« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

BBH2 4球団

GCBから遠ざかって久しい・・・。

ベストワンでは素敵な大会もその間に開かれている・・・。

いいなあ。

こちらはちまちまBBH2。

いやしかし2.5のカードの排出率悪いねえ・・・。

2.5が出始めて引いたSPは「2の」黒田、マイケル、平野、川上。

唯一の2.5がGR村田。

GRは嬉しいがちょっと微妙。w

使ってないだけに。

さて当方4球団所有という状態のため、どのチームも遅々として成長していきません。唯一西武準正だけは大会に結構出たために成長しているものの、いばれるほどじゃありません。

さてその西武はずいぶん連敗が続き、そこそこ勝ったのが例のMM勝負運球団だけ。ヘタレ宣言もさもありなん・・・。

んで、久々に4球団がそろって勝ったので、せっかくなのでその勝ちっぷりでも書いておきたい。

めったにないし。w

まずは準正西武。一応全部西武カード。2.5は福地のみ。

Photo_8

相手は日ハムAS。

今回人気になりそうなダルビッシュが組み込まれていました。

松坂との投げ合い。

お互い安打は出るものの、点に結びつかない展開です。

例のノーサイン連打も試すも不発。

こちらの松坂は低い弾道のヒットが出たら、ノーサイン連打が怖いので球威寄りにして切り抜ける。

相手のダルビッシュも球威気味で下位打線には応対している模様。

ならばと7回に下位打線、赤田、炭谷、石井を強振MAXで変化球待ち。

すると石井が確定HR!

イカス!

でも打ったのは直球。あ、あぶね~。w

でもってこのノーサインHRの1点を松坂完投で投げ切って勝利。

続いて最近お気に入りのMM勝負運チーム。

Photo_9

相手は闘将5段・・・。えらいこっちゃ。

初回に連打をサインでくらってピンチ。

外角球威MAXをあっさり進塁打ヒットされて失点。

バタリ (o_ _)o

一方相手三浦先発。これをなかなか攻略できない。

ようやく7回にパワーMAXから-2の絶好調磯部がソロホームランで追いつく。

9回に相手にノーサインで安打が出たので、福田にスイッチするも、これも打たれピンチ。

左打者だったので、ベイルを投入してなんとか抑える。

( -.-) =зフウー

その裏。

またもや打者磯部。

サヨナラスキルで多少ずれても何とかしろとばかりにVS。

ところがこれがドンピシャ。

当然のごとくサヨナラHR!!

うほーい。

続いてはヤクルト準正。全部ヤクルトカード。1枚だけ1の先発鎌田が入っています。

Photo_10

相手は巨人AS。

こちらは石川先発。見れば相手の巨人は左打者をずらりと揃えた布陣。

これは(゚д゚)ウマーの予感。

案の定、石川、快刀乱麻。

とは言えこちらも抑えられる。

チャンスは3回に来た。

先頭打者米野ヒット。

ピッチャー石川絶好調なので、パワー+5で直球待ち。

見事に一二塁間を抜くヒット。

(≧∇≦)ъ ナイス!

一塁二塁。

先頭のリグスにもどって、進塁打HIT。

これで満塁。

打者は2番の宮本。

スクイズ一択。w

相手スクイズ警戒。ww

スクイズ成功!www

やるなあ宮本。

先取点とって、二塁三塁。

打者岩村。見極めが成功して2塁打。

こうして3得点。

絶好調石川なのでこの相手左打線には3点で十分?

最後はスタミナ切れで五十嵐の救援を頼みましたが見事に勝利。

(#´ー´)旦 フウゥゥゥ・・・

最後は厨AS。

Photo_12  

相手先発松坂!

キタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!!!

ノーサイン連打の獲物。

松坂だとノーサイン発動しやすいんですよね。特に相手がコントロール重視で来ていると思われる時は発動しやすいみたい。

早速初回にノーサイン連打。

来てます。w

2アウト、走者一塁三塁で5番の清原。

えーい、VS行っとけ!

ズバーン!

先制の3ランHR!

ご馳走様です!

その後も時折ノーサイン連打が発動。こまめに得点を重ねて行きます。

清原はサインキャンセル守備位置のみの相手に見極めで99mHR。www

よくぞ持っていった。

すんすけはピンチを招いてVSなんかもされますが、結局なんだかんだと抑えて9回。

ここで相手にサイン負けで1失点。

藤川を抑えに投入して、最後は外角球威MAX直球で三振。

終わってみれば結構発動の19安打9得点。

ε-(´・`) フー

以上、めったにないほーの4連勝の巻でした。

| | コメント (2)

2007年5月20日 (日)

ヘタレ宣言

はいはい、みなさんGCBしていますか?

ウラヤマシス!

まあ、仕方ない。こちらはBBH2の話でもしよう。

24日あたりPUV有力みたいですね。

過疎ってるけど、また混むのかな、しばらく。

でも新選手はおそらく入ってこない。移籍の選手はユニが変わるかもくらいか。

さてノーサイン連打が出ないと嘆いていたらCPUになった。

CPUは試し時とばかりに放置!

Photo_5

CPU相手だと楽に発動するなあ。

残塁の多さはやはり「ノーサインにこだわりすぎる」せいだと思われます。

楽に3連打してくれるときもあれば、2連打までで3人目は併殺とか。

この辺見極めがとっても難しい。

その難しさが、後に紹介する試合で悲しい結末を生んでしまうのですが・・・。

もうひとつ例。

これは発動しないまま試合が進んだのですが。

Photo_6

最終回、ノーサインで2連打発動。

ここでこだわってはいけないと、VSを石井で使う。

これがドンピシャ決まってサヨナラHR。

C=(^◇^ ; ホッ

さてお待ちかね「ヘタレ宣言」の試合。

これはヤクルト純正。

Photo_7

ヤクルトで見事に発動!

安打安打で序盤から毎回安打でリードしていたら。

サイン負けとVSかわしたのに四球を連発して押し出し1点献上。

さらに高橋のVSをドンピシャくらって満塁弾。

Σ(´□`;)ハゥ

その後すぐに追いつくも。

またサイン負けとVSかわして四球で満塁。

ヤクルト中継ぎ投手陣はVS外しても威圧感PH相手にばんばん四球を出します。

(キ▼д▼;)トホホ・・

でもって打者松中。

これをまたまた持って行かれる・・・。

なんと1試合で2発のグランドスラムをくらう。

安打ははるかに勝っておきながら、満塁弾2発に沈みました。

こっちも安打で走者は貯めるのですが、PHがずらっといないので、HRを狙うわけにも行かず、中継ぎに先発が出てくる相手に封じられます。

まあそれにしたって20安打でこの得点というのは情けない・・・。

ヘタレです、私・・・。

| | コメント (3)

2007年5月17日 (木)

ノーサイン無連打

え~、調子に乗ってノーサイン連打のことを書いていたら、その後打線が湿ってしまいました。ww

何じゃそら。

いい当たりが出るものの野手の正面。

まだまだ研究の余地はありますね。

もう書いちゃってもいいかな。

別に隠すことでも無いような気もするし。

え~、仕掛けは単純です。

ミート寄りに-5から-6のメモリにして変化球を待つだけです。

いや、ほんとそれだけ。

それで前回の写真の2試合の結果になったのです。強打者も非力な打者も誰もかれもそれでヒット打ってました。

ただ、そこにしても打たないことがあるのはもちろんです。毎回ヒットずっと打ってるわけじゃないから。w

なんつーかはっきり言えないけれど、発動する瞬間みたいなのがあって、打球が野手の間をきれいに抜くヒットを打つんです。

みなさんも普通に見た覚えがあると思うのですが、あれです。

そのヒットが呼び水になるというか、そのあと鬼のようにノーサインで続きます。

走者が出るとサインを使いたくなるところをぐっと我慢するのがポイントです。

た、だ、し。

この仕組みを知っている(あるいは信じている)人は当然対策を練ってきて、球威寄りの直球を指示してきます。(たぶん)

え~、私も、相手に似たようなヒットがあると、とりあえず投手のメモリは赤に入れて、球種は直球指示です。w

あとは、相手投手との相性があるみたいです。

一部の投手にはダメな感じが少ししています。検証するほどの意欲も時間も予算も無いので、体感です。

そのポイントは「打たれ強さ」か「球威」と「変化」の関係あたりを予想していますが、よくわかりません。w

その後の数試合は打線が低迷と書きましたが、相手も低迷。少ない安打で勝利はもぎとっています。

そうなってくると、ヒットで走者が出たらサインでいいんじゃね?となってくるわけで・・・。

対人戦なので、あほなCPUで試してみたいところです。CPU戦でも選んでみるかな?あれって成績は加算されんのかな?微々たる成長分だけをあてこんでのCPU戦はもったいない気もするし・・・。

決して万能ではないノーサイン連打ですが、野手の間を抜くようなヒットがあった場合は狙ってみるのもいいかもしれません。

K2さん。こんなもんですが、いいですか?w

| | コメント (2)

2007年5月12日 (土)

ノーサイン連打

定例会も不参加。

ふぇんりるさんの送迎もできませんで、申し訳ありません。

ただいま嫁の機嫌と体調の都合でとても夜に出られる雰囲気ではありません。

一回だけちょっと振ってみたけれど、機嫌が急降下で、えらい気まずい雰囲気になってしまい、後悔しました。

というわけでKENさんに雑誌もとっておいてもらっているのですが、まだ取りにいけません。

できるのは帰り道と休日繁華街の隙を狙って1試合のBBH2だけ。

ノーサイン連打について・・・。

前回「固め打ち」が発動してくれると書いたのですが、もっといいのがありました。

MM(ムードメーカー)。

以前チャンスメーカーとムードメーカーばかりを集めたチームを立ち上げて遊んでいた私ですが、今回、ノーサイン連打ができればMM効果でみんなどんどん調子UPで、ますます連打が出来るのではなかろうか?と考えました。

MMチーム再起動!

改めてMMチームを作り直してみました。

もちろん投手は「勝負運」持ちで固めてミートUPを狙います。

初戦。

対CPU西武。

Photo_3

珍しく写真もUPしてみる。

本人もびっくり。

恐ろしい結果が出た。

29安打15得点。

スタメンは軒並みピンク&オレンジ。

特に初回の打者一巡6得点には自分でもウハウハ。

こりゃすごいのかも・・・。

次はAS相手。

相手投手がパワーピッチしてきた。

打てない・・・。

ノーサイン連打のきっかけが生まれないまま終了。

一二塁間、及び三遊間を抜くヒットが多いノーサイン連打。

ASの鉄壁の二塁(荒木)と遊撃(井端)を抜くことができません。

パワーピッチと鉄壁守備はノーサイン連打の天敵となるのかもしれません。

相手の投手と投球方針、そして二塁、遊撃を見て、ノーサイン連打の目論見はあきらめた方がいいのかもしれません。

次回ASと当たった時には考えて見たいと思います。

で、三戦目。

準正西武。

Photo_4

26安打、12得点。

6点入れたら4回で試合を捨てられました。

監督名にはモザイクでもかけようかと思っていたのですが、試合を捨てちゃった相手なのでそのままさらし気味で。w

苦情が来たら削除と。w

しかし「MM&勝負運」効果とノーサイン連打がかみ合うとこんなことになってしまうのかと。恐怖です。

と言っても現在の球団でMMは清原番長(新白)、佐伯(旧黒)、磯部(旧SP)、SINJO(新黒)だけ。

この4人の効果とそもそも安打で調子UPとでえらいことになっている。

あ、井上(新黒)も代打でヒット打ってたか。

後にMMがつく森本、阿部、北川、ラミレスもいるので、彼らにMMがつくまでがんばれば、きっとすごいことになるのだろう。

まあ、コンマイは今回ミート打撃に修正を入れたらしいので、ノーサイン連打が発動するのだと思われます。

特定の戦術が突出すると、コンマイは修正を入れてくるので、このノーサイン連打の恩恵に授かれるのも短い間かも。

初回のHRも修正が入ったとの噂ですね。

検証していませんが、出にくくなったのかな?やっぱり異常でしたもんね。

これで敬遠しなくてすむか。w

ネタICが泣いているなあ・・・。

| | コメント (5)

2007年5月 4日 (金)

ゴールデンウィーク

はい、みなさん、いかがお過ごしか。

家族サービスの鬼と化しております、私。

定例会にも参加できなかったことでもお察しいただいていると思いますが、いろいろな意味でやばいです。

定例会・・・しばらく行けないかも・・・。

グスン。

家族あっての私なので、なにとぞご理解ください。

そんな中できることはBBH2のみ。

繁華街に行くときは懐に球団を忍ばせて息子と2人でゲーセンへ行きます。

息子の我慢の限界が1試合なので、1試合しかできませんが・・・。

それでも細々と。

バージョンアップ後、メモリ当てゲームになってしまったBBH2です。

先頭打者HR補整は相変わらずのむごい仕様。

え~とね。

敬遠してます。w

そんな敬遠の中、気がついたこと。サイン出すとたいてい相手はセンター返し選んでます。これっておそらく先頭打者HRを嫌ってサインを出すひとのほとんどが打たせて取れか外角を支持しているのでしょう。

コントロール気味の打たせて取れや外角球威気味の直球なんかは、普段からお世話になるサインですから。

え~でもサイン出しても持っていかれるときは持っていかれる。

だから敬遠しちゃう。w

厨ですか?

コンマイに文句言ってください。w

さて戦っていてノーサイン連打をくらうことがしばしば。

不可解。

これって何か発動してんじゃないか?

で、ちょろっと研究してみた。

一応今のところ○○のメモリ○○で、○○○○○にすると発動するようです。

これを手がかりにしての試合でノーサイン3連打で、4人目絶好調フェルナンデスも安打して(←これは絶好調だからかも)点を入れました。5人目和田(調子普通)は発動せず。

まあ、満塁にしちゃえば進塁打でも1点入りそうだし・・・どうとでもなるか?

体感として3連打まではしてくれそうな感じ。相手がメモリを極端に動かしてくると分かりません。また間にサインを入れてこられるとダメかも。

まだまだ検証途中で確定ではありませんが、おもしろそうな現象です。

で、警戒しなきゃいけないのが、相手のノーサイン連打。

シングルヒットが続いたらもう1本あるかも。

検証を始めてからそれとわかる場面がなかったので、確かめていませんが、○○○○にして防げるか確かめたいところ。

それがダメなら守備時のサインを使わなければいけないのだろう。

さてもうひとつの問題がノーサインHR。

いやお互いの完封ペースの中、ノーサインHR1本で勝った試合もあるので、四の五の言えないのですが・・・。

怖いねえ、ノーサインHR。

メモリが低い位置でも発動するようですが、今のところMAX~マイナス2くらいまでしか発動したことありません。おそらく低い位置での発動はまれなのではなかろうか。当然か。

んでもって当然のことながら相手とのメモリによってその確率は大きく変化すると思われます。

相手の球速を見て、相手メモリを読んではいても、そうそう球威MAXなんてしてこないもんで。

となると・・・序盤はノーサイン連打で調子をUP。好調以上になった、あるいはリードして余裕があるような時にノーサインHRを狙うのがいいのかもしれません。

なんか序盤からPHは上の方に置いておくのはやめたほうがいいかも。

あ、もちろん最初から絶好調とかなら話は別ですよ。w

ノーサイン連打の効果は別にもあったんだった。

固め打ちを発動させやすい。

固め打ちの打者はそれを発動させるまでが四苦八苦で、発動するころには試合が終わっているようなことがあるわけですが。

ノーサイン連打によって安打数をかせいで終盤に発動が間に合うようになると。

まあ、当たり前っちゃ当たり前。

本日ここまで。

あ、ノーサイン検証を始めるまでは鬼の連敗を3チームでしておりましたが、排出でバランスとってました。

GRコバマサ、SP豊田、SPリグス。井端も2枚目引けた。

まあ、GR以外はそうそう必要なわけでも無いので、試合に勝つ方が嬉しいんですが。

以上。

| | コメント (3)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »