2006年7月 9日 (日)

中田引退

 衝撃的だったけれどなんか納得。

 ピッチに倒れて泣く中田の姿が、普段の気丈な彼からは想像できない姿だったから。

 それでも代表引退ではなく、現役引退だとは・・・。

 潔いと言えば潔い。

 年長の相手にもピッチ上では厳しい言葉をかけてきた彼だから、自分のポテンシャルが下降線をたどることで周囲から乖離していくことは、良しとしなかったのだろう。

 それでも輝きを見せられなかった日本選手達の中で、川口と並んでその力を発揮してみせた中田であるから。今後の日本には必要な選手であったはずだ。

 彼の独特の考え方もあるから、協会に引き止めることはできなかっただろうが、それにしてももったいない。

 

 それにしても・・・。日本代表のふがいなさがその後のトーナメントを見てみるとより実感できる。「ボールを止めること」「ボールを蹴ること」そして「走ること」。この3つだけで日本選手のレベルがワンランク低いことがよくわかる。

 今回「走れない」FWを使ったブラジルが前線でいい状況を作れなかったために敗退したことも印象的だったが、日本選手はその大半が「走れない」(「走らない?」)のだから、敗退したのも当然かもしれない。

 期待していた中村がとてもよくなかったのも残念だ。体調管理も含めてのプロのはずだから言い訳はできまい。放送時間による暑さも中田が言うように「同じ条件」と言っていいはずだし、そもそもそれにすら対応すべきなのがプロだ。

 巻を投入してくれたことは嬉しいが、ブラジル相手でクロスがろくに上がらない状況では巻の個性も埋もれてしまった。

 ブラジル戦では交代したFWがすぐにだめになってすぐに別のFWを投入というお粗末な展開。当人には悪いが、そんな怪我するような状況ではなかった。準備不足なのか疲れがたまっていたのか・・・それにしても情けない。

 ジーコという実績の無い監督を据えて、「信じている」と言っていた協会は何の責任もとらないらしい。勝てない監督を選んだ責任をとらず、オシム失言でうやむやにしてしまう手腕はさすがと言えばいいのかもしれない。

 

 後ろ向き発言が多くなってしまった。

 オシムにはジーコの100倍期待している。2年契約を自分から申し出たことも好感が持てる。代表監督という意味を十分に理解している証拠だから。そして金儲けのために引き受けるわけでもないのがよく伝わってくる。

 中田が抜けて、他もぱっとしなかった代表だから、今後しばらく低迷が続くかもしれない。アジア枠は日本の低迷も影響して減らされると思う。その上あのオーストラリアが今度からアジア枠である。ワールドカップの予選通過すら危うくなるかもしれない。

 しかし少なくともジーコジャパンよりも期待して見ていたい。そして決して短絡的な成果を期待してはいけないと思う。ジーコと違って選手に任せるなんて愚かなことはせずに、じわじわと代表イズムを浸透させてくれるのではなかろうか。そう期待したいオシムジャパンである。(まだ決定してないのにw)

 しかし市原には筋を通せよ、協会。損害賠償だって当然だ。「言っちゃった」なんて、上に立つものの言葉じゃないよ。責任なんてどうせとらないんだろうけど。

 Jリーグを発足させてくれただけでもう十分じゃね?すっかりお荷物のTOTOどうすんの?Jリーグはともかく、全く広がりを感じさせない下部組織は?(J2という意味ではなく)まあ何とかできる力のある人材はいないのかもしれないが・・・。

 以上駄文。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

日本 これで予選リーグ敗退なのか?

 さてと、どうしたもんか。

 まあ日本の先取点はどうみても柳沢のファールだから、サッカーの神様が怒って、豪州に味方したのかもね。(←マラドーナはどうした?)

 まずは順当にジーコの采配でもけなすか。w

 敵がFW3人にしてきたことに対応して小野を入れたわけだが・・・どうなん、それ?

 結果論になっちゃうのは許してほしいけれど、前がかりになる敵に対して再三敵陣を突破しかけた柳沢を下げて、スピードにはそれほど期待できない高原を残す理由は?柳沢のコンディション?でもさ、それまでの試合の様子を見ると明らかに柳沢の方が出来がよかったわけで。カウンターの基本はスピードじゃん。

 そんでもって同点にされた時点ですぐに選手を変えなかったのはなぜか?戦局は相手の選手交代が功を奏して豪州に傾いたのに、無策とは?

 大黒投入?遅い上に意味がわからん。誰か教えて。w

 

 中田だけども。今回はコロコロ転がされていた。しかもファールをもらえない形で。もちろんよく走っていたと思うけれども、後半はもっと守備に意識が行ってもよかったのではなかろうか?カウンターのつなぎは中村に任せてさ。ボランチとしての意識がちょっと足りない場面が多かった。小野が入っちゃったからボランチから前目のポジションになるわけだけども・・・どうもなあ。

 でもって中田の言うようにこのチーム走らない。駒野がよく走っていたけれど、駒野のセンタリングの精度の無さには涙が出そうだ。加地~、まだか~? 

 川口はすごかった。大舞台では度々神がかる男が今回もミラクルなセーブを連発していた。でもGKが大活躍しても点は入らない。

 高原もさ。後半の柳沢へのラストパス、何?ありゃあいただけない。

 さ~て、勝ち点0の得失点-2から、どうやって予選を突破するのかジーコに見せてもらおうか。

 ブラジルがクロアチアをボコボコにして、続いてオーストラリアもボコボコにしてというのは十分ありうるとして・・・。これでブラジル○○のオーストラリア○●クロアチア●。

 ふむ。ブラジルは最終戦は△でも予選突破決定。まあ日本がブラジルに勝てる確率は天文学的に低いわけで、全開バリバリで運も味方してやっとこ△だろう。(←かなり楽観的な予想)

 となるとこの時点で日本は●△。最終戦のオーストラリアvsクロアチアの全部のパターンを挙げると、

①オーストラリア○●○ クロアチア●?●

②オーストラリア○●△ クロアチア●?△

③オーストラリア○●● クロアチア●?○

となる。日本●?△が2位で抜けるためには・・・、あ、あら①じゃもうダメじゃん。

 ②だと○●△1個ずつにしないといけないので、日本がクロアチアでぼこすか点を取って勝たないとダメ。同じなら確か総得点、直接対決で判定だった気がする。

 ③なら普通に勝っておけばよい。引き分けだと△△●で敗退と。

 ふむ、考えれば考えるほど絶望できだね。ははははは。(←乾いた笑い)

 そもそもブラジルと引き分けるなんて夢のようなことを前提にしている時点でとっても厳しいわけだ。一番勝てそうな相手だった豪州に惨敗・・・。これはあまりにも残酷な結末だった。

 負け方もとっても悪かったしな。尾を引く敗戦だよ。ジーコの放任指導じゃモチベーションもどせない気がする。苦言を呈する中田を孤立させてしまうチームメイトもプロであり日本の代表であるという気概が足りない気がする。

 もうさ、巻使おうよ、巻。奇跡というものが起きるならきっと巻がワンダーボーイになるしかないと思うよ。

 あ、待って。いい考えが浮かんだ!ジーコ更迭。これどうよ?w 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

日本 豪州に惨敗

 いやもう、何。

 これで予選リーグ敗退決定?

 足が止まって負けるってさ、もう言い訳できないよ。

 高さで負ける分、走るんじゃねえの?あ?

 気持ちが落ち着かないのまずはこんだけ。

 少しタバコでも吸って落ち着いてからさらに書こうかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

日本代表 マルタ戦

 まあ怪我しなくてよかった。一応勝ってよかった。

 それにしても見ていておもしろくない試合だった。玉田と大黒というFW2人の組み合わせってどうなんだろう?1人は巻でよかったんじゃな~い?その巻が出てきた時には1TOP。う~ん。1TOPはスピードのある選手がいいと思うんだが・・・。な~んかちぐはぐだなあ。

 ジーコにしては珍しくメンバー交代が盛んで、みんな試合勘を取り戻すにはよかったと思うけれど・・・。代わったメンバーにここで活躍してスタメンとったるという気合を感じられなかったのも事実・・・。な~んかぬるいなあ。

 ドイツ戦の後の燃え尽き症候群?相手なりの試合をしちゃう癖?代表からもれた選手たちがマルタ戦を見てどう感じるのかなあ?中田がTVで言ってたが、以前の代表に比べて気持ちが足りないみたいなこと・・・事実に感じた試合だった。井原、中山、三浦、北沢、ラモス・・・、精神論に頼ってちゃ勝てないけれど、技術差がきわどければ、気持ちが足りない方が負けるのが当たり前。

 試合後に中田が走らなければサッカーにならないと言っていた。味方が届かないパスを出していたことについて、それは走れと言う意思表示かという問いは否定していたが、どうかなあ、あるんじゃない?

 まあ、別に本番じゃないから、あれこれ言っても仕方ないのはわかっています。本番で勝ってくれれば何の文句も無い。頼むぞ日本代表。

(/・ω・)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

日本代表 ドイツ戦

 生中継じゃないんですよねえ、これって。どうなのテレビ朝日。まあ中継してくれるだけありがたいんだけど。

 強豪ドイツ相手にどこまでできるかが課題だったわけですが、審判~。敵地にしても、あんたジャッジ下手すぎ。後ろからのタックルにはカード無しで、ユニフォーム破られた柳沢にカードって・・・。文句言われるのが嫌なだけの自己中審判?

 敵地だろうがどこだろうが、後ろからのタックルは選手生命にかかわる場合もあるんだから必ずカードを出して欲しい。しかも本番直前だし。小さな怪我もそのまま日本代表の戦力ダウンに直結するんだぞお!本番前の調整試合であることを理解していない審判に辟易しました。

 ドイツは東洋の島国日本になかなか得点できず、日本は日本でちょっと目の色変えちゃってるところもあって、少々荒れ気味でした。本番前のテンションじゃないですよ、どっちも。

 しかし後半に2点入れて逃げ切れないかねえ、日本。ジーコって2点入れた後に勝ち点3をキープするための選手交代はしないのね・・・。あのドイツ相手に2点リードできるなんて歴史的状態を、普通に浪費していった気がするなあ。ジーコもテンパっていたのかなあ。w

 3バックにして両サイドもそれに吸収された感じの5バックでよかったと思うんだけどなあ。ドイツは前がかりになるから生きのいいFW1人いれば十分じゃないかと、カウンター狙い一辺倒で。1点差ならともかく、2点差だもの。なんかもったいなかった。宮本がピッチ内で勝手に判断してそうしちゃっていいよ。w

 あと個人攻撃はしたくないが、中田・・・。最後の場面は大黒に折り返す必要ないでしょう。そのままヘッドで叩き込んでよ。体勢が不十分だったかなあ?

 しかし全体的には満足できる試合ではあったと思う。ほぼベストメンバーのドイツにあれだけ戦えれば、3戦全敗にはならずにすむのではなかろうか?

 次の試合ではサブにも出番を与えて欲しいな。試合勘ってとっても大事だと思うから。

(/・ω・)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月16日 (火)

巻 がんばれ

 ジーコジャパンのW杯メンバーが発表されました。久保のファンには申し訳ありませんが、私は巻でよかったと思っています。

 久保は今最高級のポテンシャルを出せるコンディションにありません。それは柳沢も同じです。戦力外となるかもしれないFWを2人連れて行くのはアホウです。どちらもすばらしい選手だと思いますが、2人とも連れて行くのはリスクが高すぎます。

 ジーコが鹿島と深く関わり、柳沢びいきなのは間違いないでしょう。ですが日本がジーコを監督に選んだということは、そういうこともあると分かっていてことでしょう。監督がジーコじゃない方がいい、というのは今言うことではありません。今は日本代表が少しでもいい成績とすばらしい経験をしてくれることを祈るのみです。

 巻を使って欲しいです。選んだからにはチャンスを与えて欲しいです。ほんの15分でもW杯のピッチに立てたという経験が巻の今後に大きな糧になるはずです。次のW杯で巻が不動のFWとなっていることに期待したいです。小野が短い時間でもその輝きを見せたように、巻も何か見せてくれるのではないでしょうか。

 中村には4年分の思いを込めて躍動して欲しいです。川口には大きな試合で見せる神懸りセーブをブラジル戦で見せて欲しいです。ヒデには少しくらいわがままでもチームを牽引する原動力になってほしいです。特に先制された時に。中沢は世界に通用するDFを見せて欲しいです。他の選手も期待しています!がんばれ日本!

 追記:

 鈴木を選らばなくてほっとしています。鹿島びいきもそこまでじゃなかったんですね。鈴木ファンの人ごめんなさい。

(⌒0⌒ゞ

| | トラックバック (60)