« 西武1戦 | トップページ | 楽天コンセプトAS改造計画 »

2007年2月12日 (月)

西武また1戦

また同じような展開で西武1戦。

相手大闘将3段・・・て、おーい。

しかし戦力値を見ると1900台。お?

ソフトバンクの準正かいな?

育成値はえらいことになっているので、勝負は厳しいと思われ。

こちらは調子を信じて左腕グラマンを先発に!

カブレラは怪我。清原は不調。

その穴を埋めるべく初のスタメンを飾るのはリーファー!

初回の先頭打者は例の変化球サインで凡打に。

しかしその後の選手に打ち込まれていきなりの先制点を献上。

グラマンいきなり黄色です。

こちらはその後細川のノーサインHR。

ところが相手にもノーサインHRをしっかり返却。

グラマンもはやこれまでと、一気に継投策。

大沼→三井→田崎→小野寺。

この4人で1失点にしのぐもこちらも反撃は1点どまり。

最終回のフェルナンデスのVSも「この当たりは!?」とアナウンスもツーベースどまり。

和田は裏をかいたつもりでエンドラン指示するも、、「エンドラン警戒」を見事に当てられて終わり。

2-3で敗退となりました。

くう、帆足使っておけばよかったか!?

いや、大闘将3段を相手にしたのだから上出来か・・・。

これで連勝もストップ。

準正西武

2-3● ソフトバンク

3-2○ 楽天
2-1○ ソフトバンク
4-2○ 日ハム
4-1○ ソフトバンク
5-1○ 虎
4-1○ 中日
3-4● 千葉
1-1△ 虎
3-2○ 虎
6-2○ 千葉
8-0○ 千葉
4-8● 虎
5-3○ 広島
5-3○ 千葉

 次だがカブレラ復活も調子最悪・・・。清原が普通だったので今回凡打の山だったリーファーは早くもベンチへ。w

 今度こその帆足だがまたもや調子は普通。うむう。

 先発は松坂、西口、涌井、帆足、土肥、工藤、(グラマン)なのだが・・・やはり調子の良い選手を先発させたいと思ったら、もう1人いないと無理なのかなあ。と最近思う。楽天ASで先発をずらっと揃えるとたいてい好調以上で出せるからよくわかる。

 リーファーが結構あちこち守れるから、いっそ栗山を外して先発をもう1枚入れるかなあ。

 候補は・・・

許 白65 右腕

ギッセル 白63 右腕

 うわあ・・・。グラマン並みに頼りねえ。w いや、以前のカードで使ってたからわかってますけども。

 トータルでは許が2ポイントリードだが・・・球威とコントロールがギッセルが1ずつ上。変化球は許が11に対してギッセルは8しかない。

 どれどれと裏を見ると・・・あら、ギッセルってば変化球スライダーとチェンジアップしかねえ!

 中学生かよ!

 一方、許はスライダーにカーブにチェンジアップにHシンカーか。豊富だな。

 しかしそのまま裏に注目すると・・・ピンチ:許2、ギッセル3・・・、打たれ強さ:許2、ギッセル3・・・。ギッセルに軍配。

 ノビ:許1!?・・・、ギッセル2ってどっちも低いなオイ。

 キレ:許2、ギッセル1!?・・・ってどっちも低いなオイ。

 さすがは白カードだ。

 (;´д`)トホホ

 

 こりゃ悩ましい。

 しかし走者を背負ったときにはギッセルの方が裏パラ的には頼りになるのは間違いない感じ。球威で押せば差し込める可能性も・・・球威15程度じゃ無理か。

 しっかし変化球が2種類でパラが8っつーのはなあ!ギッセルよお!

 サインの打たせて取れが怖くて出来ない気がしてきた・・・。

 となると裏パラは怖いが数値がそこそこな許かなあ。 

|

« 西武1戦 | トップページ | 楽天コンセプトAS改造計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西武1戦 | トップページ | 楽天コンセプトAS改造計画 »