« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

スタメンの打順

スタメン調べた。

調べた範囲では

1番 中堅:赤田 

2番 二塁:片岡

3番 遊撃:中島

4番 一塁:カブレラ

5番 DHあるいは左翼:和田

6番 三塁:中村剛

7番

8番 捕手:細川

9番

 ふむう。この辺が不動っぽい。ただ1番赤田は調子によってそこそこ変化するようです。

 やはり1番に中島を置くのは「なし」のようです。w

 やり直し西武は調子がそこそこなので、1番のままでもよいのかもしれませんが・・・。まあチャンス4を生かすなら3番なのかもしれません。

中日

1番 二塁:荒井

2番 遊撃:井端

3番 右翼:福留

4番 一塁:ウッズ

5番 左翼:アレックス

6番 三塁:立浪

7番 中堅:

8番 捕手:谷繁

 こんなもんか。

 調子に差異があまりない場合はなるべく、この打順を意識するとしよう。つながる可能性が高まるような設定があるとうれしいけれど・・・。ま、おまじないみたいなもんか。

 楽天AS続報。

 DHを含めて打順をそろそろ考えないと・・・。

1番 左翼:森本 

2番 一塁:リグス CM

3番 二塁:奈良原 CM

4番 中堅:SINJO MM

5番 遊撃:石井 CM

6番 右翼:磯部 MM

7番 DH:?

8番 三塁:本間 CM

9番 捕手:カツノリ MM

 こりゃまだ決まらないかも・・・。どうしたもんかなあ。

| | コメント (2)

2007年1月29日 (月)

続続 楽天AS

仮組は続くよ

楽天AS 牽制・勝負運・打球反応 MM・CM軍団(PH除外)

先発・中継ぎ・抑え(特に決めない)

 黒田(広島)先発:黒79 牽制

 井川(阪神)先発:旧黒79 牽制

 杉内(ダイエー)先発:黒78 牽制 打球反応<トレ予定>

 小林宏(千葉)先発:SP77 打球反応

 石川(ヤクルト)先発:SP72 牽制

 渡辺すんすけ(千葉)先発:黒72 勝負運 ジャイロボール

 斉藤(ソフトバンク)先発:旧SP71 勝負運

 下柳(阪神)先発:黒70 勝負運

 金村(日ハム)先発:黒75 牽制 打球反応<トレ予定>

 館山(ヤクルト)先発:黒70 勝負運<トレ予定>

 岩隈(楽天)先発:黒69 牽制 打球反応 

 江尻(日ハム)先発:黒66 勝負運 牽制

 大竹(広島)先発:黒66 勝負運 打球反応

 愛敬(楽天)先発:SP62 勝負運

 福盛(楽天)抑え:SP71

 ベイル(広島)抑え:旧SP70 牽制

捕手
 古田(ヤクルト)捕手:旧黒75 威圧 逆境 満塁 ブロック

 カツノリ(楽天)白54 MM

  

一塁

 リグス(ヤクルト)一塁:SP71 CM

 シーツ(阪神)一塁:SP72 サヨナラ 連発

二塁

 奈良原(中日)二塁:黒72 CM 守備職人

三塁

 本間(ソフトバンク)三塁:旧黒66 CM

遊撃

 石井(横浜)遊撃:旧SP78 CM 流し打ち 満塁 スライディング

 宮本(ヤクルト)遊撃:GR 流し打ち 内野安打 守備職人

右翼

 磯部(楽天)旧SP74 サヨナラ MM

中堅

 赤星(阪神)黒80 CM 流し打ち 内野安打 初球

 SINJO(日ハム)黒84 威圧 MM LB

 井上(中日)黒68 逆境 MM

左翼

 森本ひちょり(日ハム)左翼:黒73 先頭HR (後にCM&MM)

 宮地(ソフトバンク)左翼:旧SP67 CM 代打

 見つけたよ~!三塁!

 旧黒のソフトバンク本間!三塁の守備はDだし、エラー回避は2だし、バントも2だしと全然どうしようもない裏パラですが・・・。三塁の貴重なチャンスメーカー!

 本間を入れずに誰を入れる!?

 

 で、遊撃も旧SPの石井琢がCM持ちなのをめっけて引っ張り込む。

 これで全野手をメーカー持ちで構成することに成功!

捕手 カツノリ

一塁 リグス

二塁 奈良原

三塁 本間

遊撃 石井琢

右翼 磯部

中堅 SINJO(赤星)

左翼 宮地(森本)

 ふふふ。とっても弱そう。www 長打力ねえからなあ。

 

 内野陣の数が少ない気もしますが、調子が悪くても基本スタメンは固定。だってそのためにMMも入れているんだから。w

 

 ただ故障されるとつらい・・・。とってもつらい。

 

 PH除外という条件が無ければ清原とかもいるんだけども・・・。w

 仮組してみたら、なんだか投手ばっかり揃ってきてしまった。しかし中継ぎ本職ではなく、先発陣を中継ぎで使うので、ある程度投手過多になるのは仕方がないかな?

 先発は登板するだけでスタミナが一定量消費されます。ほんの数打席の登板でもスタミナはがばっと減るわけです。となると普通の中継ぎと違って連投ができません。

 勝負運持ちの継投は基本ロングリリーフとしたいと思います。1試合に2人の先発投手を使って、最後は抑えのどちらかというのが理想か?

 ASなので、3試合に1試合くらいは完投ペースで抑えてくれる投手が出てくれないかと期待もしております。それだけの面子は揃っているような気もするし・・・。

 投手のトレが終わったらいよいよ固定組して、始動させます。ん?投手待ちならもう始動してもいいのか、数試合なら。

 この野手の少なさで本当にやっていけるのかと・・・。w

 あとね。最近疑問に思ったんだけど・・・打順。

 スタメン張っている面々って、基本的な打順ってありますよね。何番を打つかという。守備位置が適性でないと成長が鈍るのはみなさんご存知でしょうが、これが打順にも関係しているのではないかと。

 いえ、直接成長ではなく、活躍度。本来の打順だとちょっぴり打撃が上昇するなんてことないですかね?ないですか?ないですね。w

 いや、これ、気分の問題なんです。もしそんな設定がちょっぴりされていたらと思うとね。

 っつーことで今度暇なときに、スタメンの打順を探ってみることにします。 

 ん?

 んんっ!?

 うわあ!楽天AS!

 DHの存在を忘れていたあ!!!!!!

ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン !

| | コメント (0)

2007年1月28日 (日)

続 楽天AS

本気で考えている今日この頃。

 仮組

楽天AS 牽制・勝負運・打球反応 MM・CM軍団

先発・中継ぎ・抑え(特に決めないことにしましたw)

 (杉内(ダイエー)先発:黒78 牽制 打球反応)ふぇんりるさんからトレ予定

 小林宏(千葉)先発:SP77 打球反応

 渡辺すんすけ(千葉)先発:黒72 勝負運 ジャイロボール

 黒田(広島)先発:黒79 牽制

 斉藤(ソフトバンク)先発:旧SP71 勝負運

 石川(ヤクルト)先発:旧SP72 牽制

 下柳(阪神)先発:黒70 勝負運

 (金村(日ハム)先発:黒75 牽制 打球反応)ふぇんりるさんからトレ予定

 (館山(ヤクルト)先発:黒70 勝負運)お二方のどちらかからトレ予定

 岩隈(楽天)先発:黒69 牽制 打球反応 

 江尻(日ハム)先発:黒66 勝負運 牽制

 大竹(広島)先発:黒66 勝負運 打球反応

 愛敬(楽天)先発:SP62 勝負運

 福盛(楽天)抑え:SP71

 ベイル(広島)抑え:旧SP70 牽制

捕手
 古田(ヤクルト)捕手:旧黒75 威圧 逆境 満塁 ブロック

 カツノリ(楽天)白54 MM

  

一塁

 リグス(ヤクルト)一塁:SP71 CM

 シーツ(阪神)一塁:SP72 サヨナラ 連発

二塁

 仁志(巨人)二塁:旧黒74 固め打ち 先頭HR

 奈良原(中日)二塁:黒72 CM 守備職人

三塁

 いねえ!w

遊撃

 川崎(ソフトバンク)遊撃:黒75 サヨナラ

 宮本(ヤクルト)遊撃:GR 流し打ち 内野安打 守備職人

右翼

 磯部(楽天)旧SP74 サヨナラ MM

中堅

 赤星(阪神)黒80 CM 流し打ち 内野安打 初球

 SINJO(日ハム)黒84 威圧 MM LB

 井上(中日)黒68 逆境 MM

左翼

 森本ひちょり(日ハム)左翼:黒73 先頭HR (後にCM&MM)

 宮地(ソフトバンク)左翼:旧SP67 CM 代打

 三塁がいないんですが・・・。三塁も守れる奈良原と川崎に出張ってもらうか・・・。

 捕手は阿部から古田に交代。カツノリは一塁もEですが守れるからシーツを外すかなあ。

 外野6人は多いから井上を外して5名かな。

 ( )になっているのはトレ予定選手

 ふぇんりるさん。ズレータと、あとサブローも引きました。これで杉内、金村お願いできますかね?

 となると館山はボライソーさんから。え~と、ちょうだい。w うそです。w 何がいいですか?

 あ、桑田は除外することにしました。どうも。

 投手がそろってきたので、一応トレ募集は以下だけに。

阿部(オリックス)遊撃:黒72 CM 逆境

スペンサー(阪神)右翼:白65 体当たり MM  (←一応)

 どうぞよろしく。

| | コメント (3)

2007年1月27日 (土)

楽天コンセプトAS

 楽天でコンセプトASでも組んでみるかと思案中。

 
先発
 岩隈(楽天)黒69 牽制 打球反応 
 小林宏(千葉)SP77 打球反応
 黒田(広島)黒79 牽制
 デイビー(オリックス)黒69 尻上がり 牽制
 山村(楽天)黒66 牽制

 投手は先発は牽制と打球反応メイン。素の盗塁阻止と、恐怖のミートセンター返しを少しでも緩和するのがコンセプト。

中継ぎ・抑え
 愛敬(楽天)SP62 勝負運
 福盛(楽天)SP71
 福田(巨人)白63 勝負運
 帆足(西武)旧黒65 勝負運

 一方中継ぎ・抑えは勝負運重視。楽天福盛は素材球団が楽天でSPだから。w

 野手はPHを排除。w
 CMかMMを重視する「メーカー軍団」。www
 うひゃひゃ。

捕手
 阿部(巨人)黒75 広角 満塁
 カツノリ(楽天)白54 MM

 捕手は・・・つらい。阿部は苦渋の選択。2番手捕手がカツノリというのが輪をかけて不安。

  

一塁
 リグス(ヤクルト)SP71 CM
 シーツ(阪神)SP72 サヨナラ 連発

 PHはいるが、意外にメーカー持ちはリグスだけだった。1人じゃダメなので他を探したが・・・内野守備位置が豊富なシーツをチョイスしておくことにする。

二塁
 仁志(巨人)旧黒74 固め打ち 先頭HR
 奈良原(中日)黒72 CM 守備職人

 PHがいないので、先頭HRは狙いたい。緒方がいないので、仁志。調子で奈良原と交代交代。

三塁
 やべえ、いねえ!w

遊撃
 川崎(ソフトバンク)黒75 サヨナラ
 宮本(ヤクルト)GR 流し打ち 内野安打 守備職人

右翼
 磯部(楽天)旧SP74 サヨナラ MM

 意外に手持ちが無い。まあ素材球団の磯部がメインか。

中堅
 赤星(阪神)黒80 CM 流し打ち 内野安打 初球
 SINJO(日ハム)黒84 威圧 MM LB
 井上(中日)黒68 逆境 MM

 中堅は揃った。守備は外野全部できる面子なので、右翼左翼と調子で入れ替える?

左翼
 清水(巨人)旧黒67 AH 固め打ち
 矢野(巨人)旧黒63 MM 

 いない・・・。旧黒を引っ張り出してこれかい・・・。やはり中堅組にがんばってもらうべきか。

 まず単純に投手が足りない。w

 三塁と左翼が困っている。さらに遊撃も本来のコンセプトと外れた2人。あ、第一捕手もか・・・。でも捕手いないもんなあ。w

募集!w

投手

新垣(ソフトバンク)先発:黒73 勝負運 打球反応
斉藤(ソフトバンク)先発:黒76 勝負運
金村(日ハム)先発:黒75 牽制 打球反応
江尻(日ハム)先発:黒66 勝負運 牽制
井川(阪神)先発:黒79 尻上がり 牽制
下柳(阪神)先発:黒70 勝負運
館山(ヤクルト)先発:黒70 勝負運
桑田(巨人)先発:黒73 牽制 打球反応
大竹(広島)先発:黒66 勝負運 打球反応

吉井(オリックス)先発:白66 勝負運

 ううむ。あまり出てきそうに無い面子だなあ。w

野手

阿部(オリックス)遊撃:黒72 CM 逆境
森本ひちょり(日ハム)左翼:黒73 先頭HR (後にCM&MM)

スペンサー(阪神)右翼:白65 体当たり MM

 森本は厳しいか・・・。ま~すけさんも探してたしなあ。

  

| | コメント (3)

定例会 で久々 シルル大将戦

 まずはBBH2。

 西武。

 阪神AS。

 こちら先発西口。変化球指示したら初回先頭打者は凡打でした。たまたま?

 1回の裏に2点先制。

 3回に1点返されるものの、その裏に1点追加。

 ずっと西口が軟投して、9回は1点返されて小野寺投入で逃げ切り。

 3-2で勝利と。

 たくさんあるからちゃっちゃと記録。

 中日初段。

 相手、阪神AS五段。

 いや、打たれまくった。相手連勝モードではなかろうか。どのメモリに持っていっても打たれた。

 圧巻はカブレラに3連発。ありえね~。あ、福留にも2連発されてます。こっちの福留は音無し・・・。

 10-3でボコボコです。手がつけられません。

 再び西武。

 相手阪神AS。

 相手に初回に1点取られて、その後互いに0行進。9回にこちらが1点返して引き分け。w 安打も共に5。w なんじゃそら。

 さらに西武。

 相手千葉ロッテ純正(準正)。

 おお!

 キタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!!!

 純正との戦い!これこれこれ~!これが楽しみだったのよん。

 2回に2点先制するも6回に2点返され、さらに7、8回に1点ずつ献上。9回に1点返すもものの、追撃もここまで。

 3-4の惜敗でした。お互いに伏兵に1発が飛び出して、とてもおもしろかったです。w

 気を取り直してまた中日。

 忘れてた英雄(廃人)杯。w さっそく参戦してみたら・・・。

 ソフトバンクAS闘将?段。

 はうう!

 2回、3回に2点ずつ入れられて、5回に3点返す。

 で、どちらもその後得点なし。

 3-4で敗北も闘将AS相手に善戦か?

 またまたソフトバンクAS7段?

 4回に先制するも、5回の表に同点とされ、9回にズレータに1発を浴びて敗北。

 1-2とまたまた惜敗。

 高段者相手によくがんばっていると自分を慰める。

 中日は3連敗・・・。

 (;´д`)トホホ

 英雄杯で高段者相手に厳しかった。

 西武は1勝1敗1分けと五分。

 ううむ。

 排出は福盛SP。持っていないというま~すけさんに進呈。

 あ、三角トレは無事終了。

 ま~すけさん シーツ

 ほ~ 和田

 ふぇんりるさん 金本

とそれぞれ移籍となりました。まあレートは23中隊ではあんまり意味がないからなあ。シーツは使う予定は今のところないけれど、ま、いいやね。ASでも組むときに考えよう。

 

 

 さて、23中隊のシルルさんが大将に昇進だ。

 これは狩りに行かなければ。

 アバオアクー無差別。

 シルル大将に対抗するには赤部隊しかない!

 ガンキャ量産5機藁。鬼畜ですな。

 残り数秒まで勝っていたのに最後に逆転されて局地的敗北。

 さすが大将です・・・。

 もう1戦。

 今度は陸ジム5機藁!

 ・・・・ズタボロ。

 こっちはコテンパンにやられました。

 ピクシー速いよう。( p_q)エ-ン

 

 何はともあれ、23中隊からも大将が出たことは喜ばしい。負けて本望です。w

 今はBBH2メインですが、GCBも忘れてはいませぬ。でも、BBH2も普通に楽しくなっちゃったからなあ。w ロケテが終わって本格稼動となれば、またモチベーションも上がると思います。

 ではでは。

| | コメント (3)

2007年1月25日 (木)

明日は定例会だけど・・・廃人杯が始まるんですよねえ

 今日も2試合だけ。

 この方法だとSPを拾えない気もしますが・・・。w

 西武。

 千葉ロッテがちがちのAS。

 こちらの先発は工藤。相手は井川。

 例によって先頭打者に鋭い当たりをされて出塁されます。これ、防げないのかな?w 球種指定してみるかな、今度。でも鈍い当たりでもエラーするからなあ。w

 でもって例によって例のごとくそれを足がかりに1失点。コントロール重視の工藤がつかまっていたので、ちょいとパワーにはみ出してみると打ち取れました。ま、AS相手ですから許容かな?

 その裏のこちらの攻撃はランナーを出すものの得点ならず。嫌な感じです。どうも相手は頻繁にピッチャーのメモリを動かす人のようです。これはかみ合わないとつらいんですよねえ。

 その後工藤が軟投。w 安打は毎回のように許すものの得点を許しません。

 内外角と打たせて取れの3種を軸に、走者が出ればエンドラン警戒+外野前進で対応です。

 きっちりミートセンター返しもされたので、かなりの手練かと。

 井川のピッチングは冴え渡っていて、こちらはなかなか安打すら出ません。

 そんな流れの中の5回の裏。

 ようやくこちらにチャンス到来。

 先頭打者が倒れるものの2番手が出塁。エンドラン成功で1塁3塁。

 お待たせ、ミートMAXのVS!

 かきーん。

 3塁ランナー生還でまず同点。

 走者は1塁、2塁。

 再び、ミートMAXのVS!

 かきーん。

 2塁走者長躯ホームイン!

 逆転!

 うほ!

 相手が嫌気さすほど、ミートMAXのVS!それ!

 かきーん。

 さらにもう1点。

 絶好調の井川だろうとVSならば何とかなる!w

 で、こうした得点の後はなんとなく怪しい。

 工藤が先頭打者に安打を許した時点で降板を選択。

 左が続くのでまずは左腕星野。

 なんとかギリギリ抑えます。

 8回の表。

 相手の安打。ここは右打者が続くということで、星野から豊田にスイッチ。ただし豊田は青顔。好調の小野寺は最終回に残しておきたい。

 豊田踏ん張って後続を絶つ。

 

 続く8回の裏。ピンチの後にチャンスあり。

 しかし走者が出たのは2アウトを取られてから。2アウトなのでここは見極めMAXからマイナス2で待機。相手は打たせて取れ。これが四球。ラッキー。

 ここで出番が回ってくるのは4番カブレラ。

 厨と言われようが、今度もミートMAXのVS!

 なんと相手はど真ん中。

 赤丸ガッツリ!

 3ランホームラン炸裂。

 この回3点!

 続く和田も調子に乗ってVSしたら小フライだったが・・・。

 さて鬼門の9回。

 相手右打者でさっそく安打を打たれる。ここは迷わず継投策。左打者が続くので三井。ところが1点返される。右打者になるので小野寺。ここでようやく抑える。

 逃げ切り。6-2の勝利でした。

 安打は相手12でこちらは6。ww

 6安打で6点かよ、オレ。www ある意味すごいじゃん。 AS井川に抑えられまくりながらも、点は取れたという非常に珍しい勝ち方が出来たような気がします。

 続いて中日。

 なんと時間切れCPU。

 みんな明日からの廃人杯に向けてセーブ中かいな?明日からはBBH2のサテもにぎわいそうです。ここ数日空いていたからなあ。ベストワンも空くかなあ?キャロム所沢行く?w

 さて相手はCPU巨人。まあ、CPUなのできっちり勝ちたい。

 こちら初回にミートMAXのウッズの赤丸がCPUの赤丸を捉えて先制の1号(遅!)2ラン。

 3回にも2点追加で、こりゃ楽勝かと思っていたら、4回から工藤の後を上原で継投しやがった。

 申し訳ない。この上原が打ち崩せません。

 (;´д`)トホホ

 でもこちらの先発佐藤充も安定したピッチング。

 終わってみれば3安打完封!

 

 CPU相手でもこれは嬉しい。

 というわけで今日は2勝0敗でした。

 で、明日は定例会だけども・・・。タイトル通り、廃人杯が始まるんですよねえ。やればやっただけおいしいという・・・。お金持ちに有利な大会です。

 大会参加試合数×15 の 経験値って欲しいもんねえ・・・。

 でもそんな猿みたいに出来る財力ないもんなあ。

 

 混んじゃうかなあ。キャロム所沢はサテが8つあるらしいのですが・・・。まあまずはベストワンですか。

 

| | コメント (1)

快勝と惜敗

 息子を寝かすつもりが自分が寝てしまった。w

 さて本日は2試合限定でしてきました。リアルコストが・・・。w

 西武。

 千葉ロッテAS。

 こちらの先発は涌井。相手は渡辺。

 初回の先頭打者に痛烈に一二塁間を抜かれて出塁されますが、後続を絶って無失点。

 対してこちらは先頭中島強振MAXからマイナス2で待機したところ、2回大ファールの後、遊撃の後ろにおちるポテンヒット。補整のおかげで出塁です。w

 これを足がかりにランナー3塁としてカブレラのミートMAXのVS。相手の円をしっかり大きな円に収めて・・・なんと先制の3号2ラン。初回に2点。このミートMAXは赤丸が重なっていなかったのにスタンドまで持っていきました。初回の補整が先頭打者以外にも効いているのかなあ?

 2回にも2点。

 6回には4点。

 得点パターンは出塁⇒エンドラン⇒ミートMAXが定番となりつつあります。エンドランが読まれているときはミートセンター返しやミート流し打ちでしょうか。何しろミート寄りのバッティングが中心でした。おそらくこの相手もコントロール重視の投球で組み立てていたのではないかな?それが合ってしまったのかも。

 放ったヒットはこの試合18!うおい!

 涌井は8回まで無失点に抑え、9回の先頭打者を塁に出したところで左打者が続くので、星野にスイッチ。この星野がきっちりしめてくれました。

 8-0の快勝です。

 次、中日。3連勝中でした。

 巨人AS。

 こちらはエース川上。相手は山本・・・中日やん。w ちなみに岩瀬も出てきました、この相手。なんか自分が中日で相手に中日の選手使われると変な気分ですね。

 さて、この試合は思い出深い試合になりました。

 

 川上はこの試合、8回までノーヒットノーラン。AS相手にすごいです。

 しかしこちらも安打を出すものの得点をできず、お互いにずら~っと0行進。

 そして9回。

 9回補整を考えて川上を代えようか一瞬迷ったのですが、ノーヒットノーラン(完全試合?)のことを考えて続投を選択・・・。

 いきなり先頭打者にセンター返しをくらって出塁されます。それまで磐石だったのに・・・。そこでまた継投を考えたのですが、まだ完封は狙えるし・・・。

 揺れる気持ちの中相手はサイン。

 ここで狙ってくるのは・・・エンドランか!?

 エンドラン警戒!

 はっ!

 しまった!

 外野前進 入れるの忘れたあ!!!

 ポテン

 ぐはっ! やはり!

 1失点・・・。

 すまん、川上。 監督のミスだ・・・。

 9回の裏はVSをフル活用して同点を狙いに行きますが、代わって出てきた岩瀬に球威で抑えられた感じで得点できず・・・。

 0-1の惜敗となりました。

 いやほんと8回まで完璧な投球だっただけに采配ミスが悔やまれます。しかしこんな投球をAS相手にできることもあるんだと思いました。

 2試合だけにしていたので、SPが出なくてもそのまま撤退。でも多村を初引きできました。いや、多村ってすごいのね。w(今更) AS候補決定だ。

 

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

BBH2 の 最近の戦術とか

最近のほ~の戦術とかなんとかかんとかを長々と。w

 基本の復習から。

 「打たせて取れ」は変化球固定。「直球」の指示は無意味。

 「盗塁警戒」は直球固定。「変化球」の指示は無意味。

 「バント警戒」「スクイズ警戒」と内野のシフト指示は無意味。

 「見極め」 「外角」「打たせて取れ」が得意。「内角」は苦手。

 「積極的」 「初球」スキルと相性○だけど、弱体化の噂あり。

 「センター返し」 「内角」が苦手。「広角」や「流し打ち」スキルの影響も大きいのか?

 「犠牲フライ」 成功しているのを見たことがない。w

「打たせて取れ」 

 「打たせて取れ」に対して「センター返し」「強振MAX」でのHRの確率が大幅DOWNのようです。ノーサインで球種一致のHRと同じくらい?サイン出してまで狙う作戦じゃなくなりましたねえ。

 で、「打たせて取れ」にどう対応するのかと言うと・・・「見極め」「流し打ち」?ランナーがいれば強力な「ヒットエンドラン」がありますが・・・。

 と思っていたら「ミート」「センター返し」がなかなかの成功率とのこと。もちろん相手が「コントロール」重視にしていないとダメかもしれませんが・・・。この辺、今ままで「球威MAX」は「打たせてとれ」ではHRが怖くて出来なかったのですが、あまりHRが出なくなって「ミート」重視にシフトしていくと逆に「球威」寄りの采配をどこで使うかがポイントになりそうです。

「投球MAXの封印」

 球威MAXやコントロールMAXといった極端な指示は控える。ノーサインHRが怖いです。特に球威MAXは強振MAX放置の相手には餌ですから。コントロールMAXでも被弾するケースが増えているようです。

「メモリが合わない」 

 どうにもメモリが合わない・・・。相手が頻繁に動かしているか、オートです。w そういう時はこちらもいっそオートが今までのデフォルトだったのですが、まだ確定じゃない情報ですが、相手のオートピッチにはパワープラス3位が合いやすいとのことです。いろいろメモリ変えてダメだったら3人くらいパワープラス3で試してみてもいいかな?

「エンドラン⇒ポテンヒット」

 ポテンヒット対策。相手PHのサイン勝ちなのにポテンヒット。いや、これマジで何度もくらいました。特に「エンドラン警戒」をズバリ的中してのポテンヒットにはめまいが。w で、「エンドラン警戒」にデフォルトセットを。

 「エンドラン警戒」+「内野後退」「外野前進」

 遅い?w いや、対策としてあるのは分かっていたのです。でもこれって「バント」や「バントエンドラン」だったらオールセーフの悪夢もありますよね。また「引っ張り」やら「流し打ち」の餌食になって外野を越えたら長打決定で1塁ランナーが俊足の場合、一気に生還。怖いですよね。ね。だもんでなかなか思い切れなかったのです。

 ただ、今回のVUで「エンドラン」が強いサインになった印象です。「エンドラン警戒」以外ではなかなか確実に防げない。もちろん相手のメモリの裏をかけたり、球種を外したりすれば、防ぐこともあると思いますが・・・。先日の中日の試合でもこちらの「エンドラン」は結構決まりました。相手が「エンドラン警戒」をして来た時だけフライになって失敗だったと思います。それ以外では最低限でも進塁(送った形アナウンス)は果たせていたと思います。

 また昨日の試合ではオートエンドランとサインのエンドランを延々と見事に決められるシーンがありました。あれには恐怖でした。
 
 というわけで凶悪な「エンドラン」対策。特にPH持ち相手には上記のセットを本格導入です。

 もちろん「内野後退」や「外野前進」のどちらかを入れる場合もありかと。それまでのこちらと相手のサインの出し具合やその選手の好調度合いなんかにもよると思います。特に「広角持ち」は警戒が必要じゃなかろうか。

 
 で!逆を言えば相手が守備をいじらないタイプだと感じたらPHで「エンドラン」ですぜ、旦那。w ポテンヒットゲットだぜ!ww

 あ、オートエンドランが強力になっている追加データが欲しいなあ。

「HRをどう狙うか」

 んと、VS。w と言うか「センター返し」「強振MAX」が弱体化して、いよいよHRはPHの「引っ張り」以外はつらくなったのではないでしょうか。「積極」も弱体化との噂ですので、過信は禁物。となると頼みは「見極め」?ただ、これは「威圧感」でも無いと効果半減かもしれません。あるいは「逆境」「サヨナラ」「満塁」などの相乗効果が見込めるならば期待度UPか。

 「見極め」でも何でもメモリが合わないとダメみたいな印象がありますねえ。今回。サインよりもメモリ?どうなんでしょう。そうなるとほ~みたいに球威MAXを封印した相手には、強振MAX放置は相性が悪いでしょうね。

 もうひとつ手段がありました。ノーサインHRです。w コンマイじゃないので確たることは言えませんが、情報収集と体感により、いくつか補整が入ってそうな場面があります。

【1回の先頭打者】
 これはみなさん意見の一致するところだと思います。補整が入っているのに間違いありません。「初回先頭打者HR」スキルがあるといいのはもちろんですが、パワーのある打者を置けばスキルが無くてもノーサインで初回先頭打者HRを狙えると思います。対戦相手がどんなメモリや球種で来るのかが分かりませんが、試す価値はあると思います。何しろ先頭打者補整が嫌でわざわざサインを使ってサイン勝ちを狙ってくる人もいるくらいですから。

【9回】
 9回は安打が出やすいと感じませんか?1点差まで迫ったり迫られたり。ダメなときはダメですが、それまで抑えられていた打線にちょっぴり火がついたようなこと。これ、あるんじゃないかと思います。つい最終回は残りのVSを使ってしまいますが、このVSを「強振」ではなく「ミート」にすることで、安打を量産。それに強いサインをうまくからめていくことが必要でしょうが。ただこのパートの本論である「ノーサインHRをどう狙うか」にはこの補整はあまり関係が無いかも。だって9回でこちらの攻撃が回るのは勝っているか同点の表か、負けか同点の裏。勝っていたり同点だったりすると、この補整がどのくらい効くのか怪しいですし、負けているなら上述のようにミートVSとサインで追いつく作戦になりますから。

【投手のスタミナの切り替わり間近】
 それまで好投していた投手が急にボコボコ打たれたことありませんか?もちろんいろいろな要因があると思うのですが、ほ~は補整が入っているように思えています。それは投手のスタミナが「緑」から「黄」、「黄」から「赤」に変わる付近です。この辺りに一度投手が打たれやすい時期が来ているのではあるまいか。この辺とっても怪しい予想ですのでご注意。w
 ということで相手のスタミナが減ってきてそろそろ黄色じゃないかという時期が、ノーサインHRを狙う「強振MAX気味」メモリにするひとつのポイントではないでしょうか。
  

 あとはもう運か?出会い頭みたいな「なんでここでHR?」みたいなノーサインHRありますもんね。w

 

「VS」

 最近はミート寄りかオート程度までが主流です。

 ミートMAXにすると円が巨大になります。ど真ん中やその付近に置いておけばたいていの相手のVS円を自分のVS円にかぶらせることができます。このミートMAXの小さな赤円でも相手の赤円をかぶらせればHRが出ます。強振MAXも魅力ですが、外れる可能性が高いことを考えるとミート寄りが計算しやすいです。

 また調子や状況、そもそもの能力によっては、ミート寄りにしても円があまり大きくありません。そんなときはオートのところまでメモリを動かします。で、どうするかというと・・・。

 ストライクゾーンが全部で9つの四角に分かれています。その中心の四角の四隅のどこかに置きます。これによってオートの円ならばその周囲の4つの四角を自分の円にかぶらせることができます。これで単純に9分の4の確率でVS円をかぶらせることができることになります。

 どの場合も相手のVSの置き方によって使い方は変えますが、だいたい今はこんな感じでうまくいっています。

 で、逆の場合はどうするかと言うと、ミート寄りの円を避けるためにも全体の四角の四隅です。残念ながら投手や打者の能力によっては、寄せると四球が増えるようですが、HRぶちかまされるよりまし。長打、いや単打でもランナーがさらに一つ先へ進塁する可能性がありますが、四球ならば進塁はありません。前向きに。w

  
  

「裏パラ」

 いやあ、最近よくひっくり返します。裏パラ重要ですね。覚え切れてないのでひっくり返してよく確認します。よく見るポイントは・・・。

【投手】

「打たれ強さ」
 ヒットや得点によってこの数値が低いとぐっとスタミナが減るのですが・・・。この数値の低い投手は上述したスタミナの切り替わり時期に連打をくらうと危険かなと。逆「固め打ち」みたいな印象があります。切り替わり時期にこの数値の低い投手が連打をくらうようなら早々にあきらめて継投した方がいいのではなかろうか。

「ピンチ」「対ランナー」
 ランナーが2塁まで行くとこれ。継投の際にもランナーがいるのかいないのかで。いない場面での継投ならば気にしませんが、2塁より先にいたら田崎(西武白中継ぎ:ピンチ2)よりも大沼(西武白中継ぎ:ピンチ4)を選ぶとか。 

【野手】

「チャンス」
 これは打順を組むときにまずチェックしますね。さらにランナーが2塁より先にいるとき。チャンスが低ければサインやVSに頼ります。チャンスが4あれば、ノーサインの球種指定だけにする場合もあります。特にサインの残りが気になる時は。

「バント」
 当然か。w これが3以上あればランナーを進める選択肢がぐっと増えますからね。あ、「スクイズ」の場面も。w

 理想としては「対左打者」や「クイック」なんかも気にして、勝負どころの球種選択では「キレ」「ノビ」も考えなきゃいけないんだろうけれど、そこまで情報処理できてません。w

 ちなみに「キレ」は変化球の曲がり具合と直球で被弾した時の打球の弾道、「ノビ」は三振の取りやすさとのこと。つまり「キレ」の高い投手は勝負どころは「変化球」中心の指示。「ノビ」の高い投手は「直球」指示。どっちも高いとか低いとかはまあ、好みでしょうか。w
 たいがいにおいて表パラの「球威」と「変化球」に数値が反映しています。


松坂(西武黒)   表 球威18 変化球17  裏 ノビ4 キレ4
西口(西武黒)   表 球威15 変化球19  裏 ノビ4 キレ5
涌井(西武黒)   表 球威16 変化球13  裏 ノビ4 キレ3
帆足(西武黒)   表 球威14 変化球13  裏 ノビ3 キレ3
ギッセル(西武白) 表 球威15 変化球 8  裏 ノビ2 キレ1

 ところが中には表パラをそのままじゃない投手もいます。


グラマン(西武白) 表 球威14 変化球12  裏 ノビ2 キレ3
土肥(横浜黒)   表 球威15 変化球13  裏 ノビ1 キレ3
小笠原(中日白)  表 球威16 変化球13  裏 ノビ2 キレ3

 これすなわち技巧派という分類になるのでしょうか?球威がそこそこあっても「ノビ」が2や1では、直球で勝負するのはやや危険度UPとなるのではないでしょうか。

 で、上述のようにとても頭に入らないので・・・。勝負どころにチラと見て、「ノビ」や「キレ」が2や1だったらそれに対応する球種での勝負は避けるくらいでいいんじゃないでしょうか。私もそれくらいで精一杯です。w (どっちも2と1のギッセルの立場が無いなw)

「左打者と左投手」
 数値に出ていないけれど、おそらく左打者には「対右投手」という隠しパラがあるのではないでしょうか?となると普通に右投手を左打者の続く打線に当てて行くのはとっても怖い。まあずらっと左打者を並べるASがあるくらいですから、やっぱりあるんでしょう相性が。もちろん選手個々の能力によって千差万別でしょうけれど。

 で、西武なんかどうするか。新チームでは・・・。

 先発に帆足、工藤、土肥の3人を揃えました。準正にしないと無理ですが。でもって前チームでは先発の一翼をよろよろと守っていたグラマンは中継ぎに回しました。先発右腕が左打者の多いチームに当たった場合のロングリリーフです。
 中継ぎににはこのグラマンと三井、星野と左腕を3人用意しました。まあ、これは前回ずっけているのであまりいい案と言えるかどうか・・・今後待ちです。w

 中日は、先発には山本、マルティネス、小笠原の3人。中継ぎには高橋聡。抑えに岩瀬。もう1人中継ぎに石井がいるのですが、登録していません。どないやねん。w

 

 あ~疲れた。w なんか反論や意見があったらお待ちしています。みんなでスキルをあげていきましょう!

|

新と旧の

 さてさて今日はやりたいぞと。

 まずは駅を降りてカードショップへ。思い切って赤田(西武)の新黒を購入する目論見です。

 旧の方が送球が1上で、新の方がパワーと守備が1上です。

 SSは新にチャンスメーカーがついています。

 裏パラは旧のチャンスが4で新が3。しかしSSで帳消し?

 バントが4⇒3。

 盗塁が3⇒4。

 他変わらず。

 ということで新が欲しかったのです。

 でもって赤田を手にとってさらに中日を中心に見ていると・・・。

 お?

 旧SPがあるな。

 何々、立浪?

 ほほ~、立浪は以前はSPだったのかあ。

 

 おお!?

 新白がトータル65に対して旧SPは69!

 パワーが13と14。ミートに至っては15と18と大きく違います。

 え、SSは!?

 新は満塁だけなのに対して、旧は威圧感に満塁に守備職人。

 ぶっはあ。

 う、裏パラは!?

 チャンス  新3 旧4
 盗塁    新2 旧3
 エラー回避 新2 旧3
 
 旧つおい!

 

 気がつけばしっかりと赤田と立浪が我が手に。

 

 そんでもって他もつらつらと見ていたら見つけた。

 オリックス 後藤

 ふぇんりるさんがずっと求めていた選手だ。

 おお、75の能力にSSはサヨナラと初球。

 何より恐ろしいのはその守備ユーティリティ。

 一塁こそEなものの、他の内野全部Cで外野は全部D。投手と捕手以外どこでもできる!!!すげえ!

 というわけで100円だったので、これも手にとってしまいました。

 ふぇんりるさんがすでに手にしていればうちのAS(本気か?)で使います。w

 もし入用でしたら缶コーヒー1本で手を打ちます。www

 嘘です。差し上げます。w

 
 さてさて、試合。

 
 まずは新規西武。

 まだ登録しながらの戦いです。w

 広島AS?。ひょっとしたら準正なのかも?

 
 先発は西口。
 
 初回に先頭打者中島は強振MAXで変化球待ち。外野フライ。w

 しかし続く新黒になったばかりの赤田がヒットで出塁。
 
 続くバントのうまい佐藤でバントエンドラン。

 送った形で2死2塁。

 4番カブレラのミートMAXでVS!

 まあだいたい重なるのよ、どっか。w

 走者は赤田なのでまずまずの当たりならば生還できるというわけで、この采配はズバリ。

 先制点をいただきます。

 その後西口が3回をシャットアウト。

 4回に梵?にノーサインHR。こちらはコントロール重視のメモリでしたが、持っていかれました。

 うむう。

 これは危険な兆候かもしれないと、ここから早くも継投。

 回が進んで6回の表。

 ランナーをためて再びカブレラのミートMAXのVSです。

 ど真ん中から少しどこかに動かすくらいにしたら、相手が真ん中近くに置いたものだから、赤丸が重なってしまいました。

 出ました第1号の3ラン!

 

 その後8回に1点追加。

 最終回に2点返されて詰め寄られるものの、最後は小野寺がしめて5-3で勝利。

 勝利は途中をつないでいた三井につきました。w

 まだ登録しないといけないので、もう1試合。

 虎AS。

 初回に惚れ惚れするようなノーサインでの連打をくらう。

 オートエンドランが発動する仕様らしく、止まりません。エンドランが強化されたのにともなって、オートエンドランの成功率も上昇しているのかもしれません。

 先発帆足があれよあれよと3失点。こりゃ大変だ。

 しかしこちらも初回に先頭打者中島の補整エラーでの出塁をとっかかりに2点を返します。もちろん例のカブレラのミートMAXでのVSも織り交ぜて。清原と和田がブレーキだったのが悲しい。

 しかしこの虎、よく打ちます。オートエンドランがそこここで発動して、ランナーが出るとてんやわんやです。

 3回にまたもや1失点。

 しかし帆足の「勝負運」を信じてもう少し我慢。

 その裏2点返してなんとここで4-4の同点。

 カブレラの2号も飛び出しています。

 帆足を6回まで引っ張ってランナーを出したところで継投。

 これが大失敗。

 相手に左がとっても多いので、左腕・・・と思ったら黄色なのが、中継ぎとして採用した本来先発のグラマンだけ。

 んじゃまあ、出すかとグラマンにしたら滅多打ち。

 オートエンドランとホントのエンドランとで、一挙4失点。

 あ、あかん。

 結局このまま点差を縮められず4-8での敗戦。

 8失点ですが、なんと被安打は18!!!

 よくもまあ8失点で止まったよ・・・。(;´д`)トホホ

 

 気を取り直して中日。

 立浪旧SPを登録したら青顔で出番なし。w

 代わりに守備には名手川相。

 相手は広島AS。今日広島2回目だ。

 初回に先頭打者を出してそのままなんやかんやで1失点。

 先発は山本なのでふんばってほしい。

 アライバ福留の3人がそろって青。控えも青だらけでどうにも打線が湿っています。

 相手投手のスタミナが減ってきたあたりでサイン攻めか?

 で5回裏。

 ランナーをためたところで井上。

 オートVSで4つの四角を抑えたらなんとそこにズバリ球威MAXの赤丸が飛び込んできました。

 井上の打球はスタンドへ。w

 逆転の3ランです。いいぞ、逆境。

 続く6回裏。

 ランナー1人の状態で、打者川相。

 バント警戒かエンドラン警戒かと思いつつこちらの指示は強振MAXの引っ張り内角待ち。w

 相手内角。ww

 川相、HR。

 こうして5-1。

 さらに8回には福留にも1発が出て7-1。

 こっちは強振MAXノーサイン。

 前のアライバが共に早い球でやられていたので、もうひとつ来るかとの読みがズバリ。 

 相手はおそらく球威MAXだったのでしょう。

 ごちそうさま。

 そのまま最後は岡本につないで〆。

   

 調子に乗って、中日でもう1試合。

 ソフトバンクAS。

 先発は中田。

 初回にまたもや先頭打者を出して、VSを薄く重ねられてフェンス直撃の長打をくらい、1失点。

 こちら不調の荒井に代わって1番にいるのは奈良原。初回先頭打者補整を生かせず凡退。w

 その後は抑えて回は4回。

 4回の裏。

 単打を重ねて一挙4得点。

 エンドランとミートセンター返しがとっても決まります。

 その後、8回にも1点追加。

 最後は守護神岩瀬を繰り出して後続を絶ちました。

 
 
 安打はこちら7に対して、相手は9。サインで勝った試合でした。

 こういうのは嬉しい。

 ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

 

 こうして3勝1敗で終えることができました。まずまずと言うか上出来。

 排出。

 SINJO(日ハム)がいきなり出てきました。

 GR SINJOが去った代わりに来てくれたのでしょうか。

 初引きなので、この並びは初めてのはず。期待します。

 奈良原(中日)。

 定例会でま~すけさんから移籍してきた選手です。w もういらないけれど、やはり初の排出パターンです。

 竹岡(ソフトバンク)。

 う、うむ。だ、大丈夫か?

 黒田(広島)・・・ダメだったか。いい投手が出て嬉しいことは嬉しいが・・・。まASの先発が増えたということでよしとするか。

 ぴり。(残り1パック)

 おろ!

 和田(西武)SP キタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!!!

 

 嬉しいは嬉しいのだが・・・。

 うちには今、ふぇんりるさんの所からレンタル移籍している和田 旧SPがいる。

 比べてみると・・・。

 表は同じ。

 SSは旧は威圧感、PH、逆境、広角、初球。

 新はPH、逆境、内野安打、満塁、初球。

 旧の方が性能がよさげです。

 そして問題の裏パラ。

 旧がチャンス4に対して新は2・・・。おいおい。

 違いはこれだけ。

 しかし和田を5番に据えている都合でチャンスが4か、2かはとっても重要な問題です。

 さらに四死球が増える今のバージョンでは威圧感は大きな存在。

 内角、外角のどちらでもHRを狙える広角はとても頼もしい。

 と言うわけでせっかく引いたSPですが、ふぇんりるさんから返してくれと言われない限り、旧SPにとってかわることは無い予感がします。ふぇんりるさん、どうですか?SPを引いたし、まだ3試合だし、今なら返却もあっさり出来ますが。返した方がよいですかね?

 

 
 次回こそ戦術論。w 

|

2007年1月21日 (日)

シルルさんとバッタリ と 定例会

 今日は動きなし・・・だったのだが!

 町田方面の巨大リサイクルショップに嫁が行きたいと言うので出かける。数ヶ月に1回行くのだが、今回も久々に出かけた。

 帰りは昼過ぎで、その道すがら遅めの昼ごはんを食べるんだが、たいていは某ファミレス(?)で食べている。で、今回もその店へ。すると昼をだいぶ回っているのに満席で、名前を書いてもらって待ち。

 さらに続々とお客が入ってきて、別の店員さんが出てきて「お名前うかがっていない方?」と言ってきた。こちらはすでに書いてあるので、「うちは書いたよ~」と顔を上げると・・・・。

 ん?

 んん??

 ってぬおお!

 シルルさん!

 飲食店勤務と聞いていたが、ここだったのか!!

 っつーかなんか恥ずかしい!www こちら素で嫁と息子連れ。シルルさんは店員の服装。(当然か)

 普通に応対していただけたので、普通にご飯はおいしく頂けました。w いやあイレギュラーで出会うと照れますなあ。ww

 ということで数ヶ月に一度の来店での出会いにはなにやら運命(?)を感じました。w

 

 さてさて、金曜深夜の定例会も振り返っておかないと。

 すいません、23中隊野球部は定例会も野球ばっかです。夜の深まった頃には大隊の面々も遠征から立ち寄り、けっこうな大所帯になっていました。ろくにご挨拶も出来ずに申し訳ありません。

 ま~すけさんと中日⇔日ハムでトレ。
 
 SP平井、奈良原をゲッツ!
 
 こっちはダルやら何やら何やら何やら。w

 あざ~す。

 さらにGRSINJOをGR宮本とGRフェルナンデスとトレ。

 あ、あざ~す!フェルナンデスは準正西武に編入だ。

 でもってサテにはふぇんりるさんとボライソーさん。後地元常連のナンダコリャさん(阪神)がおりました。後1人はナンダコリャさんの知り合いのようです。

 私はふぇんりるさんとボライソーさんの試合を行ったり来たりしながら見学です。

 ふぇんりるさんの純正(準正?)オリックスは元がオリックス(当たり前)なので、苦戦が続いているようです。リアルと同じでつらいっすねえ。なぜかHRを10本以上打っているグラボースキーがいたりするのですが、やはりつらい戦いをAS相手に続けているようです。

 ボライソーさんのAS気味(スタメン野手はほぼ純正?)の広島も段位が上がって苦戦の様子。

 戦術面であれこれは次記事。

 ナンダコリャさんのお友達が上がったので、そこに座ります。

 西武。

 相手はASのどっか。

 試合はまあASの強打者の前にうちの白投手許がぼこんばこんと打たれます。一方こちら中島は負傷中で打線も守備も下降線。相手杉内の前に沈黙。ま~打てない。達観するくらい打てない。成績が残っていたので、新規登録技を使ってない相手でしたが、まあ、好調以上なのでしょう。手も足も出ませんと。

 

 で、西武でぐだぐだやってたらナンダコリャさんからSP小野寺、黒の涌井、福地を無償トレ。

 ぶはっ!

 太っ腹常連さすがです。ごちになります!

 

 ううん。

 西武・・・再出発すべきか・・・。

 でもって中日。

 相手ソフトバンク・・・AS。

 相手先発は西口。こちら川上。おらがチームのエースの登板ですから、相手ASとは言えいい勝負をしてあわよくば勝ちたいところ。

 中日の上位打線はあまりサインを出さずになんとかしようと試みていいます最近。4番ウッズはチャンスに弱いんでサイン出しまくりますが。しかし出しても打たないなウッズ・・・。代わりといては何だがSPアレックスがこの試合、3号HR。HRがほとんど出ないこのチーム。ミート寄りに打者のメモリを動かしているので、HRの出なささに拍車をかけています。

 しかしそんなこんなでも5得点。試合は無失点。

 そんなこんなしていたら排出にSP中島(西武)。

 出ちゃった・・・。

 これは神様が西武の再出発を促しているに違いない。(←妄想)

 ということで思い切って西武を再出発です。

 

1番 中島(SP) 遊撃

 中島は遊撃の定番にしているのですが、エラー回避が2。送球も2。守備力15あってもエラー王です。特に悪送球は芸術的です。そんな中島ですがレベルアップして守備適性がBからAになるとぐっとよく(ましに)なるらしいです。となれば早々に中島にはレベルアップして欲しい。チャンスに強いので3番に置こうかとも思ったのですが、先頭打者補整が入る1番に置けば安打も増える。SPだから成長もそこそこ早いはず。あ、狙うは先頭打者HRだったりします。

2番 赤田(旧黒) 中堅

 中堅には佐藤友を置いていたのですが、右翼の栗山の守備がぐずぐずなので本職の佐藤友を右翼に据えたい。福地が中堅守れるので、調子次第で入れ替える可能性も。

3番 中村友 右翼

 バント4はやはりここかなあ?

4番 カブレラ 一塁

5番 和田(旧SP) 左翼

 新黒をふぇんりるさんから渡していただいたのですが、新黒ってチャンスが2・・・。

6番 清原 DH

7番 中村剛 三塁

 ずっと石井が三塁のスタメン候補だったのですが、連発の恐ろしさを最近実感しているのでまず最初の登録では中村剛にしました。

8番 片岡 二塁

 CMを信じて1番に据えていましたが何しろ打率がぐずぐず。先頭打者の役目を果たせていません。

9番 細川 捕手

先発 松坂

 さ~て緒戦は・・・CPU千葉ロッテ。w

 初回先頭打者中島は強振MAXで先頭打者HR狙い。

 かきーん

 HR。ってずばりやん。www

 赤田が安打でさらにチャンスとし、追加点。

 中村剛はさっそくHRをかっとばし、連発スキルに期待しましたが、その後は音無し。なんでやねん。

 8回までヒットはばんばん打たれながらも完封してきた松坂ですが、最終回に3点返されます。

 抑えとか登録していないので、まあ、なんとかなるだろうとそのまま我慢。

 ジャイロボールを信じて直球指示。

 逃げ切って5-3と・・・。まあいいか。

 ふぇんりるさんが千葉ロッテ純正組めるかなあという状況だそうで、こちらの千葉ロッテカードを進呈。

 オリックスに加え、楽天、千葉ロッテがスタートかな?千葉ロッテは純正でもなかなか強いらしいので、オリックスより楽だと思いますが。w

 次回はバージョンアップ後の戦術談義と行きたいところ。

| | コメント (3)

2007年1月20日 (土)

OTHER CARD 降臨!

 ひばりが丘のパルコに嫁さんが行くというので、設置店舗を調べて出撃しました。

 息子の我慢が1試合と以前の吉祥寺出撃で判明したので、中日で1試合だけしてきました。

 相手はタイガース・・・のAS。

 こちらはマルティネス先発。相手は安藤。

 お互いに初回にランナーを出すものの、後続が打ち取られて無得点。

 こちらの攻撃3回の裏。

 マルティネスがヒットを打たれてもまずまずの立ち上がりだったこともあり、これは投手戦かもしれないと考えて、まずは先取点をいただくことに注力しました。

 無死で出た走者をヒットエンドラン成功とバントエンドラン崩れでランナーを3塁2塁に進めてスクイズ。w

 先取点です。

 さらに4回の裏。

 再び無死で走者を出したら今度は流し打ちと進塁打でまたまた3塁、2塁。え~とスクイズ。ww

 相手はスクイズ警戒ながら成功。まあ、敬遠されなければ、ね。

 このスクイズの成功率は、まだ修正されている様子ありませんね、私のやった範囲では。

 ところが・・・。

 5回の表。単打2つ重ねられてランナー2人の場面でVSを連発されます。結果、ズレータにドンピシャ決められて逆転の3ラン。

 ぶはっ!

 スクイズやらサインをどっさり使って掴み取った2点のリードが儚く消えていきました。

 その後こちらは継投。

 まずは昨日ま~すけさんのところから移籍してきたSP平井。そこそこ平井を引っ張って、左打者が3人続いているところでは中継ぎ左腕の高橋聡文をぶつけてきっちり抑えました。

 9回表は中継ぎ岡本。走者を出すものの追加点を許さず1点差のまま最終回へ。

 さ~て。どうやって追いつくか・・・。

 すでにサインは使いまくっていて残り2回。VSは3回くらいだったか?

 この回、先頭打者はMMと逆境の井上。

 まさにこの場面のためにいるような選手に打順が回ってきました。

 頼むぞ井上!

 残り2回のサインのうちの1回をここで使用。サインはセンター返し。以前のバージョンならば強振MAX変化球待ちでHRを狙うところですが、現在は弱体化しているということなので、ミートマイナス4。投手の足元を抜く単打を狙います。

 ヒット!でかした井上。いつかやると思っていたぞ、井上。

 すぐに走者井上には代走英智。

 次は立浪。ここで代打川相。走者を2塁に進めるためにバント職人の出番です。

 バント警戒されようが問答無用でバント!最後のサインをここで使用。

 ハイ!成功!えらいぞ川相。お前は出来る子だ。

 1死2塁。

 ここでPH持ちのSPアレックス。サインは無いので当然VSを仕掛けるのですが・・・ここはミート重視!HRで逆転とかっちょよく決めることももちろん頭をよぎりましたが、まずは同点。

 相手の球威寄りの円をこちらの薄い円に引っ掛けることに成功。するとこの打球が外野の頭を越えるツーベース!当然2塁走者の英智は楽々ホームイン!

 おっしゃあ!同点!

 2塁のアレックスに代走奈良原。選手交代も最終回は惜しみなく。w

 次は森野。調子はまずまず。当然ここでもVS・・・ミート重視!w

 重なった!

 キタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!!!

 サヨナラ~!!

 

 あ~充実感。

 さて排出。

 お、SP!

 って楽天かあ・・・。

 ふぇんりるさん楽天SP揃ったし、行き場が無いんだよねえ、楽天SP・・・。

 ん?

 福盛・・・か、持ってたな・・・確か・・・。

 ん?

 んん?

 なんでこいつ「うんこ座り」してんの?

 はっ!まさか!

 SPのキラキラの隅っこに「OTHER CARD」の文字!!!!

 デタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

 ということで手に入れました。w でも楽天。ま、まあ文句は言うまいよ。価値だけは高いOTHERですから。

| | コメント (2)

2007年1月19日 (金)

中日登録満タン

本日ふぇんりるさんと所沢に出撃してきました。

ボライソーさんとは当たりませんでしたね。ww

1戦目西武

 相手AS もう元のチームがどこでも同じやんw

 遊撃中島が怪我で出られません。ただでさえ苦しい二遊間がさらに苦しくなりました。先頭の片岡にはCMほんとについているのかと・・・。打率悪すぎ。

 先発の工藤は早々に打ち込まれたら早くもスタミナ半分。た、頼りねえ!

 相手は継投するとSPばっか出てきます。こっちは大沼やら田崎やら三井やら。w

 格で負けてます。ww

 まあ投手を再登録でやってないだけでも好感が持ててしまう昨今。

 あ、試合はメタメタでした。

 西武は早く選手をそろえて最初からやり直したい気分ですねえ。トホホ。

 2戦目中日

 AS?なんか中途半端な相手でした。掘り用かも。

 ふぇんりるさんからいただいた山本と落合を登録して、選手は満タンになりました。

 ちょっと先発が多すぎか。ま、後述。

 アライバ福留にはなるべくサインを出さない方針でやったところ。福留はボコスカ打ちました。この後の試合も終えて4割以上の打率で終えたはずです。体感では2回に1回はヒット。GR効果?

 

 ところがウッズが打たない。サインを出してもダメ。いっそVSの方がよかったかと後悔中です。井上の効果はこの試合では体感できず。勝ってたし、ヒットも出なかったし。w

 久々に快勝でした。

 次も中日です。連勝モードかと思えるような勝ち方ではなかったのですが・・・。

 AS はいはいASね

 うんざりするようなまさにASの布陣。

 ぼっかんぼっかんノーサインで打たれて負けました。

 そんな中でも福留だけはちくちくと安打。w すまんな福留。腐らないでくれ。

 青顔井上が試合途中で安打したら、後ろのアレックスも青顔から黄顔に変化。おお、MM発動しとる。w でもそのアレックスは凡退だった。その後ろの立浪も凡退だった。意味ないじゃんか。すまん、采配が悪いんだ。

 で、負け。

 ま、いいやこの際。w

 中日は選手枠が満タン。

 とりあえずじゃんじゃん入れた結果の様子を記録~。

先発

川上・山本・中田・朝倉・マルティネス・ドミンゴ・小笠原・佐藤充

 8人もいるやん。多いなこりゃ。

中継ぎ・抑え

岡本・落合・鈴木義・石井・高橋・岩瀬

 6人とまずまず?

スタメン

荒木・井端・福留・ウッズ・井上・アレックス・立浪・矢野

控え

谷繁・高橋光・渡邉・森野・川相・英智

 

カードはあれど登録されていない選手

藤井・デニー・小田

カードを持っていない選手

平井 中継ぎ

奈良原 二塁

上田 中堅

谷繁 まだBBH1のカード

井端 まだBBH1のカード

 

引いたら先発を7人にして登録するかって感じです。

明日の定例会は行く予定ですが、遅くなる可能性大です。

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

ドラゴンズの話

 今日は仕事帰りに所沢に寄ってみたのですが、BBH2は並んで待っている人がいる状態だったので、何もしないで帰ってきました。あ、GCBは空でした。w

 さて今日はMM(ムードメーカー)の話。

 どうにも効果が目に見えにくいスキルですが、そこそこ効果的であるとの話です。

 何しろ先頭打者HIT率UPをMMに生かすために、一番清原という人もいるようです。極端な話ですが。w まあ先頭打者HRも狙えるからなあ。

 中日にはMMが一人。

 井上 黒68 逆境 MM

 外野全部Dと、中日の外野陣に割って入るには少々守備に不安がありますが、MMが大事となれば話は別。

 英智のLB付の守備はリード時にでも生かしてもらうとして、スタメンに井上を繰り上げることにします。

 右翼には福留、左翼にはアレックスがいるので、中堅に井上とすることにします。

 

 さて打順。

1 荒井 

2 井端 

3 福留

 この3番までの3人はノーサインがなかなかいいようです。あれこれ余計な指示を出さない方がいい結果がでることがあるとか無いとか。w ミートよりの放置にしてみようと思います。もちろん相手がパワーピッチバレバレのようならばそれに対応しますが。 

4 ウッズ

 チャンスの弱い4番です。頼りないです。ウッズは先の3人と違いサインを出すのが好成績の元らしいです。幸い広角持ちですので、内外角に対応できそうです。もしガッツリはまれば連発スキルも頼もしい。1発打てたらその後はノーサインがいいのかなあ?連発スキルはこちらがサインを出しても効果が出るのかな?

5 井上 

 ここで井上を入れます。MMとともに逆境がついていることにも注目しました。1から3番まででランナーを出しても4番のウッズがチャンスに強くないので、今ひとつ信用できません。特に負けているときにはこの逆境が効いてくれると信じたい。そんでもって1打出れば、MM発動で、6番以降の打線に活気を注入します。下位打線が元気になってくれればそれはとてもありがたい。

6 アレックス

7 立浪P13M15(森野P14M14)

 MM効果を考えて6番にはPHのアレックス。7番に三塁を守るはずの2人のどちらかを入れます。P13以上あれば長打もそこそこ期待できると思っての打順です。

8 谷繁(矢野)

 とりあえずここに配置。調子次第で6~8番は流動的ですね。

 今日は参戦できなかったので、明日は・・・と思ったのですが、ちょっと苦しいかなあ。所沢にふぇんりるさんが出張るらしいので、こちらも参戦したいですが、時間が9時過ぎだなあ。

| | コメント (2)

2007年1月16日 (火)

本日2試合

今日もやってみた。はまってんなあ。w

まずは西武。

日ハムAS 八段

 戦力値が近い相手を見たことないぞ最近。とほほ。

 

 こちらの先発は頼りない外人先発の1人、ギッセル。一応好調。

 相手は川上・・・。またもや勝敗なしの新規登録好調の一線級エースが相手です。なんかさすがにげんなりしますなあ。この仕組みなんとかしてくれないかなあ、コンマイ。

 

 さて序盤は白熱の投手戦。6回まで互いに0行進。しかしまあ、こちらは手も足も出ない感じで、相手はこちらのサインで何とか切り抜けている感じ。つまり押されているということ。まあ相手がASなので当然ですが。

 

 7回の表。ランナー無しでノーサイン。中村剛の3号ソロ炸裂。やったぜ。

 このまま継投で乗り切るぞと意気込んだものの、後を受けた大沼がぴりっとしない。

 セギノールにノーサインで逆転2ランをくらう。

 さらに代打古田・・・。ここでも1発。

 一挙に1-3と試合をひっくり返されます。

 そして悪夢の8回。

 AS軍団爆発。一気に5点を追加されてとどめをさされました。

 結局川上相手に2安打に抑えられてしまいました。ガックリ。やはり新規登録技を何とかしてほしいぞ、コンマイ・・・。

 気分が落ちたまま今度は中日。

 相手ライオンズ。

 おお!ライオンズ相手だ!これは楽しめそうだ!!

 と思ったのもつかの間・・・ASでした。

 相手先発は三浦だし。あ~あ。こちらは好調左腕マルティネス。しかし相手に左打者があまりいないじゃないの・・・。

 そのマルティネス2回につかまり2,3塁のピンチ。サインで裏をかいて仕留めたと思ったらポテンヒット。はあ~。

 いやな感じです。こういうサインで勝ってるのに結果がついてこないのは、メモリや運もあるけれど、例の連敗モードに入っているのではないかと思うこのごろ。

 

 案の定というか予想通りというか、その後ランナーは出し、サインも裏を取られないにもかかわらず、作戦が成功しない。

 こういう時の頼みのVSも強振MAX赤丸バッチリ重ねたのにスタンドインしないでヒット止まり。そりゃないだろ~。

 

 しかも相手は通信エラーで最後はCPU。このCPUを打ち崩せず0-1で敗退。トホホ、これは情けない。

 ということで本日の2試合はどっちも負け。

 う~ん。どうにもこうにも・・・っつーかどうにもならん。w ほ~の腕では。

 ASの先発新規登録をやられるとつらいです、ホント。レベル1だって、こっちの白先発のはるか上の数値の連中です。それが好調以上、おそらく絶好調で毎度のように当たるのですから・・・。

 そんなことする人ばかりじゃないけれど、なんかここんとこよく当たってます。

 戦力値の近い対戦組んでくれないのかなあ・・・。

 

 

| | コメント (2)

妄想:余ったカードでAS

 暇なもんで。w

先発

小林宏(千葉ロッテ)先発SP77 打球反応

川越(オリックス)先発SP76

上原(巨人)先発黒79

高橋尚(巨人)先発黒74 (左腕)

土肥(横浜)先発黒71 牽制 (左腕)

八木(日ハム)先発黒69 (左腕)

と左右で3枚ずつと。

中継ぎ・抑え

福盛(楽天)抑えSP71 

愛敬(楽天)先発SP62 勝負運(←このスキルがあるので入れた)

MICHEAL(日ハム)抑えSP67

藤田(千葉ロッテ)中継ぎ黒71 (左腕)

大久保(オリックス)抑え黒70

石井(ヤクルト)抑え黒71

こんだけいりゃ少しは抑えられないかな?w

野手(ポジション別に)

捕手 

阿部(巨人)黒75 広角 満塁

一塁

松中(ソフトバンク)黒66 威圧感 PH サヨナラ スライディング 連発

カブレラ(西武)黒71 PH 初球 体当たり

リグス(ヤクルト)SP71 CM

李(巨人)SP64 PH 逆境

ズレータ(ソフトバンク)黒67 威圧感 PH 連発 体当たり

二塁

ラロッカ(ヤクルト)黒76 広角

小阪(巨人)黒79 守備職人

三塁

小久保(巨人)黒71 威圧感 PH 初球 連発

遊撃

川崎(ソフトバンク)黒75 サヨナラ

宮本(ヤクルト)黒74 流し打ち 内野安打 守備職人

右翼

柴原(ソフトバンク)黒72

濱中(阪神)黒68 PH 満塁

中堅

SINJO(日ハム)GR

赤星(阪神)黒80 CM 流し打ち 内野安打 初球

大塚(千葉ロッテ)黒71 代打

左翼

ラミレス(ヤクルト)SP66 PH 逆境

うわあバランス悪っ!

以上暇つぶし終わり。w

| | コメント (3)

2007年1月15日 (月)

ドラゴンズ始動!

 とうとうドラゴンズを始動させました。

 と言うのも・・・別に西武に飽きたわけじゃないんです。噂に過ぎないと思うのですが、BBH2には連勝モードと連敗モードがあるらしいのです。

 連勝モードに入ると作戦成功率がUP。連敗モードはその逆。何をやっても裏目に出ることありませんか?また、サインは読んだのに相手に有利に試合が運ばれることありませんか?

 単なる運とするには不可解な調整が入っているのではないか、という説があるのです。それがこの連勝・連敗モード。

 つまり・・・。その日。1試合目に勝てば続ける。負けたらやめる。これを試したいと思ったわけです。数試合したいと思っているときには西武だけではこの方法ができません。

 ASはいったん封印しています。

 ならば収集途中とは言え、現有戦力で見切り発車してみるのもいいんじゃなかろうか。(←要は我慢できなかった)

 ただ、遊撃手がいないような状態じゃ話にならないので、数枚カードを買いました。現黒はさすがに高いのでBBH1のカードなのでしのぐことにしました。

 まずは西武。

 楽天AS 9段

 楽天の影も形も無いASです・・・。

 相手の先発は斉藤。勝敗がこの試合数なのについていない斉藤です。いわゆる毎回登録という裏技ですね・・・。まあ、できちゃうものは仕方ない。納得しているわけじゃありませんが、がんばるしかないわけです。

 こちらは絶好調グラマン。幸い相手は左打者が並んでいます。グラマンでどこまで引っ張れるか・・・。

 2回にDH中村剛へ打順が回ります。清原が不調のためにDHに座っていた彼。打ちました第2号の先制2ラン。

 その2点をグラマンが必死に守りますが、黄色に切り替わる寸前の5回。相手の豪華な打線につかまります。絶好調を信じてちょいと無理をしたせいか、まだ赤に入る前に一気に3点帰されてしまいました。

 反省。グラマンは所詮白62。ランナーがたまったところで継投させるべきでした。

 この後相手の豪華な継投に対して、三井など左腕とワンポイントで右腕大沼などを当てて、不調ながら左腕星野とつないでこちらも抑えていきます。

 AS相手によく粘ったのですが、打線も元気なく、VSも失敗。そのまま敗れてしまいました。

 1点差の惜敗と言えるかなあ。

 

 で、負けてしまったので、ドラゴンズを始動させることにします。

 最初の登録はこんな感じ。

 川上 先発:黒78 打球反応

 岩瀬 抑え:SP75 

 

1番 荒木 二塁:黒73 逆境 スライディング

2番 井端 遊撃:旧黒76 流し打ち

3番 立浪 三塁:しろ65 満塁

4番 Tウッズ 一塁:黒66 PH 広角 初球 体当たり 連発

5番 福留 右翼:GR 

6番 アレックス 左翼:SP79 PH LB

7番 森野 DH NONCARD

8番 谷繁 捕手:旧黒72 ブロック

9番 英智 中堅:黒75 LB

 オープン戦はDHだったのだ。w

 ソフトバンク 7級 AS途中?w

 こちらのアレックスと相手の緒方のともにノーサインでの1発だけの投手戦。結局0-0の引き分け。w

 川上はコントロールがとってもいいので、コントロールMAX放置でスイスイでした。どうもあわされてるような時は球威寄りを少々織り交ぜてかく乱。最後はせっかく登録したので岩瀬でしめておきました。

 引き分けなのでもう1戦ドラゴンズ。

 さらに選手をどっさと登録。

 先発は中田 黒71に託します。

 打順にはDH森野を普通に登録するとともに現阪神(元中日)の矢野を投入。

 これって谷繁がカードショップに売っていない可能性も考えて準正として忍ばせておいたものですが、谷繁が早くも不調になったので早速出番です。

 相手はまたもやソフトバンクのAS途中みたいなチーム。

 初回の井端の長打をとっかかりに2点を先制。途中でアレックスが「打たせて取れ」にセンター返し強振MAXでソロHR。

 この3点を最後は岩瀬で抑えて守りきりました。

 

 さてその中日だけれども打順に大いに改善の余地がありそうです。

1番 荒木

2番 井端

は調子にもよるけれど固定したいところです。

 3番を福留にすべきか悩んだのですが、結局立浪にしました。オープン戦DHのことを考えていなかったので、家に帰って考え直してみるとDHにして井上でもよかったかと。

井上 右翼:黒68 逆境 MM

 でもって4番ですがTウッズのチャンスが2なのが気になります。頼れない4番じゃないですか・・・。アレックスが2発打っているので、調子が同等ならばアレックスを4番にしてみようかなあ。

 下位打線は・・・どうにもなあ。守備を買って英智をスタメン候補にしているけれども・・・。成長すんのかな?パワー10ミート11はちと頼りないにもほどがあるからなあ。と気になったので調べてみたら・・・レベル5で パワー10.5 ミート12 らしい・・・。ダメじゃん。井上と調子のいい方を使う形がいいかなあ。

 とまあ2球団目を無事に(?)始動です。中日のトレ希望は23中隊掲示板に書きますのでどうぞよろしく。w

 

| | コメント (6)

2007年1月14日 (日)

今日は大逆転

 今日は所沢で1試合。

 相手はソフトバンクASの5段。

 萎え~。

 まあ、やるしかありません。こちらは調子普通のスタミナMAX西口を投入。

 初回先頭打者のSINJOをレフトフライにしとめたら、和田が落球。ああ~、発動してますよ、例の効果が。

 すぐに相手がサインを出してくるので例の「内角球威MAX」をぶちかまします。相手のサインは盗塁。これを細川が見事に刺します。ふふふ。

 おかげで初回を零封。

 こちらの初回の先頭打者はCM片岡ですが、ショートゴロ。ぎゃふん。ここから3回まで三者凡退。ソフトバンク先発の杉内を打ち崩すきっかけすらありません。

 そして打順が一巡しての4回に悪夢が。

 西口がつかまったと思ったらあれよあれよと点を取られます。SINJOには1発も浴びてしまいます。

 なんとこの回一挙7失点。ぐはっ!!!!

 こう大差がつくと試合を投げちゃう人もいますが、ほ~は投げませんよ。w あっちが7点取れるならこっちも取れるはず!(←強い思い込み)

 まあASによくある左打者がずらっと並ぶ布陣だったので、西口にはつらいところもあっただろうと、つなぎは左腕三井。で、この左腕にしたとたん相手は沈黙。w

 回は進んで5回の裏。

 8番細川がヒットで出塁。9番栗山がエンドランを読まれて小フライ。ランナー動けず。栗山は自動エンドランがあるので2番に据えていたのですが、空振り三振でランナー2塁で憤死してゲッツーが多いので、9番にいます。w

 1番にかえって片岡。ここは凡退。しかしどうも相手は球威MAXのよう。非力な打者には球威MAXで来ている様子です。

 2番の佐藤でも相手が球威MAXで来るだろうと読んで、こちらも強振MAXで球種だけストレートに指定。

 ずきゅーん!

 出た2ラン!!!

 とっても低い弾道でスタンドイン!やったぜ、反撃ののろし!非力な(パワー11)佐藤がかっとばしてくれました。

 続く3番中島はPHです。ここも強振MAXでサイン「引っ張り」を指示。この相手は結構内外角に球を散らせて来る人だったので、引っ張ってみたら・・・。

 どか~ん

 ソロHR。

 これで3点返しました。

 6回の裏にも1点返し7対4と3点差まで詰め寄り、とうとう杉内を引き摺り下ろします。

 8回表からスタミナが減ってきた三井に代わって登板するのは、やはり左腕の星野。左が並んでいることもあって、以降危なげなく抑えます。

 そして8回裏。

 1番片岡がヒットで出塁。先ほど1発を打っている佐藤はエンドラン失敗。

 3番中島は「強振MAX見極め」で四球。

 そして4番カブレラ・・・。

 前回学んだミートMAXを試すときが来ました。

 VSを仕掛けてミートMAXでど真ん中放置。長方形の四隅以外は円に収めます。

 ところが相手は球威でど真ん中。wwww

 ミートMAXの小さい濃い赤丸にズバットはまります。

 出ました同点の3ランホームラン。www 飛距離はそれほどでもなかったものの、文句無しでした。まあ、そりゃそうだろう。

 続く5番和田もVSミートMAXです。さすがにど真ん中は無かろうと、ほんの少し左下にずらします。ところが・・・。

 またもや球威MAXど真ん中。wwww

 あ~、ちょっとしかずらしていないから濃い赤が薄くかぶっています。

 逆転のソロホームラン!

 そしてこの回さらに2点を追加。「打線に火がついた」みたいなアナウンスを始めて聞きました。

 センター近くに放った打球にSINJOが飛びついて取れず。このとき、SINJOに赤の「!」マーク。なんと故障です。

 まあ、代わって出てくるのが赤星なのであまり同情しませんが。w

 こうして8回を終わって7-10と大逆転。やったぜ!

 なんと相手はここで試合放棄。

 ええ~。俺、7点取られても続けたのに・・・。

 残り最終回だけじゃんよ~。やれよ~。3点差じゃんかよ~。

 最終回。左腕星野がCPU相手にきっちり抑えて勝利です。

 うははあ!

 ASに勝つと気持ちがいいなあ。

 しかし西口の防御率はボロボロだぞ・・・。

1番 片岡 

 CMがあまり発動している様子が無く、打率も1割台。根気強く使っています・・・。

2番 佐藤 

 栗山が9番に下がったので3番にいた彼が2番へ。バント4と走力17が相手にプレッシャーを与えるはず。

3番 中島

 PHでチャンスが4。下位打線に置くにはもったいない存在だった。

4番 カブレラ

 不動。

5番 和田

 最近不動。チャンス4が3人並ぶ打線にしてます。

6番 DH中村剛 (←清原が不調の代役)

7番 石井

 「満塁」を生かす場面が来ない。w 固め打ちもしたことない。ww 打率1割台。なんとかなってほしい。

8番 細川

 バント4がこの辺に1人いるのが意外に大きいと思う。バントエンドランを選択することも細川ならば出来る。

9番 栗山

 自動エンドランが三振ゲッツーを連発するので、格下げになってしまった。成長して弾道を含めてあれこれ成長するらしいので、それまでは下位だろうか・・・。守備もなんか不安定なんだよなあ。

| | コメント (4)

2007年1月13日 (土)

完封だ

 はい、本日は1試合だけ。

 昨日の定例会ではうんざりするほど将位ASとあたって負けが増えていましたので、今日は気分も新たにがんばりたいところ。

 相手は9段のおそらくソフトバンク純正か準正。おお、こりゃ楽しそうだ。

 こちら先発は帆足。勝負運がちっとも発動する様子がないけれど・・・。

 静かな立ち上がりながら2順目。CM片岡出塁。栗山がオートエンドランを成功させて、3番佐藤はバントエンドランが送りバントの形になり、1死2,3塁のチャンス。4番カブレラですが、あえてミートMAXのVS。これが的中して3塁ランナーが生還。

 このミートMAXのVSってなかなか使えるんでないの?昨日ASのPHどもがやってきてだいぶちまちま打たれたことで、やっとこ有用性に気がつきました。(←遅い)

 その後帆足がふんばります。

 終盤のチャンスではスクイズ。相手はスクイズ警戒だけど、やっぱり成功しちゃう。w 追加点。

 最終回はランナーを出したところで抑えの豊田にスイッチ。VSを仕掛けられる前にサインを押すことに成功して、完封することができました。

 VSして欲しくないところではサインを先押しすることも大事だなあと実感。

 排出は李。以前シオンさんとのトレで出て行ったのにまた来ました。

 1試合でSP引いたので文句はありません。w

 

 復習。

 PHのVSでミートMAXはけっこういけるんでない?もちろんHRも醍醐味ですが、先取点が欲しいとか、まず追いつきたいとか、1点を争うようなケースでは十分選択肢の一つではなかろうか。ドンピシャ来たらスタンドインもありえなくないような気もしますし。無理かな?w

 

 さて、昨日の定例会ですが、隊長、KENさん、ふぇんりるさん、ま~すけさん、ボライソーさん、K2さん、シルルさん、フラナガンさん(もいた?)、そしてほ~と盛況でした。

 とは言えBBH2組はそっちにベッタリ。w 特にボライソーさんはとっても成績がよくって二段に昇進してランキングも3000番台まで躍進。すげえ。w 緒方の先頭打者HRも2本出て、エンジンがかかってきました。防御率がすんごくよくて、打率がすんごく低いという投手王国です。w

 ふぇんりるさんはCPU相手になっちゃうときもあったようですが、最後の試合の9階裏、清原満塁弾で追いついたところは大興奮でしたね。さすがです。VSじゃなくサインでそこまで持っていったというのがすごいです。

 K2さんとは大量トレ。ドラゴンズの選手をSP込みでいただいて、ソフトバンクや横浜の選手をこちらもSPひっくるめてわっさと。w 他の方からもだいぶ移籍してきたようで、一度に登録できないよと嬉しい悲鳴でした。ふぇんりるさんは例の「貸しておく」が発動して、番長三浦がK2さんのところへ。w

 そうそうふぇんりるさんとは帰りに黒松坂と黒川上でトレ成立。ぼちぼち中日も充実してきました。そろそろ準正か連合で組むかなあ。セリーグの試合も体験してみたいからなあ。

 どれどれ・・・。

 川上 先発:黒78 打球反応

 頼れるエースだ。裏クイックが4なのも嬉しい。

 中田 先発:黒71

 裏ピンチが2なのが不安だが、裏クイック4で帳消し?

 朝倉 先発:黒69

 普通。

 黒の先発はこれだけ・・・。う~ん。やはり単独はつらいか。しかし・・・。

 佐藤 先発:白65

 頼れる存在じゃないように見えるのですが・・・どうも成長がなかなかよいらしい。表初期はぱっとしませんが、後々ある程度計算できる投手になるとのこと。

 岡本 中継ぎ:黒70

 中継ぎでこれだけあれば文句なし?

 あとの中継ぎは白。

 鈴木 中継ぎ:白66

 デニー友利 中継ぎ:白64

 石井 中継ぎ:白63 左腕

 高橋 中継ぎ:白63 左腕

 う~ん、鈴木以外はどうなんだろう・・・。

 岩瀬 抑え:SP75 左腕 

 守護神と。

 さ~て、野手。オーダーは無しで守備位置で見てみると・・・。うわあ、まだ苦しいや。

 小田 捕手:白61 

 適性E!送球18で大丈夫かと思いきや、守備力は11・・・。やはりどう見ても谷繁の代理はつとまらない。苦しい。

 渡邉 一塁:白65 守備職人

 おそらく代打の力も高いと思われるが・・・やはりスタメンの選手じゃないよなあ。ウッズが欲しいところ。

 高橋 一塁:白60

 裏弾道が4。パワー13、ミート14なのでどうにもならないわけでもないけれど、どうにかなるわけでもない・・・やはり。

 荒木 二塁:黒73 満塁 スライディング

 走力19!裏パラの盗塁も4。こりゃ頼りがいがある。

 

 立浪 三塁:白65 満塁

 おお、立浪じゃないか!

 川相 三塁:白64 守備職人

 おお、川相じゃないか!

 森野 三塁:白64 

 弾道が4。パワーは一応14ある。HRを狙えなくもないが・・・。

 三塁はこの3人で回せということなのだろうか?

 あう・・・遊撃手がいねえ。

 福留 右翼:GR(黒の数値は87) 威圧感 AH 広角 固め打ち LB

 まあこれで文句行ったらバチが当たる。

 英智 中堅:黒75 LB

 走力17で裏の盗塁も4だ。以前西武が組みきれない時に、リードした終盤の守備堅めに重宝した。

 アレックス 左翼:SP79 PH LB

 うおう、これで外野全員LB!すげえ。www

 うむ・・・。控えがいないが外野はバッチリだ。

 遊撃は井端かあ・・・。なかなか出ない感じ。w 捕手の谷繁もか。

 とりあえず始めるなら連合軍か?でもどっちも最初からいてほしい選手だなあ。

 一塁と三塁は他でも代理が利きそうだが。あ、あと投手陣がまだ足りないか。

 

 もうしばらく準正西武でねばるとするか。

| | コメント (4)

2007年1月11日 (木)

珍しく2連勝

 うわーい、2連勝。w こりゃ珍しい。

 うちの準正西武がんばりました。

 初戦

 VS千葉ロッテAS 9段

 

 9段のASということで苦戦必至。こちらの先発は一番頼りない左腕グラマン。相手は松坂・・・。はうう。

 初回の先頭打者安打(←K2さん情報は正しいようです)を取っ掛かりにされて怒涛のサイン攻め。それほど裏をかかれたわけではないものの、今ひとつ抑えられず、きっちりランナーを返されて2点を失う。やはりこれはASの力か・・・。

 

 こちらも初回先頭打者片岡がオート放置で出塁。(←やはり) よし!続く栗山はオートエンドラン発動のはず。

 ランナー走った!

 見事オートエンドラン発動だ!

 バッター三振!

 って、ええっ!

 ランナー2塁でアウト!

 って、えええええ!!

 なんじゃそら。w オートエンドランも必ず成功するわけじゃありませんが、ダブルプレーは悲しい。

 その後はグラマンがのらりくらりの本領発揮(?)。なんかうちのグラマンっていきなりガタガタっと点を奪われて、満タンだったスタミナがどばっと半分くらい減って一気に黄色になって、それからがしぶとい。ww

 元々6回持つとは思っていないので、5回で大沼にスイッチ。この大沼が粘る粘る。松坂相手に引けをとらない快刀乱麻。

 

 で、「尻上がり」の松坂を打ちあぐねて仕方なくオートにしてみたら、前の回から続いて1,2番が連続三振。ん?これはひょっとして球威MAXではあるまいか?で、3番佐藤をちょいと強振にしてみたところ、それでも豪快な速球で空振り三振。こりゃ間違いなく球威MAX投球のご様子。

 次はカブレラだけど・・・もしかしたら相手は調子に乗っているかもしれない・・・。オートをやめて強振MAXの直球待ち。

 どっか~ん

 出ましたノーサインHR。

 これが反撃ののろし。7番細川が連続安打で絶好調になる中、サインも使って終盤に試合をひっくり返します。

 とうとう赤ミリ残りになった松坂を引き摺り下ろします。代わって出てきたクルーンには豪快な160km直球で抑えられてしまいましたが。w

 しかしこちらの大沼は8回まで持ちこたえ、最終回は左に左腕星野をワンポイント投入。最後は小野寺でしめました。

 

 松坂を打ち崩しての逆転勝ちはと~っても気分がよい!

 2戦目

 楽天コンセプト 快速ランナーズ(?)www 2段

 最初の戦力値を見るとうちの西武といい勝負。お、これは楽天純正か準正かいなと思ったら、走力の数値が振り切るような状態。

 メンバーを見れば快速ランナーばかり。www おもしれ~。こりゃ戦いがいのあるチームです。

 うちの先発は頼りない外国人投手その2ギッセルです。w しかしギッセルでもこの相手ならば勝負になります。PHがいませんから。

 この相手はおそらく転がして出塁し、足をからめて得点するのがパターンでしょう。っつーかそれ以外無いと思うけど。w

 さて、この試合では初回先頭打者は守備の正面の打球となって双方アウトでした。でも当たりはよかった。

 調子を落とした清原とフェルナンデスの代わりにDHに入ったのは好調GG佐藤。三塁線にすばらしい当たりのヒットを放ってくれましたが、HRは無し。しかもこの試合の後の画面では絶好調だった調子が不調に・・・。お前ほんとに安定度3か?w

 こっちはPHが揃っていますがあまりそれには頼らずにサインで勝ちたいと、ここぞと見ればサインを連発しました。最終回にはサインは0。w

 こちらが打者細川(裏:バント4)の時にはスクイズ警戒をしてくるなど、なかなかの精通振りの相手で、とっても楽しかったです。

 結局ギッセルは終盤まで持ちこたえて、8回から先頭打者が左なので左腕三井を当てて、その回をしのぎ、最終回は豊田でしめました。

 

 復習。w

 初回先頭打者の出塁率には補整がかかっているのに間違いなさそう。

 メモリをどこに持っていくかは今後の課題。オートじゃない方がいいのか?

 ランナー1塁に出ての相手のサインには内角球威MAXがやはり効いた。もちろん連続したらばれるので、それ以降はいろいろちりばめました。w 都合、相手のエンドラン指示を空振りさせるシーンが3回くらいありました。走ったランナーは1回だけアウトに出来ました。まあエンドラン成功されるよりよっぽどまし。

 

 

 明日は定例会です。重役出勤の予定でしたが、普通に出撃できそうです。BBH2談義とトレあれこれしたいです~。w え?GCB?一応部隊は持参しますが・・・。w

 

| | コメント (3)

2007年1月10日 (水)

投手の数の話

 23中隊掲示板でも議論されている投手の数の話。

 ほ~の現在は

 先発6人

 中継ぎ5人

 抑え2人

です。

 先発は6回持てばまずまずで、その前に交代することも多々あります。そのため中継ぎを5名そろえています。

 ただここにボライソーさんから工藤がいただけるとまた状況が変わります。

 本当は絶好調の投手を登板させたいのですが、6人で回しているとなかなかうまい具合にいきません。絶好調でもスタミナが回復していなかったり、スタミナが回復して準備万端なのに不調だったり。

 先発が7名になるだけでこれが少々解消されます。これはありがたい。ボライソーさんは8名の先発陣のようですが、本当ならばそれくらいいてもいいのだと思っています。絶好調ならば6回以降も持ちこたえてくれる可能性が高まります。その分中継ぎ陣の出番が減るわけです。

 西武の白中継ぎは頼りないので先発ががんばってくれた方がいいのです。

 ASと対戦すると中には左打者をずらっと並べた布陣に出会うことがあります。こうなると優秀な右腕でもつらいです。左の強打者ばかりをずっと気を抜けない状態で相手にするんですから。となると左腕の存在って大きいと思うのです。

 だもんで先発左腕を補強したいのだった。

 

 抑えですが、まあ1人でもいいんですが、一応2人。調子がどっちかはいいだろうという淡い期待。1人しかいないで不調だと、最後がしめられませんから。w と言いつつ、中継ぎでそのまま最終回も引っ張ってしまうこと多いですが。(←負け試合が多いからw)

 先発7人

 中継ぎ4人

 抑え2人

 

 工藤の活躍具合によってはやはり土肥を戻すことに必要になるかも。w がんばれ工藤。リアルな方でも。ww

 

| | コメント (3)

ひき逃げ前川    あと、うちの西武

 オリックスの前川が熱い!w

 リアル ヒットエンドラン!

 っつか投手か。w

 捨てICを作って先発火達磨援護なしという状況をお願いします。

 使用停止になるんだろうなあ、やはり。

 さて、出撃していないので記事が無い。

 記録の意味も込めてうちの西武を書いてみる。

1 片岡:二塁 CM

2 栗山:右翼 内野安打 初球 (オートエンドラン発動)

3 佐藤友:中堅 流し打ち (裏:バント4)

4 カブレラ:一塁 PH 初球 体当たり (+逆境)

5 和田(旧):左翼 PH 逆境 内野安打 満塁 初球

6 清原:DH 威圧感 PH 広角打法 体当たり MM

7 石井義:三塁 満塁 固め打ち

8 細川:捕手 ブロック (裏:バント4)

9 中島:遊撃 PH 初球 (裏:チャンス4)

投手陣

先発

松坂 尻上がり ジャイロボール

西口 

帆足 勝負運 (左投げ)

ギッセル

グラマン (左投げ)

中継ぎ

星野(旧) (左投げ)

田崎

三井 (左投げ)

大沼

山岸

抑え

豊田(旧)

小野寺

控え

炭谷:捕手 満塁 (表:送球18 裏:送球4 捕手リード3)

高木:二塁 内野安打 初球  (裏:エラー回避4)

フェルナンデス(旧):三塁(一塁) PH 初球 固め打ち

中村剛:三塁(一塁) PH 連発

GG佐藤:右翼 PH

赤田(旧PU):中堅 内野安打  

総括

 左の先発が薄い。涌井が入っても彼は右。ボライソーさんからの工藤の参入が待たれる。そもそも白先発陣の信頼が薄い。許、ギッセル、グラマンの3人は本来なら絶好調時にしか使いたくない先発。それなのに先発が6人しかいない。

 工藤を入れて、中継ぎ白で一番低い能力の山岸を退団させる予定。

 準正なので土肥(横浜)の復帰を検討中。左投げ先発がもう1枚欲しいのです。

 中継ぎでは石井貴を早く引きたい。威圧感のスキルを持つ中継ぎは貴重。

 旧カードは新カードに早いとこ入れ替えたい。ただ能力を見比べて旧カードで継続する可能性もありで。w

 

 捕手の控えの炭谷はあなどれない能力であることに気がついた。正捕手の細川の調子を見てどんどん入れ替えて行こうと思わせる。打力はグズグズ(パワー11ミート10)だけども。w

 1番手を担う片岡だが、なんと裏:エラー回避が2!守備適性がBなのに、これは危険だ。二塁の控えの高木は裏:エラー回避が4。リードした際の守備固めや、片岡が調子を落としたときは取り替えて行きたいところ。調子が悪いと守備にも悪い面が出るとの噂ですし。

 フェルナンデスと中村剛は、一塁カブレラとDH清原が調子を落としたときの代理と、代打要員です。DHに限ればGG佐藤も調子が良ければ・・・でも以前のふぇんりるさんの西武と違ってうちのGG佐藤は打たないからなあ。w

 そのGG佐藤ですが、リーファーでも引いたら退団かも。w だって左打者欲しいし。

 赤田は旧カードなのでCMがついていないので控えに甘んじています。新カードを引いたらまたスタメンは組み替えたいところです。ランナーが出てなんぼのゲームな気もするので、CMは大事だなあと。 

 ああ、仕事が本格化するとさすがに出撃もできひん・・・。仕事帰りに無理して1試合とかやりたくなるなあ・・・。地元に行くかなあ。

 あ、今週定例会はちょっと遅れての出撃になりそうです。

| | コメント (0)

2007年1月 7日 (日)

吉祥寺2試合

 BBH2は持ち運ぶカードが少なくていいのがナイスです。

 吉祥寺へお買い物ということで「行けるかも」くらいでカードを懐へ。

 GCBはこうはいきません。

 でもってまんまと2試合こなしてきました。

 ただ息子が2試合分は持ちませんでした。w

 1試合はけっこうおとなしく見ていたのですが、もう1試合はお菓子を取り出し食べ始め、携帯をいじくってべとべとにし、と散々です。

 試合にまったく集中できません。VSを挑まれて慌てて押して、結果を見ずに息子の手を拭くみたいな感じでした。

 2試合ともASでした。つらいねご同輩。

 

 そんなこんなの状況ながらどちらも接戦を演じることができたのが幸いです。

 戦術で気がついたこと。

 バント警戒で、前進守備とか選んでる人がいた。それだとバント警戒は無効になるはず。やめましょう。と言ってもバントは裏パラでバント3あれば、まず成功するようですので・・・。

 スクイズはまれに敬遠で3塁走者をはさんでアウトに出来ることがありますが、発動条件は不明ですので、乱用は禁物かな?

 どうにも読まれているときはオート。w 今日の試合で相手がやたらとこちらの投手の位置を読んで来る人でした。こっちは息子の相手もしているので、いちいち投手の位置を動かすのが大変。で、面倒なのでオートにしちゃいました。そしたら外す外す。www 放置よりもとっても効果的でした。ただしスタミナの消費は激しいかも。私はどちらかというとコントロール重視派なので、スタミナは打たれなければそこそこもつのですが、オートにしたら球威の方にも結構動かしているようで、スタミナはいつも以上に減っていた気がします。(←うろ覚えの体感)

 排出は阿部(巨人)が2枚目です。捕手でお困りの方は23中隊掲示板まで。w

 

|

2007年1月 6日 (土)

再び準正 そして戦術

 ASに早くも飽きて、結局西武準正にもどったほ~です。

 遊撃中島やら2番手捕手の炭谷やらちまちまっと購入。無理無理そろえました。

 ふぇんりるさんとのトレで小野寺も参入して、なんとか準正の形を整えました。

 ASと当たるとどうにもこうにも厳しいですが、準正や純正相手だと楽しく戦えます。あ、コンセプト球団もナイスです。w

 一応現時点での我が西武。

1番 片岡(西武)二塁:黒72

2番 栗山(西武)右翼:白66

3番 細川(西武)捕手:黒66

4番 カブレラ(西武)一塁:黒71

5番 清原(オリックス)DH:白58

6番 和田(西武)左翼:旧キラ70

7番 赤田(西武)中堅:旧黒69

8番 石井(西武)三塁:黒67

9番 中島(西武)遊撃:黒78

 ただし猫の目オーダーです。調子を見てどんどん入れ替えてます。

 で、こっから戦術の話。

 ご存知かと思いますが、一応書いておきます。w

 うちの西武の2番栗山には「自動エンドラン」がかかります。

 条件は良く知りませんが、自動エンドランをかける選手とそうでない選手がいるようです。西武の栗山にそれがあるのが分かったので、2番です。

 条件は走者の走力と打者のミートかなあ?両方の数値が一定以上なら発動?

 1番の片岡にはチャンスメーカー(CM)がついています。CMはアウトカウントが少ないときにミート率UPですので、当然1番に最適。調子を落として1番を任せられないような時も打線の切れ目に入れます。PHの後ろに入れて、前の打者で終わるか打つかの勝負をかけるようにするわけです。

 そりゃもちろんそうそううまくいくわけではありませんが、先日の試合では2試合で自動エンドラン。初回に先制点という上出来な効果でした。

 次。

 調子が絶不調(紫顔)の選手は問答無用でスタメン落ち。不調(青)の選手は打順を入れ替えます。もちろん紫顔でも打てるし守れるのですが・・・。よほど控えの選手との差が大きいのならばともかく、うちの西武だと許せる範囲です。w

 次。

 非力なバッターでHRを狙う。

 非力なバッターには球威MAXにする人が結構います。それまでの試合の流れや直前のバッターへの投球を見て、思い切って強振MAXにします。これで何度かパワーが13以下の選手でも持って行きました。ずっと強振MAXはドアホウですが、時々試みてみてもおもしろいです。

 あ、一応頭のすみっこに球状の広さとフェンスの高さも入っているとなおいいです。えてして弾道が低いので、HRになる打球はライナーですから。まあ、そう言う私もあまり頭に入っていませんが。w

 次。

 変化球や直球。指示によっては無効になってます。

「打たせて取れ」は必ず変化球です。

「盗塁警戒」は必ず直球です。

 つまり「打たせて取れ」を指示しておいて、直球のボタンを押すのは無意味です。

 守備時に「打たせて取れ」をよくしてくる相手だと思ったら、迷わず「センター返し」「変化球待ち」で勝負しましょう。www もちろん必ず打つわけではありませんが。w

 次。

 守備時。相手ランナー1塁で指示を出してきたときにこちらは何を選んでいますか?

 攻撃側には多岐に渡る攻めのバリエーションがありますが・・・。成功されたら嫌なものの代表は「ヒットエンドラン」「盗塁」の2つではないでしょうか?かといって「エンドラン警戒」や「盗塁警戒」は相手がその指示じゃない場合に、四球が多かったりして。(←体感)

 ということで私は最初はだいたい「内角」「直球」「球威MAX」で行きます。もちろん相手がPHだった時は「球威MAX」は諸刃の剣なので、調整しますが、おおむねこのデフォルトで行きます。

 球威が増しているのでミート相手には押し込むことが出来て鋭い打球が減り、内野の間を抜けにくくなります。強振相手は怖いですが球威が勝れば内野フライです。

 もちろん盗塁を狙う相手にも直球勝負が阻止率UPにつながります。

 「内角」が怖いのは「引っ張り」です(←もしかすると積極的もやや弱いのかも)。逆に有利になるのが「流し打ち」「見極め」です。まあ、このへんはどっちもどっちですが。w ただ「広角」や「流し打ち」のスキルを持つ相手は「流し打ち」指示もけっこうあるので、いいんじゃないかと思っています。

 ただし当然のごとくずっとこれやってると読まれますので、「外角」や「打たせて取れ」も織り交ぜます。

 

 次。

 あえて指示しない。

 じゃんけんに負けるのが危険な状況ならばじゃんけんしないんです。w どうも相手が上手でこちらの作戦を読まれていると思ったら、相手の指示に対して指示を出さないという手もあるわけです。

 あるいは内外野の守備位置の調整だけにするとか。PH相手にふぇんりるさんが外野後退だけ指示していましたが、まさにそんな感じです。

 次。

 VS 球威MAXど真ん中。

 円が小さくなる球威MAX。これをど真ん中に置くと意外に行けます。ただし乱用は厳禁。ww ほ~は見事に読まれてど真ん中でHR打たれました。ど真ん中どれくらい通用するのかとAS相手に意地になって試した試合でしたが、連続して指示しちゃダメですね。w それまではよかったです。

 一番いいのはそれまでのVSで丸を長方形の辺にそってずっと置いておいて、ここ一番にど真ん中。w リスキーですがぜひ一度お試しあれ。

 次。

 「積極的」は「初球」スキル持ちだけ。

 まあ当然ですわな。スキルとの相乗効果が見込めないのはつらいです。素で使うには。

 次。

 「打たせて取れ」の強さ。

 怖いの「センター返し」くらいなもんで、それさえ外せば強力です。相手のサインの出し方とそれまでの自分の指示の出し方にもよりますが、なかなか強い指示だと思います。

 先にも書きましたが「センター返し」「強振MAX」「変化球待ち」をされると確定HRとなる可能性が高いので、注意が必要ですが、逆に言えば相手PHがフライではなく、ゴロで抜いていくるヒットが多いような場合はミート寄りに打者を動かしている可能性が高いです。

 (一応復習しておくと、強振だと打球は上がりがちでミートだと打球は転がりがちです)

 というわけで要所の守備指示は「打たせて取れ」です。あ、コントロールの低い投手だとおそらくボール気味に投げているせいか四球もありますんで、そこはご了承。w

 

 ふう。

 ほ~の体感と主観で書いているところも多々あるので、うまくいかなくても怒らないでくださいね。w 間違っているかもしれないし。w せっかく仲間がBBH2を始めたので、みんなでうまくなりましょう!www

 こういう情報交換も大事かな~と、思ったので書いてみました。

 なんかコツがあったら教えてください。w 

 

 

| | コメント (2)

2007年1月 4日 (木)

ASに手を出す の巻

 いやあ、ASに連敗だ。

 戦力差を縮められない。

 並ぶ打者がPHやAHばかりの打線を西武の白投手じゃあ、抑えられません。

 失投即HRじゃあ・・・。

 とへこんだので、思わずその場でAS組んでしまいました。

 ソフトバンク。

 まあ、いらだっての捨てICみたいなもんだから、ご勘弁ください。w

 初参戦のKENさん、広島奮闘中のボライソーさん、お久しぶりのタケシさん、そしてほ~の4名が緊急参戦。www 普通の日なのに揃ったなあ。

 タケシさんはGCBでした。こちらにもせっかくなので乱入。

 1戦目は新年1発目のカーゴ爆弾。待ちに徹することができずにいまいち。w 早々に2機をふっとばしたところまではよかったのですが・・・。敗退。

 2戦目はギャル部隊対決で、敗退。タケシさんのモーリンが射撃をじゃんじゃん「0HIT」を連発してくれたのに。w こっちも3機で組むべきだったか。

 でもってBBH2。

 本命準正目標ライオンズが、緒戦こそとったものの、その後AS相手に負け続け。

 記録もとったのですが、もう・・・。

 打線のどこでもVSを仕掛けられるというのは大きなメリットですよね。このBBH2ではランナーが出てからが勝負みたいなところがあるのですが、ASでPHをずらっと揃えられると、一発でもっていかれることが多々。

 っつーか昇段していったら豪将ばっかと当たる。んも~。

 

 ということでASに手を出してみました。持ってたカードで優秀なのをぶちこんだだけなのでひどいもんだ。外野の守備とかどうなってんだ?w

 ぶっつけAS

1赤星(阪神)中堅 CM 流し打ち 初球 内野安打

2ラロッカ(ヤクルト)二塁 広角

3福留(中日)左翼 威圧 AH 広角 固め打ち LB

4カブレラ(西武)一塁 PH 初球 体当たり

5濱中(阪神)右翼 PH 満塁

6ズレータ(ソフトバンク)DH 威圧 PH 満塁 体当たり

7小久保(巨人)三塁 威圧 PH 初球 連発

8阿部(巨人)捕手 広角 満塁

9宮本(ヤクルト)遊撃 流し打ち 内野安打 守備職人

  

先発 松坂(西武) ジャイロボール 尻上がり

 まあ、何でしょうこれ。

 やっててあまり楽しくないのはなぜ?w

 やっぱりなんかテーマが欲しいなあ。たとえASにするにしても。

 また西武にもどるかな。w

 西武の遊撃がいないんだよなあ。買うか。w 西武って遊撃の層が薄いんだなあ。

 赤田はBBH1のPUならあるからそれ使うとして・・・。

 中継ぎの黒、石井と星野か。

 抑えの小野寺はふぇんりるさんから何とかして貸してもらうかトレしてもらうとして・・・。

 

 

 先は遠いか・・・。

 

| | コメント (5)

2007年1月 2日 (火)

正月 2試合目

 え~と最初にお知らせです。

 コメント欄に希望があったので掲示板を取り急ぎ設置しました。

 http://www3.ezbbs.net/25/hoo/

 トレ及び出撃予告等にお使いください。

 さて本日は池袋へ。

 嫁さんが福袋を目当てに出撃。

 私は息子を連れてうろちょろ。

 ナンジャタウンが主目的なのですが、途中のゲーセンで1試合息子をつき合わせました。

 携帯の電池が限界で撮影できなかったので結果はあいまいです。w

VS ソフトバンク(9段?) 10-5くらい

勝:松坂 負:たぶん三浦

 スタミナ満タンの許とギッセルの調子が悪い。この状態で登板させるとろくなことがないので、他にいないか探すと松坂のスタミナが満タンに少し欠ける状態で調子は良い。

 新年2試合目の先発は松坂に託すことにしました。

 相手はすでに200戦だかしている猛者。すげえなあ。

 PHの打者にシングルヒット打たれます。松坂を一番下のメモリにしてコントロール重視にしてあることを早くも見破ってきます。こりゃ手ごわい。こちらも投手のメモリをちょいちょい動かす必要があるようです。

 こうなってくると松坂の球威を生かしたメモリ中心になります。本当はスタミナ満タンじゃないから省エネ投球と行きたかったのですが、仕方ありません。

 強打者にはオートからコントロールに少し出したところを中心に。他の打者にはその逆でオートから球威に少し出したところを中心にします。

 ランナーを出した時や相手のサインが出たような時はまたいじります。

 松坂なのでPHの無い打者には基本球威MAXをぶちかまします。もちろん直球指示でずばっと。

 いろいろ駆け引きもありましたが、なんとか切り抜けて行きます。

 ところが・・・。

 中盤過ぎにこちらが怒涛の攻撃を見せて采配ズバズバ。

 VSも1回ぶちかましてHR。

 キャッチャーの細川の前に置いた中村の時に相手が球速のある直球で来ました。球威MAXの予想。そこで細川は強振MAX直球狙いにしたら、出ました、ノーサインHR。うほほ。

 と大差がつき始めたところで満塁。

 

 相手敬遠。

 相手敬遠。

 試合を投げやがった。

 当然のごとく試合終了でCPUが引き継ぎ・・・。

 あ~あ。

 俺、厨なことしていないと思うんだけどなあ・・・。

 采配もあれこれとバラバラだったと思うし・・・。

 

 でもってこのCPUの方が手ごわい!www

 最後まで行けるかとほくそえんでいた松坂を打ち込んで、結局昨日に続いて好調の大沼が再び登板。

 大量リードなので多少の失点はかまわずにそのまま逃げ切りました。

 これで連勝です。w

 新年早々、好調です。

 排出は

 久保(巨人)中継ぎ 黒67

 まずまずの中継ぎです。シオンさん、必要かなあ?

 

 あ、明日ベストワン出撃しようかと画策中です。ただし深夜ですが。w

| | コメント (6)

2007年1月 1日 (月)

お正月 1戦

 新年早々幸運にもBBH2を1戦することができた。

 いつものように嫁さんの足代わりに、やれヨーカドーだ、やれユニクロだ、やれダイエーだと車を回していたのだが、懐には何があるか分からないのでBBH2のカードが忍ばせてあった。w

 んでもって某所に立ち寄った際に待ち合わせは1時間後という指令が。しかも付近にはゲーセンがある!

 聞き分けの良くなった息子を連れて出撃です。

 ということで記念すべき今年の1戦目。

VS 日ハム(初段) 5-3

勝:大沼 負:八木

カブレラ(17号、18号)

 帆足先発。帆足は結構抑えていて防御率はすんごくいいのに打線の援護が無くて勝てていないのです。勝負運のスキルがついているとは思えませんが・・・。

 お互いに静かな立ち上がりで5回まで0行進。試合が動いたのは6回の裏。こちらの攻撃。

 ランナーを貯めたところでカブレラ強振MAXセンター返し。相手は打たせて取れ。采配の相性ばっちりでドカンと3ラン。

 ところが好調帆足が8回に捕まり長短打で3点を返されます。スタミナ赤表示のため無念の降板。リリーフに上がったのは好調だった大沼。

 その裏。ランナー1人出して代打清原VSも失敗。続くカブレラもVSでこれが的中!2ラン炸裂。得点が全部HRという大味な攻めでした。w

 9回は好調大沼がそのまま締めてゲームセット。

 

 幸先の良いスタートを新年に切ることが出来ました。ほっと一息。

 排出は小久保!

 シオンさ~ん、ダブりましたよ~。AS用に1枚手元なので、1枚は気楽に出せる環境になりました。レンタルでもいいですが、できれば西武の素敵選手をお願いします。w

 とりあえず以上。

| | コメント (7)

大晦日 1試合

 早々にこういう記事もないもんだが。

 大晦日、嫁さんがショッピングモールに行きたいと言う。

 埼玉のリズムというファッション系のモール。

 このモールの前にゲーセンがある。

 行ったこと無いけどあるのは知っていた。

 そこでBBH2があるかもしれないという可能性にかけてそっと懐にカードをしのばせました。

 到着して嫁さんとは別行動。私は息子を連れてゲーセンへ。途中の遊具で遊びたがっていたので、まずはそちらで息子を満足させてから出撃。

 ありました。

 空いてます。

 さて、ここで気になるのが息子の動向。

 以前所沢でGCBをやっているところにやってきたときはカードは動かす、ボタンは押す、しまいには買い物した袋を台上にどさっと置くと、傍若無人でした。

 BBH2はカードをたいして動かすわけでもないので、それほど心配はありません。最近分別もついてきたし、と息子を信じて1試合することにします!

 息子えらい。

 おりこうに見ていました。

 ただ終盤は限界も近く、「まだ?」を連発していました。

 でも1試合なら持ちこたえられることがわかりました。w

 さて、1試合しかしないと内容もよく覚えているものです。

VS ソフトバンク(初段) 4-2

勝:グラマン 負:佐藤無線(なんでまた?)

細川(2号) 清原(6号)

 先発陣の中でも一番頼りないグラマンを先発に。ドキドキです。相手は2000を軽く越えるASソフトバンク。やりますよ!やりゃあいいんでしょ!強打者が揃っていて、グラマンを選んだことをちょっぴり後悔しますが、調子は好調です。それにかける!

 ところがグラマンののらりくらりがとっても効果的。ランナーを出すもののなんとか抑えます。もちろん采配で結構相手の裏をかくこともできていたことが大きいです。

 1死満塁のピンチも招きますが、そこだけ球威MAXで下位打線を抑えちゃった。w このときの1人はこちら内角で相手は引っ張り。「うわっ」と思ったのですが、メモリがあっていなかったのか、球種が合っていなかったのか、無事に打ち取れました。

 グラマンで終盤まで引っ張れるととってもありがたい。w

 攻撃では、相手が投手のメモリを動かしているようだったので、細川を強振MAXにしたらソロHR。www ご馳走様です。

 ランナー1,3塁のチャンスにはスクイズ。

 見事にスクイズ警戒、内外野前進と見破られますが、このゲーム、スクイズはそれでも決まっちゃう。バントの裏スキルがあれば失敗しないような気がします。宮本は絶不調の紫顔だったのですが、彼はバントのスキルはなかなかのものです。結局失敗せずに追加点です。

 スクイズ後、ランナーが1人残っている状態でこれまた不調の(不調の選手ばっかや)石井に回ってきたので、代打清原。清原も不調だったけど代打。w でもって不調なので強振MAXにせずに少しメモリを下げて円を広げました。

 これが大当たり。広げた分で相手の赤丸とこちらの赤丸が薄くかぶりました。

 清原、お見事代打2ラン。

 えらいぞ俺。久しぶりに采配がズバズバ当たって嬉しいことこの上ない。

 終盤グラマンのスタミナが赤になったところで中継ぎ陣に継投。まず左打者に三井をぶつけ、その後を山岸が受け取ります。ところが最終回1死満塁のピンチ!山岸には荷が重いか?

 案の定2点を返されます。

 ここで左打者が続くので、石井を送り込んだところ。VS2連続を仕掛けられますが、ことごとく外して2三振!うわーい。嬉しいな。

 

 排出では

森笠(広島)中堅 黒69 代打

 ボライソーさ~ん。広島引きましたよ~。いりますかあ?w

 

 いい試合納めをできました。

 

 今年もちょぼちょぼがんばります。w

 ところでコメントに小野寺(西武)がトレ要員と、ふぇんりるさんより。綺羅を引いたので、黒が余ったのでしょう。ちゃんす!

 そのふぇんりるさんはオリックス中心のASを目論見中。

 オリックスねえ・・・。

 谷は使ってるからなあ・・・。

大久保(オリックス)抑え 黒70 

 なんてどうでしょう?裏スキルのピンチが4なのも嬉しい。球威16、コントロール17と申し分なし。ただ変化球は12。w

萩原(オリックス)中継ぎ 黒69

 お好みでこちらでも。球威17。ほかはちょぼちょぼですが。w あ、スタミナ14あるからロングリリーフもOK。

 オリックスでめぼしいのはそんなもんです。w 小野寺出ますかあ?

 

 

 さてKENさん西武参戦計画のためにふぇんりるさんからも放出カードが。w

 GG佐藤(黒)カブレラ・和田・西口(BBH1の綺羅)大沼・田崎・正津・グラマン(白)

 っておいおい、BBH1だとは言え綺羅を放出ですか!?

 な、なんたる!

 落ち着いたら返してもらってもいいわけだけれど・・・。レンタルっつーことで?w

 ほ~からの細川、許とあわせてみればそろいまくりです・・・。

 クリンナップはカブレラと和田とGG佐藤で組めるじゃないの。w

 あとはノンカードでも行ける!ww

 いい環境だなあ。

 

 あ、松坂 黒81もいます。同じ西武なので予約渡しというシステムも使えないのが悲しいところですねえ。w

 

 あ、隊長~。

 ヤクルトですが、BBH1のカードながら

ラミレス(ヤクルト)左翼 黒69powerup パワーヒッター サヨナラ 初級

宮本(ヤクルト)遊撃 黒75powerup 初級 守備職人

 とありました。

 ヤクルトには外せない2人なので、入用ならばどうぞ。w

 え~っと、ボライソーさんの広島か。

新井(広島)三塁 黒64 パワーヒッター 初級 連発

 64ながらPヒッター。広島には貴重かいな?連発持ちは序盤にVS仕掛けてHRかまして後は強振MAX放置で勝手にHRというのを、ふぇんりるさんから聞きました。w

森笠 ・・・上述

廣瀬(広島)左翼 黒70 

 

 すでにふぇんりるさんからもらったかな?

 めぼしいのはこんなもんです、広島。w

 阪神のま~すけさん。

 赤星使ってるしなあ。w

杉山(阪神)先発 黒68

ダーウィン(阪神)中継ぎ 白65

秀太(阪神)遊撃 白67 スライディング

 白の2枚は白球団組むときには食指が動く2人ですから、お勧めではあります。まあ、別に普通に組むときにはいらないかもです。w

 次の定例会は5日の予定ですが、なんと大晦日に隊長はGCB納めもしていたらしいです。

 こちらも気合で出撃しようかなあ。w あ、もちろんBBH2ですが。 

| | コメント (7)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »