。

 

 KENさんとはジオン中佐の最終戦、ザクキャノン最終形態で対戦しました。なんか格闘メインの部隊だった印象で、じゃんけん効果がバリバリ発動してしまい、完勝してしまいました。

 これで中佐も終わり。

 無事に大佐に昇進しました。

 母艦はチベからグラーフツェッペリ?に。地上はカーゴ付、水はやっとユーコン?

 3つとも新規に就航しました。

 が、大佐にしてはしょぼいかも。w

 水ステージはこのICはほぼ放置ですから・・・。

 コストはごっそり行かれて、1300台から900台へ激減。ザクキャノン部隊は維持できず、いったん解体です。

 更新前に無差別に入りましたが、アプ単機出しと当たってしまいました。掘り用かなあ?無差別なので、遠慮なく叩きましたが、なんかあまりいい気分じゃありませんでした。何ゆえ無差別に?

 

 更新後に水ステージが出ていたので、入ると隊長とマッチング。ゴック2機とゾック1機で出ましたが、隊長のシャアズゴや新水MSにぼっこんぼっこんにやられてしまいました。

 その後、中尉IC「アイナたん部隊」で再び水ステージへ出ると、またまた隊長とマッチング。こっちではこちらが圧倒して勝ちました。

 なんでやねん!

 大佐部隊が負けて、中尉部隊が勝つねん!同じ編成だぞ!

 階級補整とか働いてるんじゃないだろうなあ・・・。

 レベル2のスレッガーゾンビ部隊は、連邦の尉官(←おそらくナンチャッテ)に乱入されて新型ガンダムのガトリング砲にズタボロにされました。完敗です。

 育った尉官の部隊には、手も足も出ませんでした。

 

 地上で中尉(←ナンチャッテ)と当たりましたが、この人がNTでした。同時ロックオンは完璧に押し負け。ええ、完璧に。一度も勝てませんでした。

 こんなはずでは!?と思って、いつもより心持早めに押したらお手つき。

 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 アノ人はNTに違いない。何かが見えているんだ、きっと。

 ちなみにこの中尉さんにはシルルさんのギャル部隊も完敗を喫していました。本物だ・・・。

 3つのICのどれもが更新したてという状態になってしまい、育成しながらの対人戦は非常に厳しいものがありますね。特に佐官は育った尉官に平気で負けます。まあ、ほ~の実力もあるから当然と言えば当然ですが。

 排出はセシルにゲルググキャノンくらいか。あ、ミラー引きました。ソーラーシステム無いけど。笑っちゃうくらい「宝の持ち腐れ」状態です。w

 

 

 

| | コメント (6)

2006年10月21日 (土)

のど痛え

 風邪が強力です。

 喉が痛いです。

 結局ベストワン定例会を欠席しました。

 情報によればやはりとても盛況で、なかなか座れない状態だったようです。

 こんな病状なので、遠慮して正解だったかも・・・。

 しかしそんな調子なのに、お休みの日はしっかり家族サービスをしなければなりません。

 ドライバー兼子守として、奮闘です。

 

 あ、これじゃただの日記だ。

 先日スレッガーゾンビを試して、ゾンビになる前に敵がいなくなってしまったと書きました。

 そのスレッガーの相方がカレンなのですが、このカレンに先日引いたカスタム「精鋭部隊」をつけてみました。攻撃力の上昇がいかほどなのか不明ですが、このカレンの活躍もあっての敵、殲滅です。

 もちろん途中からEXAM発動したスレッガーも活躍したし、そもそもテンションUPのために母艦で出張ったパオロも敵をガシガシ削っていました。

 母艦と重なって補給状態になってしまうことが何度かあったので、母艦と上手に連動した戦い方をするのがこの部隊での課題になりそうです。

 母艦が半分以上ダメージを受けることを前提としている部隊ですが、この行為が母艦の更新に悪影響がないかが心配ですが、ま、落ちていないから大丈夫かな?

 母艦の参戦率はぐっと上がるし、母艦の敵機撃墜数も普通に戦うよりも上がると思われます。はてさて。

 さて、こんな状態ですが、土曜日夜のベストワンに強行偵察へ出てきます。果たして金曜のように盛況なのか?

 なんとか回収だけはしてきたいところです・・・。こんな調子なので長い時間空席を待つのはつらそうです。

 C= C= \(;・_・)/それ~

| | コメント (0)

2006年10月20日 (金)

所沢共同戦線

 風邪引いてえらいこってす。

 K2さん、メガネ隊長、フェンリルさん、タケシさん、そしてモーリン杯の覇者マースケさん、そしてほ~でした。

 K2さんvsメガネ隊長の熱い戦いは見ごたえがありました。メガネ隊長は対K2さんに特化した部隊でありましたが、これが初勝利?とか?おめでとうございます!見た感じでは母艦の差も大きかったかも。

 フェンリルさんの開始早々アプ3で敵2機と母艦を落とす必殺技には感銘を受けました。あれはすごい技だ。

 タケシさんのクリスとモーリンの部隊もなかなか素敵でした。モーリンは当たらないと評判ですが、当てていました。 

 ъ( ゚ー^)ナイス育成。

 あ、フェンリルさんのモーリンもレベル10まで行っていました。それでもパラの四角は小さかったです。w

 ほ~は2枚のICを更新。

 連邦ではスレッガーゾンビをすべく、ガンダムで出撃しましたが、ゾンビになる前に敵がいなくなってしまいました。あ~あ。w

 で、明日の定例会ですが、行く予定なのですが、もしかすると重役出勤かもしれません。あるいは風邪の調子次第では泣く泣く欠席かも・・・。

 とにかく喉と体の節々が痛いです。

 (;´д`)トホホ

 あ、カードはろくでもないです。

 あ、対人は近コストで1戦だけ。局地的勝利でした。

 コメントせずにすいません、寝ます。

| | コメント (5)

2006年10月16日 (月)

悩める新連邦部隊

 なんか最近ジオンで悩んでいたばかりなのに・・・いつも悩んでいるなあ。

 一応、スレッガーゾンビ試そうかしらなんて書いたのですが。

 シローがいいとか、新レビルがおもしれーとか、アダムに死んでもらえとか、マクシミリアン持ってねえのかよとか、ミライでもいいんちゃうとか、お前なんかモーリンたんで十分だとか・・・。w

 まだまだいろいろ試行錯誤が必要な感じです。

 

 と言っても木曜日所沢まで出撃予定はありませぬ。ダメですねえ・・・。リアルスキルは下がる一方です。

 

 で、前回早々に投げ出した、いたって通常部隊っつーのも一応視野に入れてみたりする。

 もちろん要はアンコアムロ。我が部隊では不遇だった主人公にいよいよ出番を与えようじゃないかと考えてみる。

 普通に考えてMCかG3で前線でバリバリ動かしてテンションを維持してマグネットコーティングのいいところを生かしたい。

 となると装備は盾がないのでガンシーがまずつく。

 残るは武器だが・・・。

 ビームライフルかHハンマー?

 昨今の格闘の当たらなさを考えるとビームライフルの方が無難な気がします。

 

 やっぱり、ふつー。

 いっそコアファイターで出ようかしら?

 いやいや、いかんいかん。そんなネタ志向じゃ、厳しいGCB界を生き抜けない。(←?)

 まあここは無難にMCにビームライフルと盾としてみよう。

 さてカスタム。

 最初は対抗心、一択?

 して、その後は?

 思いつかないの保留。

 相方探しでもしよう。

 今の部隊でそこそこ育っているサリーあたりは、まず無難な選択ではないか?

 コアブでもよし、キャノン系で後方支援でもよし。更新してもそこそこのレベルと能力は残ると信じたい。

 新しい風を入れたいところだが、連邦は新キャラ引いていないので、現有戦力でなんとかしなくてはならない。

 疾風さんのブログでミライさんやフラウ嬢がガンガン活躍していたのが印象に残っている。

 マチルダさんやミライさん、そしてフラウ嬢でアムロを囲んでみるの楽しそうだ。少なくともアムロのテンションは高いのではなかろうか?w

 あ、セイラさんは持っていないと先に書いておく。(涙)

 なんか途中から不遇だったアムロの要求不満を解消するための部隊になってしまった。

 これではイカン。

 テムとかモスクとかどうだろう?

 これまた疾風さんとこで、モスクが大活躍している記事があった。

 あえておっさんで固めてアムロに肩身の狭い思いをさせるのも一興か。(←無意味)

 え~と少し本気で考えることにして。

 ミライさんに鹵獲でサイコミュなんてどうだろう?使い勝手が悪い上にダメージもろくなもんじゃねえサイコミュだが、アムロ単機に集中していても、勝手にロックオンサーチは伸ばしてくれるのがサイコミュ。(←これ、本気か?)

 あるいはフランシスかなんかにロングレンジビームライフル持たせて、超後方から敵を威嚇して、そこをアムロが急襲とか妄想してみるが・・・。

 なんかタイトル通りの記事になってしまった・・・。

 いいのか、それで。w

 

|

新 連邦部隊 を考える

 さて前回も話題にしたのですが、連邦の部隊が更新です。

 今のままの低コスト藁赤部隊でもいいのですが、なんかつまらん。

 陸はまあそのままとしても、宇宙をいじくりたい。

 そういえば更新したら母艦は何だろう?

 多少は強い母艦になってくれないだろうか?

 

 レアアムロは引いていないものの、アンコアムロはいる。

 アンコアムロ、一度くらいしか使っていない。w

 主人公なのにかわいそうかもしれない。

 

 アムロと・・・マチルダさんとか?レビル爺さんとか?

 な~んかあんまり面白くない。

 

 

 しばし連邦のカードをあさる。

 スレッガーゾンビ・・・どうだろう?

 EXAMつけて。

 

 MCやG3はマグネットコーティングなので、せっかくのテンションが下がってしまう。よって却下。

 セシルにハンマーとビームライフル。EXAM発動すればなかなか活躍してくれそうな予感はするが、まあ大抵予感で終わる。

 母艦はパオロ。

 開戦と同時に母艦突撃。相手にダメージを狙うと同時に半分ほどダメージをくらう。w

 半分ダメージをくらったら隠居して補給所。

 すみっこにレビルをセイバーフィッシュかトリアーエズかなんかに、とりあえず乗せておく。

 メインはスレッガーで、相方はカレン。

 スレッガーは普通に戦いに行く。機動低下でたこ殴りだけはやばいので、最初は赤、青主体で。

 カレンはスレッガーのサポート役として長中距離の構成にする。スレッガーをはさんで敵と対峙する形だろうか?

 ほ~のスキルならば普通に戦っていればダメージは蓄積されていくので、すぐにスレッガーも瀕死になるはず。(←悲しい現実)

 パオロ ダメージ受けて味方のテンション徐々にUP

 レビル テンションMAXで味方のテンションUP

 カレン ダメージを負った近くの隊長機のテンションUP

 この3つの効果でスレッガーのテンションがやたらMAXになる予定。・・・あくまで予定。

 

 瀕死のスレッガーはEXAM発動で獅子奮迅。こうなってきたらハンマーもブンブン振り回す。

 問題はEXAM発動したスレッガーにカレンがおそらくついていけないこと。w

 ダメじゃん、オレ。w

 

 今度の木曜所沢共同戦線で、試してみようと思うのだが、こうして書いてしまったら、23中隊の面々はしょぼい機体のレビルを落としに来たり、HPが減っている母艦にとどめを刺しに来たりしそう。w 

 さらに心配なのはCPU戦。鬼のリンクロックが得意のCPUだから、スレッガーがいきなり落とされてしまう展開もありうる。(←ほ~だけか?) ダメージソースをほぼ1機に頼るなんて戦い方はしたことがないので、非常に不安だ。w

 

 

|

2006年10月14日 (土)

ベストワン定例会なんだか・・・

 定例会に行ってきました。

 めっちゃ混んでた。掘りまくりんぐの方が多数。

 たぶんほ~が座った席もレアが出た後。w

 メガネ隊長も来ていたらしいが、満席で早々に撤退で出会えませんでした。

 フェンリルさんは体調不良で不参加。

 K2さんは今回は池袋方面かな?

 

 で、参加者はお別れ対戦したのにしっかり来ているシオンさん。(←えらい)重役出勤のシルルさん。そしてほ~の3人だけでした。

 ちょっとねえ、人が多すぎますね。ベストワン。w

 あの時間帯に開いている店も多くないわけで、きっと知名度もいろんなことがあって上がっているし、新カード効果もあるし、で、大混雑。

 残念ながらまったり対戦会をしたり、王決定戦(←すでに懐かしい響き)をしたりする雰囲気ではありません。

 平日夜ならばこんなことはないのかもしれませんが、あいにく様子を知りません。23中隊の面々の一部は平日夜も出撃して、空いているといっていた気がしますが・・・。

 平日にお試し定例会開いて見ますか?22時か23時~で0時か1時に終わればなんとかならなくもないようななるような・・・。(←滅裂)

 どうですか、23中隊のみなさん。

 なんか木曜日の所沢共同戦線の方が最近楽しいんですが・・・。w ま、これは所沢地下は喫煙がテーブルなので、適度にそこに集まって雑談が行われるのと、帰り道にフェンリルさんと毎回まったりおしゃべりできるというのもあるのだと思います。

 お店の中の人ことむらむら~さんにもご挨拶いただきました。ちょろっと雑談も。なかなかレアが引けない仲間がここにいました。w

 気になる情報、「店舗間対戦」(全国通信対戦?)のロケテがあるのでは、というのもこっそり教えていただきました。

 え~と、今のままの仕組みで通信対戦できるような、オーバーテクロノジーが生み出された!?・・・とは思えないので、同じカードを使いつつ、今の仕組みと違う戦い方をするゲームになるのかなあ?指示出して後はけっこうほったらかしみたいな?ハテ?

 

 さて、今回もシオンさんと対戦しました。w

 1回目は完勝。すいません。w 

 2回目は予備ゲージをお互いに使い切ったところでの時間切れの引き分け。

 他の対戦は無差別が発生したときにちょこちょこっと知らない人と対戦。中には2機出し、1機出しという本気とは思えない部隊もあったのですが、無差別ですし、全開で行かせてもらいました。

 対人戦はシオンさんの引き分け以外、全勝かな?(←うろ覚え)

 無差別が出たときはもちろん連邦、ジオンともにガチの編成でした。

 そんなこんなでとうとう連邦ICも100戦消化。いよいよ大尉から少佐に次回昇進予定。

 最終部隊編成はこんな感じでした。

 艦長 ワッケイン

 07小隊の3人、シン、ジュダック

 陸戦用シム 専用ビームスプレーガン レールキャノン リンクシステム

 両方の武器に適性◎、そしてリンクシステム×5が発動し、射撃の育成がそこそこ進んだメンバーなので、レールキャノンも結構当たり、接近戦ではビームスプレーガンと頭部バルカンで10ヒットや9ヒットをたたき出します。

 

 水中はほとんど出ませんでしたが、出たときは水ジムリンクシステム部隊としました。盾は捨てました。w

 宇宙はジムASリンクシステム(4機)で、やはり盾は捨てました。w これは4機なのでおまけでコアブが入ることも多かったです。

 また更新後には部隊編成に悩むことになりますが、さて、どうしよう。連邦はサブも無いし、同じ路線で突っ走ってもいいかなあ。

 おまけにアイナたん少尉IC(ここ数戦はシャルロッテたんIC)も100戦消化。

 新カードが出て以来、まったりモードの時にはこのICを使って模擬戦に引きこもったりしていましたが、それもおしまいです。艦長シムスも中尉になったら解雇かなあ。w 戦闘データも外してまともなカスタムを入れなくては・・・。かっきーさんのようにジムトレでも平気で対人戦をできるスキルがあればいいのだけれど、ほ~には無いので・・・。w

 

 

 

 カードの引きはとっても悪くて、カスタム「ゲリラ戦」くらいしかめぼしいものがありませんでした。これは核部隊に投入しろという電波が出まくりですねえ。w アサクラの横にしまっておくことにします。

 シルルさんからダブリコモンのガンキャ量産型を補給していただきました。感謝です。

 私はザクタンクの新しいのとジムキャノンの新しいのを引いたくらいでした。ザクタンクはネタ使いたいと思っていたもので、まず1枚!w

 しかしショボイです。

 IC更新前に新パイロットがそこそこそろってほしかったのですが、夢破れました。シャルロッテたんに孤軍奮闘してもらうことにします。

  

 

 シルルさんは、私が退却した後、クリスチーナを激引きしたそうです。おめでとうございます。ほ~以上に悲しい排出カードだったシオンさんのその後が気になります。

| | コメント (7)

2006年10月13日 (金)

所沢共同戦線

 今回はフェンリルさんとK2さんとほ~で参戦でした。

 K2さんは遠いところ初参加。どもども。

 どうも家に帰り着けない状況になってしまったらしく、申し訳ありません。

 フェンリルさんは早々に鬼引き。(←もはやエスパー)今日だけで2枚です。

 え~ともう日が変わってしまったので、簡潔に。w

 <嬉しかったことやよかったこと>

 フェンリルさんからオルテガを補給していただいたこと。 

 トップ専用ザク1を引いて、K2さんにお返しできたこと。

 やっと燃えキャラ、シャルロッテを引いて部隊に組み込めたこと。

 アンコ「撤退戦」をまたもフェンリルさんから補給していただいたこと。

 ザクキャノン部隊がK2さんのグフ部隊に善戦できたこと。

 無差別でジムASリンクシステム部隊が勝利したこと。

 K2さんのソーラレイの発射シーンを見られたこと。

 K2さんと大石英司ネタを少し話せたこと。w

 <微妙なことや悲しいこと>

 やはりレアが引けないこと。

 パック切れから数クレやるも、気配無く撤退したこと。

 少尉ICが初めてCPUに負けたこと。

 K2さんがフォーメーションを使って検証してくれたものの、どう考えても使いにくいだけのカスタムに思えてしまったこと。

 必死で育てているシンシアの攻撃が全く当たらないこと。

 

 そんなこんなで明日は定例会。

 ではでは。

 

|

2006年10月12日 (木)

明日は所沢へ出撃

 K2さんといろんな意味でストライクゾーンが一緒であることに、少なからず感動しているほ~です。

 明日は所沢へ出撃です。メガネ隊長は欠席だそうなので、KENさんもいないでしょう。フェンリルさんは定例会×ですが、所沢へは出撃予定。タケシさんはどうかな?

 K2さんも所沢出撃を視野に入れているようですが、明日はどうなのだろうか?また、何名かの方が所沢出撃を考え中であるとのコメントも散見しましたが、どうかな?

 上の店で回収、下の店でまったり。になっていると思います。

 フェンリルさんが3連星の残り1枚を持ってきてくださることになりました。感謝。やはりガイアは必要なかったようです。w さすが23中隊。頼りになります。

 ツワモノ揃いの23中隊の中では、どうもほ~が一番まったりしているようで、新カードや新編成の話題に乗れません。携帯にはシルルさんのカードゲット画像が送られてきたりしていて、なんともうらやましいですが、楽しいです。w

 

 明日は新カード引けるかなあ。

 さて、話題は一変。

 K2さんとの話。

 ちなみに以下の記事はほ~の戯言なので、GCBファンの人は読まなくていいです。っつーか別に誰も読まなくてもいいや。w 自己満足記事だから。ゲコ♪

 ミリタリー → エリア88・ファントム無頼

 作家大石英司 → サイレントコア

 宇宙戦艦ヤマト

 とまあK2さん、ズバズバストライクなわけで。w

 で、今回は大石英司さんのネタに食いつこうと思う。

 っつーか食いつくどころか、暴走します!(←宣言)

 すでにご存知の方も多いと思いますが、この作家さんが今度GCB本を出します。カード封入されます。なんとジム頭。ww

 初心者向けの本らしく、コストも初心者にやさしい使い勝手のよさそうな封入カードとしたそうです。エライ。

 この大石さんの作品はミリタリー色の強い作品がほとんどでした。元々主役を据えない感じの多くの人のお話を紡いでいく作風(異論があるかも)で、それらをエンディングに向けて集約していく手腕が素晴らしいです。

 仮想戦記ですが、破天荒でなく、実際の兵器武器をとてもしっかり理解している方で、読んでいてリアリズムをと~っても感じられるものに仕上がっています。

 一部の作品(ブルドックシリーズ)などではSF色が強く出ているものもあり、人を選ぶかもしれませんが、とても面白いです。

 最近は感動モノを書いていて、先頃ドラマ化された「神様はサイコロを振らない」は大石さんの原作です。

 それまでのミリタリー小説でも人情に訴えてホロリとさせるエピソードがありました。おそらく読んだら感涙なのでしょうが、私は大石さんにはミリタリーものを書いてほしいので、買っていません。すいません。

 ミリタリーものではサイレントコアという特殊部隊が描かれることが多く、おそらくファンも多いと思います。司馬さんという女傑がとっても素晴らしい味を出しています。もちろん隊長の音無さんも豪傑ですが。w

 

 というわけで勝手に好きな作品ベスト3。w

 深海の悪魔 上・下

 一番読み返した回数が多いと思います。たぶん10回以上。SF色がそこそこ、サイレントコアも出てきますが、いつもの戦闘シーンは抑え気味。(相手が相手なので当然)

 正体不明の存在を分析していく過程が絶妙のさじ加減で描いてあります。もうね、適当なハリウッド映画なんか比べ物にならないハラハラ度。くだらねえSF映画見るくらいならこの本買って読みましょう。w

 で、そのSF王道部分の対極になる、尚彦&瑠璃のお話がとってもいいです。個性的で、司馬さんとの絡みなんかたまりません。 

 そして、ラスト。ここで毎回泣かされるんです。瑠璃と父のシーンではポロポロ涙流しながら読んでます。毎回。w

 新世紀日米大戦 1~10

 その圧倒的なボリューム!近未来を描いた仮想戦記の最高峰だと思っています。足軽シリーズ、ジェネシス計画と、リアリズムと虚構とが見事なマッチング。陸戦、海戦、空戦と、網羅しまくりです。

 サイレントコアはちょっと違った展開で活躍です。特に音無親分。w

 大作をじっくりたっぷり読みたいならば、コレ!読み返すのに気力がいるので、それほど回数は読んでいませんが、すでに5回は読み直しました。

 最近の合衆国シリーズ(?)も大作ですが、アメリカが舞台なもんで。w いやもちろんすごくおもしろいですが。

 ゼウス ZEUS

 ああ~またSF色の濃いのを選んでしまった。UMAとか好きなんです。すいません。

 深海の悪魔といい、こういう生物ものは相手を分析していく過程がとっても楽しいですねえ。UMAモノの映画は多々あれど、まともに分析対応していく映画ってなかなか無いです。ただ襲われてやっつけるみたいな。相手がウィルスだと結構な分析を見せる作品がありますが・・・。

 こういう骨太の作品で映画作ってくれないかなあ。

 で、実は私、ずいぶん昔、大石さんとメールのやり取りをしていたことがあるんです。もちろん作家さんに対するファンと言う立場でのメールでしたが、こちらの戯言に丁寧に返信してくださることも多く、そのお人柄にも惚れました。w

 PCクラッシュで、アドレスなど消失し、その当時は大石さんはメアドの公開をやめていたので、その後のやり取りはありませんが、とてもいい思い出になっています。

 そのメールの中でも話題になったのですが、大石さんの作品、映画化してくれないかなあ・・・と。もちろんチンケな予算じゃ実現不可能であることは間違いない。ロー○ライみたいな金返せ的な情けない映画作るくらいなら、ZEUS映画化してくださいよ。

 

 あ~やばい。なんか大石さんの作品、こと細かくコメントしたくなってきた。w

 これは危険な兆候です。

| | コメント (9)

2006年10月10日 (火)

白いカレー

 遅ればせながら、白いカレーを食べました。

 ありゃあカレーじゃないね。

 シチューかけご飯だよ。

 いや、もちろん目をつぶって食べればカレーっぽいけど、やはりカレー独特のピリリ感が薄くて、くりーみー。カレー大好き中年の私ですが、おかわりをちょびっとにしてしまいました。嫁さん、やや不満顔。そ、そこは許してくれよう。

 閑話休題。

 さて世間のGCBのトレンドから、完全に取り残されて島流し状態のほ~です。

 3連休はずっと家族サービス。

 吉祥寺は井の頭公園でボート漕いだり、中央線を小一時間息子と一緒に眺めたりしておりました。

 完全休ガン日が続いております。23中隊の面々は着々と部隊をそろえているところでしょう。

 それにしてもフォーメーションの使用感の記事が無いですね。誰か挑戦しないのかな?ほ~は枚数が全然無いので検証のしようがありません。

 まあ、そのうちクレナイ氏より検証魂を継承した(?)疾風さんがしてくれることでしょう。w

 

 ほ~はやることが無いので、カード整理とかしてました。更新ともなればまた部隊構成に悩むことになるのでしょうが・・・。

 で、そのカード整理で分かったこと。

 3連星、そろってないやん。

 てっきりいると思っていた3人ですが、2人しかいませんでした。ガイアが2人いたので、おそらく勘違いしていたのでしょう。

 で、オルテガがいませんでした。

 23中隊の誰か、余ってませんか?ガイアと交換でどうでしょうか?w (←もうみんなそろってそうな気がするが)

 まあ、ぶっちゃけ余剰人員なら、

 チョウダイ!

 と言ってしまってもいいのですが、そこはそれ、大人だし、カードの神様見てるかもしれないし。

 ということで、もしこのインチキトレード話に乗っかる中隊の方がいたら、ご一報ください。

 まあ、それにしてもネタが無い。

 木曜日が待ち遠しいなあ。

 

| | コメント (7)

2006年10月 8日 (日)

クスコアル欲しいね

 とうとうタイトルにしました。

 と言っても回収4クレがデフォルトなので、クスコアルどころか、新カードの補充もままならず、未だ23中隊で新レア引いてないのは私だけ?という状態です。

 ま、気長にやります。

 さてザクキャノン部隊ですが、以前多くの方にアドバイスを頂いて以来、たぶん負け知らずです。格闘機を入れてカット役とさせた方がいいかもと言われていますが今のところ、その必要がありません。

 5機のザクキャノンで前進。

 機動でちょびっとダッシュして赤。

 攻撃レンジが広いので、結構見渡せます。

 前にグレネードマシンガンを持った機体を置いておいて、ロングレンジの先手の取り合いに備えます。相手にロングレンジの武器を持つ機体があったら、青にしてレンジ合戦です。

 

 きわどい時は1機か2機の盾を損耗するのを覚悟で防御で受けます。その後全機で機動ダッシュして追い込みます。バックダッシュは遅くなっているので、障害物や地形の効果でもない限り、たいていの場合は追いつけます。

 ザクキャノンのキャノン砲のリンクロックをぶちかませば大抵の機体は吹き飛びます。

 盾防御してもうまくはまれば1機目で破壊。2機目で瀕死。3機目があれば昇天。

 

 なんと言っても弱点は機動性の無さ。

 懐に飛び込まれるのが怖いですが、そのために前段階でザクバズ、脚ミサを取り混ぜ、近接射撃では3連ガトに新マシンガンで備えています。

 上級者は迂回してくることが多いので、それにも注意。5機いるので、2機ずつに分けて差し向けます。1機は大抵補給に帰っています。w

 この場合は2機でつるべを試みますが、我慢できずに2機で攻撃しちゃうことも。w

 

 一旦懐に飛び込まれると乱戦になりますが、今のところ、何とか赤でとらえて機動低下でそのまま乙とできています。

 まあこんな好調なザクキャノン部隊ですが、おそらくK2さんの重グフ部隊と戦うと、負けちゃうんだろうなあ。ww

 先日の定例会でK2さんの部隊の戦いぶりを見ましたが・・・。

 殺戮?w

 何も知らずに乱入してきた人がぼっこんぼっこんにやられていました。

 ええ、そりゃもう、ぼっこんぼっこん。w

 最後は重グフ部隊も弾切れ状態で、赤にしてもレンジが出ないくらいに撃ち込んでいました。www

 ありゃあ確実にトラウマですよ。

 

 何も知らずにと言えば、クレナイ氏の部隊にも上官が入ってえらい目に合っているのを見ました。w 狩れると思ったのかもしれませんが、相手が悪いです。っつーかあの日の定例会は相手がみんな悪いです。w

 なんちゃって尉官はどれもツワモノばかり。w (←ほ~のアイナたん部隊を除く)

 

 話が大いにそれた。

 そのザクキャノン部隊も残り10戦ほど。今が旬です。w

 23中隊の方々、味わってくださいな。w

 え~と、所沢で。ww

| | コメント (8)

2006年10月 7日 (土)

いろいろ振り返る

 濃い話に夢中になっていることもあり、記事がおろそか。

 忘れないうちに簡単にでも振り返っておくことにします。

 木曜日の所沢戦線。

 フェンリルさんの鬼引きは続く!

 引いていました、キャスパル!神がかっています。あやかろうとペタペタ触らせてもらいましたが、強運の人は運を吸い取っていくこともあるとのことで、効果はありませんでした。それにしてもカードの神様はいじわるですなあ。w

 無差別でザクキャノン部隊、少将を退ける。

 上の店は活況でした。無差別が発生していたので調子のよいザクキャノン部隊で乱入しました。相手は少将でした。ガンダム系統の機体が3機いたような気がしますが、もしかすると1機は新カードのガンキャノン量産型WDだったかも。

 レンジ合戦ではガンキャノン部隊は相手が下駄乗りやカスタムロングレンジでもない限り、そう遅れは取りません。相手の初弾を盾を壊されながら受けて、機動で一瞬詰めてから赤でロック。その1機を瀕死にします。

 代わって出てきた機体も普通に攻撃。その間に脇から回り込もうとする機体を発見。ロングレンジで攻撃範囲を出していると結構戦場の見晴らしはよいので、こういう機体も発見しやすいです。

 ぐりっと2機を差し向けて攻撃。盾防御されます。これはどう考えてもこの後懐に飛び込まれる展開です。

 別の相手に向けていた3機をぐりっとフォローに向けますが・・・。間に合わずクルツの機体の眼前に迫られます。

 しかしこのクルツ。

 カスタム先読み

 ぎりぎりでレンジが復活してロックオンに成功。早押しで負けましたが、先読みが発動して相手は機動低下。

 CPU相手だとめったに発動しない「先読み」ですが、対人戦の分水嶺で発動です。これは大きかったです。

 ザクキャノン、下手を打つと速攻沈む機体です。格闘のクリティカルなんぞは、最も警戒すべき攻撃です。それを機動低下で防げたことは大きかった。

 そして機動低下した相手を囲んで一気にリンクロックで昇天させます。

 残り2機もレンジで追い詰めてダメージ。飛び込んで来ようとしたところを近距離射撃でダメージ。

 相手も少将なので無傷ではすまず、こちらも落ちますが、終始こちらのペースだったと思います。結果勝利でポイントも上官相手なのでガッポリいただきました。

 フェンリルさん、ハロ単機出し。

 下の店ではフェンリルさんがハロ単機で戦場を駆けていました。ハロが戦闘中しゃべるのがやたらやかましいのが印象的でした。普段聞きなれていないから、余計耳に残るのでしょうね。w

 タケシさんの空振り王萌えピクシー。

 タケシさんが下の店で萌えキャラピクシーで始めていました。准尉戦で相手顔無しパイロットなのに、空振りの嵐。ええ、そりゃもう、大嵐。ぶんぶん空振りしていました。ほ~の見ていた感じでは10回の格闘で1回くらいしか当たりませんでした。こちらが言った余計な一言で始めた部隊らしいのですが、責任負えません。www あの空振りっぷりには。

 タケシさん、果たして!?

 残念。新レアは無かったようです。

 フェンリルさんからコモンダブリを補給していただく! 

 早くもほ~に救いの神降臨です。新カード欠乏症が未だ治る見込みの無いほ~にフェンリルさんがダブリカードをくださいました。今なら何でも歓迎のほ~です。w 例のマシンガンはありがたく頂戴し、さっそくザクキャノン部隊に使っています。煙幕マゼラとジオンの脱出艇もいただきました。ひとつフォーメーションも。w

 煙幕マゼラはネタで出したい機体ですね。5機出して画面もくもくとか。w

 ほ~が引いた新カードは!?

 そんなほ~が引いた新カード!出たよ!出ましたよ!機体が!

 ザクC!

 雪ザク!

 何でも嬉しいです。w ザクCは核部隊にはよさげですね。武器適性で命中率UPでしょうか。ミノ粉つけて画面隅がデフォルトでしょうか?

 ハイ!ここから定例会。

 と言っても今回も多くのゲストの方に来訪いただき、サテは満杯で、また作戦会議室を提供していただく事態に。www

 将官がどっちゃり。

 シオンさんの定例会ラストシューティングだったので、対戦がかなってよかったです。

 現在の自称最強部隊であるザクキャノン部隊で、戦うことができました。男は戦場で語る。みたいな。

 903大隊長とは連邦の自称最強部隊の陸ジム部隊で完勝させていただきました。

 ボライソーさんには少尉あいなタンで大西洋に出張ったら、新ズゴックとゴックに切り刻まれてほんとに何にもできずに完敗しました。

 極端だなあ。

 もう1戦は名前は知らない方でしたが、関係者かも。w ザクキャノン部隊で勝たせていただきました。

 ベストワンでは4クレの回収だけでした。

 新カードでは精鋭部隊が出ました。ほ~の部隊はワラワラなんですが・・・。w

 K2さんと「出るまでトレ」していたミハイルが帰ってきました。トップ専用ザク1を返しましょうかと聞いたら、まだ持っていていいとのことだったので、お預かりしておきます。w

 クレナイ大将はわざわざ煙幕戦車でトレイルフォーメーション部隊をほ~用(?)に用意してくださっていたようですが、4クレ撤退だったので、対戦叶いませんでした。申し訳ありません。未だ新カードが揃わず、新ネタ開発には至っていませんが、GGガス弾の命中率UPに一縷の望みを託してみたいと思います。(←無理だろ)

 シオンさんは異動でこれからは定例会への参加もなかなか難しくなりますが、それでも「来ますよ!」と笑顔で応えてくれました。お待ちしています。

 K2さんはなかなか中隊と出来ずに悲しんでいたし、隊長は0戦?フェンリルさんも2戦だけ。定例会が盛り上がるのはいいのですが、なかなかまったり出来ませんね。w

 そんなあなたに所沢共同戦線。w

 木曜夜は7:00以降誰かがいる可能性が高い昨今です。

 あちらにはタケシさんも出没の可能性大。w

 K2さん、シルルさん。お待ちしていますよ。ww

| | コメント (7)

2006年10月 6日 (金)

ベストワン定例会 出撃直前

 そんでは出発。

 濃い話にレスしたい気持ちを抑えつつ雨中の出撃だ~。

(( ( (ヽ(;^^)/

| | コメント (0)

明日は定例会

 本日所沢出撃してきました。

 しかし前回の記事の濃いコメントに対する記事で疲れました。一度送信に失敗しているだけに、疲れも倍増。

 簡単にトピックスだけでおしまい。

 明日、時間があれば書き足します。

 フェンリルさんの鬼引きは続く!

 無差別でザクキャノン部隊、少将を退ける。

 フェンリルさん、ハロ単機出し。

 タケシさんの空振り王萌えピクシー。

 タケシさん、果たして!?

 フェンリルさんからコモンダブリを補給していただく! 

 ほ~が引いた新カードは!?

 自分の記事はちょびっとや。w 回収で終わりだけに。w

 ではまた明日。

| | コメント (0)

濃い話

 前記事で濃いコメントをいただいた方々、ありがとうございました。

 コメントにも書きましたが、こちらも負けずに濃いコメントをどっさい書いて、さあ送信って押したらPCが固まりました。

 濃すぎたようです。

 ということで、こちらの記事の方で返信させていただきます。マルチなレスになることをお詫びいたします。

 陸軍の話。w

 3号戦車と4号戦車で意見が分かれましたね。ほ~は3号戦車派です。といっても突撃砲です。

 4号戦車はイギリスのセンチュリオンともやりあった名戦車ですが、やはり3号突撃砲の素敵度には負けるかなあと。w
 
 でもってイギリスの戦車ならば、すいません、チーフテンが好きなんです。あの流線型のフォルムに惚れました。

 日本やイタリアの戦車は紙装甲すぎて、食指が伸びませんでしたねえ。デザインもひどいのが多かった気がします。

 そんでもってレビルさんのLT-38が一番マニアックだと思いました。そんなのよく引っ張り出して来たなあ。最前線で活躍した軽戦車ですよね。よって「濃い度:陸軍部門」はレビルさんに認定。w

 空軍の話。二次大戦編。

 日本以外ではフォッケウルフ人気高し!スピットファイアやらワイルドキャットやらヘルキャットやらP-51やらいる中で、フォッケウルフ!メッサーシュミットよりもフォッケウルフ!アメリカ軍が戦後、ドイツで一番の名機と認定したというフォッケウルフ!

 ぜえぜえ。

 日本機では「震電」とか出るかと思ったら意外に堅調。「疾風」こと「4式戦闘機」も名前が挙がっていましたが、あれ、欠陥機でしょ。w(←荒れそうな発言) まあ、日本がもう少ししっかり戦っていれば、熟練工員がきっちり仕上げたはずなんですが、ねえ・・・。

 戦闘機だけじゃなく「銀河」なんて名前も挙がっていました。一式ライターの後継機として活躍しましたよね。確かB-29の迎撃任務なんてこともやっていませんでした?

 フォッケウルフとスツーカの名前も出したK2さんを「濃い度:二次大戦戦闘機部門」のKINGに認定します。ww 操縦しやすい機体だったとは言え、スツーカは引き起こしに失敗して地面に激突する機体も結構あったとか。w 急降下爆撃機ってコンセプトがすごいですよねえ。悪魔のサイレンと呼ばれる独特の音は、連合軍兵士を震わせたらしいですね。

 

 空軍の話。戦後編。

 ファントムはやはり名機!近くだと百里基地はまだ現役かな?(ファントム無頼ですよ)生産数も世界一ではなかったかな?開発当初はミサイル時代到来ってことでバルカン砲がついていなかったんですよね、確か。w ザクだ。ww
 
 セイバーも名機ですよね。買いました。

 イーグル派はいなかったようで、やはりトムキャット人気。マクロスのフォッカー中尉?の機体が、トムキャットファンにはストライクでしたね。ガウォーク形態なんてさらに萌えました。w

 ファイティングファルコンか、ホーネットかですが・・・。やはり操縦桿が無いのがネックです。w ホーネットはスーパーホーネットに発展していったことからもその優秀さが伺えます。と力説。

 フランスの機体ってあまり好きじゃないんですよねえ。でもイスラエルのクフィルC2なんかは好きだったりしますが。w

 Mig北海道に侵入の記事まで引っ張り出したクロヒツジさんを「濃い度:戦後戦闘機部門」に認定いたします。

 

 
 海軍の話。

 ここも濃いなあ。w

 最上は巡洋艦でしたね。w 後部砲塔とっぱらって航空機乗せたんですよねえ。それで空母を買えない代償に買ったんだった。思い出しました。

 なんの戦艦と勘違いしたのかと考えてみたら「霧島」でした。なんでそんな戦艦をチョイスしたのか、全く記憶にございません。w

 雪風は最後まで残った艦艇ですよね?ボライソーさんを「濃い度:海軍部門」に認定します。w

 三段空母ネタに引っ張ったレビルさんもあなどれませんが。w アメリカ海軍の護衛空母なんか意外に好きで調べたりしました。「○○・ベイ」シリーズです。商船などの改装型がそのほとんどですが。w その発想がナイスなんですよねえ、アメリカ軍。

 イギリスやドイツの艦艇は挙がりませんでしたね。ビスマルクとか出てもよかったと思いますが、まあ、海軍って言えば日本を語りたくなりますよね。

 重雷装艦「大井」(だっけ?)なんかも好きでしたねえ。活躍してないけど。考え方が極端でいい。w

 

 とまあ、こんな感じのことを5倍くらい濃く書いていました。w

 ふう。

| | コメント (7)

2006年10月 4日 (水)

明日は所沢

 メガネ隊長&フェンリルさんも参加予定です。

 フェンリルさんの鬼引きしたレアを見せてもらいに行って来ます。www

 回収だけなので、上の店、下の店、合わせて8クレで終了予定です。

 まあ、8クレじゃあレアどころか新カードも見込めない仕様のようです。

 気長にやります。

 

 

 それにしても萌えキャラが多いですね。

 クスコアルの画像を見たら来ました。(←何が?)

 ふつふつと来ました。

 ケンプとか新ガンダムとか、いいです。

 まずクスコアルください。ww

 あ~、こういうこと書くとまた神様に怒られるんだろうなあ。w

 

 さて、昨日はイグルーの記事を書いたのに、トラックバックだけでなく、コメントの拒否までしてしまい、一部の方にはご迷惑をおかけしたようです。

 無料のブログなので、細かい設定もできないようです。

 まあちまちま削除していきます。

 

 でもってイグルーを語る前にガンダムを語れと。

 で、ガンダムの前に語らないといかんだろうと・・・。

 以下、人を選びます。

 読まなくていいです。w

 元来ミリタリー好きであります。

 幼少の頃はタミヤの35分の1のミリタリーミニチュアシリーズをよく作りました。

 タイガー戦車のような本流(?)よりも、歩兵セットや75mm対戦車砲なんかが好きでした。ドイツのサイドカーとか、水陸両用車とか、味がありましたねえ。

 日本兵セットはさすがに後悔しましたが。w

 兵器セットも買って、歩兵にバズーカやら対戦車ライフルなんか持たせて脳内シミュレーションしていました。

 そんな中でも買った戦車は「リー」。アメリカ軍にしては珍しいコンセプト戦車。副砲がついていました。

 王道があまり好きじゃない性格のようで、傍流に流れていた気がします。最初に買ったガンプラはボールだったしなあ。

 ウォーターラインシリーズとそれに類する艦船もよく買いました。最初に買ったのは忘れもしない重巡洋艦「羽黒」でした。う~ん、マニアック。えらいぞ当時のオレ。w

 ちなみに大和よりも武蔵でした。戦艦はあまり買った覚えがありません。武蔵と最上くらいだった気がします。

 駆逐艦や潜水艦セットなんかもよく買いました。島風は名艦艇でしたねえ。(←どんどん暴走中)

 あ、ドイツのポケット戦艦のシュペーも買いました。(←とどまるところを知らない)

 空母は大好きでしたが、高いので、航空機セットを買って、パッケージについていた陸の空港を切り取ってしのいでいました。w

 平気で艦上航空機もその空港で運用していました。

 

 

 航空機はレシプロも好きでしたが、やはりジェット機。特にファントム2は今でも大好きです。日本の空ではほとんど見られなくなりましたが、たまにまだそのシルエットを見ることもできます。あれはRFかなあ?

 後はスウェーデンのビゲンとドラケンが好きでした。(←マニアック)

 イーグルよりトムキャット派です。w

 三菱F-1よりスターファイターです。(←この比較はどうか?)

 F-16よりF-18です。(←誰もついてこない予感)

 レシプロの中ではスツーカなんか好きです。

 は~。

 何か休ガンのストレスを多少発散できた気がします。

 その分、目が点になってしまった人も多いと思いますが、まあ、そういうブログです。w

| | コメント (15)

2006年10月 3日 (火)

イグルーの話なんかしてみる

 いやあ、リアルコスト逼迫で休ガン継続中です。

 で、新カードも無いし、今日はイグルーの話なんかしてみる。

 機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録

 第1話 大蛇はルウムに消えた

 第2話 遠吠えは落日に染まった

 第3話 軌道上に幻影は疾る

 このシリーズに加えて

 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079

 第1話 ジャブロー上空に海原を見た

 第2話 光芒の峠を越えろ

 第3話 雷鳴に魂は還る

 と、こちらが最近完結しました。

 CGによるガンダムのサイドストーリーで、ジオンの試験支援艦ヨーツンヘイムを舞台に話が進んでいきます。

 

 最初こそとっつきにくいかなと思いましたが、戦闘シーンの濃密さはさすがCG。素晴らしいです。6話も付き合うとキャラクターにも違和感がなくなりました。

 最終話では思わず涙ぐんでしまいました。

 

 で、好きな場面ベスト3。(←身勝手)

 

 3位 ヒルドルブ変形

 第2話 遠吠えは落日に染まった に出てくる試作モビルタンクです。二次大戦のドイツ軍さながら、試作兵器をじゃんじゃん作る風潮がジオンにはあるようで、こんな素敵な兵器も作ってくれました。

 ネタバレになりそうですが、ヒルドルブはてっきり戦車にザク系の操縦系統をひっつけただけのちょびっと変形戦車なのかと思っていたのですが、その予想を裏切る変形っぷり。かっちょよかったです。

 2位 ゼーゴック戦艦撃墜

  第1話 ジャブロー上空に海原を見た に出てきたモビルダイバーシステムが、ジャブローから打ち上げられた戦艦群を撃墜するシーンです。もうね、快感ですね。ジオンファンとしてはとっても溜飲が下がる場面です。

 ちなみにこの後コアブースターに襲われますが、そのときのコアブースターの機動場面もすばらしいです。(←こらこら)

 ちなみにこの回は「死に様」がとっても迫ってきました。元々このストーリーでは、試作兵器と共にやってくる兵士達の死に様を描いているようなところもあるのですが、それがとっても悲しく感じられた回でした。

 それまでは頑固な兵士、戦場の変化に適応できない、納得できないような兵士というイメージがあって、それはそれでいい味出していたのですが、この回は

 「死に場所を探している」

感じがとっても伝わってきました。

 1位 カスペン大佐専用ゲルググで出撃

  第3話 雷鳴に魂は還る でいよいよカスペン大佐が専用ゲルググで出撃します。この最終話まで悪役のイメージが強い大佐ですが・・・ううっ、ネタバレ過ぎて書けない!

 まだ見てない人が検索にひっかけて見に来る可能性も0ではなないことを考えると、書けない!w

 このシーンは戦闘シーンだけで見るとほんのわずかなシーンなのですが、それまでの部隊の遍歴や、カスペン大佐との軋轢などを見ていると、そのわずかなシーンだけでぐっと来ました。

 完結してしまったのですが、正直な感想

 もっと見たいっつーの!

 なんとか続編を期待したいのだがなあ・・・。無理にヨーツンヘイムじゃなくてもいいからさあ。

 「コンバット」みたいな小隊の局地戦を描くみたいなものでもおもしろいと思うのだが・・・。

 さてこのIGLOOの兵器たち。すでにネットワークゲームのGNO2ではじゃんじゃん活躍中です。

 ヒルドルブ

 ヅダ

 ヒルドルブはコストの高さがネックになっているようですが、ヅダは宇宙では前線を張る機体として重宝されているようです。

 でね。

 GCBでも出ないかなあと。

 ヒルドルブは格闘のできる戦車ということにして、「変形」はなくても許します。

 ヅダはOPブー装備ですが、暴走みたいな機動低下と隣り合わせみたいな。

 オッゴとビグ・ラングはおもしろそうなセットです。ビグ・ラングの機体に重ねるとオッゴのHP回復、弾薬補給なんてどうでしょう?もちろんその間は戦艦と同様に攻撃不可です。

 

 いろんなアニメやゲームからも新カードとなって出てきているので、次のバージョンアップがあるとするならば、期待したいですね。

 しかし、まあ、次はシステムを一新して全国通信対戦にした方がいいのかもしれません。開発もたぶんそんな感じじゃないかなあ?そうなると今みたいなボタンの早押し合戦の半アクションゲームではなく、もう少しまったりしたシミュレーション色の強いゲームに生まれ変わるのではなかろうかと予想。いや妄想。

 以上、新カードでネタがないほ~でした。

 (/・ω・)/

| | コメント (4)

2006年10月 2日 (月)

微妙な変更 と エラー

 コロニーの表示が「可」になった。

 これはまあどうでもよい。w

 やはり問題は数値が変わっているカードのこと。

 すでにメガネ隊長がブログでいくつか例を挙げているが、ほ~が引いたガンタンクもその範疇。

 タンク系は上昇傾向にあるようです。

 まあ、そのまんまじゃ誰も使わない感じです。

 先日アムロガンダムと、オーパイガンタンク×2という部隊に無差別で戦いましたが、おそらくガンタンクの能力上昇を考慮したうえで入れてきたのではないでしょうか?

 

 

 で、少尉ICで戦っているとガンタンクも結構厳しく感じることもあって、案外、射撃を成長させた低コストパイロットを乗せて1枚入れておくのもいいのではなかろうか?w

 オーパイの能力がどのようにいじられているのかがわからないから、なんだか久しぶりにオーパイ試してみたくなってきました。

 

 さて話題は変わりますが、新規排出カードでいくつか読み込み不良が報告されているようです。この新規排出カードと言うのは、旧カードを含めての話で、カスタムにどうやら多いようです。部隊読み込みの時には注意してください。

 どうもデータを読み取らせるための印字が薄いのではなかろうかと。詳細は不明ですが、ゲーム用のカードが読み取れないんじゃ話にならないです。これって不良品に該当すると思うので、あまり騒がない方がいいのかなあ?

 どうなんだろう。

| | コメント (11) | トラックバック (5)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »